岩堀 祐之

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/19 11:42
 
アバター
研究者氏名
岩堀 祐之
 
イワホリ ユウジ
URL
http://www.cvl.cs.chubu.ac.jp/index-j.html
所属
中部大学
部署
工学部 情報工学科
職名
教授
その他の所属
University of British ColumbiaIndian Institute of Technology GuwahatiChulalongkorn University
科研費研究者番号
60203402

プロフィール

Yuji Iwahori received B.S. degree from Dept. of Computer Science, Nagoya Institute of Technology, M.S. degree and Ph.D. degree from the Dept. of Electrical and Electronics, Tokyo Institute of Technology in1985 and 1988, respectively. He joined Educational Centre for Information Processing, Nagoya Institute of Technology as a research associate in 1988 and he became a professor of Centre for Information and Media Studies, Nagoya Institute of Technology in 2002. He has joined Chubu University as a professor since 2004 and he is currently the head of Graduate Program of Computer Science, Chubu University, Japan. In the meanwhile, he has been a visiting researcher of UBC Computer Science, Canada since 1991. He has been a research collaborator with Indian Institute of Technology Guwahati and Chulalongkorn University since 2012 and 2014. He has also been a research collaborator with Harbin University of Science and Technology (HUST) since 2014. His research interests include Computer Vision, Image Recognition, Neural Network and Application of Artificial Intelligence. He got KES 2008 Best Paper Award and KES 2013 Best Paper Award from KES International.

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
2019年3月
中部大学工学部情報工学科主任補佐
 
2011年4月
 - 
2014年3月
中部大学大学院情報工学専攻主任
 
2009年4月
 - 
2011年3月
中部大学工学部情報工学科主任
 
2007年4月
 - 
2009年3月
中部大学大学院工学研究科情報工学専攻主任
 
2004年4月
 - 
現在
中部大学工学部情報工学科教授
 
2002年4月
 - 
2004年3月
名古屋工業大学情報メディア教育センター教授
 
2000年4月
 - 
2002年3月
名古屋工業大学 情報メディア教育センター 助教授
 
1992年10月
 - 
2000年3月
名古屋工業大学 情報処理教育センター 助教授
 
1994年3月
 - 
1995年1月
文部省在外研究員(ブリティッシュコロンビア大学)
 
1988年4月
 - 
1992年9月
名古屋工業大学 情報処理教育センター 助手
 
1988年4月
 - 
1992年9月
名古屋工業大学情報処理教育センター助手
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1988年3月
東京工業大学 理工学研究科(博士課程) 電気・電子工学専攻
 
1983年4月
 - 
1985年3月
東京工業大学 理工学研究科(修士課程) 電気・電子工学専攻
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
IJCCI (FCTA)  Program Committee Member
 
2017年
 - 
現在
FUTURE COMPUTING  Program Committee Member
 
2017年
 - 
現在
ACIS CSII  Program Committee Member
 
2017年
 - 
現在
The Open Bioinformatics Journal  Editorial Board Member
 
2017年
 - 
現在
International e-Journal of Clinical & Medical Imaging  Editorial Board Member
 
2016年
 - 
現在
PATTERNS  Program Committee Member
 
2016年
 - 
現在
PATTERNS  Steering Committee Member
 
2016年
 - 
現在
SIGNAL  Program Committee Member
 
2016年
 - 
現在
ACIVS  Program Committee Member
 
2016年
 - 
現在
IIAI AAI  Program Committee Member
 
2015年
 - 
現在
HI-BI-BI  Program Committee Member
 
2015年
 - 
現在
Journal of Robotics and Mechanical Engineering Research  Editorial Board Member
 
2015年
 - 
現在
知能情報ファジィ学会東海支部  運営委員会委員
 
2014年
 - 
現在
ICPRAM  Program Committee Member
 
2013年
 - 
現在
KES IDT  Program Committee Member
 
2013年
 - 
現在
SITIS  Program Committee Member
 
2013年
 - 
現在
IEEE/ACIS ICIS  Program Committee Member
 
2013年
 - 
現在
International Journal of Computer & Software Engineering  Editorial Board Member
 
2010年
 - 
現在
Springer Multimedia Tools and Applications  Reviewer
 
2008年
 - 
現在
IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems  Reviewer
 
2006年
 - 
現在
情報学ワークショップ (WiNF)  プログラム委員
 
2004年
 - 
現在
KES  Program Committee Member
 
2004年
 - 
現在
KES  Journal Board of Reviewers
 
 
 - 
現在
電気学会論文誌  査読委員
 
 
 - 
現在
情報処理学会論文誌  査読委員
 
 
 - 
現在
電子情報通信学会論文誌  査読委員
 
2018年
 - 
2018年
MMM 2018  Program Committee Member
 
2018年
 - 
2018年
ATAIT 2018  Program Committee Member
 
2017年
 - 
2017年
情報学ワークショップ (WiNF 2017)  実行委員長
 
2016年
 - 
2017年
ISTA  Program Committee Member
 
2013年
 - 
2016年
NCTA  Program Committee Member
 
2015年
 - 
2015年
INISTA  Program Committee Member
 
2015年
 - 
2015年
ACIS CSI  Computational Intelligence Track Chair
 
2012年4月
 - 
2014年4月
電子情報通信学会東海支部  運営委員会委員
 
2014年
 - 
2014年
IEEE BIBE  Program Committee Member
 
2012年
 - 
2014年
SCIS-ISIS  Program Committee Member
 
2002年
 - 
2014年
電気関係学会東海支部連合大会  セッションチェア
 
2008年
 - 
2013年
IEEE ICTAI  Program Committee Member
 
2009年4月
 - 
2010年4月
情報処理学会東海支部  代表会員
 
2008年5月
 - 
2010年4月
情報処理学会東海支部  運営委員会委員
 
1992年
 - 
2004年
情報処理教育研究集会  セッションチェア
 
1996年12月
 - 
1996年12月
情報処理教育研究集会  名古屋工業大学実行委員
 

受賞

 
2019年2月
INSTICC BIOIMAGING 2019 最優秀ポスター賞 "Polyp Shape Recovery using Vascular Border from Single Colonoscopy Image"
 
2018年1月
INSTICC BIOIMAGING 2018 最優秀ポスター賞 "Dense 3D Reconstruction of Endoscopic Polyp"
 
2008年9月
KES International KES 2008 最優秀論文賞 "Efficient Tracking with AdaBoost and Particle Filter under Complicated Background"
 
2017年11月
オハイオ大学 田中・オハイオ賞 グローバル化活動推進貢献
 
2017年6月
IARIA PATTERNS 2017 Best Paper Award "Detection and Classification of Defective Electronic Circuit Boards Using CNN Features and Keypoint Extraction"
 
2013年9月
KES International KES 2013 最優秀論文賞 ""Shape from Endoscope Image based on Photometric and Geometric Constraints""
 
2002年10月
第18回NICOGRAPH論文コンテスト優秀賞 仮想液体操作−密度変化モデルによる流れの表現
 

論文

 
Amit Vishwakarma, M. K. Bhuyan, Yuji Iwahori
Journal of Visual Communication and Image Representation   57 48-60   2018年11月
© 2018 Elsevier Inc. Existing image fusion approaches are not so efficient to seize significant edges, texture and fine features of the source images due to ineffective and non-adaptive fusion structure. Also for objective evaluation of fusion alg...
Amit Vishwakarma, M. K. Bhuyan, Yuji Iwahori
Multimedia Tools and Applications   1-28   2018年6月
© 2018 Springer Science+Business Media, LLC, part of Springer Nature Existing image fusion methods can not efficiently capture significant edges, texture and fine details of the source images due to inefficient fusion framework. In addition, for o...
Pradipta Sasmal, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai
2018 International Conference on Signals and Systems, ICSigSys 2018 - Proceedings   201-204   2018年6月
© 2018 IEEE. Capsule endoscopy (CE) has been used as a reliable diagnostic measure for detecting polyps in the gastrointestinal (GI) tract. In this paper, we propose an automated framework for efficient segmentation of such polyps from endoscopic ...
Jitao Zhang, Aili Wang, Na An, Yuji Iwahori
International Journal of Performability Engineering   14 463-472   2018年3月
© 2018 Totem Publisher, Inc. All rights reserved. Nowadays, remote sensing images have been widely used in civil and military fields. But, because of the limitations of the current imaging sensors and complex atmospheric conditions, the resolution...
Pawan Kumar Dixit, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai, Amit Vishwakarma
Proceedings of the 2017 International Conference on Wireless Communications, Signal Processing and Networking, WiSPNET 2017   2018-January 52-57   2018年2月
© 2017 IEEE. In this paper, a new approach to recover 3D shape of a polyp from the endoscopic video is proposed. For this, a point light source of illumination, perspective projection and six-degree motion of the endoscope are considered. Previous...
Aili Wang, Zhennan Yang, Yushi Chen, Yuji Iwahori
International Journal of Performability Engineering   14 386-395   2018年2月
© 2018 Totem Publisher, Inc. All rights reserved. Most target tracking is based on a lot of samples training to build the model of the target, which is then carried on the tracking processing. This will need to choose a lot of tracked target sampl...
Amit Vishwakarma, M. K. Bhuyan, Yuji Iwahori
Advances in Intelligent Systems and Computing   703 243-252   2018年1月
© 2018, Springer Nature Singapore Pte Ltd. Multimodal medical image fusion techniques are utilized to fuse two images obtained from dissimilar sensors for obtaining additional information. These methods are used to fuse computed tomography (CT) im...
Tokiko Shiina, Yuji Iwahori, Yohei Takada, Boonserm Kijsirikul, M. K. Bhuyan
Studies in Computational Intelligence   719 77-92   2018年1月
© Springer International Publishing AG 2018. This paper proposes a method to discriminate the defect on the electronic board and the foreign matter attached to the circuit. The purpose of this paper is to reduce the misclassification of the true d...
Yuji Iwahori, Tomoya Suda, Kenji Funahashi, Hiroyasu Usami, Aili Wang, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai
Studies in Computational Intelligence   726 165-184   2018年1月
© Springer International Publishing AG 2018. Endoscope is used to remove the polyp in themedical diagnosis. Absolute size of polyp has been usually estimated by medical doctor with their empirical judgement using endoscope. However this estimation...
Mayank Golhar, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Kenji Funahashi, Kunio Kasugai
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   10857 LNCS 147-168   2018年1月
© Springer International Publishing AG, part of Springer Nature 2018. A novel blood vessel extraction methodology is proposed in this work. The blood delineation pipeline consists of three stages. In the first stage, a high-level classification of...
Shotaro Furuta,Tsuyoshi Nakamura,Yuji Iwahori,Shinji Fukui 0001,Masayoshi Kanoh,Koji Yamada
Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, TAAI 2018, Taichung, Taiwan, November 30 - December 2, 2018   102-105   2018年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Yohei Takada,Tokiko Shiina,Yoshinori Adachi,M. K. Bhuyan,Boonserm Kijsirikul
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 22nd International Conference KES-2018, Belgrade, Serbia, 3-5 September 2018.   1673-1682   2018年   [査読有り]
Xiangbo Kong,Zelin Meng,Naoto Nojiri,Yuji Iwahori,Lin Meng,Hiroyuki Tomiyama
2018 International Conference on Identification, Information and Knowledge in the Internet of Things, IIKI 2018, Beijing, China, October 19-21, 2018   276-282   2018年   [査読有り]
Amit Vishwakarma,Manas Kamal Bhuyan,Yuji Iwahori
Multimedia Tools Appl.   77(24) 32013-32040   2018年   [査読有り]
Amit Vishwakarma,Manas Kamal Bhuyan,Yuji Iwahori
J. Visual Communication and Image Representation   57 48-60   2018年   [査読有り]
Ankur Deka,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Pradipta Sasmal,Kunio Kasugai
Proceedings of the 11th International Joint Conference on Biomedical Engineering Systems and Technologies (BIOSTEC 2018) - Volume 2: BIOIMAGING, Funchal, Madeira, Portugal, January 19-21, 2018.   159-166   2018年   [査読有り]
Sunil Kumar,Manas Kamal Bhuyan,Brian C. Lovell,Yuji Iwahori
J. Visual Communication and Image Representation   54 171-181   2018年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Lei Huang,Aili Wang,Manas Kamal Bhuyan
5th International Conference on Computational Science / Intelligence and Applied Informatics, CSII 2018, Yonago, Japan, July 10-12, 2018   60-65   2018年   [査読有り]
Aili Wang,Haiyang Liu,Yushi Chen,Yuji Iwahori
Data Science - 4th International Conference of Pioneering Computer Scientists, Engineers and Educators, ICPCSEE 2018, Zhengzhou, China, September 21-23, 2018, Proceedings, Part I   729-737   2018年   [査読有り]
Daimu Oiwa,Shinji Fukui 0001,Yuji Iwahori,Tsuyoshi Nakamura,Boonserm Kijsirikul,Manas Kamal Bhuyan
IJSI   5(2) 1-16   2017年   [査読有り]
Jitao Zhang, Aili Wang, Mingxiao Wang, Yuji Iwahori
International Journal of Performability Engineering   13 458-468   2017年7月
© 2017 Totem Publisher, Inc. All rights reserved. TLD (Tracking-Learning-Detection) algorithm can be good for a long time to track the target in rotation, occlusion, illumination and other circumstances. However, in the case of uneven illumination...
Hiroyasu Usami,Yuji Iwahori,Yuki Hanai,Boonserm Kijsirikul,Kunio Kasugai
IJSI   5(2) 33-54   2017年   [査読有り]
A. L. Wang, N. An, R. H. Wang, Y. J. Iwahori
Information Science and Electronic Engineering - Proceedings of the 3rd International Conference of Electronic Engineering and Information Science, ICEEIS 2016   127-130   2017年1月
© 2017 Taylor & Francis Group, London. Super-resolution reconstruction algorithms based on sparse representation have been an area of much research in recent years. Super-resolution reconstruction based on centralised sparse representation has i...
Lei Huang,Yuji Iwahori,Aili Wang,Manas Kamal Bhuyan
Advanced Concepts for Intelligent Vision Systems - 18th International Conference, ACIVS 2017, Antwerp, Belgium, September 18-21, 2017, Proceedings   735-747   2017年   [査読有り]
Shashi Kumar, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan
Advances in Intelligent Systems and Computing   459 AISC 523-532   2017年1月
© Springer Science+Business Media Singapore 2017. In this paper, a new model for defect classification of PCB is proposed which is inspired from bottom-up processing model of perception. The proposed model follows a non-referential based approach ...
Amit Vishwakarma,Manas Kamal Bhuyan,Yuji Iwahori
Proceedings of 2nd International Conference on Computer Vision & Image Processing - CVIP 2017, Roorkee, India, September 9-12, 2017, Volume 1   243-252   2017年   [査読有り]
大谷世紀, 山西良典, 岩堀祐之
人工知能学会論文誌(Web)   32(1) WII‐N_1‐10(J‐STAGE)   2017年1月
© 2017, Japanese Society for Artificial Intelligence. All rights reserved. Image database is one of the important research topics in image recognition. A manual collection of images would causes biased collection and a lot of human efforts. Huge i...
Mayank Golhar,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Kenji Funahashi,Kunio Kasugai
Pattern Recognition Applications and Methods - 6th International Conference, ICPRAM 2017, Porto, Portugal, February 24-26, 2017, Revised Selected Papers   147-168   2017年   [査読有り]
A. L. Wang, C. Y. Hu, X. M. Liu, Y. J. Iwahori, R. Kang
Information Science and Electronic Engineering - Proceedings of the 3rd International Conference of Electronic Engineering and Information Science, ICEEIS 2016   69-72   2017年1月
© 2017 Taylor & Francis Group, London. Target detection is divided into three parts: feature extraction, training detector and Non- Maximum Suppression (NMS). The current research work mainly focuses on feature extraction, feature extraction and...
Mayank Golhar,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Kenji Funahashi,Kunio Kasugai
Proceedings of the 6th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, ICPRAM 2017, Porto, Portugal, February 24-26, 2017.   148-156   2017年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Hiroaki Hagi,Hiroyasu Usami,Robert J. Woodham,Aili Wang,Manas Kamal Bhuyan,Kunio Kasugai
Proceedings of the 6th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, ICPRAM 2017, Porto, Portugal, February 24-26, 2017.   402-409   2017年   [査読有り]
Hoshito Kudo,Satoshi Tanaka,Yukihiro Yoshida,Tsuyoshi Nakamura,Masayoshi Kanoh,Koji Yamada,Daimu Oiwa,Yuji Iwahori,Shinji Fukui 0001
Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, IFSA-SCIS 2017, Otsu, Japan, June 27-30, 2017   1-5   2017年   [査読有り]
Daimu Oiwa,Shinji Fukui 0001,Yuji Iwahori,Boonserm Kijsirikul,Tsuyoshi Nakamura,Manas Kamal Bhuyan
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 21st International Conference KES-2017, Marseille, France, 6-8 September 2017.   1479-1487   2017年   [査読有り]
Yuya Tsukada,Yuji Iwahori,Kenji Funahashi,Mami Jose,Jun Ueda,Takashi Iwamoto
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 21st International Conference KES-2017, Marseille, France, 6-8 September 2017.   1633-1640   2017年   [査読有り]
Hiroyasu Usami,Yuji Iwahori,Naotaka Ogasawara,Kunio Kasugai,Yoshinori Adachi
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 21st International Conference KES-2017, Marseille, France, 6-8 September 2017.   1793-1800   2017年   [査読有り]
Aili Wang, Shiyu Dai, Mingji Yang, Yuji Iwahori
Proceedings of the 2015 10th International Conference on Communications and Networking in China, CHINACOM 2015   793-797   2016年6月
© 2015 IEEE. Human detection is a key problem in computer vision, with several applications that have the potential to positively impact quality of life. In recent years, the number of approaches to detect human in video sequences has grown steadi...
Aili Wang, Na An, Yangyang Zhao, Yuji Iwahori, Rui Kang
International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering   11 29-36   2016年1月
© 2016 SERSC. The characteristics of remote sensing image is not obvious and can not reflect the be reconstructed the detail characters of the objects. For the sparse points in multi images fusion results, texture selection and it is relatively di...
Aili Wang, Mingji Yang, Xue Gao, Yuji Iwahori
International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering   11 17-22   2016年1月
© 2016 SERSC. Compressed sensing is a new signal sampling theory that fully makes use of signal’s sparsity or compressibility. The theory shows that, the acquisition of a small amount of the sparse or compressible signal value can be used for exac...
Shinji Fukui, Sou Hayakawa, Yuji Iwahori, Tsuyoshi Nakamura, M. K. Bhuyan
Procedia Computer Science   96 977-986   2016年1月
© 2016 The Authors. Published by Elsevier B.V. In this paper, we propose a new method for object tracking robust to the intersection with other objects with similar appearance and to the great rotation of the camera. The method uses 3D information...
Aili Wang, Mingxiao Wang, Jitao Zhang, Yuji Iwahori, Bo Wang
International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering   11 175-182   2016年1月
© 2016 SERSC. In order to solve the problem of pedestrian detection performance, the described operator was improved. In this paper, semantic local binary pattern (SLBP) and histogram of oriented gradient (HOG) are combined as new feature operator...
Seiki Ootani, Ryosuke Yamanishi, Yuji Iwahori
Procedia Computer Science   96 1112-1121   2016年1月
© 2016 The Authors. Published by Elsevier B.V. This paper describes the effectiveness comparison of noise removal method using visual, semantic and the both features. To automatically generate image dataset from Web, noise image removal should be ...
Daimu Oiwa,Shinji Fukui 0001,Yuji Iwahori,Tsuyoshi Nakamura,Manas Kamal Bhuyan
15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2016, Okayama, Japan, June 26-29, 2016   1-6   2016年   [査読有り]
Seiya Tsuda, Yuji Iwahori, Yuki Hanai, Kunio Kasugai
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   136 556-563   2016年1月
© 2016 The Institute of Electrical Engineers of Japan. The VBW (Vogel-Breub-Weickert) model is proposed as a method to recover 3-D shape under point light source illumination and perspective projection. However, the VBW model recovers relative, no...
Hiroyasu Usami,Yuki Hanai,Yuji Iwahori,Kunio Kasugai
15th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2016, Okayama, Japan, June 26-29, 2016   1-6   2016年   [査読有り]
Shashi Kumar,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan
Proceedings of International Conference on Computer Vision and Image Processing - CVIP 2016, Indian Institute of Technology Roorkee, February 26-28, 2016, Volume 1   523-532   2016年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Daiki Yamaguchi,Tsuyoshi Nakamura,Boonserm Kijsirikul,Manas Kamal Bhuyan,Kunio Kasugai
Proceedings of the 5th International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, ICPRAM 2016, Rome, Italy, February 24-26, 2016.   503-509   2016年   [査読有り]
Kota Higashi,Shinji Fukui 0001,Yuji Iwahori,Yoshinori Adachi,Manas Kamal Bhuyan
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 20th International Conference KES-2016, York, UK, 5-7 September 2016.   896-903   2016年   [査読有り]
Seiya Tsuda, Yuji Iwahori, Yuki Hanai, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai
Proceedings - International Conference on Image Processing, ICIP   2015-December 4684-4688   2015年12月
© 2015 IEEE. Previous approaches have proposed to recover the poly shape but it is desired that absolute size of polyp can be obtained as a medical endoscope system. The VBW (Vogel-Breuß-Weickert) model is proposed as a method to recover 3-D shape...
Aashish Amber, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai
Proceedings - 3rd International Conference on Applied Computing and Information Technology and 2nd International Conference on Computational Science and Intelligence, ACIT-CSI 2015   299-304   2015年11月
© 2015 IEEE. There has been various research conducted in polyp detection in endoscopic videos but not much has been done in the field of polyp tracking in endoscopic videos which itself is a very challenging task because of the nature of endoscop...
Seiki Otani, Ryoya Fujimoto, Kohichi Toshioka, Yuji Iwahori
Proceedings - 3rd International Conference on Applied Computing and Information Technology and 2nd International Conference on Computational Science and Intelligence, ACIT-CSI 2015   339-342   2015年11月
© 2015 IEEE. For information on the Internet, by using concepts defined in the format that can be processed by machine, various researches have been made so that a computer understands the Web contents. This is called the Semantic Web, and its pra...
Ryosuke Yamanishi, Ryoya Fujimoto, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham
International Journal of Networked and Distributed Computing   3 234-242   2015年11月
This paper proposes a hybrid approach of ontology and image clustering to automatically generate hierarchic image database. In the field of computer vision, "generic object recognition" is one of the most important topics. Generic object recogniti...
Yuji Iwahori, Seiya Tsuda, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai
Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   9493 229-246   2015年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2015. In the medical imaging applications, endoscope image is used to observe the human body. The VBW (Vogel-Breus-Weickert) model is proposed as a method to recover 3-D shape under point light sourc...
Yuji Iwahori, Seiya Tsuda, Aili Wang, Robert J. Woodham, M. K. Bhuyan, Kunio Kasugai
International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering   10 199-210   2015年1月
© 2015 SERSC. The VBW (Vogel-Breuß-Weickert) model is proposed as a method to recover 3-D shape under point light source illumination and perspective projection. However, the VBW model recovers relative, not absolute, shape. Here, shape modificati...
Aili Wang, Jiaying Zhao, Yuji Iwahori, Shiyu Dai
International Journal of Multimedia and Ubiquitous Engineering   10 1-8   2015年1月
© 2015 SERSC. In recent years, with the development of compressive sensing (CS) theory, it has been widely applied to each field including image fusion, and obtained better fusion effect. And CS can reduce dimensions and the amount of data charact...
Yuji Iwahori, Keita Tatematsu, Tsuyoshi Nakamura, Shinji Fukui, Robert J. Woodham, Kunio Kasugai
Smart Innovation, Systems and Technologies   30 65-80   2015年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2015. An endoscope is a medical instrument that acquires images inside the human body. Sometimes, diagnosis requires assessment of the 3-D shape of observed tissue. For example, the pathology of a po...
Seiya Tsuda,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Robert J. Woodham,Kunio Kasugai
Int. J. Biomedical Imaging   2015 109804:1-109804:11   2015年   [査読有り]
Ryosuke Yamanishi,Ryoya Fujimoto,Yuji Iwahori,Robert J. Woodham
14th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science, ICIS 2015, Las Vegas, NV, USA, June 28 - July 1, 2015   179-184   2015年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Seiya Tsuda,Robert J. Woodham,Manas Kamal Bhuyan,Kunio Kasugai
ICPRAM 2015 - Proceedings of the International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, Volume 2, Lisbon, Portugal, 10-12 January, 2015.   62-70   2015年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Akira Hattori,Yoshinori Adachi,Manas Kamal Bhuyan,Robert J. Woodham,Kunio Kasugai
19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2015, Singapore, 7-9 September 2015   730-739   2015年   [査読有り]
Shinji Fukui,Ryuji Nishiyama,Yuji Iwahori,M. K. Bhuyan,Robert J. Woodham
19th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2015, Singapore, 7-9 September 2015   740-749   2015年   [査読有り]
So Hayakawa,Shinji Fukui,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Robert J. Woodham
Software Engineering Research, Management and Applications   205-218   2015年   [査読有り]
M. K. Bhuyan, D. Ajay Kumar, Karl F. MacDorman, Yuji Iwahori
Journal on Multimodal User Interfaces   8 333-343   2014年1月
© 2014, OpenInterface Association. Applications requiring the natural use of the human hand as a human–computer interface motivate research on continuous hand gesture recognition. Gesture recognition depends on gesture segmentation to locate the s...
Yuji Iwahori, Kazuhiro Shibata, Haruki Kawanaka, Kenji Funahashi, Robert J. Woodham, Yoshinori Adachi
Advances in Intelligent Systems and Computing   234 73-86   2014年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2014. This chapter proposes a new approach to recover 3-D shape from a Scanning ElectronMicroscope (SEM) image. When anSEMimage is used to recover 3-D shape, one can apply the algorithm based on the ...
Ryoya Fujimoto, Ryosuke Yamanishi, Yuji Iwahori, Kohichi Toshioka, Junichi Fukumoto
Proceedings - 2014 IIAI 3rd International Conference on Advanced Applied Informatics, IIAI-AAI 2014   966-971   2014年1月
© 2014 IEEE. Preparation of a training image dataset used for the genetic object recognition system needs a lot of costs. Some datasets were recently created from Web image sharing services like Flickr, but examples which utilize a semantic classi...
Manas Kamal Bhuyan,V. Venkata Ramaraju,Yuji Iwahori
Int. J. Machine Learning & Cybernetics   5(4) 607-623   2014年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Kenji Funahashi,Robert J. Woodham,Manas Kamal Bhuyan
22nd International Conference on Pattern Recognition, ICPR 2014, Stockholm, Sweden, August 24-28, 2014   2131-2136   2014年   [査読有り]
Himanshu Agrahari,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Somnath Ghorai,Himanshu Kohli,Robert J. Woodham,Kunio Kasugai
ICPRAM 2014 - Proceedings of the 3rd International Conference on Pattern Recognition Applications and Methods, ESEO, Angers, Loire Valley, France, 6-8 March, 2014   495-501   2014年   [査読有り]
Yoshinori Adachi,Masahiro Ozaki,Yuji Iwahori
18th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2014, Gdynia, Poland, 15-17 September 2014   1202-1209   2014年   [査読有り]
Hiroaki Hagi,Yuji Iwahori,Shinji Fukui,Yoshinori Adachi,Manas Kamal Bhuyan
18th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2014, Gdynia, Poland, 15-17 September 2014   1210-1218   2014年   [査読有り]
Shuya Ishida,Shinji Fukui,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Robert J. Woodham
18th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2014, Gdynia, Poland, 15-17 September 2014   1219-1228   2014年   [査読有り]
Shuya Ishida, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham
Lecture Notes in Engineering and Computer Science   3 LNECS 2195-2200   2013年11月
Computer vision methods need to deal with shadows explicitly because shadows often have a negative effect on the results computed. A new shadow detection method is proposed. The new method is based on a shadow model. The model is constructed by fe...
Takuya Nakagawa, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan
Studies in Computational Intelligence   493 115-127   2013年1月
This paper proposes a new method to improve the classification accuracy by multiple classes classification using multiple SVM. The proposed approach classifies the true and pseudo defects by adding features to decrease the incorrect classification...
Shuya Ishida, Shinji Fukui, Yuji Iwahori, M. K. Bhuyan, Robert J. Woodham
Studies in Computational Intelligence   493 103-113   2013年1月
An object detection method needs a shadow detection because shadows often have a harmful effect on the result. Shadow detection methods based on shadow models are proposed. A new shadow model is proposed in this paper. The proposed model is constr...
Gaku Watanabe,Shinji Fukui,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Robert J. Woodham,Yoshinori Adachi
17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2013, Kitakyushu, Japan, 9-11 September 2013   366-374   2013年   [査読有り]
Yoshinori Adachi,Kei Konishi,Masahiro Ozaki,Yuji Iwahori
17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2013, Kitakyushu, Japan, 9-11 September 2013   772-779   2013年   [査読有り]
Haruki Kawanaka,Shinichi Kosaka,Yuji Iwahori,Saburo Sugiyama
17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2013, Kitakyushu, Japan, 9-11 September 2013   968-975   2013年   [査読有り]
Keita Tatematsu,Yuji Iwahori,Tsuyoshi Nakamura,Shinji Fukui,Robert J. Woodham,Kunio Kasugai
17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems, KES 2013, Kitakyushu, Japan, 9-11 September 2013   1285-1293   2013年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Takayuki Shinohara,Akira Hattori,Robert J. Woodham,Shinji Fukui,Manas Kamal Bhuyan,Kunio Kasugai
Proceedings of the 13. IAPR International Conference on Machine Vision Applications, MVA 2013, Kyoto, Japan, May 20-23, 2013   21-24   2013年   [査読有り]
Neeraj Mishra,Manas Kamal Bhuyan,T. Malathi,Yuji Iwahori,Robert J. Woodham
Pattern Recognition and Machine Intelligence - 5th International Conference, PReMI 2013, Kolkata, India, December 10-14, 2013. Proceedings   423-429   2013年   [査読有り]
Sahil Sikka,Karan Sikka,Manas Kamal Bhuyan,Yuji Iwahori
CoRR   abs/1310.6654    2013年   [査読有り]
Gaku Watanabe, Shinji Fukui, Keisuke Takechi, Yuji Iwahori, Robert J. Woodham
6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems, and 13th International Symposium on Advanced Intelligence Systems, SCIS/ISIS 2012   1304-1307   2012年12月
Tracking methods based on the particle filter frequently use the appearance information of the target object to calculate the likelihood. The method using it often fails in tracking when the target object intersects with other objects with similar...
Yuji Iwahori, Deepak Kumar, Takuya Nakagawa, M. K. Bhuyan
Smart Innovation, Systems and Technologies   16 355-363   2012年12月
This paper proposes an analytical approach to make correct recognition between the true defect and the pseudo defect with visual inspection of the electronic board. Some classification approaches have already been proposed for the limited kinds of...
Yoshinori Adachi,Kei Konishi,Masahiro Ozaki,Yuji Iwahori
Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 16th Annual KES Conference, San Sebastian, Spain, 10-12 September 2012   1740-1748   2012年   [査読有り]
Shinji Fukui,Yasuchika Takeda,Gaku Watanabe,Yuji Iwahori,Robert J. Woodham
Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 16th Annual KES Conference, San Sebastian, Spain, 10-12 September 2012   1758-1767   2012年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Kazuhiro Shibata,Haruki Kawanaka,Kenji Funahashi,Robert J. Woodham,Yoshinori Adachi
Advances in Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 16th Annual KES Conference, San Sebastian, Spain, 10-12 September 2012   1778-1787   2012年   [査読有り]
Sanshiro Yamamoto,Kenji Funahashi,Yuji Iwahori
13th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, SNPD 2012, Kyoto, Japan, August 8-10, 2012   315-320   2012年   [査読有り]
Takayoshi Yamashita, Sho Ikemura, Hironobu Fujiyoshi, Yuji Iwahori
IEEJ Transactions on Industry Applications   131    2011年9月
In this paper, we propose a part-based human detection method in which the faces and upper parts of human bodies are first detected separately and then merged. In a crowded scene, it is very difficult to merge the detected faces and upper body par...
武知 啓介, 倉橋 渉, 福井 真二, 岩堀 祐之
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   131(5) 1083-1084   2011年5月
This paper treats the case that a group of objects is tracked by a group of particles of the particle filter. When the object group separates, the particle filter may fail in tracking, or there may be objects which are not tracked by the filter. T...
山下 隆義, 池村 翔, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之
電気学会論文誌. D, 産業応用部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. D, A publication of Industry Applications Society   131(4) 475-481   2011年4月
In this paper, we propose a part-based human detection method in which the faces and upper parts of human bodies are first detected separately and then merged. In a crowded scene, it is very difficult to merge the detected faces and upper body par...
Keisuke Takechi, Wataru Kurahashi, Shinji Fukui, Yuji Iwahori
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   131 1083-1084   2011年1月
This paper treats the case that a group of objects is tracked by a group of particles of the particle filter. When the object group separates, the particle filter may fail in tracking, or there may be objects which are not tracked by the filter. T...
Debanga Raj Neog,Yuji Iwahori,Manas Kamal Bhuyan,Robert J. Woodham,Kunio Kasugai
Proceedings of the 5th Indian International Conference on Artificial Intelligence, IICAI 2011, Tumkur, Karnataka State, India, December 14-16, 2011   1006-1015   2011年   [査読有り]
Yoshinori Adachi,Masahiro Ozaki,Yuji Iwahori
Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 15th International Conference, KES 2011, Kaiserslautern, Germany, September 12-14, 2011, Proceedings, Part IV   80-88   2011年   [査読有り]
Yasuchika Takeda,Shinji Fukui,Yuji Iwahori,Robert J. Woodham
Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 15th International Conference, KES 2011, Kaiserslautern, Germany, September 12-14, 2011, Proceedings, Part IV   108-116   2011年   [査読有り]
Yuji Iwahori,Kazuya Futamura,Yoshinori Adachi
Knowledge-Based and Intelligent Information and Engineering Systems - 15th International Conference, KES 2011, Kaiserslautern, Germany, September 12-14, 2011, Proceedings, Part IV   117-125   2011年   [査読有り]
Wataru Kurahashi,Yuji Iwahori,Robert J. Woodham
Proceedings of the IAPR Conference on Machine Vision Applications (IAPR MVA 2011), Nara Centennial Hall, Nara, Japan, June 13-15, 2011   10-13   2011年   [査読有り]
圓田 直樹, 福井 真二, 倉橋 渉, 武知 啓介, 岩堀 祐之
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   130(9) 1588-1596   2010年9月
This paper proposes an approach of robust tracking for crossing of similar pattern objects. It is based on the particle filter. As far as only appearance information of a target object is used for the particle filter, it fails in tracking the targ...
山内 悠嗣, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之, 金出 武雄
Progress in informatics : PI   7 33-42   2010年3月
本論文では,アピアランスと時空間特徴の共起に基づく人検出法を提案する.本手法では,アピアランスに基づく特徴として物体の形状を表すことが可能なHistograms of Oriented Gradients (HOG),時空間特徴に基づく特徴として各ピクセルを静/動状態に判別するピクセル状態分析の結果を特徴ベクトルとして算出する.次に,これらの特徴ベクトルを主成分分析により次元圧縮を行い,アピアランスと時空間特徴の異なる特徴量間の共起を表現する.最後に,カスケード型AdaBoost を用いて...
Naoki Enda, Shinji Fukui, Wataru Kurahashi, Keisuke Takechi, Yuji Iwahori
IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems   130    2010年1月
This paper proposes an approach of robust tracking for crossing of similar pattern objects. It is based on the particle filter. As far as only appearance information of a target object is used for the particle filter, it fails in tracking the targ...
Yuji Yamauchi, Hironobu Fujiyoshi, Yuji Iwahori, Takeo Kanade
Progress in Informatics   33-42   2010年1月
This paper presents a method for detecting people based on co-occurrence of appearance and spatio-temporal features. In our method, Histograms of Oriented Gradients (HOG) are used as appearance features, and the results of pixel state analysis are...
Yi Ding,Yuji Iwahori,Takashi Nakagawa,Tsuyoshi Nakamura,Lifeng He,Robert J. Woodham,Hidenori Itoh
JACIII   14(1) 99-109   2010年   [査読有り]

Misc

 
大音翼, 宇佐美裕康, 岩堀祐之, 春日井邦夫, 小笠原尚高
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.D‐16‐3   2018年3月
岩堀祐之, 宇佐美裕康, 大音翼, 村田征隆, 小笠原尚高, 春日井邦夫
中部大学総合工学研究所総合工学(Web)   30 18‐36 (WEB ONLY)   2018年3月
HUANG Lei, 岩堀祐之, WANG Ail
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.H5‐2   2017年8月
宮崎將太, 宇佐美裕康, 岩堀祐之, 小笠原尚高, 春日井邦夫
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.F5‐3   2017年8月
岩田英和, 福井真二, 岩堀祐之
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.G5‐6   2017年8月
大岩大夢, 福井真二, 岩堀祐之, KIJSIRIKUL Boonserm, 中村剛士
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017 ROMBUNNO.D‐12‐53   2017年3月
大音翼, 宇佐美裕康, 岩堀祐之, 春日井邦夫
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.D4‐5   2016年9月
村田征隆, 岩堀祐之, 春日井邦夫
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.D4‐4   2016年9月
高田陽平, 井上英信, 椎名登紀子, 岩堀祐之
電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.C1‐5   2016年9月
岩堀 祐之, 中川 拓哉
情報科学リサーチジャーナル   20 105-108   2013年3月
石田 修也, 岩堀 祐之, 福井 真二
画像ラボ   26(1) 57-62   2015年1月
岩堀 祐之, 福井 真二, 山西 良典
情報科学リサーチジャーナル   22 17-32   2015年3月
本プロジェクトでは,画像認識と3次元復元・映像生成の応用に関する研究として,医療用内視鏡画像においてポリープの形状に加えて大きさ情報を得るための方法,確率的背景モデルを用いた移動カメラ画像中の移動物体の頑健な追跡手法,移動物体の影検出をはじめ欠陥検査分類技術に関する研究を行ってきた.本稿では,この研究プロジェクト53b の成果としてその概要を中心に報告する.
岩堀 祐之, 服部 晃, 福井 真二, 春日井 邦夫
情報科学リサーチジャーナル   23 93-96   2016年3月
津田 誠也, 岩堀 祐之, 春日井 邦夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(42) 25-30   2014年5月
点光源・透視投影の元で形状復元を行う手法として, VBW (Vogel-Breu&ss;-Weickert)モデルが提案されている.しかし,VBWモデルで復元される形状は相対的なものであり,正確な大きさが求まらない.そこで本論文では,内視鏡カメラを奥行き方向に移動して撮影した2枚の画像を元に,一様な反射係数を推定し,その反射係数を用いてLambert球画像を作成する.その球画像を対象に,ニューラルネットワーク(NN)を用いてVBWモデルで復元される傾きと,対応する点の傾きの真値との写像関係...
津田 誠也, 岩堀 祐之, 春日井 邦夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(39) 25-30   2014年5月
点光源・透視投影の元で形状復元を行う手法として, VBW (Vogel-Breu&ss;-Weickert)モデルが提案されている.しかし, VBWモデルで復元される形状は相対的なものであり,正確な大きさが求まらない.そこで本論文では,内視鏡カメラを奥行き方向に移動して撮影した2枚の画像を元に,一様な反射係数を推定し,その反射係数を用いてLambert球画像を作成する.その球画像を対象に,ニューラルネットワーク(NN)を用いてVBWモデルで復元される傾きと,対応する点の傾きの真値との写像関...
津田 誠也, 岩堀 祐之, 春日井 邦夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(40) 25-30   2014年5月
点光源・透視投影の元で形状復元を行う手法として,VBW (Vogel-Breu&ss;-Weickert)モデルが提案されている.しかし, VBWモデルで復元される形状は相対的なものであり,正確な大きさが求まらない.そこで本論文では,内視鏡カメラを奥行き方向に移動して撮影した2枚の画像を元に,一様な反射係数を推定し,その反射係数を用いてLambert球画像を作成する.その球画像を対象に,ニューラルネットワーク(NN)を用いてVBWモデルで復元される傾きと,対応する点の傾きの真値との写像関係...
津田 誠也, 岩堀 祐之, 春日井 邦夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114(41) 25-30   2014年5月
点光源・透視投影の元で形状復元を行う手法として, VBW (Vogel-Breu&ss;-Weickert)モデルが提案されている.しかし, VBWモデルで復元される形状は相対的なものであり,正確な大きさが求まらない.そこで本論文では,内視鏡カメラを奥行き方向に移動して撮影した2枚の画像を元に,一様な反射係数を推定し,その反射係数を用いてLambert球画像を作成する.その球画像を対象に,ニューラルネットワーク(NN)を用いてVBWモデルで復元される傾きと,対応する点の傾きの真値との写像関...
石田 修也, 福井 真二, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(431) 153-158   2014年2月
移動物体手法によって移動物体を検出する際,移動物体の影も移動物体として検出してしまうことが多い。影を移動物体として検出した場合,移動物体検出結果を利用する手法の結果に悪影響を及ぼすことになる。本論文では,新たな影領域検出手法を提案する。提案手法では,画像から得られる特徴量を用いて影モデルを構築する。影領域は,局所的な照明変化が生じている領域と考えられる。そのため,提案手法では複数の照明変化に頑健な特徴量を利用して影モデルを構築している。影を検出後,影領域を除いた物体領域及び色によるセグメン...
石田 修也, 福井 真二, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(432) 153-158   2014年2月
移動物体手法によって移動物体を検出する際,移動物体の影も移動物体として検出してしまうことが多い。影を移動物体として検出した場合,移動物体検出結果を利用する手法の結果に悪影響を及ぼすことになる。本論文では,新たな影領域検出手法を提案する。提案手法では,画像から得られる特徴量を用いて影モデルを構築する。影領域は,局所的な照明変化が生じている領域と考えられる。そのため,提案手法では複数の照明変化に頑健な特徴量を利用して影モデルを構築している。影を検出後,影領域を除いた物体領域及び色によるセグメン...
山口 大輝, 岩堀 祐之, 福井 真二, 中村 剛士, 春日井 邦夫
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2013(2)    2013年3月
山口 大輝, 岩堀 祐之, 福井 真二
ファジィシステムシンポジウム講演論文集   28 468-473   2012年9月
篠原 孝幸, 岩堀 祐之, 福井 真二, 春日井 邦夫
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   111(389) 305-310   2012年1月
医療現場における内視鏡カメラを用いた診察において,内視鏡の操作者への支援を目的としたポリープの自動検出が求められている.本稿では,ヘシアンフィルタを用いてポリープを検出する手法を提案する.まず,ふくらみを持つ領域をヘシアンフィルタを用いてポリープ候補領域として検出する.次に,検出した領域から色特徴量,エッジ特徴量を取得しSVMによる分類を行うことでポリープを検出する.実際の内視鏡画像を用いて実験を行い,提案手法の有効性を確認する.
岩堀 祐之, 藤吉 弘亘, 福井 真二, 河中 治樹
情報科学リサーチジャーナル   19(0) 19-32   2012年3月
篠原 孝幸, 岩堀 祐之, 福井 真二, 春日井 邦夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   10(2) 525-526   2011年9月
篠原 孝幸, 岩堀 祐之, 福井 真二, 春日井 邦夫
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   111(389) 305-310   2012年1月
岩堀 祐之, 福井 真二, 圓田 直樹
画像ラボ   22(6) 13-18   2011年6月
武知 啓介, 福井 真二, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011(2)    2011年2月
岩井 一樹, 岩堀 祐之, 河中 治樹, 春日井 邦夫
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010(2)    2010年3月
丁 一, 岩堀 祐之, 中村 剛士, 何 立風, 伊藤 英則
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   109(249) 115-120   2009年10月
This paper describes a new approach for self-calibration and color image rendering using radial basis function (RBF) neural network. Most empirical approaches make use of a calibration object. Here, we require no calibration object to both shape r...
岩堀 祐之, 藤吉 弘亘, 福井 真二
情報科学リサ-チジャ-ナル   17 37-48   2010年3月
中川 貴規, 岩堀 祐之, 福井 真二, 河中 治樹
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008(2)    2008年3月
岩堀 祐之, 藤吉 弘亘, 福井 真二
情報科学リサ-チジャ-ナル   15 101-107   2008年3月
圓田直樹, 藤川 拓也, 福井 真二, 岩堀 祐之
第7回情報科学技術フォーラムFIT2008   325-328   2008年
松原 文典, 河中 治樹, 岩堀 祐之
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 75-78   2007年8月
圓田 直樹, 岩堀 祐之, 福井 真二, 河中 治樹
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 13-16   2007年8月
清水 彰一, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之, 酒井 裕史, 金出 武雄
情報科学技術レターズ   6 425-428   2007年8月
中川 貴規, 岩堀 祐之, 福井 真二, 河中 治樹
情報科学技術レターズ   6 237-240   2007年8月
合田 裕, 岩堀 祐之, 中村 剛士, 河中 治樹, 伊藤 英則
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 89-92   2007年8月
小島 崇, 岩堀 祐之, 中村 剛士, 福井 真二, 伊藤 英則
情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6(3) 129-132   2007年8月
松原 文典, 河中 治樹, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
中川 貴規, 岩堀 祐之, 福井 真二, 河中 治樹
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
岩堀 祐之, 藤吉 弘亘, 福井 真二
情報科学リサ-チジャ-ナル   14 123-140   2007年3月
圓田 直樹, 岩堀 祐之, 河中 治樹, 福井 真二
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2007(2)    2007年3月
河中 治樹, 岩堀 祐之, ウッダム ロバート J., 舟橋 健司
電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理   106(260) 7-12   2006年9月
我々はこれまでに実物体の物理的な反射特性をもとに,任意光源方向および任意視点のもとでの物体のリアルな仮想画像を生成することが可能なニューラルネットワークベースレンダリングを提案してきた.この手法は物体の反射特性としてパラメトリックな反射特性関数を使用せずに非ランバートの反射特性をもつ物体の仮想画像を生成することができる.ところが,このニューラルネットワークの学習を効率よく行うためには,様々な位相角の学習データを学習空間から均等にサンプリングしなければならず,大量の画像(光源方向)が必要にな...
水野 宏基, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2005(38) 97-102   2005年5月
従来,シーン内の物体の3次元運動(3次元シーンフロー)を推定するには強カメラ校正情報をもとに,予め求めておいたシーンのDepth mapや物体の表面の情報から推定を行っていた.しかし,カメラの台数が多い場合,強カメラ校正を行うには大変な作業を要する.そこで本稿では,未校正マルチカメラを用いて3次元シーンフローを推定する.提案する手法は,3次元空間をProjective Grid Spaceにより定義し,その空間における全ての格子点を全てのカメラに投影し,その画像平面上のオプティカルフローの...
岩堀 祐之, 藤吉 弘亘, 福井 真二
情報科学リサ-チジャ-ナル   13 115-118   2006年3月
岡田 慎也, 高井 敏裕, 河中 治樹, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2006(2)    2006年3月
河中 治樹, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告. MI, 医用画像   106(75) 1-6   2006年5月
本研究では形状情報と色情報を用いて人物の頭部を追跡する新たな方法を提案する.複数のカメラ映像を使った追跡の従来の手法は二次元画像内で実装されているが,本研究の提案手法はそれを三次元ボクセル空間における追跡へと拡張する.ボクセル空間は複数のステレオカメラから得られる距離画像を統合して再構成する.リアルタイムに人物頭部の追跡を行うためには情報の統合を効率よく行う必要がある.追跡にはノイズにロバストなパーテイクルフィルタを用いるが,統合するボクセル空間を追跡するために必要な最小限の領域に抑えるこ...
河中 治樹, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   106(73) 1-6   2006年5月
河中 治樹, 藤吉 弘亘, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告   106(73) 1-6   2006年5月
本研究では形状情報と色情報を用いて人物の頭部を追跡する新たな方法を提案する.複数のカメラ映像を使った追跡の従来の手法は二次元画像内で実装されているが,本研究の提案手法はそれを三次元ボクセル空間における追跡へと拡張する.ボクセル空間は複数のステレオカメラから得られる距離画像を統合して再構成する.リアルタイムに人物頭部の追跡を行うためには情報の統合を効率よく行う必要がある.追跡にはノイズにロバストなパーティクルフィルタを用いるが,統合するボクセル空間を追跡するために必要な最小限の領域に抑えるこ...
河中 治樹, 岩堀 祐之, 高井 敏裕
情報科学技術レターズ   5 175-178   2006年8月
河中 治樹, 岩堀 祐之, ウッダム ロバート J., 舟橋 健司
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声   106(264) 7-12   2006年9月
我々はこれまでに実物体の物理的な反射特性をもとに,任意光源方向および任意視点のもとでの物体のリアルな仮想画像を生成することが可能なニューラルネットワークベースレンダリングを提案してきた.この手法は物体の反射特性としてパラメトリックな反射特性関数を使用せずに非ランバートの反射特性をもつ物体の仮想画像を生成することができる.ところが,このニューラルネットワークの学習を効率よく行うためには,様々な位相角の学習データを学習空間から均等にサンプリングしなければならず,大量の画像(光源方向)が必要にな...
河中 治樹, 岩堀 祐之, ウッダム ロバート J., 舟橋 健司
電子情報通信学会技術研究報告. SIS, スマートインフォメディアシステム   106(262) 7-12   2006年9月
我々はこれまでに実物体の物理的な反射特性をもとに,任意光源方向および任意視点のもとでの物体のリアルな仮想画像を生成することが可能なニューラルネットワークベースレンダリングを提案してきた.この手法は物体の反射特性としてパラメトリックな反射特性関数を使用せずに非ランバートの反射特性をもつ物体の仮想画像を生成することができる.ところが,このニューラルネットワークの学習を効率よく行うためには,様々な位相角の学習データを学習空間から均等にサンプリングしなければならず,大量の画像(光源方向)が必要にな...
河中 治樹, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2005(2)    2005年3月
松浦 大樹, 舟橋 健司, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001    2001年3月
香村 和成, 舟橋 健司, 岩堀 祐之, 岩田 彰
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference   7 177-180   2002年9月
舟橋 健司, 香村 和成, 岩堀 祐之
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集 = Proceedings of the Virtual Reality Society of Japan annual conference   8 529-532   2003年9月
関谷 貴之, 尾上 能之, 山口 和紀, 岩堀祐之, 中西 通雄, 藤井 康雄
情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE)   2004(13) 9-16   2004年2月
情報技術の発展は目覚ましく,その基本的な原理を理解することは情報化社会で主体的に活動していくために必要である.本論文では,学生が自ら手を動かして原理を理解できるようにするための「情報処理教育用シミュレータ」として,メールやWWW,画像処理ツールの仕組みを理解可能なシステムを提案し,開発の現状について述べる.To understand the fundamental principle of computer and network is indispensable in working a...
河中 治樹, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2004(2)    2004年3月
安藤 忍, 舟橋 健司, 岩堀 祐之, 岩田 彰
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001    2001年3月
渡部 由美, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001(2)    2001年3月
小河 貴博, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001(1)    2001年3月
増田 兼一, 岩堀 祐之
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001(2)    2001年3月
河中 治樹, 岩堀 祐之, 岩田 彰
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001(2)    2001年3月
福井 真二, 岩堀 祐之, 岩田 彰
電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2000    2000年9月
福井 真二, 岩堀 祐之, 舟橋 健司, 岩田 彰
電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解   100(44) 23-30   2000年5月
本論文では, 対象物体の複数枚濃淡画像から具体的な表面反射特性関数の仮定なしに, また, 光源方向の正確な知識なしに, ガウス曲率符号を直接的かつ局所的に求める手法を提案する.本手法は3枚以上の濃淡情報を基に主成分分析を用いて2次元に圧縮し, その情報を用いてガウス曲率符号を抽出するため, 従来提案されている手法よりも高い復元精度を期待できる.また, 光源配置が比較的悪条件であっても相関が取り除かれ, 良い結果を得ることができる.本手法では3枚以上の濃淡画像を用いることができるという利点を...
福井 真二, 岩堀 祐之, 岩田 彰
電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000(2)    2000年3月
舟橋 健司, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告. MVE, マルチメディア・仮想環境基礎   99(723) 25-30   2000年3月
本論文では, 新たに提案する仮想液体操作モデルによる, 仮想空間における液体の対話操作の実現方法について述べる.提案するモデルは計算機内部での液体をその状態により分類し, 自由落下状態においては粒子に基づき, 静止状態においては体積に基づき表現している.本モデルは対話操作を第一の目的としたものであり, CGによるリアリティの高い映像の生成や, 挙動の厳密な再現を主たる目的とするものではない.作成した実験システムでは, 落下してくる液体を仮想の容器により受け止め, 溜めておくことが可能である...
ニューラルネットワークとイルミネーションプラニングを用いた濃淡画像からの曲面の分類
Proceedings of 画像の理解・認識シンポジウム (MIRU'98)   I 319-324   1998年
村上 正充, 岩堀祐之, RobertJ.WOODHAM, 石井 直宏
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   1997(31) 23-30   1997年3月
本論文では、三方向での照明条件のもとで撮像した物体の各点での濃淡画像をもとに、同一照明条件での球画像にRBFニューラルネットワークによる写像を行い、その近傍5点の位置関係から曲面の分類を行なうことによって曲率符合を局所的に抽出する新しい手法を提案した。本論文の手法では、物体の反射特性の関数を仮定することなく、かつ、物体の任意の点での具体的な傾き等の値を求めることなく、濃淡情報から直接的に曲率の符合を抽出した。曲率情報は視点に依存しない物体形状の情報であり、実画像による実験では、良好な曲率符...
田中 秀和, 岩堀 祐之, 石井 直宏
豊田工業高等専門学校研究紀要   30 41-46   1997年12月
西谷 勝彰, 片桐 哲也, 山内 康一郎, 岩堀 祐之, 石井 直宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   96(430) 143-150   1996年12月
われわれは,生まれたときから周囲の話し声を聞いているだけで自然と言葉を憶えていく.これはわれわれの音声信号が教師なし学習である可能性が高いことを示すものである.だが,周囲から聞こえてくる話し声は,時と場合によって刻々とスピードが変わっている.つまり,われわれが学習するときに聞こえている音声信号は,時間軸方向に非線型な伸縮を受けていると仮定せねばならない.この仮定より,成人が言葉を認識する際には聞いた音声信号をあらかじめ知っているパターンに当てはめるようにパターンを時間的に補正(正規化)して...
加藤 弥, 岩堀 祐之, 石井 直宏
電子情報通信学会技術研究報告. NC, ニューロコンピューティング   96(430) 151-158   1996年12月
本論文では物理ベースビジョンに基づくイルミネーションプラニングを用いたニューラルネットワークペース照度差ステレオを新たに提案している。3光源以上の複数光源を用いる際に、そのうち幾つかの光源では陰影領域になるため、形状既知の球を対象に複数光源全てを用いて学習した入出力ニューラルネットワークにテスト物体の画像を入力として通して得た結果をもとに、CastShadowを生じる領域を各光源毎の元画像と復元画像間の濃度差分の平均二乗和の標準偏差によって特定・棄却し、残る光源から形状を再復元する手法を開...
田中 秀和, 岩堀 祐之, 石井 直宏
豊田工業高等専門学校研究紀要   29 43-50   1996年12月
磯本 征雄, 吉根 勝美, 山崎 初夫, 野崎 浩成, 小栗 宏次, 岩堀 祐之
日本教育工学雑誌   19(3) 159-170   1995年12月
田中 秀和, 岩堀 祐之, 石井 直宏
豊田工業高等専門学校研究紀要   29 51-58   1996年12月
佐野秀輝, 岩堀 祐之, 石井 直宏
信学技報   NC93-135   1994年
本研究では、層状ニュ-ラルネットワ-クの内部において情報がどのように表現されているかを解析するために、依存度という評価値を提案する。この依存度を用いることにより、ニュ-ラルネットワ-クが入力パタ-ンのどの部分からどの程度ずつ情報を得ながら識別を行なっているのか、すなわちネットワ-クが入力パタ-ンのどの部分に注目しているのかが評価できるようになる。さらに本研究では、この依存度を利用して、入力画像の特徴点を注視するニュ-ラルネットワ-クの構成法を提案し、ニュ-ラルネットワ-クによるパタ-ン識別...
小栗 宏次, 高木 浩光, 李 鼎超, 岩堀 祐之, 貝谷 邦夫, 大野 直子, 川口 喜三男
名古屋工業大学紀要   46 313-318   1995年3月
磯本征雄, 吉根 勝美, 小栗 宏次, 岩堀 祐之
電子情報通信学会技術研究報告 (教育工学)   93(105) 15-22   1993年
近年の情報技術の進歩によって、学校・大学においても、情報管理や情報処理に関するリテラシー教育の要望が高まっている。筆者らは、現在のそうした状況を踏まえて、情報リテラシー教坂の方策を考察し、授業支援のためのコースウェアとCAIシステムの開発を計画し実行に移している。本稿では、そうした筆者らの情報リテラシー教育のための方策を報告する。
岩堀 祐之, 杉江 日出澄, 岡崎 明彦, 貝谷 邦夫, 大野 直子
名古屋工業大学学報   (41) p151-157   1989年
輝度変化に対する頑健な背景差分法
Proceedings of 画像の理解・認識シンポジウム (MIRU2004)      2004年
輝度変化に頑健な移動物体抽出手法のGPUを用いた高速化
SSII05 (画像センシングシンポジウム)      2005年
複数の固定カメラを用いた移動物体の追跡
SSII05 (画像センシングシンポジウム)      2005年
カラー動画像を用いた輝度変化にロバストな移動物体抽出手法
画像の理解・認識シンポジウム (MIRU2005)      2005年
Adaboostを用いたパーティクルフィルタの効率化
画像の認識・理解シンポジウム2006 (MIRU2006)論文集, IS1-5   
マルチカメラを用いた3次元シーンフローによるモーション推定
画像の認識・理解シンポジウム2006 (MIRU2006)論文集, IS1-37   
照度を考慮したMean-Shiftによるカラートラッキング
画像の認識・理解シンポジウム2006 (MIRU2006)論文集, IS3-22   
背景・照明・対象サイズの変化に頑健なパーティクルフィルタ
FIT2006, 第5回情報科学技術フォーラム講演論文集, LI-004 (2006)   
ハイビジョン映像を用いたリアルタイム移動物体抽出
DIA2007 (動的画像処理実利用化ワークショップ) I1-10      2007年
濃淡画像からのガウス曲率の復元精度向上手法
情報科学技術レターズ (FIT2007) LH-009      2007年
白線と視線誘導標の3次元位置を用いた道路構造の認識
情報科学技術レターズ (FIT2007) LM-007      2007年

書籍等出版物

 
岩堀 祐之, 小栗 宏次, 舟橋 健司 (担当:共著)
昭晃堂   2005年10月   ISBN:4785631546
岩堀 祐之, 小栗 宏次 (担当:共著)
昭晃堂   1998年4月   ISBN:4785631090
岩堀 祐之, 伊藤 宏隆, 李 鼎超, 舟橋 健司, 高木 浩光 (担当:共著)
培風館   2005年4月   ISBN:4563015555
岩堀 祐之
トリケップス   2013年   ISBN:9784886577474
岩堀祐之 (担当:監修)
エヌ・ティー・エス   2015年5月   ISBN:4860434285
岩堀 祐之, 李 鼎超, 高木 浩光 (担当:共著)
培風館   1997年11月   ISBN:4563013935
杉江 日出澄, 岩堀 祐之, 岡崎 明彦, 小栗 宏次 (担当:共著)
培風館   1991年11月   ISBN:9784563013639
情報科学概論
講談社サイエンティフィック   1996年   
杉江 日出澄, 岩堀 祐之, 尾崎 正弘, 岡崎 明彦, 足達 義則 (担当:共著)
培風館   1991年4月   ISBN:4563013595

講演・口頭発表等

 
基調講演: Application of Computer Vision to Endoscope Image and SEM Images Using Neural Network Learning [招待有り]
岩堀 祐之
Smart Robotics Congress 2018   2018年9月11日   
Guest Lecture: Neural Network Based Rendering for Computer Graphics [招待有り]
岩堀 祐之
Ohio University IEW (International Education Week)   2017年11月16日   
Public Lecture: Endoscope Image Analysis using Neural Network Learning- Computer Vision Approach - [招待有り]
岩堀 祐之
Ohio University IEW (International Education Week)   2017年11月15日   
基調講演: 3D Shape Recovery and Pattern Classification Using Neural Network Learning
岩堀 祐之
知識ベース知能情報工学システム国際会議   2017年9月7日   
招待講演: Medical Image Analysis and Pattern Classification using Machine Learning Approach [招待有り]
岩堀 祐之
Chulalongkorn University   2017年8月24日   
基調講演: 3D Shape Recovery and Pattern Classification Using Neural Network Learning [招待有り]
岩堀 祐之
Industrial 4.0 Seminar, Rajamangara University of Technology Krungthep   2017年8月18日   
形状復元とパターン分類の医療内視鏡画像への応用 [招待有り]
岩堀 祐之
九州工業大学大学院特別講演   2017年8月2日   
Panel Discussion: Challenges in Managing Fleets of Drones and Driverless Cars [招待有り]
岩堀 祐之
PATTERNS 2017   2017年2月   
招待講演: 3D Shape Recovery and Pattern Classification Using Neural Network Learning [招待有り]
岩堀 祐之
Chulalongkorn University   2016年8月15日   
招待講演: 3D Shape Analysis and Object Detection in Computer Vision [招待有り]
岩堀 祐之
Chulalongkorn University   2015年8月14日   
招待講演: 3D Shape Analysis and Object Detection in Computer Vision [招待有り]
岩堀 祐之
UBC Computer Science   2013年3月4日   
Invited Talk: Application of Neural Network to Shape Modeling and Image Rendering in Computer Vision [招待有り]
岩堀 祐之
SCIS & ISIS 2008   2008年9月   
複合現実感のためのニューラルネットワークベースレンダリング [招待有り]
岩堀 祐之
名古屋大学公開講座   2003年6月   
IT時代のコンピュータとネットワークの活用
岩堀 祐之
名古屋工業大学公開講座   2002年6月   
情報メディア技術の背景と考察
岩堀 祐之
名古屋工業大学公開講座   2001年12月   
21世紀に向けての情報教育環境 [招待有り]
岩堀 祐之
愛知県立大学   1999年3月   
インターネットの背景と実践 [招待有り]
岩堀 祐之
名古屋工業大学公開講座   1996年6月   

競争的資金等の研究課題

 
THAILAND 4.0を目指したCO2排出削減と市民総幸福向上を同時実現するためのe-スマート交通統合戦略
JST and JICA: SATREPS プロジェクト(分担メンバー)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 林良嗣
内視鏡画像と細胞画像のための医療診断支援システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 岩堀祐之
内視鏡医療診断のためのポリープ自動識別と形状・大きさの復元システム
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 岩堀祐之
聴導犬をモデルにした接触コミュニケーションロボット
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 中村剛士
医療診断支援のための内視鏡画像からの形状復元とポリープ識別
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 岩堀祐之
点光源照明を利用した内視鏡画像のための3次元形状復元手法の開発
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 岩堀祐之
複合現実感のための3次元モデリングとリアルな仮想映像生成システムの構築
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 岩堀祐之
工学者向け発信型英語教育システムの構築-論文作成とそれに関わる口頭表現の解析
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2006年3月 - 2003年4月    代表者: 松浦千佳子
ニューラルネットワークの対称、非対称構造における認知、記憶機構の計算論的研究
日本学術振興会: 科学研究費基金基盤研究 (C)
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 石井直宏