Works(作品等)

2010年4月

評論等社会環境が反社会的行動の生起に及ぼす影響-社会的情報処理と情動制御による媒介モデルの検討-

  • 吉田俊和
  • ,
  • 吉澤寛之
  • ,
  • 中島誠
  • ,
  • 尾関美喜
  • ,
  • 原田知佳

作品分類
その他
発表場所
財団法人 社会安全研究財団 季刊『社会安全』

犯罪・非行の増加の背後にある「社会を捉える認識の問題としての社会的情報処理の歪み」と「利己的な行動をコントロールする際の問題としての自己制御能力の低下」を理論的に考察し、それらを実証していくために、10の研究を要約している。結論的には、青少年の社会化には、社会化のエージェントである地域社会の住民たちが持つ集合的有能感が果たす役割の大きいことを、指摘している。