MISC

2018年

全天球カメラを用いた林床植生の植被率の推定

日本森林学会大会発表データベース
  • 安野 諒
  • ,
  • 長島 啓子
  • ,
  • 田中 和博

129
0
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
日本森林学会

<p>近年、一度の撮影で360°すべての方向が撮影できる全天球カメラが注目されている。本研究では全天球カメラ「RICOH THETA S」で撮影した全天球画像から植被率を数値で求められるか検討した。京都市左京区の宝ヶ池公園の尾根、斜面、谷部で、撮影高度(1.2m、1.6m)、プロットサイズ(3m、5m、7m、10m)で撮影した計24枚の全天球画像から画像解析によって推定植被率を算出した。そして、現地調査で得た目視植被率と比較した。画像解析は、まず全天球画像を切り取り、編集可能なJPEGイメージとして保存した。その画像の彩度、明るさ、コントラストを上げ、RGB成分毎に分割した。分割したgreenの画像からredの画像を引き算し、その画像からフリーソフト「CanopOn2」を用いて植被率を推定した。その結果、最大誤差10.2、最小誤差0、RMSE4.955となった。また、プロットサイズが7mの時に誤差が小さくなる傾向がみられた。地形により誤差の違いが見られたため、更に推定方法を改良していく必要がある。</p>

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007375923
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000396088516