橋本 篤


橋本 篤

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/25 21:07
 
アバター
研究者氏名
橋本 篤
 
ハシモト アツシ
URL
http://www.bio.mie-u.ac.jp/junkan/kohgaku/lab1/
所属
三重大学
部署
大学院生物資源学研究科 生物圏生命科学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年
東京農工大学 工学研究科 物質生物工学
 
 
 - 
1987年
東京農工大学 工学部 化学工学
 

論文

 
橋本篤, 亀岡孝治, 島津秀雄
日本バーチャルリアリティ学会誌   18(2) 88-92   2013年6月
橋本 篤, 亀岡 孝治
照明学会誌   95(4) 216-222   2011年4月
For sustainable cultivation of agriculture products, cultivation process should be sensitively controlled based on the accurate sensing information of plant vigor. This paper represents the potentials for the applications of electromagnetic waves ...
岡本 安史, 橋本 篤, 末原 憲一郎
応用糖質科学   1(1) 76-85   2011年1月
熱硬化性バイオプラスチックのプレポリマー(糖類とポリイソシアネートの混合物)は,石油系の熱硬化性プラスチックであるフェノール樹脂の代替品としての期待が高い。工業プロセスにおいては, プレポリマーの熱硬化特性を把握することが重要である。本研究では, プレポリマーの熱硬化プロセスにおいて, 糖類の吸着水や結晶水の存在とその結晶構造変化がどのような影響を与えているかを明らかにすることを目的とした。さらに, 工業的製造プロセスにおいて等温加熱による加工が行われていることから, プレポリマー特有の等...
橋本篤
照明学会誌   94(12) 795-800   2010年12月
岡本 安史, 橋本 篤, 末原 憲一郎
Journal of applied glycoscience   57(2) 95-103   2010年4月
熱硬化性バイオプラスチックは,耐熱性が要求される電子部品に利用され,糖類とポリイソシアネートの混合スラリーである「プレポリマー」を加熱することで得られる.しかし,室温では不安定で自己硬化性を有している.本研究の目的は,プレポリマーにおける自己硬化プロセスを解明することにあった.結果として,自己硬化プロセスは4段階に分かれ,ポリイソシアネート基への水添加,アミン基の生成,尿素基の生成,およびビウレット基の生成であり,糖類の吸着水によって引き起こされ,尿素基生成およびビウレット基の架橋形成で硬...
橋本 篤
日本食品工学会誌   7(2) 61-73   2006年6月
橋本 篤, 高橋 誠, 本多 太次郎, 清水 賢, 渡辺 敦夫
日本食品工業学会誌   37(11) 887-893   1990年
遠赤外線照射されたサツマイモ内の熱移動機構にもとずき,サツマイモ内における赤外線エネルギーの浸透性について検討した.そして,以下の結論を得た.<BR>(1) 熱電対により遠赤外線照射されたサツマイモ内の温度の経時変化,温度分布を測定し,赤外線エネルギーの流入量と流出量の差△Qrを推算した.その結果,△Qrはサツマイモの表面から2mmより深いところでは0となり,赤外線エネルギーの浸透性は小さいことがわかった.<BR>(2) しかし,サツマイモ表面近傍では熱電対による正確な温度測定ができないの...
廣田 耕太郎, 橋本 篤, 本多 太次郎, 清水 賢, 渡辺 敦夫
日本食品工業学会誌   38(2) 136-143   1991年
物性の異なる湿潤粉体層の遠赤外線乾燥を行った.また,赤外線乾燥に関する伝熱モデルを設定し,恒率乾燥速度,湿り平衡温度の推算を試みた.そして,以下の結論を得た.<BR>(1) 粉体の放射率が大きいほど,すなわち湿潤粉体層表面の放射率が大きいほど,その恒率乾燥速度は大きく,湿り平衡温度は高くなった.<BR>(2) 遠赤外線乾燥において,被乾燥物質の光学物性(粉体の放射率,水の放射率)を考慮した恒率乾燥速度と湿り平衡温度の推算方法を確立した.<BR>(3) 恒率乾燥速度,湿り平衡温度の実験値と計...
橋本 篤, 高橋 誠, 本多 太次郎, 清水 賢, 渡辺 敦夫, 柴田 行男
化学工学論文集   17(3) 634-638   1991年1月
The present study aims at determining the influence of the heat transfer mechanism on the amount of maltose produced by heating sweet potato in a packed-bed. The yield of maltose did not depend on whether the heat transfer mechanism in the bed was...
橋本篤, 清水賢, 五十嵐英夫
化学工学論文集   17(3) 627-633   1991年1月
遠赤外線照射による殺菌効果の特徴を把握することが本研究の目的である.生理的リン酸緩衝液 (pH7.0) 中に浮遊する大腸菌745株と黄色ブドウ球菌9779株について, 遠赤外線照射もしくは伝導加熱し, 殺菌実験を行った.その際, 加熱方法による細菌懸濁液のバルク温度の差異が無視されうる条件下において実験を行った.生菌数と非致死的損傷細菌数は, 集落形成数より算出した.<BR>遠赤外線照射した場合のほうが伝導加熱した場合よりも殺菌効果が認められ, 生菌数に占める非致死的損傷細菌数の割合が大き...
Atsushi Hashimoto, Masaru Shimizu, Kotaro Hirota, Taijiro Honda, Atsuo Watanabe
JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   24(6) 748-755   1991年1月
The present study aims at gaining a good understanding of the mechanism of infrared radiation drying of a wet granular bed in the constant-rate period. Our attention was focussed on the factors influencing the constant drying rate of a granular be...
Atsushi Hashimoto, Masaru Shimizu, Jun Sawai, Hideo Igarashi
Journal of Chemical Engineering of Japan   25(3) 275-281   1992年1月
The purpose of this study is to examine the influence of far-infrared irradiation on pasteurization of bacteria suspended in liquid medium below the lethal temperature. Under this condition, Escherichia coli and staphylococcus aureus are injured a...
Atsushi Hashimoto, Masaru Shimizu, Hideo Igarashi
Journal of Chemical Engineering of Japan   25(6) 666-671   1992年1月
The present purpose is to study the influence of far-infrared irradiation on pasteurization of Escherichia coli and Staphylococcus aureus on or within a model for wet-solid food. Agar medium was used as the food model. By determining the thermal r...
Atsushi Hashimoto, Jun Sawai, Hideo Igarashi, Masaru Shimizu
Journal of Chemical Engineering of Japan   26(3) 331-333   1993年1月
Atsushi Hashimoto, Seiichi Oshita, Yutaka Yamazaki, Masaru Shimizu
Drying Technology   12(5) 1029-1052   1994年1月
As a food model for infrared drying, a gelatinous bed composed with agar-gel and powder was used. To study the influences of the bed conditions, the emissivity of the powder materials and their initial-volume fractions were considered. To study th...
Jun Sawal, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   28(3) 288-293   1995年1月
The growth inhibitory effect of 26 ceramic powder slurries on bacteria was evaluated by measurement of the conductance change of the growth medium caused by bacterial metabolism (conductance method). Escherichia coli, Salmonella typhimurium, Pseud...
Jun Sawai, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   28(5) 556-561   1995年1月
The effects of magnesium oxide (MgO), calcium oxide (CaO), and zinc oxide (ZnO) powder slurries on spores of Bacillus subtilis were examined. The CaO and MgO powder slurries were able to kill the spores of B. subtilis in physiological saline. The ...
Jun Sawai, Ikue Saito, Fumio Kanou, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
Journal of Chemical Engineering of Japan   28(3) 352-354   1995年1月
Jun Sawai, Koji Sagara, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   28(3) 294-299   1995年1月
Injury in Escherichia coli irradiated by far-infrared radiation (FIR) was examined. We used penicillin G (PCG), chloramphenicol (CP), rifampicin (RFP) and nalidixic acid (NA) as selective reagents, and tried to evaluate the injury in bacteria irra...
沈 百禎, 大下 誠一, 堀部 和雄, 橋本 篤
農業機械学会誌   57(3) 37-44   1995年5月
馬鈴薯澱粉と水からなるゲルを用いてガス置換法により密度を測定し, また馬鈴薯澱粉粉末を用いてDSCにより比熱を測定し, それぞれの実験式を得ると共に, ゲルを食品モデルとし, 温度伝導率をフラッシュ法により測定し, 有効熱伝導率を算出した。更に, 有効熱伝導率を用いて4種類の伝熱モデルを仮定して澱粉の固有熱伝導率を推算した。その結果, 直列モデルが最も適当であることが示された。また, このモデルで推算した馬鈴薯澱粉の固有熱伝導率はゲル中の水分割合に対する依存性があることが認められた。従って...
橋本篤, 大下誠一
農業機械学会誌   58(5) 35-41   1996年
Jun Sawai, Jun Sawai, Hideo Igarashi, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
Journal of Chemical Engineering of Japan   29(2) 251-256   1996年1月
Theeffects of particlesize and heating temperature of magnesium oxide (MgO), calcium oxide (CaO), and zinc oxide (ZnO) powders on the antibacterial activities of their slurries were studied by the conductance method. An increase in particle size o...
Jun Sawai, Jun Sawai, Emiko Kawada, Fumio Kanou, Fumio Kanou, Hideo Igarashi, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
Journal of Chemical Engineering of Japan   29(4) 627-633   1996年1月
In order to elucidate the antibacterial mechanisms of magnesium oxide (MgO), calcium oxide (CaO) and zinc oxide (ZnO), the generation of active oxygen from these ceramic powder slurries was examined by oxygen electrode analysis and chemiluminescen...
沢井淳, 相楽好治, 橋本篤, 五十嵐英夫, 清水賢
日本細菌学雑誌   51(2) 589-599   1996年4月
大下誠一, 橋本篤, 瀬尾康久
農業機械学会誌   58(6) 31-38   1996年11月
低温が代謝抑制に寄与する理由の一つとして水の粘度増大を指摘した。その上で, 水の粘度と水素結合の関係から,水素結合した水分子数の増加により代謝抑制が可能という考え方を示した。このためキセノンガスを細胞内水に溶解させて水の構造化を図り, 代謝抑制効果を検討した。オオムギ子葉鞘細胞の原形質流動速度は288Kの下で大気下で5.9μm/sであった。水を構造化すると流動速度は低下し, キセノンガス分圧0.5MPaで4.1μm/sとなった。構造化を解除すると6.2μm/sに回復した。7日間保存後の細胞...
元永 佳孝, 亀岡 孝治, 橋本 篤
農業機械学会誌   59(4) 21-28   1997年
元永佳孝, 亀岡孝治, 橋本篤
農業機械学会誌   59(3) 13-22   1997年
大下 誠一, ラハマン M. A., 川越 義則, 瀬尾 康久, 橋本 篤
農業機械学会誌   59(1) 29-35   1997年
Jun Sawai, Jun Sawai, Mifo Fujisawa, Mifo Fujisawa, Takao Kokugan, Masaru Shimizu, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Hiromitsu Kojima
Journal of Chemical Engineering of Japan   30(1) 170-172   1997年1月
Jun Sawai, Jun Sawai, Koji Sagara, Koji Sagara, Makoto Miyagawa, Makoto Miyagawa, Takao Kokugan, Masaru Shimizu, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Hiromitsu Kojima
Journal of Chemical Engineering of Japan   30(4) 669-676   1997年1月
The pasteurization effect of far-infrared (FIR) radiation on Escherichia coli suspended in physiological phosphate buffered saline in the exponential growth phase (exponential phase) was studied. FIR irradiation decreased the number of viable cell...
亀岡 孝治, 橋本 篤
農業情報研究   6(2) 103-115   1997年11月
焦点距離の異なる複数の写真を用いての3次元化は,農業情報研究の分野でもたびたび必要となる技術である.本研究ではこの1例として細胞中の原形質糸の3次元配向画像を表示する画像処理システムを構築した.本研究では,焦点深度が10μmずつ異なる4枚の子葉鞘細胞の顕微鏡写真を変化させた複数の顕微鏡写真から原形質糸を入力し,同じ原形質糸が多画面に連続して観察される場合を判断して,データを3次元で表現することを試みた.また,すでに得られている原形質流動データとの比較により,原形質流動が最も活発であるときに...
Jun Sawai, Shinobu Shoji, Shinobu Shoji, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Takao Kokugan, Masaru Shimizu, Hiromitsu Kojima
Journal of Fermentation and Bioengineering   86(5) 521-522   1998年1月
Using four kinds of antibiotics, an investigation was made to determine whether or not H2O2generated from a ZnO powder slurry was related to its antibacterial activity. Changes in the sensitivity of Escherichia coli to the antibiotics suggested th...
Jun Sawai, Hiromitsu Kojima, Fumio Kano, Hideo Igarashi, Atsushi Hashimoto, Emiko Kawada, Takao Kokugan, Masaru Shimizu
World Journal of Microbiology and Biotechnology   14(5) 773-775   1998年1月
Metallic oxide powders (magnesium oxide, calcium oxide and zinc oxide) having antibacterial activity were examined for their mutagenicity and antimutagenicity by the Ames test with Salmonella typhimurium TA 102. These powders were not mutagenic to...
橋本 篤, 大下 誠一
農業機械学会誌   60(2) 83-88   1998年3月
疎水性ガスとしてキセノンガスを用い, 食品モデルおよび細菌中の水の構造化を促進させ, 食品モデル中に存在する細菌の増殖抑制効果について実験的に把握した。その結果, 初期キセノンガス分圧が高いほど, 食品モデルおよび細菌内部の水の構造化が促進され, 増殖抑制効果が大きくなるものと考えられた。そして, 食品モデル表面から4.3mmまでの距離では, 細菌の増殖抑制効果に顕著な差異は認められなかった。一方, 細菌の種類により増殖抑制効果に顕著な差異が認められ, 本法はグラム陽性菌よりもグラム陰性菌...
亀岡 孝治, 奥田 知晴, 橋本 篤, 野呂 明美, 椎木 靖彦, 伊藤 健介
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   45(3) 199-204   1998年3月
FT-IR/ATR法による食品の糖成分分析方法を検討した結果,以下の結果を得た.<BR>1. FT-IR/ATR法により,グルコース,スクロース,フルクトースおよびラクトース溶液の赤外吸光度スペクトルを取得し,指紋領域のスペクトルパターンは各糖固有であることが分かった。また同一波数の吸光度値による各糖の検量線が,低濃度領域では直線性を示すことが分かった.<BR>2. グルコース,スクロース,フルクトースにより果汁を想定した混合糖水溶液を調製し,これらのスペクトルと計算により合成したスペクト...
亀岡 孝治, 奥田 知晴, 橋本 篤, 野呂 明美, 椎木 靖彦, 伊藤 健介
日本食品科学工学会誌   45(3) 192-198   1998年3月
食品のモデルとして糖水溶液を考え,糖水溶液の赤外分光スペクトルについて検討を行い,以下の糖水溶液の赤外分光分析に関わる基礎的知見を把握した.1. FT-IR/ATR法により,従来の透過法では測定が困難とされていた中赤外領域における単糖・二糖類の赤外分光スペクトルを取得し,FT-IRIATR法の有効性を示した.2. 指紋領域におけるスペクトルパターンは各糖に対して固有であることが分かり,糖の種類別定量分析に応用可能であることを示した.3. 理想溶液の性質を示す糖水溶液の検量線は,直線性を示す...
A. Hashimoto, T. Kameoka
Drying Technology   17(7/8) 1613-1626   1999年1月
We studied infrared drying characteristics of wet porous materials by comparison with the convective drying characteristics, and our attention was focused on the factors influencing their characteristics. By selecting three kinds of membrane filte...
Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka, Yasuhiko Shiinoki, Kensuke Ito
Kagaku Kogaku Ronbunshu   25(2) 193-194   1999年3月
We propose a new method to suppress cell metabolism by dissolving hydrophobic gas into intracellular water, and structuring it under hydrophobic-gas pressure. Xenon, krypton, argon, and helium gases show death inhibitory effects on all test bacter...
元永 佳孝, 近藤 宏哉, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業情報研究   8(2) 69-80   1999年12月
果実の品質因子である形と色の解析をインターネットのWWW上で行える果実外観解析システムの構築を行った.解析部の構築にはWWW上で動作させるため,Java Appletを用いた.また,形にはrθφ座標系を,色にはHSL座標系を用いた数値化により,大きさの因子を含まない形状情報と,人間の感覚に準じた色彩情報を取得でき,解析が施せる.さらに,算出されたデータはデータベースに蓄積されるため,解析と共に果実外観データベースの構築も行える.<br>実験では,安芸クイーン(ブドウ)を試料に選定し,その形...
J. Sawai, H. Kojima, H. Igarashi, A. Hashimoto, S. Shoji, T. Sawaki, A. Hakoda, E. Kawada, T. Kokugan, M. Shimizu
World Journal of Microbiology and Biotechnology   16 187-194   2000年1月
The antibacterial activity of magnesium oxide (MgO) was studied. Inhibitory zones appeared around the MgO powder slurry put directly on nutrient agar plates seeded with Escherichia coli or Staphylococcus aureus. However, no zone was observed using...
Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Applied Spectroscopy   54 1005-1011   2000年1月
A simple, rapid, and accurate method for determining sugar contents in plant-cell culture media by mid-infrared (MIR) spectroscopy was developed by using a Fourier transform infrared (FT-IR) spectrometer equipped with an attenuated total reflectan...
J. Sawai, J. Sawai, K. Sagara, K. Sagara, S. Kasai, S. Kasai, H. Igarashi, A. Hashimoto, T. Kokugan, M. Shimizu, H. Kojima
Journal of Industrial Microbiology and Biotechnology   24 19-24   2000年1月
Escherichia coli in phosphate-buffered saline irradiated with far- infrared (FIR) energy was injured and killed even under the condition where the bulk temperature of the suspension was maintained below the lethal temperature. Using four kinds of ...
元永 佳孝, 近藤 宏哉, 北村 八祥, 中西 健一, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業機械学会誌   62(0) 273-274   2000年4月
ミィ ウィン ウィン, 元永 佳孝, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業機械學會誌   63(1) 73-80   2001年1月
農産物の貯蔵に関して, 温度, ガス組成を変えた貯蔵実験が可能な実験用貯蔵システムを構築した. この装置を用いて, 常温, 大気圧下 (O2濃度 20.9%, CO2濃度は無調整, 相対湿度は約80%RH) におけるトマトの貯蔵特性を計測した. 実験試料として典型的な追熟現象を示す未熟トマトを用いた. 貯蔵特性のうち, ガス特性としてO2濃度, CO2濃度, 全圧, 温度, 相対湿度の連続データの取得,...
Mikihito Kanou, Atsushi Hashimoto, Yasuhiko Shiinoki, Kensuke Ito, Yoshitaka Motonaga, Takaharu Kameoka
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   48(6) 401-408   2001年1月
In this work the use of Fourier transform infrared (FT-IR) spectroscopy coupled with an attenuated total reflectance (ATR) accessory was applied to determine the polymerization degree of straight-chain oligosaccharides. Glucose (G1) was used as mo...
橋本 篤, 亀岡 孝治
日本食品工学会誌   2(1) 11-22   2001年3月
ミイ ウィン ウィン, 元永 佳孝, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業機械學會誌   63(2) 60-68   2001年3月
農産物の呼吸特性を得るために, デシケータを用いて低酸素濃度下で温度条件を5, 10, 25℃に設定し, 貯蔵実験を行った。実験試料として典型的な追熟現象を示す未熟と完熟のトマトを用いた。閉鎖系で低酸素貯蔵を行ったトマトは限界呼吸速度に達すると擬似休眠状態に入り, 追熟現象が抑制されたことが確認された。また, 温度5℃で貯蔵したトマトは低温により生理障害を受け, 腐敗が生じたことも確認された。デシケータ貯蔵実験で得られた限界呼吸速度から最適な酸素透過量をもつフィルムを設計し, フィルム貯蔵...
元永 佳孝, 仙波 弘次, 近藤 宏哉, 北村 八祥, 中西 健一, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業機械学会誌   63(0) 289-290   2001年4月
A. Hashimoto, K. Nakanishi, Y. Motonaga, T. Kameoka
Biotechnology Progress   17 560-564   2001年6月
A simple, rapid and accurate evaluation of the sugar uptake rate of suspended plant cells from culture media was developed with the predicted sugar contents measured by mid-infrared spectroscopy using a Fourier transform infrared (FT-IR) spectrome...
Mikihito Kanou, Kenichi Nakanishi, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   50(2) 57-62   2003年1月
We studied infrared spectral characteristics derived from disaccharides and the interaction between disaccharides and water. Six kinds of sugar-H2O solutions (trehalose, kojibiose, nigerose, maltose, isomaltose and sucrose) and three kinds of suga...
Effects on pre-cultivation on sugar metabolic kinetics of suspension plant cells measured by mid-infrared spectroscopy
Hashimoto Atsushi, Yamanaka Atsushi, Kanou Mikihito, Nahar Faizun, Kameoka Takaharu
JOURNAL OF FOOD AGRICULTURE & ENVIRONMENT   1(2) 168-175   2003年4月   [査読有り]
Jun Sawai, Koji Sagara, Koji Sagara, Atsushi Hashimoto, Hideo Igarashi, Masaru Shimizu
International Journal of Food Science and Technology   38 661-667   2003年8月
The inactivation of the enzymes lipase and α-amylase were studied during treatment by far-infrared (FIR) radiative heating and compared with activity changes due to heating by thermal conduction. The decrease in enzyme activity was found to be lar...
A. Hashimoto, S. Stenström, T. Kameoka
Drying Technology   21 1411-1431   2003年9月
A simulation model for convective drying of wet porous materials was developed. For the simulation, we measured the moisture diffusivities within them and applied a modified Dubinin-Astakhov equation to the moisture sorption data for a membrane fi...
亀岡 孝治, 橋本 篤
農業情報研究   12(3) 167-188   2003年9月
分光計測は原スペクトルが持つ一次情報には情報の欠落がなく,新たな解析法が見つかった時点で原スペクトルを用いた新たな解析が可能になるという大きな利点も持ち合わせている.このような分光計測の中で,赤外分光計測の理論的基礎ともいうべき中赤外分光計測に焦点を当て,私たちの研究室での成果を中心に,農産物・食品の赤外分光分析についてレビューした.単糖・二糖類の分光分析からオリゴ糖・多糖類までの研究を入り口として、そこから派生する糖の定性・定量分析手法、酸度の定量,発酵過程のモニタリング,細胞の培養過程...
T. Pan, A. Hashimoto, M. Kanou, K. Nakanishi, T. Kameoka
Bioprocess and Biosystems Engineering   26 133-139   2003年12月
A simultaneous quantification system of ionic dissociative metabolites was developed using a Fourier transform mid-infrared spectroscopic method by focusing our attention on the enzyme reaction from glucose 6-phosphate to fructose 6-phosphate with...
Kenichi Nakanishi, Atsushi Hashimoto, Tao Pan, Mikihito Kanou, Takaharu Kameoka
Applied Spectroscopy   57 1510-1516   2003年12月
We determine the pH dependency of the mid-infrared spectra in aqueous solution of the organic dissociative materials in the metabolic pathway: saccharide phosphates (G6P, F6P), adenosine, and its phosphates (ATP, ADP, AMP). The series of molar abs...
A. Hashimoto, K. Nakanishi, T. Kameoka
Drying Technology   22 225-236   2004年1月
The parameters of a modified Dubinin-Astakhov (DA) equation were studied for six kinds of fresh vegetables. The equilibrium moisture content data were fitted to the modified DA equation under the condition that the limit of the moisture content of...
潘 涛, 橋本 篤, 狩野 幹人
日本食品工学会誌   5(1) 23-33   2004年3月
A method of making digital fruit color charts for cultivation management and quality control
Motonaga Yoshitaka, Kondou Hiroya, Hashimoto Atsushi, Kameoka Takaharu
JOURNAL OF FOOD AGRICULTURE & ENVIRONMENT   2(3-4) 160-166   2004年8月   [査読有り]
Jun Sawai, Tsuyoshi Nakai, Tsuyoshi Nakai, Atsushi Hashimoto, Masaru Shimizu
International Journal of Food Science and Technology   39 967-974   2004年11月
The apparent reaction rate constants (k) of the reaction that generates reducing sugar (presented as mg maltose equivalents) from raw sweet potato starch by using β-amylase were determined by varying enzyme concentration, starch concentration and ...
Atsushi Yamanaka, Atsushi Hashimoto, Mikihito Kanou, Takaharu Kameoka
Bioprocess and Biosystems Engineering   27 125-133   2005年4月
The influence of sugars in pre-cultivation media suspended plant cells on the kinetics of the sugar uptake and the ethanol production was studied by mid-infrared spectroscopy using a Fourier transform infrared spectrometer (FT-IR) equipped with an...
Atsushi Hashimoto, Atsushi Yamanaka, Mikihito Kanou, Kenichi Nakanishi, Takaharu Kameoka
Bioprocess and Biosystems Engineering   27 115-123   2005年4月
A simple, rapid and accurate mid-infrared (MIR) spectroscopic method for simultaneously determining the product (ethanol) content and the nutrient (sugar) content in plant-cell culture media was developed using a Fourier transform infrared (FT-IR)...
Mikihito Kanou, Kenichi Nakanishi, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameokaj
Applied Spectroscopy   59 885-892   2005年7月
The infrared spectral characteristics of ten different types of disaccharides (trehalose, kojibiose, nigerose, maltose, isomaltose, trehalulose, sucrose, turanose, maltulose, and palatinose) and five different types of monosaccharides (glucose, ma...
X-ray fluorescent and mid-infrared spectroscopic analysis of tomato leaves
2006 SICE-ICASE INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE, VOLS 1-13   1716-+   2006年   [査読有り]
橋本 篤
日本食品工学会誌   7(2) 61-73   2006年1月
食品加工プロセスにおける赤外線利用に関して, 放射伝熱学と分光学的な側面から総合的に論述した.赤外線の熱的操作への応用として, 食品モデルの乾燥と殺菌に関する研究を行った.食品モデルの赤外線乾燥特性に及ぼす因子に着目し, 赤外線乾燥の定量的評価には試料の赤外域における拡散分光情報の理解が重要であることが示された.また, 細菌の赤外線殺菌は従来法加熱殺菌よりも効果的であり, その効果は試料表面近傍における赤外線エネルギの吸収とバルク温度に起因することが示唆された.そこで, 赤外分光法による食...
Tasting robot with an optical tongue: Real time examining and advice giving on food and drink
Shimazu Hideo, Kobayashi Kaori, Hashimoto Atsushi, Kameoka Takaharu
Human Interface and the Management of Information: Methods, Techniques and Tools in Information Design, Pt 1, Proceedings   4557 950-957   2007年   [査読有り]
X-ray fluorescent and mid-infrared spectroscopic measurements of vigor information of tomato plant
PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-8   220-+   2007年   [査読有り]
Yamanaka Atsushi, Hashimoto Atsushi, Matsuo Tomomi, Kanou Mikihito, Suehara Ken-Ichiro, Kameoka Takaharu
BIOPROCESS AND BIOSYSTEMS ENGINEERING   30(6) 457-468   2007年11月   [査読有り]
Optical Monitoring with Field Server toward the BIX Standardization
2008 PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE, VOLS 1-7   2489-+   2008年   [査読有り]
Hashimoto Atsushi, Kameoka Takaharu
APPLIED SPECTROSCOPY REVIEWS   43(5) 416-451   2008年   [査読有り]
Atsushi Hashimoto, Hisanori Mori, Mikihito Kanou, Takaharu Kameoka, Hideo Shimazu, Kaori Kobayashi
Journal of the Illuminating Engineering Institute of Japan (Shomei Gakkai Shi)   93(8A) 501-509   2009年1月
We developed a mid-infrared (MIR) spectroscopic evaluation method of brewed coffee, whose quality and taste depend highly on properties such as the geographical origin and the roasting, grinding, blending, and extraction conditions, using an FT-IR...
Togami Takashi, Motonaga Yoshitaka, Ito Ryoei, Hashimoto Atsushi, Kameoka Takaharu, Nakamoto Tsuyoshi
CULTURE AND COMPUTING: COMPUTING AND COMMUNICATION FOR CROSSCULTURAL INTERACTION   6259 200-+   2010年   [査読有り]
山本 恭輔, 木村 佳嗣, 戸上 崇, 吉岡 洋輔, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業情報研究   20(4) 139-147   2011年
農産物の色彩や形状,大きさなどの外観特徴は食味食感とともに農産物の商品価値を決める重要な品質要素である.農産物の外観品質の評価は,主に熟練者の目視によって行われるが,これらの評価は,熟練者の作業経験の積み重ねによって獲得された判断要因や判断基準に依存しているため,客観性や再現性の問題が生じ,評価者により異なる評価結果が得られる場合が存在する.このような問題を解決すべく,今日では,農産物の外観品質の評価に画像解析技術を用いた研究が広く行われている.本研究では,農産物のための色彩画像解析システ...
戸上 崇, 伊藤 良栄, 橋本 篤, 亀岡 孝治
農業情報研究   20(3) 110-121   2011年
三重南紀地域では,担い手の減少や高齢化に伴う熟練者の技術継承,さらには毎年夏場の降雨パターンや温度変化によりミカン栽培自体が厳しい栽培環境においても要求される品質のミカン栽培を可能にする樹体・灌水管理方法等の問題を解決するために,「マルドリ方式」が導入され,つづいて平成20年度には,農業用小型計測ロボット「フィールドサーバ」が導入された.本研究では,フィールドサーバと屋外用センサーネットワークeKoを効果的に活用し,植物の生理を考慮し,農業従事者の立場で考える圃場環境計測を実現するための実...
Hashimoto Atsushi, Sugimoto Yoshiko, Suehara Ken-ichiro, Kameoka Takaharu
11TH INTERNATIONAL CONGRESS ON ENGINEERING AND FOOD (ICEF11)   1 1132-1138   2011年   [査読有り]
Okamoto Yasushi, Hashimoto Atsushi, Suehara Ken-ichiro
JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   45(11) 924-930   2012年   [査読有り]
Suehara Ken-ichiro, Kameoka Takaharu, Hashimoto Atsushi
BIOPROCESS AND BIOSYSTEMS ENGINEERING   35(8) 1259-1268   2012年10月   [査読有り]
Suehara Ken-ichiro, Kameoka Takaharu, Hashimoto Atsushi
JOURNAL OF ANALYTICAL METHODS IN CHEMISTRY      2013年   [査読有り]
2014 ANNUAL SRII GLOBAL CONFERENCE (SRII)   230-231   2014年   [査読有り]
Atsushi Hashimoto, Hikaru Hashikawa, Takaaki Sakaguchi, Ken Ichiro Suehara, Takaharu Kameoka
International Agricultural Engineering Journal   23 22-30   2014年1月
Infrared drying behavior of seasoned instant noodles was studied by focusing our attention on the factors influencing their characteristics in consideration of the spectral distribution of the radiative heat source and of the hot air convection co...
橋本 篤, 亀岡 孝治, 末原 憲一郎
照明学会誌   98(9) 512-515   2014年9月
This paper describes our previous studies on the kinetic phenomena of sugar metabolism by plant cells suspended in liquid culture media using an infrared spectroscopic measurement that could be a non-destructive, chemical-free, simple, and rapid m...
2015 54TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)   100-103   2015年   [査読有り]
Hashimoto Atsushi, Suehara Ken-ichiro, Kameoka Takaharu
FRUTIC ITALY 2015: 9TH NUT AND VEGETABLE PRODUCTION ENGINEERING SYMPOSIUM   44 163-168   2015年   [査読有り]
Yamamoto Kyosuke, Ninomiya Seishi, Kimura Yoshitsugu, Hashimoto Atsushi, Yoshioka Yosuke, Kameoka Takaharu
COMPUTERS AND ELECTRONICS IN AGRICULTURE   110 233-240   2015年1月   [査読有り]
Atsushi Hashimoto, Yurika Toyoshi, Ken Ichiro Suehara, Takaharu Kameoka
International Journal of Sustainable Agricultural Management and Informatics   1 358-369   2015年1月
© 2015 Inderscience Enterprises Ltd. We developed a quantitative colour appearance evaluation method of the images taken by a digital camera under an artificial lighting condition in the agricultural fields. By analysing the relationship between t...
Kameoka Takaharu, Hashimoto Atsushi
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS   E98B(9) 1741-1748   2015年9月   [査読有り]
Ken Ichiro Suehara, Ken Ichi Isoda, Hitoshi Mizutani, Atsushi Hashimoto
Journal of Light and Visual Environment   40 10-19   2016年1月
To eliminate the color appearance variation of the images acquired under the various lighting conditions, we have developed a simple four colored chart (Skin chart) for the color calibration of the human skin images based on the features of the hu...
Ken Ichiro Suehara, Takaharu Kameoka, Atsushi Hashimoto
Japan Journal of Food Engineering   16(4) 279-289   2016年4月
© 2015, Japan Society for Food Engineering. All rights reserved. We developed an infrared spectroscopic evaluation method of Sake (rice wine), whose quality and taste highly depend on the chemical contents, the interactions between the components,...
亀岡孝治, 橋本篤, 亀岡孝治, 橋本篤
農業食料工学会誌   78(4) 274‐278   2016年7月
橋本篤, 亀岡孝治, 末原憲一郎
照明学会誌   100(11) 497‐501-501   2016年11月
亀岡 慎一, 礒田 修平, 橋本 篤, 伊藤 良栄, 宮本 哲, 和田 弦己, 渡辺 直樹, 亀岡 孝治
農業情報研究   26(1) 11-25   2017年
<p>高品質ワイン生産を目的とした最適ブドウ栽培管理のためには,ワイン用ブドウ栽培における科学的な理解に基づいた栽培環境の長期的なモニタリングが必要と考えられる.本研究ではワイン用ブドウ圃場の既設無線センサネットワーク(WSN)のシステム更新を行い,WSNによる圃場の生育環境情報取得と,生産者がその栽培環境情報を栽培に活かせるようなWebアプリケーション開発を行った.システムに関しては,無線規格の2.4 GHz帯からWi-SUN規格に準ずる920 MHz帯への変更とウェザーステーション・土...
Kanou Mikihito, Kameoka Takaharu, Suehara Ken-ichiro, Hashimoto Atsushi
BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   81(4) 735-742   2017年4月   [査読有り]
Kameoka Shinichi, Isoda Shuhei, Hashimoto Atsushi, Ito Ryoei, Miyamoto Satoru, Wada Genki, Watanabe Naoki, Yamakami Takashi, Suzuki Ken, Kameoka Takaharu
SENSORS   17(5)    2017年5月   [査読有り]
Hashimoto Atsushi, Muramatsu Tatsuki, Suehara Ken-ichiro, Kameoka Shinichi, Kameoka Takaharu
FOOD PACKAGING AND SHELF LIFE   14 26-33   2017年12月   [査読有り]
末原憲一郎, 亀岡孝治, 橋本篤
日本醸造協会誌   113(3) 133‐141-141   2018年3月
橋本篤, 亀岡孝治, 末原憲一郎
日本赤外線学会誌   28(2) 6‐12   2019年2月

Misc

 
橋本 篤, 亀岡 孝治, 末原 憲一郎
化学工学 = Chemical engineering of Japan   82(6) 303-306   2018年6月
橋本 篤, 末原 憲一郎, 亀岡 孝治
アグリバイオ = Agricultural biotechnology   2(5) 430-434   2018年5月
村松樹, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 橋本篤
電子情報通信学会技術研究報告   117(310(ASN2017 62-82)) 81‐82   2017年11月
塚原茜, 亀岡慎一, 伊藤良栄, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   117(310(ASN2017 62-82)) 149‐150   2017年11月
田口拓実, 亀岡慎一, 伊藤良栄, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   117(310(ASN2017 62-82)) 151‐152   2017年11月
礒田修平, 岡野隆志, 亀岡慎一, 伊藤良栄, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   117(310(ASN2017 62-82)) 143‐144   2017年11月
橋本 篤, 亀岡 孝治, 末原 憲一郎
光アライアンス   28(6) 21-24   2017年6月
橋本 篤, 亀岡 孝治, 末原 憲一郎
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(308) 175-180   2016年11月
尾崎俊介, 西村奈々, 伊藤良栄, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   116(308(ASN2016 45-68)) 149‐150   2016年11月
亀岡慎一, 礒田修平, 橋本篤, 伊藤良栄, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   116(308(ASN2016 45-68)) 49‐50   2016年11月
橋本篤, 亀岡孝治, 末原憲一郎
電子情報通信学会技術研究報告   116(308(ASN2016 45-68)) 175‐180   2016年11月
末原憲一郎, 亀岡孝治, 橋本篤
電子情報通信学会技術研究報告   116(308(ASN2016 45-68)) 145‐146   2016年11月
谷田亘, 伊藤良栄, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   116(308(ASN2016 45-68)) 147‐148   2016年11月
谷田亘, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   115(290(ASN2015 57-77)) 41-42   2015年10月
末原 憲一郎, 橋本 篤
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   115(262) 15-18   2015年10月
末原憲一郎, 橋本篤
電子情報通信学会技術研究報告   115(262(OFT2015 26-38)) 15-18   2015年10月
橋本 篤, 末原 憲一郎, 亀岡 孝治
化学工学   79(9) 673-675   2015年9月
亀岡 孝治, 幹 渉, 福﨑 智司, 神原 淳, 橋本 篤, KAMEOKA Takaharu, MIKI Wataru, FUKUZAKI Satoshi, KOHBARA Jun, HASHIMOTO Atsushi
三重大学大学院生物資源学研究科紀要   (41) 7-17   2015年3月
Mie University is requested to foster personnel that support the region of the next generation todevelop combining the functions of the primary sector (farming), secondary sector (farm productsprocessing), and tertiary sector (distribution and sal...
橋本篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   114(290(ASN2014 82-106)) 147-148   2014年10月
加藤雅樹, 高平俊一, 川北友博, 礒崎真英, 鈴木賢, 橋本篤, 亀岡孝治
電子情報通信学会技術研究報告   114(290(ASN2014 82-106)) 55-56   2014年10月
Mikihito Kanou, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Food Oligosaccharides: Production, Analysis and Bioactivity   9781118426494 300-319   2014年5月
© 2014 by JohnWiley & Sons, Ltd. All rights reserved. This chapter describes the mid-infrared (MIR) spectral characteristics of saccharides in aqueous solutions and the applications of MIR spectroscopy to the quantification of saccharides in foo...
Takaharu Kameoka, Kazuhiro Nishioka, Yoshitaka Motonaga, Yoshitsugu Kimura, Atsushi Hashimoto, Naoki Watanabe
ACM International Conference Proceeding Series      2014年1月
Long-term monitoring of cultivation environments and a scientific understanding of tree vigor and grape quality are needed for advanced viticultural management. Cultivation environments, such as micrometeorological data and soil moisture, should b...
橋本篤
照明学会誌   97(12) 743-744   2013年12月
橋本 篤, 亀岡 孝治
計測と制御   52(8) 702-707   2013年8月
橋本 篤, 亀岡 孝治, 末原 憲一郎
照明学会誌   97(7) 401-402   2013年7月
Tomohiro Kawakita, Masaki Kato, Masahide Isozaki, Ken Suzuki, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Proceedings of the SICE Annual Conference   1787-1788   2013年1月
The plant growth prediction in the plant factory is extremely important to make out the schedule for harvesting from a seeding premeditatedly. If we can grow it premeditatedly to get quantity necessary for necessary time, we can provide the quanti...
Takaharu Kameoka, Atsushi Hashimoto
Smart Sensors, Measurement and Instrumentation   3 217-246   2013年1月
© Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2013. We have been conducting demonstration experiments using wireless sensor network (WSN) in a mandarin orange orchard and in a vineyard to promote smart cultivation management. However, in order to adapt to t...
Masaki Kato, Takeshi Hashimoto, Tsutomu Saito, Shunichi Takahira, Tomohiro Kawakita, Masahide Isozaki, Ken Suzuki, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Proceedings of the SICE Annual Conference   2432-2433   2013年1月
The sunlight-based plant factory supported by the Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries (MAFF), which has a potential to achieve long-term stable tomato production under global climate change, is not yet able to produce tomatoes with the...
Takaharu Kameoka, Atsushi Hashimoto, Yoshitsugu Kimura
Proceedings of the SICE Annual Conference   1785-1786   2013年1月
Lack of agricultural continuators makes the translation of special agricultural skills much harder. Under these circumstances, advanced application of ICT to Mandarin production using the scientific evidences based on the sensing data is eagerly d...
橋本篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治
映像情報メディア学会技術報告   36(5(IST2012 1-5)) 3-5   2012年1月
石田 正昭, 波夛野 豪, 橋本 篤
三重大学大学院生物資源学研究科紀要   (37) 71-78   2011年2月
Major in Sustainable Resource Scciences, Graduate School of Bioresources held a momentous symposium this March. The purpose of this symposium is to clarify the present condition and some tasks in our major, and to improve our activities in researc...
Takashi Togami, Kyosuke Yamamoto, Atsushi Hashimoto, Naoki Watanabe, Kiyofumi Takata, Hajime Nagai, Takaharu Kameoka
Proceedings of the SICE Annual Conference   2450-2454   2011年1月
It is thought that the quality of grapes has an influence on the quality of wine. However, vines are cultivated under severe climate condition which changes time to time. Therefore, the appropriate management practice is imperative. For the reason...
橋本 篤, 伊藤 秀和, 石澤 広明, 石川 和夫, 大倉 力, 木村 嘉孝, 西澤 賢一, 長谷川 有貴
照明学会誌   94(12) 811-815   2010年12月
近年の食の安全,安心に対する要求は高く,色々な問題が発生し,複雑化している.照明学会としてこの分野に寄与するため,平成19年に「食物安全への赤外放射応用研究調査委員会」が活動開始した.赤外線とさらに広い波長範囲の光までも含んで,色々な研究・調査が実施された.この3年間の研究期間を終了し,研究活動を振り返り,今後の見通しも含め,委員会メンバーによる座談会を平成22年7月26日に実施した.
橋本篤, 酒徳拓弥, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 河村和彦
日本食品工学会年次大会講演要旨集   11th 23   2010年7月
Yoshitsugu Kimura, Kyosuke Yamamoto, Takashi Togami, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka, Yosuke Yoshioka
Proceedings of the SICE Annual Conference   2438-2442   2010年1月
In these days, a research on quality assessment using the image analysis has been widely carried out. In this study, the purpose is to construct the chromatic image acquisition system which enables us to grasp the accurate color of the targeted ob...
Yuichi Ohtani, Takashi Togami, Yoshitsugu Kimura, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Proceedings of the SICE Annual Conference   2915-2918   2010年1月
In this study, first of all, it was made that the emissivity of the mandarin orange leaf was obtained in the laboratory, and then thermal image of mandarin orange tree was acquired in the orange grove by the "Thermoshot." The purpose of this study...
Kentarou Furusawa, Ken Ichiro Suehara, Takaharu Kameoka, Atsushi Hashimoto
Proceedings of the SICE Annual Conference   2447-2450   2010年1月
A color calibration method of the tomato images taken by a digital camera through the post-ripening process was developed based on the spectral feature information of the lighting to the sample for the final purpose of the continuous monitoring of...
Takashi Togami, Yasuhiro Sakakibara, Kyosuke Yamamoto, Yoshitsugu Kimura, Ryoei Ito, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka
Proceedings of the SICE Annual Conference   2910-2914   2010年1月
The data acquisition and utilization of information related to agricultural crops and growth environment information from a cultivation perspective are very important to keep a stable cultivation and the quality of products, and also to improve th...
Kyosuke Yamamoto, Yoshitsugu Kimura, Takashi Togami, Atsushi Hashimoto, Takaharu Kameoka, Yosuke Yoshioka
Proceedings of the SICE Annual Conference   2451-2454   2010年1月
Color and shape of the strawberry fruit are the important indices which evaluate the quality of commodities and variety. The objectives of this study are to construct the strawberry breeding image database which can preserve the surface fruit colo...
Atsushi Hashimoto, Hideo Shimazu, Kaori Kobayashi, Takaharu Kameoka
ACM SIGGRAPH 2008 New Tech Demos      2008年12月
酒井 康行, 中野 秀雄, 吉本 誠, 倉田 博之, 池田 宰, 橋本 篤
化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   72(10) 551-557   2008年10月
橋本篤
化学工学   72(10) 556-557   2008年10月
田代 亨, 齋藤 安奈, 石崎 和彦, 江原 宏, 橋本 篤
日本作物學會紀事   77(2) 74-75   2008年9月
橋本 篤
食品工業   51(4) 50-59   2008年2月
亀岡孝治, 橋本篤, 石澤広明, 斉藤保典, 蔵田憲次, 溝口勝, 岡正明, 内尾文隆, 杉山純一, 横山和成, 島津秀雄, 福井弘通
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (448) 42-72   2007年3月
杉山慶太, 野口裕司, 川頭洋一, 安井翔, 橋本篤, 亀岡孝治
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (454) 32-35   2007年3月
北村八祥, 森利樹, 橋本篤, 亀岡孝治
関東東海北陸農業研究成果情報   2005 360-361   2006年10月
橋本 篤, 亀岡 孝治
ぶんせき   (378) 262-265   2006年6月
橋本 篤
日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology   52(5)    2005年5月
橋本 篤, 亀岡 孝治
社団法人遠赤外線協会会報   16(2) 1-7   2005年
橋本 篤, 亀岡 孝治
社団法人遠赤外線協会会報   16(1) 3-9   2005年
橋本 篤, 亀岡 孝治
社団法人遠赤外線協会会報   13(5) 1-12   2002年
近藤宏哉, 北村八祥, 元永佳孝, 橋本篤, 亀岡孝治
研究成果情報 果樹・野菜-花き・茶業・蚕糸 関東東海農業   1999 444-445   2000年7月
橋本篤, 亀岡孝治
食品と技術   (331) 1-8   1999年1月
沢井淳, 小島博光, 五十嵐英夫, 橋本篤, 清水賢
化学装置   40(3) 64-69   1998年3月
秦野彰二, 松岡信, 橋本篤, 亀岡孝治
物性研究   68(5) 698-700   1997年8月
橋本 篤
生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi   75(2)    1997年3月
沢井淳, 小島博光, 五十嵐英夫, 橋本篤, 庄司忍, 清水賢
化学工学シンポジウムシリーズ   59 36-40   1997年3月
橋本篤, 大下誠一
フレッシュフードシステム   24(4) 2224-2226   1995年4月
相楽好治, 宮川真琴, 沢井淳, 五十嵐英夫, 橋本篤, 清水賢
化学工学シンポジウムシリーズ   47 28-35   1995年2月
遠赤外線照射により生じた損傷細菌の評価
化学工学シンポジウムシリーズ 食品工学4   28-35   1995年
橋本篤
遠赤外線セラミックスの高度利用に関する総合研究 平成6年度 No.05303007   46-58   1995年
大下誠一, 橋本篤
月刊食品流通技術   23(14) 4-9   1994年12月
橋本篤
飯島記念食品科学振興財団年報   1992 87-90   1994年8月
橋本 篤
化学と工業 = Chemistry and chemical industry   47(7) 911-912   1994年7月
橋本 篤, 大下 誠一
ケミカルエンジニヤリング   39(7) p543-545   1994年7月
赤外線加熱
新版・食品工業総合事典(光琳)   729    1993年

書籍等出版物

 
新しい乾燥技術の実際
技術情報協会   1991年   
殺菌・除菌実用便覧
サイエンスフォ-ラム   1996年   
遠赤外線セラミックスの高度利用
アイピ-シ-   1996年   

講演・口頭発表等

 
村松樹, 末原憲一郎, 野田口理孝, 野田口理孝, 橋本篤
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2018年9月18日   
武藤篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 河村和彦, 橋本篤
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2018年9月18日   
武藤篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 河村和彦, 橋本篤
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2018年7月25日   
植野あかり, 服部孝宏, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 藤井聖司, 菅健太郎, 橋本篤
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2018年7月25日   
狩野幹人, 三橋一郎, 冨田昌弘, 橋本篤
産学連携学会大会講演予稿集(CD-ROM)   2018年6月   
狩野幹人, 三橋一郎, 冨田昌弘, 橋本篤, 鈴木睦昭
日本知財学会年次学術研究発表会(CD-ROM)   2018年   
亀岡孝治, 塚原茜, 亀岡慎一, 伊藤良栄, 橋本篤
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2018年   
<p>従来の鮮度・品質計測手法の多くは分離分析であり,計測に非常に時間が掛かる等の問題点が多数存在した.そこで,本研究では元素と有機物に着目し,レタスの劣化過程の定量を試みた.さらに表面色彩と水分計測から,外観品質による鮮度(劣化)評価と客観的評価の関係性を把握し,将来的に機械学習に繋がる鮮度評価のためのデータセットと評価方法を検討した.この結果、レタス表面色彩(色相,彩度)の変化と内部品質の関係性が認められたため,実験データを蓄積し機械学習・深層学習を用いて色彩の変化点と内部品質の関係性...
田口拓実, 西川恵梨子, 伊藤良栄, 橋本篤, 亀岡慎一, 大引伸昭, 湯川徳之, 亀岡孝治
日本調理科学会大会研究発表要旨集   2018年   
【目的】日本料理におけるだし汁を評価する際、料理人はうま味と雑味という言葉を用いる。うま味は基本味であることが発見されて以来、だし汁の品質評価をする際の重要な要素として用いられてきた。一方、雑味には明確な定義は存在せず、雑味の視点からの品質評価はほとんど行われていない。雑味の視点を取り入れることで、だし汁に必要なうま味と不要とされてきた雑味の双方のバランスを考慮した複合的な品質解析が可能となる。そこで本研究では、料理人が雑味を感じる昆布だしの特徴を明らかにすることを目的とした。<br>【方...
河村和彦, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 橋本篤
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年9月20日   
橋本篤
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年9月20日   
末原憲一郎, デロシャ フィオニ, 磯野直人, 亀岡孝治, 橋本篤
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2017年9月20日   
亀岡孝治, 伊藤良栄, 亀岡慎一, 橋本篤
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   2017年   
<p>レタスを用い、元素が計測できる蛍光X線分光分析、クロロフィル・フラボノ-ル・アントシアン蛍光計測、野菜表面の色彩画像計測、有機物が計測できる赤外分光計分析を用いて野菜の鮮度指標の定量化を目的とした。マルチ分光手法を用いて取得した野菜の収穫時から一定期間のマルチ分光情報をデータベースに蓄積し、この結果を分析・解析した上で、機械学習により鮮度指標をモデル化し、正確な「鮮度」判定の仕組みを検討した。</p>
橋本篤, 石田里穂, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 中島美樹, 中谷一記, 森智子
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2016年9月6日   
山本晃雅, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 渡辺直樹, 橋本篤
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2016年7月20日   
橋本篤, 松原直樹, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 渡辺直樹
日本ブドウ・ワイン学会誌   2015年11月7日   
Takaharu Kameoka, Wataru Tanida, Yoshitsugu Kimura, Atsuchi Hashimoto, Hiroya Kondo
2015 54th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2015   2015年9月30日   
© 2015 The Society of Instrument and Control Engineers-SICE. We aimed at making the color chart of new yellowish green grape cultivar 'Shine Muscat' by using original color that was a useful and quantitative evaluation index of the appearance. The...
橋本篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治, 河村和彦, 岩田美成
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2015年9月9日   
河村和彦, 岩田美成, 橋本篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治
化学工学会秋季大会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   2015年9月9日   
末原憲一郎, 中村友香, 亀岡孝治, 橋本篤
日本食品工学会年次大会講演要旨集   2015年7月27日   
橋本篤, 末原憲一郎, 亀岡孝治
照明学会全国大会講演論文集(CD-ROM)   2015年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
食品の赤外線乾燥
水の構造化を利用した細胞の代謝制御
食品の赤外分光解析

特許

 
河村 和彦, 橋本 篤, 亀岡 孝治, 末原 憲一郎
渋谷 真琴, 相田 泰志, 亀岡 孝治, 幹 渉, 橋本 篤, 内田 衣里
亀岡 孝治, 橋本 篤, 戸上 崇, 山本 恭輔, 岩田 智之
亀岡 孝治, 橋本 篤, 木村 佳嗣, 山本 恭輔
橋本 篤, 亀岡 孝治, 狩野 幹人, 島津 秀雄, 小林 香織