小森 優

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/27 19:19
 
アバター
研究者氏名
小森 優
 
コモリ マサル
URL
http://www.shiga-med.ac.jp/~kom/
所属
滋賀医科大学
部署
滋賀医科大学 医学部 生命科学講座・生命情報学
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)
その他の所属
マルチメディアセンター

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
現在
滋賀医科大学 医学部生命科学講座・生命情報学 教授
 
2001年4月
 - 
現在
滋賀医科大学 医学部 生命科学講座・生命情報学
 
1991年4月
 - 
2001年3月
京都大学医学部附属病院 医療情報部 講師
 
1986年5月
 - 
1991年3月
京都大学 医学研究科医学系分子病診療学 助手
 
1988年9月
 - 
1989年6月
米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校 医学部 文部省在外研究員
 

学歴

 
 
 - 
1977年
大阪市立大学 工学研究科 応用物理学
 
 
 - 
1975年
大阪市立大学 工学部 応用物理学
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
日本VR医学会  理事
 
2016年5月
 - 
現在
日本生体医工学会  評議員
 
2010年
 - 
2012年
日本医療情報学会  評議員
 

受賞

 
2004年
日本VR学会論文賞
 

論文

 
Takafumi Marutani, Hiromi T. Tanaka, Nobutaka Shimada, Masaru Komori, Yoshimasa Kurumi, Shigehiro Morikawa
Smart Innovation, Systems and Technologies   45 237-247   2016年1月   [査読有り]
Active and Passive Haptic Training Approaches in VR Laparoscopic Surgery Training.
Marutani T, Kato T, Tagawa K, Tanaka HT, Komori M, Kurumi Y, Morikawa S
Studies in health technology and informatics   220 215-218   2016年   [査読有り]
Evaluation of Network-Based Minimally Invasive VR Surgery Simulator.
Tagawa K, Tanaka HT, Kurumi Y, Komori M, Morikawa S
Studies in health technology and informatics   220 403-406   2016年   [査読有り]
Yoko Ogawa,Nobutaka Shimada,Yoshiaki Shirai,Yoshimasa Kurumi,Masaru Komori
14th IAPR International Conference on Machine Vision Applications, MVA 2015, Miraikan, Tokyo, Japan, 18-22 May, 2015   263-266   2015年   [査読有り]
Evaluation of haptic teaching approaches for laparoscopic surgery training
Kato T, Tagawa K, Marutani T, Tanaka H, Komori M, Kurumi Y, Morikawa S.
Stud Health Technol Inform   196 192-196   2014年   [査読有り]
Laparoscopic surgery simulator using first person view and guidance force.
Tagawa K, Tanaka HT, Kurumi Y, Komori M, Morikawa S
Studies in health technology and informatics   184 431-435   2013年   [査読有り]
腹腔鏡下胆嚢摘出術のVR訓練システムの構築
田川 和義,田中 弘美,来見 良誠,小森 優,森川 茂廣
日本コンピュータ外科学会誌   10(1) 340-341   2012年
Expression of Cystohepatic Duct Anomaly Using Modular Structured Organ Model in a Laparoscopic Surgery Simulator
Kazuyoshi Tagawa, Hiromi T. Tanaka, Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori , Sigehiro Morikawa
Int J Computer Assisted Radiology and Surgery   7(Suppl.1) 194-196   2012年
Efficient detachmentsimulation using online re-mesh models of rectangular tetrahederal volume mesh
Nakagawa S, Tagawa K, Tanaka HT, Kurumi Y, Morikawa S, Komori M
Int J Computer Assisted Radiology and Surgery   6(Suppl 1) S118-S120   2011年
A proposal of speculative operation on distributed system for FEM-based ablation simulator
Kume N, Kuroda Y, Nakao M, Kuroda T, Nagase K, Yoshihara H, Komori M
Stud Health Technol Inform   125 238-240   2007年   [査読有り]
Transferring Bioelasticity Knowledge through Haptic Interaction
Nakao M, Minato K, Kuroda T, Komori M, Oyama H, Takahashi T
IEEE Multimedia   13(3) 50-60   2006年   [査読有り]
触覚情報の医療応用 ?もう一つの3次元レンダリング?
小森 優
医用画像情報学会雑誌   23(4) 108-111   2006年
手首の構造モデルを用いた脈動再現シミュレータの作成
上田 知生, 中尾 恵, 小森 優, 湊 小太郎
信学技報   MBE2005-135 29-32   2006年
Naoto Kume, Megumi Nakao, Tomohiro Kuroda, Hiroyuki Yoshihara, Masaru Komori
Studies in Health Technology and Informatics   111 263-269   2005年12月
In surgical procedures, ablation is one of the most difficult skills to train and acquire. For the risk of ablation failure, ablation training environments are desired. This paper proposes FEM-based deformation and destruction soft tissue model fo...
Kuroda Y, Nakao M, Kuroda T, Oyama H, Komori M
Comput Methods Programs Biomed   80(3) 216-224   2005年12月   [査読有り]
FEM-based soft tissue destruction model for ablation simulator.
Kume N, Nakao M, Kuroda T, Yoshihara H, Komori M
Studies in health technology and informatics   111 263-269   2005年   [査読有り]
Ablation Simulator Based on FEM Soft Tissue Destruction Model
N. Kume, M. Nakao, T. Kuroda, H. Yoshihara, M. Komori
The First International Conference on Complex Medical Engineering   283-286   2005年
Megumi Nakao, Tomohiro Kuroda, Masaru Komori, Masashi Komeda, Hiroshi Oyama
Studies in Health Technology and Informatics   98 262-264   2004年12月
This paper proposes a hybrid model mixing geometry and volume data to improve representation of virtual bodies. This model applies object-oriented data models and rendering techniques to virtual organs, and enables both interactive VR simulation a...
FEM-based interaction model between elastic objects for indirect palpation simulator.
Kuroda Y, Nakao M, Kuroda T, Oyama H, Komori M, Matsuda T
Studies in health technology and informatics   98 183-189   2004年   [査読有り]
Physics-based preoperative approach planning using hybrid virtual bodies.
Nakao M, Kuroda T, Komori M, Oyama H, Komeda M
Studies in health technology and informatics   98 262-264   2004年   [査読有り]

Misc

 
古山順一, 藤田潤, 板井孝一郎, 蔵田伸雄, 小森優, 清水敬子, 沼部博直, 吉河康二, 吉田邦広
遺伝子医療の基盤整備に関する研究 平成15年度 総括・分担研究報告書   48-53   2004年
小森優
綜合臨床   49(8) 2311-2315   2000年8月

書籍等出版物

 
An interaction model between multiple deformable objects for realistic haptic force feedback in surgical simulatins. Computer Assisted Radiology and Surgery
Springer   2002年   
医用放射線科学講座11・情報科学
1998年   
医用放射線科学講座11・情報科学
医歯薬出版   1998年   
医療情報学
日本医療情報学会/ネットワーク   1998年   
京大・阪大医学情報ボーダーレスプロジェクトハイビジョンとB-ISDN実験網を用いた遠隔医学カンファレンスの研究
新世代通信網実験協議会発行   1998年   

講演・口頭発表等

 
Yoko Ogawa, Nobutaka Shimada, Yoshiaki Shirai, Yoshimasa Kurumi, Masaru Komori
Smart Innovation, Systems and Technologies   2016年1月1日   
玉川俊広, 玉川俊広, 椎野顯彦, 犬伏俊郎, 本間智, 木村智子, 日野広大, 新田哲久, 牛尾哲敏, 重歳憲治, 小森優, 森川茂廣, 仲成幸, 宇田川潤
日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集   2016年   
丸谷宜史, 大竹良明, 平川晃大, 田中弘美, 小森優, 来見良誠, 森川茂廣
電子情報通信学会技術研究報告   2015年5月7日   
田川和義, 近江奈帆子, 田中弘美, 小森優, 来見良誠, 森川茂廣
電子情報通信学会技術研究報告   2015年5月7日   
丸谷宜史, 田中弘美, 小森優, 来見良誠, 森川茂廣
電子情報通信学会技術研究報告   2015年5月7日   

Works

 
日本学術振興会未来開拓学術研究推進事業「外科領域を中心としたロボティックスの開発」「Telesurgeryにおける通信システムと情報支援ネットワークの開発」プロジェクトリーダー(プロジェクト番号:JSPS-RFTF 99I00905)
1999年 - 2003年
総合医用画像管理システムの開発
1986年 - 2001年
病院情報システムの開発
1978年 - 2001年
省際ネットワークを利用した医療研究支援アプリケーションの調査研究
1995年 - 1999年
大学間医学情報ボーダーレスプロジェクト
1995年 - 1998年

競争的資金等の研究課題

 
VR技術を用いた手術シミュレーション
未来開拓学術研究推進事業
研究期間: 1999年 - 2003年
MR elastography法による生体弾性の計測と分析
研究期間: 1998年   
触感技術の医用応用
科学技術振興調整費による省際基礎研究
研究期間: 1994年   
医用画像管理システムの実用化に関する研究
研究期間: 1982年   

特許

 
中尾 恵, 小山 博史, 小森 優, 松田 哲也, 高橋 隆
特願2001-341554