KAWAI Yasushi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 24, 2015 at 19:13
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1991
 - 
1992
Kyoto University, Associate Instructor
 
1993
 - 
2001
Shiga University of Medical Science, Lecturer(part-time)
 
2004
   
 
- Nagahama Institute of Bio-Science and Technology, Associate Professor
 
1992
 - 
2004
Kyoto University, Instructor
 

Education

 
 
 - 
1986
Department of Chemistry, Faculty of Science, Saitama University
 
 
 - 
1989
Chemistry, Graduate School, Division of Natural Science, Kyoto University
 
 
 - 
1991
Chemistry, Graduate School, Division of Natural Science, Kyoto University
 

Published Papers

 
Kurogi M, Kawai Y, Nagatomo K, Tateyama M, Kubo Y, Saitoh O
Chemical Senses   40(1) 27-46   2015   [Refereed]
Kitayama T, Nakahira M, Yamazaki K, Inoue H, Imada C, Yonekura Y, Awata M, Takaya H, Kawai Y, Ohnishi K, Murakami A
Tetrahedron   69 10152-10160   2013   [Refereed]
Hirose Y, Ohta E, Kawai Y, Ohta S
Journal of natural products   76(4) 554-558   Apr 2013   [Refereed]
Kimura T, Ichikawa H, Fujio T, Kawai Y, Ogawa S
Journal of Sulfur Chemistry   33(1) 17-25   2012   [Refereed]
Kajimoto T, Aoki N, Ohta E, Kawai Y, Ohta S
Tetrahedron Letters   51(16) 2099-2101   2010   [Refereed]

Misc

 
Kaoru Nakamura, Yasushi Kawai, Takehiko Miyai, Sohichi Honda, Nobuyoshi Nakajima, Atsuyoshi Ohno
Bulletin of the Chemical Society of Japan   64(5) 1467-1470   1991
Kaoru Nakamura, Yasushi Kawai, Shinzaburo Oka, Atsuyoshi Ohno
Bulletin of the Chemical Society of Japan   62(3) 875-879   1989
Tetrahedron Letters   32(48) 7075-7078   1991

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
Project Year: 1994 - 1994    Investigator(s): Yasushi KAWAI
全くのラセミ体の化合物から、一段階で3点の不斉炭素を立体選択的に導入する、新しい不斉還元反応の開発が申請者の目的である。バン酵母中より単離した新規な酵素を用いてラセミ体の2-メチル-3-オキソブタン酸の2級アルコールのエステルを還元したところ、選択的に(2R,3S,1'R)体のヒドロキシエステルが得られることを見出した。エステル部位のアルコールの置換基を変えた化合物を種々合成し反応の選択性を系統的に検討したところ、脂肪族アルコールよりも芳香族アルコールの方が高い選択性で反応が進行し、芳香環...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
Project Year: 1995 - 1995    Investigator(s): Yasushi KAWAI
微生物を用いたα,β-不飽和ケトンの不斉還元において,反応の官能基選択性つまり1,2-還元と1,4-還元の選択性を制御し,更にその立体選択性をも制御することで高立体選択的な不斉合成反応を開発することが申請者の計画である.微生物としては最も汎用的なパン酵母を選び,反応基質は3-メチル-4-フェニル-3-ブテン-2-オンを基本骨格として系統的な検討を行った.本反応では1,4-還元つまり炭素-炭素二重結合の還元が選択的に起こり光学活性なケトンが得られるが、その立体選択性は低い.フェニル基上の置換...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
Project Year: 1996 - 1996    Investigator(s): Yasushi KAWAI
α,β-不飽和ケトンやニトロオレフィンなどの活性な炭素-炭素二重結合を立体選択的に還元する酵素を微生物中から見つけだし,その酵素を用いた新しい不斉合成反応を確立することが申請者の計画である.微生物としては最も汎用的なパン酵母を選び,まず初めにα,β-不飽和ケトンである3-メチル-4-(3-クロロフェニル)-3-ブテン-2-オンを基質として酵素の探索を行ったところ,炭素-炭素二重結合だけを還元する酵素を一種類見出した.この酵素を用いてフェニル基上の置換基を系統的に変化させ,還元の立体選択性に...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
Project Year: 1998 - 1999    Investigator(s): Yasushi KAWAI
α位に2級の置換基を有するβ-ケトエステルを、酵素を用いて不斉還元し連続する不斉炭素を有するβ-ヒドロキシエステルを合成し、天然物合成、特にマクロライドの不斉炭素ユニットへの変換を行なうのが研究目的である。α位に2級の置換基を有するβ-ケトエステルは効率的な合成方法が無く、高収率での合成ができなかった。今まではβ-ケトエステルと2級のハロゲン化合物の求核置換反応で合成していたが、収率は20%以下で満足のいくものではない。様々な合成経路を検討したところ、β-ケトエステルのシリルエノラートとア...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2000 - 2001    Investigator(s): Yasushi KAWAI
In order to clarify the significance of conformational fluctuation of an enzyme in the catalytic mechanism, the dependence of rate constants for hydrolyses catalyzed by various serine proteases on medium viscosity were investigated. Acylation of α...