鈴木 雅之

J-GLOBALへ         更新日: 09/09/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
鈴木 雅之
 
スズキ マサシ
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 共生文明学専攻 人間・環境学研究科 共生文明学専攻
職名
教授,教授
学位
文学修士(東北大学), 文学博士(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1975年
東北大学 文学研究科 英文学
 
 
 - 
1969年
新潟大学 人文学部 英文学
 

委員歴

 
 
   
 
日本英文学会  『英文學研究』編集委員(2003.4-2006.3); 評議委員(2004.4-2006.3)
 
 
   
 
関西英文学会  編集委員(2007.4-2009.3)、評議委員(2007.4-)
 
2004年4月
 - 
2008年3月
イギリス・ロマン派学会  理事(1995-); 編集委員(200-2004); 会長(2004.4-2008.3)
 

受賞

 
1984年
青葉文学賞
 

Misc

 
_The Reception of Blake in Japan_. Exhibition Catlogue. Co-edited with Steve Clark.
Kyoto: Nakanishi Co.   ii+99    2003年
KeatsにおけるMetamorphosisと想像力
東北大学『詩論』   第15集18-36頁    1975年
Hesper, Nightingale, Silence--詩的時間領域を求めて
山口大学『英語と英米文学』   第11号45-80頁    1976年
子供のイメジの変貌ーー_Songs of Innocence and of Experience_の一考察
山口大学『英語と英米文学』   第12号33-59頁    1977年
ブレイクとコリンズの接点ーー擬人法と結婚の隠喩
山口大学『英語と英米文学』   第13号45-62頁    1978年

書籍等出版物

 
幻想の詩学-ウィリアム・ブレイク研究
京都:あぽろん社   1994年   
「ブレイクとその周辺」
大修館書店『講座 英米文学史…2 詩Ⅱ』   2001年   
「ヤハウェと二人の息子サタンとアダム」――『ラオコーン群像』と「詩は絵のごとく」の終焉または完成(共著)
英宝社『越境する芸術家――現在、ブレイクを読む』   2002年   
_The Reception of Blake in the Orient_. Co-edited with Steve Clark
London and New York: Continuum   2006年   
_The Bard_ と「過去」の表象ーー"ye Genine Kings, Britannia's Issue".(共著)
日本ジョンソン協会『イギリス 18世紀文学研究』雄松堂   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
18世紀イギリス文学・文化
比較文学・文化
官民交流共同研究
研究期間: 2003年 - 2007年