稲垣 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 21:07
 
アバター
研究者氏名
稲垣 直樹
 
イナガキ ナオキ
eメール
inagakigakushikai.jp
所属
京都大学
職名
名誉教授
学位
文学修士(東京大学), 文学博士(パリ第3大学)

プロフィール

1951年、愛知県生まれ。東京大学大学院文学研究科仏語仏文学博士課程単位取得退学。新ソルボンヌ大学第Ⅲ課程文学博士。現在、京都大学大学院人間・環境学科教授。専攻はヴィクトル・ユゴー、サン=テグジュペリを中心とする近現代フランス文学、19世紀における宗教と科学、服飾史などのフランス文化社会史、日仏比較文学・比較文化。日本翻訳家協会より日本翻訳文化賞受賞。著書に『「星の王子さま」物語』(平凡社新書)、『フランス〈心霊科学〉考 ― 宗教と科学のフロンティア』(人文書院)、『「レ・ミゼラブル」を読みなおす』(白水社)、『サドから「星の王子さま」へ』(丸善ライブラリー)、『ヴィクトル・ユゴーと降霊術』(水声社)、『サン=テグジュペリ』(清水書院)、共編著書にFortunes de Victor Hugo(Paris: Maisonneuve et Larose)、共著にVictor Hugo en Extrême-Orient (同上、4名共著)、『アレクサンドル・デュマ』(清水書院、2名共著)など、訳書にサン=テグジュペリ『星の王子さま』(平凡社ライブラリー)、ユゴー『エルナニ』(岩波文庫)、『ユゴー詩集』(2名共訳)、ユゴー『見聞録』『言行録』(以上、潮出版社)などがある。Le Figaro(Le Mondeと並ぶフランスの二大新聞の一つ)2008年2月7日掲載の、フランス以外のフランス文学研究者に関する記事において外国の主たるVictor Hugo研究者6名のうちの一人としてNaoki Inagakiの名前が挙げられている。

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1992年
京都大学 教養部 助教授
 
1992年
 - 
1997年
京都大学 総合人間学部 助教授
 
1997年
 - 
2003年
京都大学 総合人間学部 教授
 
2003年
 - 
現在
京都大学 大学院人間・環境学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京大学 人文科学研究科 仏語仏文学
 
 
 - 
1974年
東京大学 教養学部 教養学科フランス分科(フランスの文化と社会)
 

委員歴

 
1991年
 - 
2001年
日本比較文学会  理事,関西支部長,学会誌編集委員,国際活動委員,学会賞選考委員
 
1997年
 - 
1999年
日本フランス語フランス文学会  幹事,学会誌編集委員
 
2002年
   
 
日本ユゴー研究会  会長
 

受賞

 
1984年
日本翻訳文化賞
 

論文

 
"Cultural Identity and Universality in a Global Society: Yasunari Kawabata, Kenzaburo Oe, and Haruki Murakami of Japanese literature"
Inagaki, Naoki
Proceedings of the 3rd International Symposium of Asian Languages and Lietrature, May 8-9, 2014, at Erciyes University, Turkey   1-7   2014年9月   [査読有り][招待有り]
『レ・ミゼラブル』(1862)の普遍性と現代性―ミュージカル映画(2012)から見る原作の特質
稲垣 直樹
『日仏医学』(日仏医学会)   35(1) 6-17   2014年3月   [査読有り][招待有り]
解説「『レ・ミゼラブル』という近代の「原型物語」を辻昶訳で」
稲垣 直樹
ヴィクトル・ユゴー著・辻昶訳『レ・ミゼラブル』第5巻、潮出版社   466-472   2009年9月   [招待有り]
〈心霊〉は芸術を深めたか?―フランス19世紀の〈心霊〉ブームと〈無意識〉概念
稲垣 直樹
「アール・ブリュット展―パリ、abcdコレクションより―」講演録集、滋賀県立近代美術館   29-36   2009年3月   [招待有り]
「降霊術」の空間あるいは頭脳の牢獄
稲垣 直樹
現代詩手帖 39(5) 90-94      1996年5月   [招待有り]
Recherches sur la genèse de <Han d'lslande> de Victor Hugo (genre 《noir》 et idéologie royaliste), Thèse pour le doctorat du IIIe cycle, présentée à l'Université Paris III
Inagaki, Naoki
Thèse pour le doctorat du IIIe cycle, présentée à l'Université Paris III, 301 p.      1981年   [査読有り]
Comment <Han d' Islande> est-il un roman "noir"? -Etude d' après la critique du temps
Inagaki, Naoki
(Sanshusha) Keisei,/43,      1980年   [招待有り]
ユゴーの署名癖
稲垣 直樹
學鐙,79/10,      1982年   [招待有り]
Fusion du livresque et du vécu --- Infuence de Ducray-Duminil sur la genèse de la structure double de l'histoire d'amour dans 〈Han d'Islande〉 de Victor Hugo
Inagaki, Naoki
Etudes de langue et Littérature françaises,44      1984年   [査読有り]
ユゴーにおける重さの哲学
稲垣 直樹
學鐙,81/2,      1984年

Misc

 
"Cultural Identity and Universality in a Global Society: Yasunari Kawabata, Kenzaburo Oe, and Haruki Murakami of Japanese literature"
INAGAKI Naoki
国際学会かつ基調講演 Keynote Lecture: the 3rd International Symposium of Asian Languages and Lietrature, May 8-9, 2014, at Erciyes University, Turkey      2014年5月   [査読有り][依頼有り]
(1) Allocution d'ouverture, (2) Victor Hugo, civilisateur “syncretiste", (3 )Allocution de cloture.
Inagaki Naoki
生誕200年記念・東京国 際シンポジウ ム「ヴ ィクトル・ユゴーの運命」 Fortunes de Victor Hugo (会場:東京恵比寿・日仏会館、後援:フランス大使館、日仏会館、東京日仏学院等) 2002年11月2日(土)-3日(日)      2002年   [査読有り][依頼有り]
Victor Hugo et les modernisateurs contestataires japonais
INAGAKI Naoki
La France et l'Asie de l'Est ― la modernité en Asie dans le système culturel mondial, (会場:青山学院大学総研ビル、主催:青山学院大学、国際フランス語教授連合第9回世界大会記念事業委員会、後援:日本フランス語フランス文学会、フランス大使館、朝日新聞、毎日新聞等)2001年12月18日(火)~22日(土)      2001年12月   [依頼有り]
文体の「国際性」-『細雪』『雪国』英仏訳からの照射と書との関わり
稲垣 直樹
日本比較文学会第62回全国大会シンポジウム発表,      2000年   [依頼有り]
Naissance du"roman autobiographique"japonais-forme d'expression"traditionnelle"du moi moderne
Inagaki, Naoki
Presentation of paper at the 15th Congress of the International Comparative Literature Association in Leiden(Netherlands),      1997年   [査読有り]
Fonctionnement de la "m(]E85EE[)diation" - l'image des Fran(]E89FB[)ais dans I'oeuvre de Naga(]E88D6[) Kafu (1879-1959)
Inagaki, Naoki
Presentation of paper at the 15th Congress of the International Comparative Literature Association in Leiden(Netherlands),      1997年   [査読有り]
批評の成立-小林秀雄を手がかりにして
稲垣 直樹
日本比較文学会第58回全国大会シンポジウム(東京),      1996年   [依頼有り]
民族と言語のはざま-中欧の文学者たち
稲垣 直樹
平成7年度日本比較文学会関西大会シンポジウム(和泉市),      1995年   [依頼有り]
L'Internationalit(]E85EE[) du ha(]E88D6[)ku et son identit(]E85EE[) japonaise -Probl(]E85C2[)mes de la modernisation du ha(]E88D6[)ku dans les ann(]E85EE[)es 1930
Inagaki, Naoki
Presentation of paper at the 14th Congress of the International Comparative Literature Association in Edmonton (Canada),      1994年8月   [査読有り]

書籍等出版物

 
対訳 フランス語で読む「レ・ミゼラブル」(単編著書)
稲垣 直樹
白水社、全145頁   2017年2月   
翻訳技法実践論――『星の王子さま』をどう訳したか(単著書)
稲垣 直樹
平凡社、全317頁   2016年5月   
アレクサンドル=デュマ(新装版)(2名共著)
稲垣 直樹 (担当:共著, 範囲:全編執筆(+共著者によるチェック))
清水書院、全237頁   2016年3月   
サン=テグジュペリ(新装版)(単著書)
稲垣 直樹
清水書院、全226頁   2015年9月   
第二章「詩」1「ユゴーとロマン主義」2「叙事詩の誘惑」、第三章「演劇」1「ユゴーとロマン主義演劇」2「大衆演劇メロドラマ―ロマン主義演劇の先駆」
稲垣 直樹
小倉孝誠編『十九世紀フランス文学を学ぶ人のために』、世界思想社、44-50頁、50-53頁&68-69頁、71-78頁、79-85頁&96-97頁   2014年9月   
「サン=テグジュペリから読み解く『紅の豚』」
稲垣 直樹
『ジブリの教科書7 「紅の豚」』、文藝春秋社(文春文庫)、193-203頁   2014年9月   
「『星の王子さま』に触れる難しさ」
稲垣直樹
『「星の王子さま」とサン=テグジュペリ―空と人を愛した作家のすべて』、河出書房新社、 46-53頁   2013年4月   
「星の王子さま」物語(単著書)
稲垣直樹
平凡社(平凡社新書)、全266頁   2011年5月   
「文系の知と理系の知」
有馬明人、高橋義人、稲垣直樹
人環フォーラム編集委員会編『教養のコンチェルト――新しい人間学のために』、人文書館、245-265   2011年   
"Victor Hugo, auteur possible de textes des « Tables parlantes » : Comparaison entre leurs Procès-verbaux et les « notes » prises par Hugo"
Inagaki, Naoki
Comment naît une œuvre littéraire ? ― Brouillons, contextes culturels, évolution thématiques (Textes réunis par Kazuyoshi Yoshikawa et Noriko Taguchi), Paris : Champion, 2011, 99-113 p.   2011年   
ヴィクトル・ユゴー著『エルナニ』(単訳書)
稲垣直樹
岩波書店(岩波文庫)、全308頁   2009年7月   
「レ・ミゼラブル」を読みなおす(CD付新装版)(単著書)
稲垣直樹
白水社   2007年10月   ISBN:4560003440
フランス〈心霊科学〉考――宗教と科学のフロンティア(単著書)
稲垣直樹
人文書院、全392頁   2007年9月   
サン=テグジュペリ『星の王子さま』(単訳書)
稲垣直樹
平凡社(平凡社ライブラリー)、全179頁   2006年1月   
ユゴー作品の特質と影響の射程に関する総合的研究
稲垣直樹編著
平成15-17年度科学研究費補助金(基盤研究(C) ・課題番号15520168)研究成果報告書、全113頁   2006年   
Fortunes de Victor Hugo
Direction : Naoki INAGAKI & Patrick REBOLLAR
Paris : Maisonneuve et Larose, 247p.   2005年   
メディア戦略の先駆者ヴィクトル・ユゴー――日本人のユゴー理解との関連で
稲垣 直樹
ヴィクトル・ユゴーとロマン派 Victor Hugo et le Romantisme展図録,62-65   2004年   
Victor Hugo et les modernisateurs contestataires japonais (written in French)
Inagaki, Naoki
La Modernité française dans l'Asie littéraire (Paris : Presses Universitaires de France)(Collectif),185-202   2004年   
「文体の「国際性」――『細雪』『雪国』英仏訳からの照射と書との関わり」
稲垣 直樹
松村昌家編『谷崎潤一郎と世紀末』、思文閣出版,103-126   2002年   
『ファッションブランド・ベスト101』項目「シャネル」「パコ・ラバンヌ」
稲垣 直樹
深井晃子編『ファッションブランド・ベスト101』新書館、101-103頁、141-142頁   2001年   

講演・口頭発表等

 
今なぜ『レ・ミゼラブル』(1862)か?――大ヒットのミュージカル映画から見る原作の魅力 [招待有り]
稲垣 直樹
日仏医学会(会場:東京恵比寿「日仏会館」)   2013年11月23日   
講演「虚飾の快楽と悲劇-20世紀のパラダイムとイヴ・サン・ロー ラン」 [招待有り]
稲垣直樹
財団法人京都服飾文化研究財団 連続オープンセミナー「ラグジュアリーの本質」第4回、京都国立近代美術館、2008年6月28日   2008年6月28日   
講演「「心霊」は芸術を深めたか?- フランス19 世紀の「心霊」ブー ムと「無意識」概念」 [招待有り]
稲垣直樹
滋賀県近代美術館主催秋の美術館講座「生命(いのち) のアートだ」 滋賀県立近代美術館、2008年11月3日   2008年11月3日   
Victor Hugo et les « Tables parlantes » : comparaison entre leurs Procès-verbaux et les « notes » prises par Hugo [招待有り]
稲垣 直樹
Colloque franco-japonais « Comment naît une œuvre littéraire ? ― Brouillons, contextes culturels, évolutions thématiques »   2007年12月7日   
レ・ミゼラブルとユゴーのメディア戦略 [招待有り]
稲垣 直樹
「ユゴー生誕200周年記念・ヴィクトル・ユゴーとロマン派展Victor Hugo et le Romantisme展」展覧会開催記念講演、サントリーミュージアム[天保山]隣接「海遊館ホール」(定員250名)   2005年3月19日   

Works

 
日本の想像力(国際日本文化研究センター共同研究)
1992年 - 1994年
ヴィクトル・ユゴーと19世紀(フランス国ヴィクトル・ユゴー大学間共同研究会)
1994年
エクリチュール研究(パリ第7大学エクリチュール研究センターとの共同研究)
1994年
フランス・ロマン主義(京都大学人文科学研究所共同研究)
1987年 - 1991年
フランス文学における心と体の病理(科研基盤研究A2)
1996年 - 1999年

競争的資金等の研究課題

 
ヴィクトル・ユゴー作品研究
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ作品研究
フランス近代文化の日本文化への影響に関する研究
ユゴー作品の特質と影響の射程に関する総合的研究
研究期間: 2003年 - 2005年
近現代フランス文化社会