植田 和弘

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/27 13:26
 
アバター
研究者氏名
植田 和弘
 
ウエタ カズヒロ
所属
京都大学
部署
大学院地球環境学堂 地球益学廊 地球環境学堂・学舎 地球益学廊
職名
教授
学位
博士(経済学)(京都大学), 工学博士(大阪大学), 工学修士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1984年
 京都大学経済研究所 助手
 
1984年
 - 
1994年
 京都大学経済学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1983年
大阪大学 工学研究科 環境工学
 
 
 - 
1975年
京都大学 工学部 治金学科
 

委員歴

 
1993年
 - 
2002年
日本財政学会  理事
 
1993年
 - 
1997年
日本経済政策学会  理事
 
1993年
   
 
日本地方財政学会  常任理事
 
1995年
   
 
国際公共経済学会  理事
 
1998年
   
 
環境経済・政策学会  常務理事
 

受賞

 
1992年
国際公共経済学会賞
 
1993年
公益事業学会奨励賞
 
1997年
廃棄物学会著作賞
 

論文

 
Social Indicators Research,forthcoming      2016年   [査読有り]
H. Pollitt; S.-J. Park; S. Lee; K. Ueta
Energy Policy   67 243-254   2014年   [査読有り]
K. Tokimatsu; R. Yamaguchi; M. Sato; R. Yasuoka; M. Nishio; K. Ueta
Environmental Economics and Policy Studies   1-21   2013年3月   [査読有り]
K. Tokimatsu; R. Yasuoka; M. Nishio; K. Ueta
Environment, Development and Sustainability   1-23   2013年   [査読有り]
K. Tokimatsu; R. Yasuoka; M. Nishio; K. Ueta
International Journal of Sustainable Development and World Ecology   20(6) 520-531   2013年   [査読有り]
K. Tokimatsu; R. Ii; R. Yamaguchi; M. Sato; R. Yasuoka; M. Nishio; K. Ueta
International Journal of Sustainable Development and World Ecology   20(4) 273-286   2013年   [査読有り]
選択されるべきエネルギー政策とは何か
植田和弘
世界   0(834) 37-46   2012年9月   [査読有り]
日本のエネルギー政策はいかにあるべきかー福島原発事故を踏まえてー
植田和弘
『環境と公害』42巻1号、pp.15-20      2012年   [査読有り]
Soocheol Lee and Kazuhiro Ueta
Green Taxation and Environmental Sustainability, Edward Elgar, pp.197-211      2012年   [査読有り]
H. Lin; K. Ueta
Lakes and Reservoirs: Research and Management   17(3) 207-223   2012年   [査読有り]

Misc

 
Measuring regional wealth and assessing sustainable development: a case study of a disaster-torn region in Japan
4th Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics (EAAERE), Busan, South Korea, February 2014      2014年2月   [査読有り]
Social capital externality, resource management, and genuine savings
16th International Economic Association (IEA) World Congress, Beijing, July 2011      2011年7月   [査読有り]
Genuine savings with adjustment costs
17th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists (EAERE), Amsterdam, the Netherlands, June 2009      2009年6月   [査読有り]
Environmental Policy Planning in Japan
植田 和弘
Proceedings of the International Continence on Public Policy Planning,      1989年   [査読有り]
東京の廃棄物問題を考える (東京問題の経済学<特集>)
植田 和弘
経済セミナ-   39-45   1993年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
地域分散型エネルギーシステム
植田 和弘 (担当:監修)
日本評論社   2016年9月   ISBN:978-4-535-55811-3
テキストブック現代財政学
植田 和弘/諸富 徹 (担当:共編者)
有斐閣   2016年6月   
大震災に学ぶ社会科学 第5巻 費用と被害の包括的把握
植田 和弘 (担当:共編者)
東洋経済新報社   2016年3月   
環境被害の評価と持続可能性
京都大学経済学会 編 (担当:分担執筆, 範囲:経済論叢(100周年記念号)第189巻、第1号、pp207-220)
京都大学経済学会   2015年   ISBN:9784876989188
国連大学 包括的「富」報告書――自然資本・人工資本・人的資本の国際比較
植田和弘・山口臨太郎訳 (担当:共訳)
明石書店   2014年12月   
緑のエネルギー原論
植田 和弘
岩波書店   2013年12月   ISBN:978-4-00-024868-6
大阪府市エネルギー戦略の提言
植田 和弘他 大阪府市エネルギー戦略会議 (担当:共著)
冨山房インターナショナル   2013年11月   ISBN:978-4-905194-65-1 C0036
予算制度と住民自治
植田和弘
有斐閣   2013年   
Basic 地方財政論
重森暁・植田和弘 (担当:共編者)
有斐閣   2013年   ISBN:4641184143
環境被害の評価と補償問題―持続可能な発展理論を手がかりにして
植田和弘
有斐閣   2012年   

講演・口頭発表等

 
Japanese politics and climate change
Cambridge Kyoto Symposium   2010年3月8日   
Debates upon Environmental Taxation in Japan
Annual meeting of Professional Committee of Fiscal History and International Symposium on China’s Culture of Public Finance and Taxation   2010年5月15日   
Green Tax Reform for Sustainable Low-carbon Economy
Sub-forum of Shanghai Forum 2010   2010年5月29日   
Ecological Economic Evaluation of Lake Sustainable Development Project
Ecological Economy International Forum   2010年6月27日   
Critical Natural Capital and Sustainable Development”
1st Congress of East Asian Association of Environmental and Resource Economics   2010年8月18日   East Asian Association of Environmental and Resource Economics

Works

 
環境政策の経済学的分析に関する研究報告書
1990年
廃棄物排出抑制のための社会システムに関する研究-市場活用型政策手段をめぐって
1993年
ドイツ連邦共和国との共同研究
2004年 - 2006年
社会技術研究システム・公募型プログラム 研究領域「循環型社会」
2002年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
持続可能な社会の公共政策
研究期間: 2000年   
廃棄物制御の財政理論
JST社会技術研究プログラム(RISTEX)
研究期間: 1980年   
環境政策・環境税制の国際比較
研究期間: 1990年