溝端 佐登史

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/28 19:03
 
アバター
研究者氏名
溝端 佐登史
 
ミゾバタ サトシ
所属
京都大学
部署
経済研究所 経済研究所 経済制度研究部門
職名
教授,教授
学位
経済学修士(京都大学), 経済学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1991年
1986-1987岐阜経済大学経済学部非常勤講師1987-1991岐阜経済大学経済学部産業経営学科
 

学歴

 
 
 - 
1987年
京都大学 経済学研究科 経済政策学
 
 
 - 
1979年
大阪外国語大学 外国語学部 ロシア語学科
 

委員歴

 
1991年
 - 
1997年
比較経済体制学会  幹事
 
1988年
   
 
比較経営学会  常任理事
 
2002年
   
 
国際経済学会  幹事
 
1994年
   
 
日本スラブ東欧学会  理事
 
1997年
   
 
ロシア・東欧学会  理事
 

論文

 
Ownership Dynamics and Firm Performance in an Emerging Economy: A Meta-Analysis of the Russian Literature
Post-Communist Economies   30(3) 290-333   2018年4月   [査読有り]
移行国企業の所有集中と経営
溝端 佐登史・岩崎一郎
比較経済研究   55(1) 1-22   2018年1月   [査読有り]
移行経済諸国の倫理破綻と汚職行動-体系的レビューー
溝端 佐登史・鈴木拓
比較経済研究   55(1) 23-43   2018年1月   [査読有り]
制裁下ロシア経済の現状と政策動向
溝端 佐登史
国際問題   (667) 27-37   2017年12月   [査読有り]
Post-Privatization Ownership and Firm Performance: A Large Meta-Analysis of the Transition Literature
Annals of Public and Cooperative Economics   89(2) 263-322   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
Transnational Corporations and Market Transition in Russia
溝端佐登史
The 1st Bristol-Kyoto Symposium, University of Bristol, UK      2013年1月   [査読有り]
ロシアの市場経済移行とBRICs
溝端佐登史
『外務省BRICs研究会報告書』, 1-21      2005年3月
市場経済移行と民主主義
溝端 佐登史
名古屋大学法整備支援研究会,      2005年   [査読有り]
ロシアの経済社会学と社会変動
溝端 佐登史
北東アジア研究会,      2004年   [査読有り]
ロシアにおけるコーポレート・ガバナンス(日露共同シンポジウム)
溝端 佐登史
内閣府・日本総合研究所,      2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
The Uniwinding of the Globalist Dream: EU, Russia and China
溝端 佐登史 (担当:編者)
World Scientific   2018年1月   
ロシア経済復活の可能性と日本企業のビジネス展開
溝端 佐登史 (担当:共著, 範囲:回復下のロシア経済の揺らぎ-経済戦略の行方とリスク)
ロシアNIS貿易会・ロシアNIS経済研究所   2017年3月   
ラトヴィアを知るための47章
溝端 佐登史 (担当:共著, 範囲:体制転換-独立からEU加盟へ)
明石書店   2016年5月   
資本主義の本質について-イノベーションと余剰経済
Janos Kornai (担当:共訳)
NTT publisher   2016年3月   
ロシア経済の現状とビジネスチャンス
溝端 佐登史 (担当:分担執筆, 範囲:ロシアにおける深化する経済危機と経済政策)
ロシアNIS貿易会・ロシアNIS経済研究所   2016年3月   
Ekonomia Przyszłości
溝端 佐登史 (担当:共著, 範囲:Jakość rynku i jakość państwa – ich współzależności w warunkach globalnego ryzyka)
PWN, Warszawa   2016年3月   
International Perspectives on Financing Higher Education
溝端 佐登史 (担当:共著, 範囲:Restructuring of the Higher Educational System in Japan)
Palgrave-macmillan   2015年10月   
なぜ科学が豊かさにつながらないのか
溝端佐登史 (担当:分担執筆, 範囲:あとがき)
慶応義塾大学出版会   2015年5月   
国際情勢の変化とロシア経済
ロシアNIS貿易会・ロシアNIS経済研究所 (担当:分担執筆, 範囲:ロシアにおける経済危機現象と反危機措置)
ロシアNIS貿易会・ロシアNIS経済研究所   2015年3月   
Corporate Social Responsibility and Local Community in Asia
溝端佐登史 (担当:共著, 範囲:CSR development and local community in Japan)
Routledge   2014年   

講演・口頭発表等

 
ロシアの国家主導イノベーション政策と企業経営-潜在力と適応力-
溝端 佐登史
日本比較経営学会   2018年5月13日   
Can Russia Learn from Challenges in the Emerging Asia? - Russia's Risks and Chnages [招待有り]
溝端 佐登史
International Economic Symposium, Round Table on "TRANSFORMATION OF RUSSIAN FOREIGN ECONOMIC RELATIONS: PIVOT TO THE EAST?", State University of Saint Petersburg   2018年4月20日   
Comparative Analysis of Innovative Systems in Japan and Russia [招待有り]
溝端 佐登史
International Economic Symposium, State University of Saint Petersburg   2018年4月19日   
Offshore Multinationals in Russia
溝端 佐登史
KIER, Kyoto Special Seminar on Emerging Multinationals   2018年3月21日   
Evolution of Innovation Policy and Market/Government Quality in Russia
溝端 佐登史
Conference on Institutions, Markets, and Market Quality   2018年3月9日   

Works

 
中国対外経済開放政策に関する研究交流
1988年 - 1989年
市場体制化途上のロシア経済
1993年
ドイツの市場経済化
1994年
エストニア・ラトヴィアにおけるロシア系住民の歴史と現状に関する総合的研究
2001年 - 2005年
グローバリゼーションの進展と日ロ関係に関する調査研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
市場経済化における企業組織と行動に関する実証研究
研究期間: 2000年   
市場経済移行における企業統治の国際比較
研究期間: 2000年   
市場移行下の制度と社会変動
研究期間: 2004年   
EU拡大後のエストニア・ラトヴィアにおける国家統合と複合民族社会形成
研究期間: 2005年 - 2009年