今中 哲二

J-GLOBALへ         更新日: 15/10/05 17:55
 
アバター
研究者氏名
今中 哲二
 
イマナカ テツジ
URL
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/
所属
京都大学
部署
原子炉実験所 原子力基礎工学研究部門
職名
助手
学位
工学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京工業大学 理工学研究科 原子核工学
 
 
 - 
1973年
大阪大学 工学部 原子力工学
 

論文

 
飯舘村住民の初期外部被曝量の見積もり
今中哲二、飯舘村初期被曝評価プロジェクト
科学   84 322-332   2014年3月
S. Endo、 K. Tanaka、 T. Kajimoto、 N.T. Thanh、 J.M. Otaki、 T. Imanaka
J. Radiation Research   (55) 476-483   2014年   [査読有り]
G. Hayashi、 J. Shibata、 T. Imanaka、 K. Cho、 A. Kubo、 S. Kikuchi、 K. Satoh、 S. Kimura、 S. Ozawa、 S. Fukutani、 S. Endo、 K. Ichikawa、 G.K. Agrawal、 S. Shioda、 M. Fukumoto、 R. Rakwal
The Journal of Heredity   105 723-738   2014年   [査読有り]
M. Yamamoto; A. Sakaguchi; S. Ochiai; T. Imanaka
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry   1-8   2014年   [査読有り]
東京電力福島第一発電所近隣地域における空間放射線量率と直下土壌の放射能汚染度との関連について
大瀧慈、大谷敬子、今中哲二、遠藤暁、星正治
統計数理   61 247-256   2013年   [査読有り]
G.D. Kerr; S.D. Egbert; I. Al-Nabulsi; H.L. Beck; H.M. Cullings; S. Endo; M. Hoshi; T. Imanaka; D.C. Kaul; S. Maruyama; G.I. Reeves; W. Ruehm; A. Sakaguchi; S.L. Simon; G.D. Spriggs; D.O. Stram; T. Tonda; J.F. Weiss; R.L. Weitz; R.W. Young
Health Physics   105(2) 140-149   2013年   [査読有り]
S. Endo; S. Kimura; T. Takatsuji; K. Nanasawa; T. Imanaka; K. Shizuma
Journal of Environmental Radioactivity   111 18-27   2012年9月   [査読有り]
T. Imanaka; S. Endo; N. Kawano; K. Tanaka
Radiation Protection Dosimetry   149(1) 91-96   2012年3月   [査読有り]
S. Endo; K. Tanaka; K. Shizuma; M. Hoshi; T. Imanaka
Radiation Protection Dosimetry   149(1) 84-90   2012年3月   [査読有り]
M. Yamamoto; T. Takada; S. Nagao; T. Koike; K. Shimada; M. Hoshi; K. Zhumadilov; T. Shima; M. Fukuoka; T. Imanaka; S. Endo; A. Sakaguchi; S. Kimura
Geochemical Journal   46(4) 341-353   2012年   [査読有り]
[Comparative analysis of the radionuclide composition in fallout after the Chernobyl and the Fukushima accidents].
K.V. Kotenko; S.M. Shinkarev; I.V. Abramov; E.O. Granovskaia; V.N. Iatsenko; I.I. Gavrilin; U.I. Margulis; O.S. Garetskaia; T. Imanaka; M. Khoshi
Meditsina truda i promyshlennaia ekologiia   (10) 1-5   2012年   [査読有り]
チェルノブイリ事故と福島事故の比較
今中哲二
ユーラシア研究   47 49-54   2012年   [査読有り]
T. Imanaka; S. Endo; M. Sugai; S. Ozawa; K. Shizuma; M. Yamamoto
Health Physics   102(6) 680-686   2012年   [査読有り]
K. Takamiya; T. Imanaka; S.D. Egbert; W. Rühm
Radiation and Environmental Biophysics   50(2) 329-333   2011年5月   [査読有り]
“100ミリシーベルト以下は影響ない”は原子力村の新たな神話か?
今中哲二
科学   81 1150-1155   2011年
福島原発事故にともなう飯舘村の放射能汚染調査報告
今中哲二,遠藤暁,菅井益郎,小澤祥司
科学   81 594-600   2011年
T. Imanaka; M. Yamamoto; K. Kawai; A. Sakaguchi; M. Hoshi; N. Chaizhunusova; K. Apsalikov
Radiation and Environmental Biophysics   49(4) 673-684   2010年11月   [査読有り]
A. Sakaguchi; K. Kawai; P. Steier; T. Imanaka; M. Hoshi; S. Endo; K. Zhumadilov; M. Yamamoto
Science of the Total Environment   408(22) 5392-5398   2010年10月   [査読有り]
External radiation exposure from deposited radionuclides with black rain by the Hiroshima atomic bomb
Imanaka T.
Current status of studies on radioactive fallout with “black rain” due to the Hiroshima atomic bomb   89-101   2010年

Misc

 
飯舘村での放射能汚染調査と初期被曝量評価
今中哲二、遠藤暁、沢野伸浩、林剛平、菅井益郎、小澤祥司、市川克樹
京都大学原子炉実験所第48回学術講演会報文集   48 220-228   2014年
原爆直後の残留放射能調査に関する資料収集と分析
今中 哲二
広島平和記念資料館調査研究会研究報告   10 31-52   2014年
GIS技術の環境放射能解析への応用
林剛平、今中哲二、沢野伸浩
Proc 14th Workshop on Environmental Radioactivity   158-167   2013年   [査読有り]
飯舘村初期被曝評価(3) 大気拡散シミュレーションによる村内全域の空気中放射能濃度分布
城戸寛子、菅野光大、黒澤直弘、今中哲二、林剛平、沢野伸浩、市川克樹
Proc 14th Workshop on Environmental Radioactivity   151-157   2013年   [査読有り]
飯舘村初期被曝評価(2) 地表沈着放射能に基づく村内全戸の空間線量評価
今中哲二、林剛平、沢野伸浩、市川克樹、城戸寛子
Proc 14th Workshop on Environmental Radioactivity   145-150   2013年   [査読有り]
飯舘村初期被曝評価(1) 米国NNSA による空中サーベイデータを用いた飯舘村のセシウム汚染詳細マップ
沢野伸浩、今中哲二、城戸 寛子、林剛平
Proc 14th Workshop on Environmental Radioactivity   136-144   2013年   [査読有り]
広島原爆早期入市者の疾病記録と誘導放射能による被曝量の評価
今中哲二、遠藤暁、川野徳幸、田中憲一
京都大学原子炉実験所第46回学術講演会   46    2012年2月
Initial process of the nuclear explosion and cloud formation by the Hiroshima
IMANAKA Tetsuji
17th Hiroshima International Symposium - Lessons from unhappy events in the history of nuclear power development -   10-17   2012年
Radionuclides of the Settlements in the Semipalatinsk Historical Cohort: Laying Stress on Sarzhal and Karaul Settlements in the Southern Area
K. Kawai, K.Mino, S.Oikawa, T.Imanaka, M.Hoshi, A.Sakaguchi, K. N. Apsalikov and M. Yamamoto
Proc. Int. Workshop on Low-level Measurement of Radionuclides and its Application to Earth and Environmental Sciences   138-145   2009年
Behavior of Neutrons Emitted in the Environment by the JCO Accident
T. Imanaka
Proc. Tenth Workshop on Environmental Radioactivity   165-170   2009年
Lessons through the Experience Investigating the Chernobyl Nuclear Accident
T. Imanaka
Symp. at Institute for Peace Science   75-88   2008年11月
JCO Nuclear Accident in Tokai-mura and its Environmental Impact
T. Imanaka
Int. Symp. on Peace Study and Peace Education   331-341   2008年
Application and Developpment of FPCOMP.xls for Calculating FP Composition
T. Imanaka and N. Kurosawa
Ninth Workshop on Environmental Radioactivity   51-60   2008年
Reassessment of Radiation Dose for the Evacuees from the 30-km Zone around the Chernobyl NPP
T. Imanaka
Eighth Workshop on Environmental Radioactivity   119-123   2007年
Chernobyl NPP Accident: What Did Happen
T. Imanaka
Eighth Workshop on Environmental Radioactivity   23-32   2007年
Radiation Dosimetry for the Atomic Bombings on Hiroshima and Nagasaki
T. Imanaka and M. Fukumoto
Radioactivity after Nuclear Explosions and Accidents   170-176   2005年
セラフィールド再処理工場からの放出放射能と白血病
今中 哲二
原子力資料情報室通信,No.369      2005年   [査読有り]
JCO臨界事故により環境中に漏洩した中性子の挙動再現計算
今中哲二
第48回放射化学討論会      2004年
核実験場周辺村落における外部被曝線量評価の試み
今中哲二
第9回広島国際シンポジウム      2004年
ロシアの核閉鎖都市オゼルスクに行ってきました
今中 哲二
原子力資料情報室通信,No.359      2004年   [査読有り]

書籍等出版物

 
放射能汚染と災厄 終わりなきチェルノブイリ原発事故の記録
今中 哲二
明石書店   2013年3月   
サイレントウォー 見えない放射能とたたかう
今中 哲二
講談社   2012年11月   
低線量放射線被曝 チェルノブイリから福島へ
今中 哲二
岩波書店   2012年10月   
原発を終わらせる
今中哲二 共著
岩波書店   2011年   
Did Acute Radiation Syndrome Occur among the Inhabitants of the 30 km Zone
T. Imanaka
In: S. Takemine and H. Takahashi Eds.、 Hibakusya and Compensation after the World War II、 Gaifusha   2006年   
核問題ハンドブック
和田長久,今中哲二,勝田忠広,金生英道,小出裕章,小林圭二,澤井正子,西尾漠,宮崎安男
七つ森書館   2005年   
セラフィールド再処理工場からの放出放射能と白血病
今中哲二
原子力資料情報室通信 No.369   2005年   
Water Content in Granite
K. Iwatani, H. Hasai, K. Shizuma, M. Hoshi, T. Oka, S. Endo and T. Imanaka
Joint US-Japan Working Group、 RERF、 Hiroshima、   2005年   
Ultra-Low-Background Measurements of 152Eu in Hiroshima Samples
K. Komura, M. Hoshi, S. Endo and T. Imanaka
Joint US-Japan Working Group、 RERF、 Hiroshima、   2005年   
Trace Element Concentrations in Granite and Their Impact on Thermal Neutron Activation
W. Ruhm, T. Huber, K. Kato, E. Nolte and T. Imanaka
Joint US-Japan Working Group、 RERF、 Hiroshima   2005年   
152Eu Depth Profile Measurements in Japan
K. Shizuma, T. Imanaka, S. Endo, K. Iwatani and H. Hasai
Joint US-Japan Working Group、 RERF、 Hiroshima、   2005年   
152Eu and 36Cl Intercomparison Study
M. Hoshi, S. Endo, K.. Tanaka, M. Ishikawa, T. Straume, K. Komura, W. Ruhm, E. Nolte, T. Huber, Y. Nagashima, H. Fukushima and T. Imanaka
Joint US-Japan Working Group、 RERF、 Hiroshima   2005年   
核問題ハンドブック\t(共著)
今中 哲二
七つ森書館,   2005年   
ロシアを知る事典
今中哲二(380人分担執筆)
平凡社   2004年   
セミパラチンスクに行ってきました
今中哲二
原子力資料情報室通信 No.356   2004年   
ロシアの核閉鎖都市オゼルスクに行ってきました
今中哲二
原子力資料情報室通信 No.359   2004年   
The Handbook on All Nuclear Issues
N. Wada, T. Imanaka, H. Koide, K. Kobayashi, T. Katsuta, M. Sawai, B. Nishio, Y. Miyazaki and H. Kanou
Nanatsumori-shokan、 Tokyo   2004年   
ロシアを知る事典(共著)
今中 哲二
平凡社,   2004年   
チェルノブイリ原発事故15周年を迎えて
今中哲二
原子力資料情報室通信 No.323   2001年   
JCO事故による敷地周辺の被曝線量
今中哲二
原子力資料情報室通信 No.308   2000年   

講演・口頭発表等

 
飯舘村民を対象とした初期被曝量評価の試み
今中 哲二
飯舘村放射能エコロジー研究会2013年福島シンポジウム   2013年11月17日   
飯舘村の放射能汚染と初期被曝評価の試み
今中 哲二
第3回市民科学者国際会議   2013年10月13日   
Reconstruction of external radiation exposure in villages around the SNTS due to the first Soviet hydrogen bomb test in 1953
今中 哲二
Health risks from exposure to radioactive fallout from nuclear testing in Kazakhstan at the Semipalatinsk nuclear test site   2013年5月7日   
福島原発災害の実態と克服の展望
今中 哲二
平成24年度 日本大学学部連携研究推進 国際シンポジウム   2013年2月22日   
飯舘村放射能汚染調査の報告
今中 哲二
飯舘村放射能エコロジー研究会福島シンポジウム   2012年11月18日   

Works

 
ロシア.ベラルーシ.ウクライナにおけるチェルノブイリ原発事故影響研究の現状に関する調査
1995年 - 1996年
ロシア.ベラルーシ.ウクライナにおけるチェルノブイリ原発事故影響研究の現状に関する調査
1995年 - 1996年

競争的資金等の研究課題

 
原子力施設がもたらす環境影響に関する研究
広島・長崎原爆による中性子線量評価に関する研究