MISC

1983年

スコーリング発生機構に関する基礎的研究 I 歯車におけるスコーリングの発生・進展

日本機械学会論文集 C編
  • 岩井 律哉
  • ,
  • 野中 鉄也
  • ,
  • 久保 愛三
  • ,
  • 矢部 寛

49
444
開始ページ
1407
終了ページ
1415
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.1299/kikaic.49.1407
出版者・発行元
The Japan Society of Mechanical Engineers

歯車におけるスコーリングの発生機構を明らかにするため,歯数比1の歯車対でスコーリング試験を行った。スコーリングは最初発生した歯から順次隣接歯に広がってゆくこと,またスコーリングが発生する場合としない場合の接触歯面近くの温度の時間的変化には,その温度-時間曲線が定常値を示すか,変曲点を持って発散するかの決定的な差異のあることが確認され,スコーリングは熱的安定問題として取扱われるべきことを示した。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.1299/kikaic.49.1407
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130004226998
ID情報
  • DOI : 10.1299/kikaic.49.1407
  • ISSN : 0387-5024
  • CiNii Articles ID : 130004226998
  • identifiers.cinii_nr_id : 9000256253195

エクスポート
BibTeX RIS