渡辺 俊樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/08 04:21
 
アバター
研究者氏名
渡辺 俊樹
 
ワタナベ トシキ
eメール
watanabeseis.nagoya-u.ac.jp
URL
http://www.seis.nagoya-u.ac.jp/~watanabe/
所属
名古屋大学
部署
大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター
学位
博士(工学)(京都大学)

経歴

 
2003年5月
 - 
2007年3月
名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山・防災研究センター 助教授
 
2007年4月
 - 
2011年12月
名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山・防災研究センター 准教授
 
2012年1月
 - 
2013年10月
名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 准教授
 
2013年11月
 - 
2014年3月
名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 教授
 
2016年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院環境学研究科 附属地震火山研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 工学研究科 資源工学専攻
 

受賞

 
2013年5月
日本地震学会 論文賞
 
1999年5月
物理探査学会 第39回(1998年度)学会賞 トモグラフィ解析技術の高度化に関する一連の論文
 

論文

 
Seismic interferometry imaging of subsurface structure in the southernmost area of South Japanese Alps
Hasegawa, D., Watanabe, T., Ito, T., Kano, K., Abe, S., Fujiwara, A., Kouchi, Y.
Proceedings of the 13th SEGJ International Symposium -What's Next?: Technology for Discovery, Safety and Sustainability   S02-P02   2018年11月   [査読有り]
Tsuji Shuhei, Yamaoka Koshun, Ikuta Ryoya, Kunitomo Takahiro, Watanabe Toshiki, Yoshida Yasuhiro, Katsumata Akio
Earth Planets and Space   70    2018年9月   [査読有り]
Development of surface-wave monitoring system for leaked CO2 using a continuous and controlled seismic source
Ikeda, T., Tsuji, T., Watanabe, T. and Yamaoka, K.
International Journal of Greenhouse Gas Control   45 94-105   2016年2月   [査読有り]
A subsurface structure change associated with the eruptive activity at Sakurajima Volcano, Japan, inferred from an accurately controlled source
Maeda, Y., Yamaoka, K., Miyamachi, H., Watanabe, T., Kunitomo, T., Ikuta, R., Yakiwara, H. and Iguchi, M.
Geophysical Research Letters   42 5179-5186   2015年   [査読有り]
Yamaoka, K., Miyamachi, H., Watanabe, T., Kunitomo, T., Michishita, T., Ikuta, R. and Iguchi, M.
Earth, Planets and Space      2014年   [査読有り]

Misc

 
Tsuji Shuhei, Yamaoka Koshun, Ikuta Ryoya, Kunitomo Takahiro, Watanabe Toshiki, Yoshida Yasuhiro, Katsumata Akio
EARTH PLANETS AND SPACE   70    2018年9月   [査読有り]
Development of surface-wave monitoring system for leaked CO2 using a continuous and controlled seismic source
Ikeda, T., Tsuji, T., Watanabe, T. and Yamaoka, K.
International Journal of Greenhouse Gas Control   45 94-105   2016年2月   [査読有り]
A subsurface structure change associated with the eruptive activity at Sakurajima Volcano, Japan, inferred from an accurately controlled source
Maeda, Y., Yamaoka, K., Miyamachi, H., Watanabe, T., Kunitomo, T., Ikuta, R., Yakiwara, H. and Iguchi, M.
Geophysical Research Letters   42 5179-5186   2015年   [査読有り]
Yamaoka, K., Miyamachi, H., Watanabe, T., Kunitomo, T., Michishita, T., Ikuta, R. and Iguchi, M.
Earth, Planets and Space      2014年   [査読有り]
弾性波アクロスによる東海地域地殻のP波およびS波速度構造の推定
國友孝洋, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 吉田康宏, 勝間田明男, 生田領野, 加藤愛太郎, 飯高隆, 津村紀子, 大久保慎人
地震II   67(1) 1-24   2014年   [査読有り]
Effects of pore fluid pressure and tectonic stress on diverse seismic activities around the Mt. Ontake volcano, central Japan
Terakawa, T., Yamanaka, Y., Nakamichi, H., Watanabe, T., Yamazaki, F., Horikawa, S. and Okuda, T
Tectonophysics   608 138-148   2013年   [査読有り]
東海地域下の三次元地震波減衰構造
高岡宏之, 津村紀子, 高橋福助, 野崎謙治, 加藤愛太郎, 飯高隆, 岩崎貴哉, 酒井慎一, 平田直, 生田領 野, 國友孝洋, 吉田康弘, 勝俣啓, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 山崎文人, 大久保慎人, 鈴木貞臣
地震第2 輯   65(2) 175-187   2012年12月   [査読有り]
Imaging basement structure beneath the Noubi Plain, central Japan using strong motion records of natural earthquakes
Watanabe, T., Shimizu, H., Tobita, J., Abe, S. and Shiraishi, K.
Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium -Imaging and Interpretation-   96-99   2011年11月   [査読有り]
強震動記録の自己相関解析による濃尾平野の構造推定
渡辺俊樹, 清水英彦, 飛田 潤, 阿部 進, 白石和也
物理探査学会第124回(平成23年度春季)学術講演会講演論文集   71-74   2011年5月
Monitoring the plate boundary in Tokai area using ACROSS -Role of Toyohashi ACROSS source-
Watanabe, T., Yamaoka, K., Yamazaki, K. and Suzuki, Y.
Proceedings of 12th International Symposium on Recent Advances in Exploration Geophysics   65-68   2010年11月
Kato, A., Iidaka, T., Ikuta, R., Yoshida, Y., Katsumata, K., Iwasaki, T., Sakai, S., Thurber, C., Tsumura, N., Yamaoka, K., Watanabe, T., Kunitomo, T., Yamazaki, F., Okubo, M., Suzuki, S. and Hirata, N.
Geophysical Research Letter   37 L14310   2010年7月   [査読有り]
Detection and continuous monitoring of strong seismic reflectors at the subducting Philippine Sea Plate using ACROSS methodlogy
Kasahara, J, Tsuruga, K., Hasada, Y., Kunitomo, T., Ikuta, R., Watanabe, T., Yamaoka, K., Fujii, N. and Kumazawa, M.
Active Geophysical Monitoring, Vol. 40, Handbook of Geophysical Exploration   435-447   2010年5月   [査読有り]
鳳来アレイ連続地震観測記録を用いた土岐、森町、豊橋震源からのアクロス信号の解析
山崎賢志, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 生田領野, 國友孝洋, 吉田康宏, 勝間田明男, 山中佳子, 中道治久, 堀川信一郎
物理探査学会第122回(平成22年度春季)学術講演会講演論文集   115-118   2010年5月
構造境界面を組込んだMT法の2次元インバージョン
木村俊則, 後藤忠徳, 笠谷貴史, 岡本拓, 三ケ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 芦田讓
物理探査   63(2) 185-196   2010年4月   [査読有り]
地震波による能動モニタリングのための直線加振機の実験
山岡耕春, 渡辺俊樹, 生田領野
物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会講演論文集   250-251   2009年11月
鳳来アレイ観測による土岐・ 豊橋・森町に設置された弾性波ACROSS信号の解析
山崎賢志, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 中道治久, 羽佐田葉子
物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会講演論文集   252-255   2009年11月
月の地下エコー検出のためのLRSデータ解析方法の検討
渡辺志穂, 渡辺俊樹, 押上祥子, 山口靖, 山路敦, 小野高幸, 熊本篤志, 中川広務, 小林敬生
物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会講演論文集   256-259   2009年11月
弾性波アクロスを用いた土岐-鳳来間の地震波伝達関数の波群の時間変化
渡辺俊樹, 山岡耕春, 山崎賢志, 古川俊之, 羽佐田葉子
物理探査学会第121回(平成21年度秋季)学術講演会講演論文集   260-263   2009年11月
地殻内構造と物性の解明のための反射法地震探査の技術動向
渡辺俊樹
地震第II輯   61(特集号) S217-S223   2009年7月   [査読有り][依頼有り]
*Seismic interferometry of teleseicmic S-wave coda for retrieval of body waves: an application to the Philippine Sea slab underneath the Japanese Islands
Tonegawa, T., Nishida, K., Watanabe, T. and Shiomi, K.
Geophysical Journal International   178(3) 1183-1789   2009年   [査読有り]
In this study, we present the propagations of the body waves, such as direct P and S waves, and the reflected wave from the Philippine Sea slab, with the spatial correlation of thewavefields induced by teleseismic S wave observed at the Hi-net til...
2008年桜島人工地震探査の目的と実施
井口正人, 為栗健, 山本圭吾, 大島弘光, 前川徳光, 森済, 鈴木敦生, 筒井智樹, 今井幹浩, 封馬和希, 八木直史, 植木貞人, 中山貴史, 山本芳裕, 高木涼太, 猪井志織, 古賀祥子, 西村太志, Titi Anggono, 山本希, 及川純, 長出昇構, 市原美恵, 辻浩, 青木陽介, 森田裕一, 渡邊篤志, 野上健治, 山脇輝夫, 渡辺俊樹, 中道治久, 奥田隆, 立花健二, Enrique Hernandez, 橋田悠, 平井敬, 吉本昌弘, 山崎賢志, 毛利拓治, 清水洋, 中元真美, 山下裕亮, 三ケ田均, 尾西恭亮, 田中暁, 岡野豊, 川林徹也, 藤谷淳司, 坂口弘訓, 今泉光智哲, 大倉敬宏, 吉川慎, 安部祐希, 安藤隆志, 横尾亮彦, 相澤広記, 高山鐵朗, 山崎友也, 多田光弘, 市川信夫, 加茂正人, 富阪和秀, 宮町宏樹, 小林励司, 八木原寛, 平野舟一郎, 泊知里, 西山信吾, 吉田沙由美, 畠山謙吾, 西田誠, 加藤幸司, 宮村淳一, 小枝智幸, 増田与志郎, 平松秀行, 河野太亮, 松末伸一, 大薄富士男, 五藤大仁, 宮下誠, 伊藤弘志, 音成陽二郎
京都大学防災研究所年報   52(B) 293-307   2009年   [査読有り]
A marine deep-towed DC resistivity survey in a methane hydrate area, Japan Sea
Goto, T., Kasaya, T. Machiyama, H., Takagi, R., Matsumoto, R., Okuda, Y., Satoh, M., Watanabe, T., Seama, N., Mikada, H., Sanada, Y. and Kinoshita, M.
Exploration Geophysics   39(1) 52-59   2008年2月   [査読有り]
三河地殻変動観測所へのアクロス震源設置に先立つ地盤の表面波探査
渡辺俊樹, 山岡耕春, 藤井直之
物理探査学会第116回(平成19年度春季)学術講演会講演論文集   25-28   2007年5月
地震探査における散乱波解析と不均質構造の推定
渡辺俊樹
月刊地球   29(4) 227-231   2007年   [依頼有り]
*東海監視に向けた地震波アクロスと小規模地震計アレイによる試験観測
渡辺俊樹, 生田領野, 相馬知征, 山岡耕春, 藤井直之,
月刊地球   29(8) 475-480   2007年
プレート間カップリングの時間変化の監視を目的とする能動的な連続地震波観測を実現するために,弾性波アクロス震源と小規模地震計アレイを用いて10ヶ月にわたる試験観測を実施した.連続地震記録からアクロス伝達関数を求めた.その結果,地殻深部を伝播したと考えられる波群を検出し,それらの微小な時間変化を検知した.伝達関数の変化は低周波微動の活動と関連しているように見え,興味深い.地表に設置した地震計では気温,降雨などの地表付近の影響が避けられない.現在,ボアホール内に設置され環境変動の影響が小さいと考...
海底電気探査を用いた新潟沖メタンハイドレートの浅部イメージング
高木 亮, 後藤忠徳, 笠谷貴史, 渡辺俊樹, 岡本 拓, 真田佳典, 三ヶ田均, 島伸和
物理探査学会第114回(平成18年度春季)学術講演会論文集   20-22   2006年10月
Time-lapse changes in tube and guided waves in cross-well Mallik experiment
Bakulin, A., Korneev, V, Watanabe, T. and Ziatdinov, S.
Expanded Abstract of the 76th Annual Meeting, Society of Exploration Geophysicists   379-383   2006年
Continuous Active Seismic Observation using ACROSS Source and Seismometer Array
Watanabe, T., Ikuta, R., Yamaoka, K., Soma, T. and Fujii, N.
Proceedings of the 8th SEGJ International Symposium -Imaging and interpretation-   369-372   2006年   [査読有り]
A team in Nagoya University has been extensively working on developing Accurately-Controlled Routinely-Operated Signal System (ACROSS) in order to monitor temporal variations in the subsurface properties. Continuous transmission of a controlled se...
*Continuous observation of seismic wave velocity and apparent velocity using a precise seismic array and ACROSS seismic source
Saiga, A., Yamaoka, K., Kunitomo, T. and Watanabe, T.
Earth Planets and Space   58(8) 993-1005   2006年   [査読有り]
We report the results of continuous monitoring.using a seismometer array.of the travel time of seismic waves generated by an ACROSS artificial seismic source. The seismometer array, which was deployed in a surface vault located 2.4 km from the sou...
メタンハイドレート海域における海底電気探査装置の実海域試験
高木 亮, 後藤忠徳, 渡辺俊樹, 真田佳典, 三ヶ田均, 島 伸和
物理探査学会第112回(平成17年度秋季)学術講演会講演論文集   126-128   2005年11月
南海トラフ沈みこみ帯の地殻比抵抗構造
木村俊則, 芦田讓, 後藤忠徳,笠谷貴史, 三ケ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 山根一修
物理探査   58(3) 251-262   2005年8月   [査読有り]
海底電気探査におけるメタンハイドレート層検出の可能性
高木亮, 後藤忠徳, 渡辺俊樹, 真田佳典, 三ヶ田均, 島伸和
物理探査学会第112回(平成17年度春季)学術講演会講演論文集   126-128   2005年5月
構造境界面を組込んだMT法のハイブリッドインバージョン
木村俊則, 後藤忠徳,岡本拓,三ケ田均, 真田佳典, 渡辺俊樹, 芦田讓
物理探査学会第112回(平成17年度春季)学術講演会講演論文集   122-125   2005年5月
Preliminary assessment of the waveform inversion method for interpretation of cross-well seismic data from the thermal production test, Mallik Gas Hydrate Production Research Well
Watanabe, T., Shimizu, S., Asakawa, E., Kamei, R. and Matsuoka, T.
Scientific Results from Mallik 2000 Gas Hydrate Production Research Well Program, Mackenzie Delta, Northwest Territories, Canada, Geological Survey of Canada, Bulletin,   585    2005年   [査読有り]
*Differential waveform tomography for time-lapse crosswell seismic data with application to gas hydrate production monitoring
Watanabe, T., Shimizu, S., Asakawa, E., Matsuoka, T.
Expanded Abstract of the 74th Annual Meeting, Society of Exploration Geophysicists   TOM1.1   2004年10月   [査読有り]
To detect the change of physical properties in small areas, a series of high-resolution waveform inversions is applied to time-lapse seismic data. A procedure by use of ifferentiation between the time-lapse data and normalization using reference d...
構造境界面を考慮に入れたMT法の2次元インバージョン
木村俊則, 後藤忠徳,真田佳典,渡辺俊樹,芦田 讓
物理探査学会第111回(平成16年度秋季)学術講演会講演論文集   137-140   2004年10月
メタンハイドレート検出を目指した海底電気探査装置の開発
後藤忠徳, 三ヶ田均,渡辺俊樹,真田佳典,島 伸和
物理探査学会第111回(平成16年度秋季)学術講演会講演論文集   116-119   2004年10月
フラクチャを伝播する弾性波のモデリングとイメージング
桐山愛世,渡辺俊樹,真田佳典,芦田 讓
物理探査学会第110回(平成16年度春季)学術講演会講演論文集   211-214   2004年5月
微細構造変化の抽出のための地震探査データの差解析
渡辺俊樹
物理探査学会第110回(平成16年度春季)学術講演会講演論文集   199-202   2004年5月
フルウェーブ・インバージョン
渡辺俊樹
非破壊検査   53(5) 274-279   2004年   [査読有り]
*Viscoacoustic wave form inversion of transmission data for velocity and attenuation
Watanabe, T., Nihei, K. T., Nakagawa, S., Myer, L. R.
J. Acoust. Soc. Am.   115(6) 3059-3067   2004年   [査読有り]
This study investigates the performance of a frequency domain viscoacoustic full waveform nonlinear inversion to obtain high resolution images of velocity and attenuation. An efficient frequency domain implementation is applied that consists of p...
南海トラフ熊野灘地域における海洋MT法データの2次元インバージョン解析
後藤忠徳, 笠谷貴史, 三ヶ田均, 末廣 潔, 渡辺俊樹, 木村俊則, 芦田 讓, 山根一修
物理探査学会第109回(平成15年度秋季)学術講演会講演論文集   20-22   2003年10月
繰り返し坑井間地震探査データの差波形トモグラフィ解析の数値シミュレーション
渡辺俊樹, 清水祥四郎, 淺川栄一, 松岡俊文
物理探査学会第109回(平成15年度秋季)学術講演会講演論文集   32-35   2003年10月
周波数領域波形インバージョンによる孔間室内実験データの速度と減衰のイメージング
渡辺俊樹, Nihei, K. T., Nakagawa, S. and Myer, L. R.
物理探査   56(2) 97-105   2003年6月   [査読有り]
エアスパージングにおける空気移動領域調査への比抵抗トモグラフィの適用
村上宏徳, 鈴木浩一, 原田南海子, 松岡俊文, 渡辺俊樹, 菅野 強, 芦田 讓
物理探査学会第108回(平成15年度春季)学術講演会講演論文集   35-37   2003年5月
波動現象を考慮したフレネル・ボリューム・トモグラフィ
渡辺俊樹, 橋村 忠, 芦田 讓
物理探査学会第108回(平成15年度春季)学術講演会講演論文集   129-133   2003年5月
High resolution imaging of crosshole data using waveform inversion and reverse-time imaging
Watanabe, T., Nihei, K. T., Nakagawa, S. and Myer, L. R.
Environmental Rock Engineering   317-322   2003年   [査読有り]

書籍等出版物

 
物理探査ハンドブック増補改訂版
のべ175名 (担当:共編者)
物理探査学会   2016年6月   ISBN:978-4-938493-10-3
Proceedings of the 10th SEGJ International Symposium - Imaging and Interpretation -
Toshiki Watanabe (Chief Editor) (担当:編者)
Society of Exploration Geophysicists of Japan   2011年11月   ISBN:978-4-938493-07-3
地盤の可視化技術と評価法
松井保(監修) (担当:分担執筆)
鹿島出版会   2009年12月   ISBN:978-4-306-02415-1
いま活断層が危ない-中部の内陸直下型地震-
安藤雅孝, 田所敬一, 林能成, 木村玲欧 (担当:分担執筆)
中日新聞社   2006年10月   ISBN:4-8062-0528-1
(社)物理探査学会編 新版物理探査用語辞典
68名 (担当:分担執筆)
愛智出版   2005年5月   ISBN:4-87256-410-3

講演・口頭発表等

 
Seismic interferometry imaging of subsurface structure in the southernmost area of South Japanese Alps
Hasegawa, D., Watanabe, T., Ito, T., Kano, K., Abe, S., Fujiwara, A., Kouchi, Y.
The 13th SEGJ International Symposium   2018年11月12日   
地震データの干渉法イメージングに関する検討
渡辺俊樹
物理探査学会第139回(平成30年度秋季)学術講演会   2018年10月22日   
大規模人工地震探査による南九州下の地殻構造の解明(2)予備的成果と2018年観測計画
宮町宏樹, 高橋浩晃, 青山裕, 椎名高裕, 髙田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 村井芳夫, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 東龍介, 大友周平, 日野亮太, 阿部英二, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 中東和夫, 渡辺俊樹, 前田裕太, 堀川信一郎, 奥田隆, 辻修平, 長谷川大真, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 加藤慎也, 山下裕亮, 松島健, 手操佳子, 宮町凛太郎, Agnis Triahadini, 磯田謙心, 清水洋, 小林励司, 早田正和, 仲井一穂, 八木原寛, 平野舟一郎, 田中康久, 川崎慎治, 佐藤紀男
日本地震学会2018年度秋季大会   2018年10月9日   
大規模人工地震探査による姶良カルデラ及び周辺域の地殻構造の解明(2)予備的成果と 2018 年観測計画
宮町宏樹, 高橋浩晃, 青山裕, 椎名高裕, 髙田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 村井芳夫, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 東龍介, 大友周平, 日野亮太, 阿部英二, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 中東和夫, 渡辺俊樹, 前田裕太, 堀川信一郎, 奥田隆, 辻修平, 長谷川大真, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 加藤慎也, 山下裕亮, 松島健, 手操佳子, 宮町凛太郎, 磯田謙心, 清水洋, 小林励司, 早田正和, 仲井一穂, 八木原寛, 平野舟一郎, 田中康久, 川崎慎治, 佐藤紀男
日本火山学会2018年度秋季大会   2018年9月26日   
2018年3月桜島アクロス稠密観測(序報)
前田裕太, 渡辺俊樹, 宮町宏樹, 山岡耕春, 國友孝洋, 辻修平, 佐伯晃聖
日本火山学会2018年度秋季大会   2018年9月26日   
2014年長野県北部の地震(神城断層地震)のネット変位量
松多信尚, 池内直毅, 岡田真介, 楮原京子, 石山達也, 廣内大助, 神城断層調査グループ
日本地理学会2018年秋季学術大会   2018年9月22日   
PS検層における記録波形の品質改善
陶山雄介, 阪田暁正, 曽我大介, 渡辺俊樹, 相澤隆生
第53回地盤工学研究発表会   2018年7月24日   
PS検層の品質改善に向けた現地試験結果
陶山雄介, 阪田暁正, 曽我大介, 渡辺俊樹, 相澤隆生
平成30年度日本応用地質学会北海道支部・北海道応用地質研究会   2018年6月15日   
ACROSSを用いて検出した東海地方におけるS波伝播速度の経年変化と地震時の変
辻修平, 山岡耕春, 生田領野, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 吉田康宏, 勝間田明男
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
地震計アレイとアクロスで捉えた2015年桜島マグマ貫入にともなう地震波伝播特性の変化
山岡耕春, 佐伯晃聖, 辻修平, 藤田英輔, 宮町宏樹, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 八木原寛, 生田領野, 為栗健, 井口正人
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
地すべり地形地におけるACROSS震源を用いた地下状態モニタリング
生田領野, 小平健太郎, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 山岡耕春, 勝間田明男
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
富士川河口断層帯における稠密面的アレイで観測された自然地震記録を用いた構造解析
渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明, 河内善徳
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
南アルプス南端部地域における地下構造の地震波干渉法イメージング
長谷川大真, 渡辺俊樹, 伊藤谷生, 狩野謙一, 阿部進, 藤原明
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
Seismic refraction and wide-angle reflection experiment in southern Kyushu, Japan: (1) the 2017 exploration report
宮町宏樹, 高橋浩晃, 青山裕, 椎名高裕, 髙田真秀, 一柳昌義, 山口照寛, 小野夏生, 齊藤一真, 伊藤ちひろ, 村井芳夫, 筒井智樹, 井上雄介, 竹井瑠一, 山本希, 平原聡, 中山貴史, 日野亮太, 東龍介, 大友周平, 蔵下英司, 岩崎貴哉, 篠原雅尚, 山田知朗, 阿部英二, 中東和夫, 渡辺俊樹, 前田裕太, 堀川信一郎, 奥田隆, 辻修平, 長谷川大真, 片尾浩, 澁谷拓郎, 三浦勉, 中川潤, 加藤慎也, 山下裕亮, 松島健, 磯田謙心, Agnis TRIAHADINI, 手操佳子, 宮町凜太郎, 清水洋, 小林励司, 仲井一穂, 早田正和, 八木原寛, 平野舟一郎
日本地球惑星科学連合2018年大会   2018年5月20日   
小型アクロスの解析手法の開発:効率的な貯留層マネージメントに向けて
永田雄一郎, 辻健, 池田達紀, 二宮啓, 渡辺俊樹, 山岡耕春
物理探査学会第137回(平成29年度秋季)学術講演会   2017年11月8日   
アクロスを用いて検出した東海地方における地震波速度の経年変化と地震に伴う変化
辻修平, 山岡耕春, 國友孝洋, 渡辺俊樹, 生田領野, 吉田康宏, 勝間田明男
日本地震学会2017年秋季大会   2017年10月25日   
桜島火山噴火前後の地震波伝播特性変化の1次散乱による解釈
前田裕太, 山岡耕春, 渡辺俊樹, 國友孝洋, 宮町宏樹, 八木原寛, 井口正人, 為栗健
日本火山学会2017年度秋季大会   2017年9月21日   
Temporal change in transfer function using ACROSS associated with magma intrusive event in 2015 in Sakurajima volcano, Japan
Yamaoka, K., Watanabe, M., Miyamachi, H., Kunitomo, T., Watanabe, T., Yakiwara, H., Maeda, Y., Tameguri, T., Ikuta, R., Iguchi, M.
Joint Scientific Assembly of IAG-IASPEI   2017年7月30日   
Secular and co-seismic velocity changes in Tokai region detected by ACROSS
Tsuji, S., Ikuta, R., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Watanabe, T., Yoshida, Y., Katsumata, A.
Joint Scientific Assembly of IAG-IASPEI   2017年7月30日   
Long-term monitoring of of seismic velocity around a source fault of the 1995 Kobe earthquake
Ikuta, R., Yamaoka, K., Kunitomo, T., Nishigami, K., Watanabe, T.
Joint Scientific Assembly of IAG-IASPEI   2017年7月30日   

Works

 
地面揺らし震源域探れ 名大など岩板の動き監視
その他   2007年3月
東海地震震源域監視へ 人工波プレート変化観測
その他   2007年1月

競争的資金等の研究課題

 
プレート不連続のマッピングと力学特性の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 山岡耕春
孔内用精密制御振源とトモグラフィ解析による表層地盤のS波速度構造の高精度決定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
弾性波アクロスによる桜島火山のマグマ動的変化の検出とその要因に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 宮町宏樹
人工電流源海底電磁探査法による海底下メタンハイドレートの探査と資源量推定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月