基本情報

所属
京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 建築学部門 理事・副学長、教授
KYOTO Design Lab. ファウンダー
学位
博士(工学)(京都大学)

J-GLOBAL ID
200901044166588966

環境、とくに水環境、水質学が当初の専門で、やがて土壌・廃棄物へ化学物質をキーワードに研究領域を拡げた。同時に、20代からの京大人文科学研究所の都市史研究の領域も深化していき、京都工芸繊維大学に移るとともに、都市史・環境史中心に、この環境の形成のメカニズムを検証する仕事を展開することになった。
とはいえ、環境のキーワードはつきまとい、琵琶湖疏水を事例とする都市水脈の検証や、公園や緑地、山林の形成と荒廃、景観形成を実証している。フィールドは瀬戸内海、岡山から京都、大阪と上方へ、また朝鮮半島、台湾と東アジアへ伸びている。環境や都市形成の主体は誰か、意図は何か、何が成立し、何が夢と終ったのか。そして、我々の棲む空間はどこへいくのか、考えている。

学歴

  5

受賞

  7

論文

  43

MISC

  181

書籍等出版物

  21

Works(作品等)

  10