大森 匡

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 05:27
 
アバター
研究者氏名
大森 匡
 
オオモリ タダシ
eメール
omoriis.uec.ac.jp
URL
http://home.hol.is.uec.ac.jp/omori
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報・ネットワーク工学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
教授
学位
工学博士(東京大学)
科研費研究者番号
30233274

プロフィール

1. データベース・データ工学における新しい問い合わせ能力と実現のアルゴリズム
2. 大規模データ処理基盤のアルゴリズムとシステム技術
3. データ工学における並行処理・分散・索引技法などの諸原理の発展

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
   
 
電気通信大学大学院情報システム学研究科 教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1990年3月
東京大学 工学系研究科 情報工学専攻
 
1981年4月
 - 
1985年3月
東京大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2003年4月
 - 
2011年3月
情報処理学会  データベースシステム研究会論文誌TOD編集委員
 
2008年5月
 - 
2010年2月
電子情報通信学会和論文誌D分冊 2008・2009年度データ工学特集号幹事  論文誌データ工学特集号編集幹事
 
2011年6月
 - 
2015年6月
ACM SIGMOD日本支部(SIGMOD Japan)  副支部長
 
2013年3月
   
 
DEIM(データ工学と情報マネジメントフォーラム)プログラム委員  DEIMプログラム編成委員
 
1996年
 - 
1996年
電子情報通信学会データ工学研究専門委員会  幹事補佐
 

受賞

 
2015年9月
情報処理学会/電子情報通信学会 FIT奨励賞(主指導学生D3,共著) 再帰的なDCC戦略を用いたmCK検索の高速化
受賞者: 邱原,大森匡,新谷隆彦,藤田秀之
 
2015年3月
DEIM2015運営委員会 DEIM2015/優秀プレゼンテーション賞(DEIM2015,主指導学生M2受賞) MapReduceにおける編集距離結合の負荷分散・効率化方式
受賞者: 今野篤人(主指導学生)(共著論文)
 
DEIM2015 E7の基盤プラットフォームに関する発表セッションから優秀発表として第一著者(主指導学生,共著論文)が受賞.学生奨励賞に該当する.
2014年3月
情報処理学会第76回全国大会 情処大会・学生奨励賞(情報処理学会第76回全国大会)(主指導学生D1,共著) 空間データにおけるm-最近接キーワード検索の一方式
受賞者: 邱原(D2/主指導学生による共著)
 
情報処理学会全国大会76回における学生発表セッション5M(情報検索)における優秀発表として第一著者が受賞.
2013年3月
DEIM2013運営委員会 DEIM2013/優秀プレゼンテーション賞(DEIM2013,主指導学生M2受賞) Map/Reduceにおけるバケット再グループ化を用いたハイブリッドハッシュ結合アルゴリズム
受賞者: 廣瀬繁雄(主指導学生)(共著論文)
 
DEIM2013のMapReduceセッションから優秀発表として第一著者(主指導学生,共著論文)が受賞.
2010年11月
情報処理学会データベースシステム研究会 DBS研/学生奨励賞(主指導学生M2,情報処理学会DBS研第151回) グラフデータベースにおける冗長排除を伴った正確なTop-Kキーワード検索方式
受賞者: M.Wang (主指導学生M2, 共著)の受賞.DBWeb2010との連続開催での学生発表からの選抜表彰.
 

論文

 
Y.Qiu, T.Ohmori, T.Shintani, H.Fujita
APWeb 2016 (Proc. 18th Asia Pacific Web Conf.)   LNCS 9932(Vol.2) 459-463   2016年9月   [査読有り]
m-最近接空間キーワード検索における探索優先順制御とタイトな下界値を用いた高速化手法の提案
邱原,大森匡,新谷隆彦,藤田秀之
電子情報通信学会論文誌D分冊   99-D(7) 638-651   2016年4月   [査読有り]
スキップ探索を用いた不確実データからの頻出パターンの抽出
建島,新谷,大森,藤田
日本データベース学会和文論文誌   (14) Article No.6   2016年3月   [査読有り]
Y.Qiu, T.Ohmori, H.Fujita, T.Shintani
Proc. IEEE Int. Conf. on Sofware Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel Distributed Computing (SNPD) 2015   507-514   2015年6月   [査読有り]
知的分散システムIDPSにおけるデータベース処理機構IDPS-DBの設計と評価
原嶋秀次, 大森匡
電子情報通信学会論文誌D分冊 (システム開発論文特集号)   Vol.J96-D(No.10) 2274-2285   2013年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
トランザクション処理 -- 概念と技法 --
喜連川優、大森匡、岸本光弘、坂田哲夫、伏見信也、藤原弘和、 宮崎純、横田治夫、吉田浩、湯原雅信 (担当:共訳, 範囲:Chapter 5. transaction processing monitors Chapter 6. Structure of TP monitors)
日経BP社,(J.Gray, A.Reuter,"Transaction Processing: the concept and techniques"の訳書。大森は第5章 「トランザクション処理モニタの概要」,第6章 「トランザクション処理モニタ」の担当)   2001年   
プロダクションシステムマシン (「人工知能ハンドブック」 pp.467-473)
喜連川優, 大森匡
人工知能学会   1990年   

講演・口頭発表等

 
吉村龍之介,大森匡,新谷隆彦,藤田秀之
DEIM(データ工学と情報マネジメントに関する技術フォーラム)2018   2018年3月5日   電子情報通信学会データ工学研究専門委員会(DE研),情処DBS研,日本データベース学会
位置・方向情報付写真群を用いた空間を要約する経路の作成
相楽翔太,藤田秀之,大森匡,新谷隆彦
DEIMフォーラム2016   2016年3月1日   DBSJ,IEICE
A New Search Strategy for m-Closest Keywords Query by using Dynamically-Created Grid-Partitioning over Spatial Datasets
Y.Qiu, H.Zhai, A.H.Dang, T.Ohmori, H.Fujita, T.Shintani
CIU2015   2015年3月18日   ICA, 東京大学空間科学研究センタ.
MapReduceにおける編集距離結合の負荷分散・効率化方式
今野篤人,大森匡,新谷隆彦
DEIM2015(データ工学と情報メディアフォーラム)   2015年3月3日   日本データベース学会,電子情報通信学会データ工学研究専門委員会,情報処理学会データベースシステム研究会
空間データにおける2^n分割木を用いたm最近傍キーワード検索
邱原, 大森匡, 新谷隆彦
DEIM 2013   2013年3月   DEIM 2013

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
大規模データ処理基盤におけるデータ空間の生成演算と更新方式に関する研究
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月
多角的なWeb空間マイニングを行うデータベースシステムの研究
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
データ管理システムのログデータ分析方式に関する研究
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 大森匡