松井 三郎

J-GLOBALへ         更新日: 02/12/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
松井 三郎
 
マツイ サブロウ
所属
京都大学
部署
大学院地球環境学堂 地球親和技術学廊
職名
教授
学位
工学博士(合衆国), 工学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
   
 
 茨城県  鹿島下水道事務所 技師(主幹)
 
1975年
   
 
 金沢大学 土木工学科 助教授
 
1986年
   
 
 京都大学 衛生工学科 助教授
 
1987年
   
 
 京都大学 工学部 附属環境微量汚染制御実験施設 教授
 
1995年
   
 
 京都大学 大学院工学研究科附属環境質制御研究センター 教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年
テキサス大学オースチン校大学院 工学研究科 土木工学
 
 
 - 
1966年
京都大学 工学部 衛生工学
 

委員歴

 
1995年
   
 
土木学会地球環境委員会  委員
 
 
   
 
英国土木学会(Institute of Civil Engineers. U. K. )  フェロー会員
 
1998年
   
 
環境技術研究協会  理事
 
2002年
   
 
環境システム計測制御学会  会長
 
2002年
   
 
環境ホルモン学会  理事
 

受賞

 
1993年
環境工学教授協会 優秀招待講演者賞(合衆国)
 
1995年
環境工学研究フォーラム論文賞(土木学会環境工学委員会)
 
1996年
R.A. Vollenweider Lecturship Prize (カナダ環境省)
 
1984年
月刊誌「水」賞
 
2002年
日本水環境学会「学術賞」
 

Misc

 
イオウ細菌による脱窒および硫酸塩還元を伴う炭水化物の分解経路
用水と廃水   31(4)    1989年
活性汚泥の多糖類貯蔵能力及びSphaerotilus natansの出現に及ぼす接触負荷量の影響
下水道協会誌   25(286)    1988年
枯草菌Rec-assay液体法による水環境変異原の検出方法
水質汚濁研究   8(3)    1985年
プロビット理論と標的論を応用した枯草菌Rec-assay液体法の評価方法
水質汚濁研究   8(3)    1985年
Rec-assayによる水質評価-琵琶湖-淀川水系におけるDNA損傷性物質の調査-
用水と廃水   35(4)、22-27    1993年

書籍等出版物

 
環境保全((]G0001[)) 環境の指標と評価
土木学会編技報堂出版   1972年   
環境微生物工学研究法
技術堂出版株式会社   
地球ウインドウズ-土木建造技術者のための地球環境入門
技報業出版   1996年   
丹波学の形成-新しい地域学の確立をめざして(共著)
(財)生涯学習おかめ財団   1995年   
環境毒性削減:評価と制御 (生物多様性のための地球環境技術) (共監訳)
環境技術研究協会   1996年   

競争的資金等の研究課題

 
DNA損傷性物質の環境汚染
研究期間: 1978年   
地球温暖化ガス抑制型廃棄物埋立方法の開発
研究期間: 1991年   
湖沼の生態毒性研究
研究期間: 1986年   
湖沼の生態毒性研究
研究期間: 1986年   
環境ホルモンによる環境汚染
研究期間: 1996年