船山 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/14 18:30
 
アバター
研究者氏名
船山 徹
 
フナヤマ トオル
所属
京都大学
部署
人文科学研究所 人文科学研究所 文化構成研究部門
職名
准教授,准教授
学位
文学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1998年
 京都大学人文科学研究所助手
 
1998年
 - 
2000年
 九州大学文学部助教授
 
2000年
   
 
-   現職
 

学歴

 
 
 - 
1987年
京都大学 文学研究科 宗教学 (仏教学)
 
 
 - 
1985年
京都大学 文学部 哲学科・仏教学
 

委員歴

 
2002年
 - 
2007年
東方学会  評議員、京都支部委員
 
1999年
 - 
2002年
日本仏教学会  理事
 
1992年
 - 
2006年
仏教史学会  委員
 

論文

 
真如の諸解釈:梵語tathata と漢語「本無」「如」「如如」「真如」
船山 徹
東方學報京都   92 1-75   2018年3月   [査読有り]
梁の宝唱撰『比丘尼伝』の定型表現:撰者問題解決のために
船山 徹
東方学   135 36-53   2018年1月   [査読有り]
Coping with Too Many Variants: A New Type of Edition of the Scripture of the Pure Divinities' Netted [Banners] (Fanwang jing)
船山 徹
International Journal of Buddhist Thought & Culture   27(2) 125-147   2017年12月   [査読有り][招待有り]
《大方便仏報恩経》編纂所用的漢訳経典
船山 徹
仏教文献研究(上海師範大学敦煌学研究所)   2 175-202   2016年   [査読有り][招待有り]
Chinese Buddhist Apocrypha
Funayama Toru
Brill's Encyclopedia of Buddhism (Leiden)   1 283-291   2015年10月   [査読有り][招待有り]
『解深密経疏』心意識相品に引用される真諦三蔵説ー「九識章」と「決定造論九識品」に関する先行諸研究の整理
船山 徹
『解深密経疏』の心意識相品の研究   167-186   2015年4月   [招待有り]
中国仏教の経典読誦法ー転読と梵唄はインド伝来か
船山 徹
宗教実践における声と文字ー東南アジア地域からの展望   93-103   2015年4月   [招待有り]
仏典漢訳の分業体制ー天息災「訳経儀式」の再検討
船山 徹
仏教文明の展開と表現ー文字・言語・造形と思想   80-104   2015年3月   [招待有り]
解題(牧田諦亮著作集第二巻)
船山 徹
牧田諦亮著作集   2 337-351   2015年1月   [招待有り]
Buddhism during the Liang Dynasty: Some of Its Characteristics as a Form of Scholarship
Funayama Toru
Acta Asiatica   109 71-100   2015年   [査読有り][招待有り]
The Fanwang jing (Scripture of Brahma's Net) in the First Edition of the Korean Canon: A Preliminary Survey
船山 徹
Zinbun   45 1-25   2015年   [査読有り]
『梵網経』の初期の形態をめぐって
船山 徹
東アジア仏教研究   12 3-25   2015年   [査読有り][招待有り]
六朝仏典的翻訳和編輯中存在的中国化問題
船山 徹
法音   2014年(04期) 23-30   2014年   [招待有り]
Chinese Translation of pratyakṣa
船山 徹
A Distant Mirror, Hamburg University Press   33-61   2014年   [査読有り][招待有り]
長耳三蔵と『耶舎伝』──ナレーンドラヤシャスとの関わり
船山 徹
仏教史学研究   56(2) 32-53   2014年   [査読有り][招待有り]
梁代の仏教──学術としての二三の特徴
船山 徹
学問のかたち──もう一つの中国思想史   97-126   2014年   [査読有り][招待有り]
従六朝仏典的漢訳与編輯看仏教中国化問題
船山 徹
東亜仏教研究   2 81-97   2014年   [査読有り][招待有り]
辞書項目分担執筆(2項目)
船山 徹
世界人名大辞典(岩波書店)      2013年   [査読有り][招待有り]
辞書項目分担執筆(全38項目)
船山 徹
中国文化史大事典(大修館)      2013年   [査読有り][招待有り]
『解深密経疏』勝義諦相品第二における先行文献引用の信頼性
船山 徹
円測『解深密経疏』の勝義諦相品の研究   79-116   2013年3月   [招待有り]
インド中国における仏教文献の伝播と仏教徒の地理的移動に関する基礎知識
船山 徹
中国印度宗教史とくに仏教史における書物の流通伝播と人物移動の地域特性   1-62   2011年3月
行歴僧伝研究とアフガニスタン新発見資料
船山徹・稲葉穣
シルクロード発掘七十年 雲崗石窟からガンダーラまで   90-91   2008年10月
項目分担執筆
船山 徹
慧超往五天竺國傳研究(桑山正進編)   72, 82, 94-73, 82, 96   1993年3月   [査読有り]
「ダルマキールティの「本質」論― bhava と svabhava」
船山徹
『南都仏教』63 pp.1-43.      1989年   [査読有り]
「部分と全体―インド仏教知識論における概要と後期の問題点」
船山徹
『東方学報』京都 62 pp.607-635.      1990年   [査読有り]
On asrayasiddha.
FUNAYAMA Toru
『印度学仏教学研究』39-2 pp.(28)-(34).      1991年   [査読有り]
A Study of kalpanapodha: A Translation of the Tattvasamgraha vv. 1212-1263 by Santaraksita and the Tattvasamgrahapanjika by Kamalasila on the Definition of Direct Perception.
FUNAYAMA Toru
Zinbun 27, pp.33-128.      1992年   [査読有り]
Remarks on Religious Predominance in Kashmir; Hindu or Buddhist? A Study of the Nilamata: Aspects of Hinduism in Ancient Kashmir
FUNAYAMA Toru
ed. Y. Ikari, Kyoto: Institute for Research in Humanities, Kyoto University, pp.367-375.      1994年   [査読有り]
「8世紀ナーランダー出身注釈家覚え書き―仏教知識論の系譜」
船山徹
『日本仏教学会年報』60 pp.49-60.      1995年
Arcata, Santaraksita, Jinendrabuddhi, and Kamalasila on the Aim of a Treatise (prayojana).
FUNAYAMA Toru
Wiener Zeitschrift fuer die Kunde Sudasiens 39, pp.181-201.      1995年   [査読有り]
「六朝時代における菩薩戒の受容過程―劉宋・南斉期を中心に」
船山徹
『東方学報』京都67 pp.1-135.      1995年   [査読有り]
「疑経『梵網経』成立の諸問題」
船山徹
『仏教史学研究』39-1 pp.54-78.      1996年   [査読有り]
「陶弘景と仏教の戒律」
船山徹
『六朝道教の研究』(吉川忠夫編)春秋社 pp. 353-376.      1998年
「『目連問戒律中五百軽重事』の原形と変遷」
船山徹
『東方学報』京都70 pp. 203-290.      1998年   [査読有り]
Kamalasila’s Interpretation of ‘Non-erroneous’ in the Definition of Direct Perception and Related Problems. Dharmak?rti’s Thought and Its Impact on Indian and Tibetan Philosophy
FUNAYAMA Toru
ed. S. Katsura, Wien: Verlag der Oesterreichischen Akademie der Wissenschaften, pp.73-99.      1999年   [査読有り]
On the Date of Vinitadeva.
FUNAYAMA Toru
Le Parole e i Marmi, ed. R. Torella, Roma: Istituto Italiano per l’Africa e l’Oriente, pp.309-325.      2000年   [招待有り]
「地論宗と南朝教学」
船山徹
『北朝隋唐中国仏教思想史』(荒牧典俊編)法蔵館 pp.123-153.      2000年
「ダルマキールティの六識倶起説」
船山徹
『インドの文化と論理』九州大学出版会 pp.319-345.      2000年
「梁の僧祐撰『薩婆多師資伝』と唐代仏教」
船山徹
『唐代の宗教』(吉川忠夫編)朋友書店 pp.325-353.      2000年
「カマラシーラの直接知覚論における「意による認識」(manasa)」
船山徹
『哲学研究』569 pp.105-132.      2000年   [査読有り]
Two Notes on Dharmapala and Dharmakirti.
FUNAYAMA Toru
Zinbun 35 (2000), p. 1-11.      2002年   [査読有り]
「捨身の思想──六朝仏教史の一断面」
船山徹
『東方学報』京都74 pp. [41]-[88].      2002年   [査読有り]
「五六世紀の仏教における破戒と異端」
船山徹
『中国中世社会と宗教』(麥谷邦夫編) 道気社 pp.39-58.      2002年
「「漢訳」と「中国撰述」の間──漢文仏典に特有な形態をめぐって」
船山徹
『仏教史学研究』45-1 pp.1-28.      2002年   [査読有り]
「龍樹,無著,世親の到達した階位に関する諸伝承」
船山徹
『東方学』105 pp.134-121.      2003年   [査読有り]
「五世紀中国における仏教徒の戒律受容」
船山徹
『唐宋道教の心性思想研究』(科学研究費補助金研究成果報告書 研究代表者・山田俊) pp.1-14.      2003年
The Acceptance of Buddhist Precepts by the Chinese in the Fifth Century.
船山徹
Journal of Asian History (ed. by Denis Sinor) 38-2, pp.97-120.      2004年   [査読有り]
「瞑想の実践における分別知の意義──カマラシーラの場合」
船山徹
『神子上恵生教授頌寿記念論集、インド哲学仏教思想論集』永田文晶堂 pp.363-386.      2004年   [招待有り]
「真諦三蔵の著作の特徴──中印文化交渉の例として」
船山徹
『関西大学東西学術研究所紀要』38 pp.97-122.      2005年
「体用小考」
船山徹
『六朝精神史の研究』(科学研究費補助金研究成果報告書 研究代表者・宇佐美文理) pp.125-135.      2005年
Perception, Conceptual Construction and Yogic Cognition According to Kamalasila’s Epistemology.
FUNAYAMA Toru
《中華佛學學報》18, pp.273-297.      2005年   [査読有り]
「聖者観の二系統──六朝隋唐仏教史鳥瞰の一試論」
船山徹
『三教交渉論叢』(麥谷邦夫編)京都大学人文科学研究所 pp.373-408.      2005年   [査読有り]
「経典の偽作と編輯──『遺教三昧経』と『舎利弗問経』」
船山徹
『中国宗教文献研究』(京都大学人文科学研究所編) 臨川書店 pp.83-107.      2006年
Masquerading as Translation: Examples of Chinese Lectures by Indian Scholar-Monks.
FUNAYAMA Toru
Asia Major, Third Series 19.1-2, pp.39-55.      2006年   [査読有り]
「梁の開善寺智蔵『成実論大義記』と南朝教理学」
船山徹
『江南道教の研究』(科学研究費補助金研究成果報告書 研究代表者・麥谷邦夫) pp.111-135.      2007年
「六朝仏典の翻訳と編輯に見る中国化の問題」
船山徹
『東方学報』京都80 pp.1-18.      2007年   [査読有り]
「「如是我聞」か「如是我聞一時」か ──六朝隋唐の「如是我聞」解釈史への新視角」
船山徹
《法鼓佛學學報》1 pp.241-275.      2007年   [査読有り][招待有り]
Kamalasila’s Distinction between the Two Sub-Schools of Yogacara. A Provisional Survey.
FUNAYAMA Toru
B. Kellner, H. Krasser, H. Lasic, M.T. Much, H. Tauscher (eds.), Pramanakirtih. Papers Dedicated to Ernst Steinkellner on the Occasion of His 70th Birthday, Wiener Studien zur Tibetologie und Buddhismuskunde 70, Wien, Part 1, pp.187-202.      2007年   [招待有り]
「異香ということ──聖者の体が発する香り」
船山徹
『アジア遊学110 特集アジアの心と身体』 勉誠出版 pp.18-26.      2008年   [招待有り]
「漢語仏典──その初期の成立状況をめぐって」
船山徹
『京大人文研漢籍セミナー1 漢籍はおもしろい』(京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター編) 研文出版 pp.71-118.      2008年
「漢字文化に与えたインド系文字の影響──隋唐以前を中心に」
船山徹
『漢字の中国文化』(冨谷至編) 昭和堂 pp.77-113.      2009年
「仏典漢訳史要略」
船山徹
『新アジア仏教史06 中国 I  南北朝 仏教の東伝と受容』佼成出版社, pp. 233-277, pp. 380-383.      2010年   [招待有り]
「梵網経諸本の二系統」
船山徹
『東方学報』京都85, pp. 179-211.      2010年   [査読有り]
The Work of Paramartha: An Example of Sino-Indian Cross-Cultural Exchange.
FUNAYAMA Toru
Journal of the International Association of Buddhist Studies, 31-1/2 (2008), pp.141-183.      2010年   [査読有り]
「大乗戒──インドから中国へ」
船山徹
『シリーズ大乗仏教 第三巻 大乗仏教の実践』(春秋社)   205-240   2011年   [招待有り]
Kamalasila’s View on Yogic Perception and the Bodhisattva Path.
FUNAYAMA Toru
Helmut Krasser, Horst Lasic, Eli Franco, Birgit Kellner (eds.), Religion and Logic in Buddhist Philosophical Analysis: Proceedings of the Fourth Dharmakirti Conference, August 23-27, 2005, Vienna. Wien: Verlag der Oesterreichischen Akademie der Wissenscha   99-111   2011年   [査読有り]
「梵網経下巻先行説の再検討」
船山徹
『三教交渉論叢続編』(麥谷邦夫編)京都大学人文科学研究所, pp. 127-156.      2011年   [査読有り]
「文化接触としての仏典漢訳──「格義」と「聖」の序論的考察」
船山徹
『コンタクトゾーンの人文学 I 』(田中雅一・船山徹共編)晃洋書房, pp. 47-76.      2011年
Gunavarman and Some of the Earliest Examples of Ordination Platforms (jietan) in China
Toru Funayama
Images, Relics, and Legends: The Formation and Transformation of Buddhist Sacred Sites, edited by James Benn, Jinhua Chen and James Robson. Oakville: Mosaic Press, pp. 21-45.      2012年   [査読有り]
「認識論──知覚の理論とその展開」
船山徹
『シリーズ大乗仏教 第九巻 認識論と論理学』(春秋社)   91-120   2012年   [招待有り]
「真諦の活動と著作の基本的特徴」
船山徹
船山徹(編著)『真諦三蔵研究論集』、京都大学人文科学研究所   1-86   2012年3月
Buddhist Theories of Bodhisattva Practice as Adopted by Daoists
Funayama Toru
Cahiers d'extrême-Asie   20 15-33   2013年   [査読有り][招待有り]
Bhava and svabhava in Dharmakirti
船山 徹
印度学仏教学研究   36(2) 970-967   1988年3月   [査読有り]
庭誥訳注
船山 徹
六朝隋唐精神史の研究(科学研究費補助金研究成果報告書 研究代表者・宇佐美文理)   50-59

Misc

 
Two Sides of Chinese Translations of Buddhist Texts: What Comes to Light beneath the Surface
船山 徹
Transactions of the International Conference of Eastern Studies   62 91-92   2017年12月
A Reexamination of the Procedures for Translating Buddhist Texts into Chinese as Recorded in "Sutra-Translating Rituals" in the Fo-tsu T'ung-chi 43
船山 徹
国際東方学者会議紀要   59 75-75   2014年12月   [依頼有り]
Several methodological issues in Chinese Buddhist studies
船山 徹
Humanities Studies in the Digital Age and the Role of Buddhist Studies      2013年11月   [依頼有り]
Genres of Chinese Buddhist Translations as Reflecting or Not-reflecting Historical Developments in India
船山 徹
Exploring the Past and Envisaging the Future: Current Issues in the Ancient History of Afghanistan      2013年11月   [依頼有り]
梁代の仏教
船山 徹
国際東方学者会議   57 93-94   2013年1月   [依頼有り]
玄奘の「五種不翻」説と音訳の意義
船山 徹
密教文化研究所研究会      2013年   [依頼有り]
Descriptions of the 8th-century Kashmiri Buddhism in Chinese Sources
船山 徹
Symposium: Transmission of Buddhist Texts and Thought to Tibet from Nieghboring Countries      2012年10月   [依頼有り]
漢訳語「毘婆沙」の意味と問題点
船山 徹
密教文化研究所研究会      2012年   [依頼有り]
Skt. aryaの訳語「聖」の周辺
船山 徹
密教文化研究所研究会      2011年2月   [依頼有り]
漢訳語「戒」「律」「戒律」
船山 徹
密教文化研究所研究会      2010年2月   [依頼有り]
大乗戒を作りたかった人々ー菩薩地から梵網経へ
船山 徹
東方学会58回総会      2009年11月   [依頼有り]
梵網経下巻先行説の再検討
船山 徹
第8回戒律文化研究会学術大会      2009年11月   [依頼有り]
Scholastic Buddhism at Nalanda and Kamalasila's Theory of Knowledge
船山 徹
国際東方学者会議紀要   53 153-156   2009年1月   [依頼有り]
The Two Recensions of the Fanwang jing and a Significance of a Tang Version of the Fangshan Stone Sutras
Funayama Toru
Buddhist Episgraphy in China: State of Field and New Methodologies (Heidelberg, Germany)      2008年7月   [依頼有り]
Chinese Translations of pratyaksa
Funayama Toru
Workshop on Indian Buddhist Thought in 6th-7th Century China (Taipei, Taiwan)      2010年3月   [依頼有り]
Getting Closer to the Original Textys through Stone Sutras: In Comparison with Woodblock Print Editions
Funayama Toru
Living Legacies: The History of Asian Art Reconsidered (Heidelberg, Germany)      2010年6月   [依頼有り]
Buddhist Theories of Bodhisattva Practice as Adopted by Taoists
Funayama Toru
International Conference "Buddhism, Daoism, and Chinese Religion" (Princeton University, USA)      2010年8月   [依頼有り]
The Fanwang jing (Scripture of Brahma's Net) in the First-edition Tripitaka Koreana
Funayama Toru
大蔵経:2011年高麗大蔵経千年記念国際学術大会(韓国・大邱市)      2011年6月   [依頼有り]
Translation, Paraphrase and Matching Concepts: Some Basic Characteristics of Chinese Buddhist Translation as a Cultural Contact between India and China
Funayama Toru
Buddhism and the Dynamics of Transculturality (Heidelberg, Germany)      2012年6月   [依頼有り]
Yijing's translation of Dignaga's Samanyapariksa (Examination of the Universal), with special reference to stylistic problems
Funayama Toru
Workshop on Buddhist logic and epistemology in the Chinese sources (Taipei, Taiwan)      2012年10月   [依頼有り]
The Work of Paramārtha: An Example of Sino-Indian Cross-cultural Exchange
Funayama Toru
Early Chinese Buddhist Translations      2007年4月   [依頼有り]
從六朝佛典 的漢譯與編輯看佛教中國化問題
船山 徹
中日佛學會議      2006年11月   [依頼有り]
Kamalasila's View on Yogic Perception and the Bodhisattva Paths
Funayama Toru
第4回国際ダルマキールティ学会(ウィーン)      2005年8月   [依頼有り]
Gunavarman and Some of the Earliest Examples of Ordination Platforms (jietan) in China
Funayama Toru
The International Symposium on Images, Relics and Legends      2004年10月   [依頼有り]
経典の偽作と編輯ー『遺教三昧経』と『舍利弗問経』
船山 徹
人文科学研究所75周年記念国際集会:中国宗教文献研究      2004年9月
Masquerdating as Translation: Examples of Chinese Lectures by Indian Scholar-Monks in the Six Dynasties Period
Funayama Toru
International symposium celebrating Prof. Victor Mair's Sixtieth Birthday, Pennsylvania, USA      2003年12月   [依頼有り]
The Acceptance of Buddhist Precepts by the Chinese in the Fifth Century. A Survey
Funayama Toru
The 36th International Congress of Asian and North African Studies (ICANAS)      2000年8月   [依頼有り]
Kamalasila's Interpretation of abhranta (Non-erroneous) in the Definition of Direct Perception
Funayama Toru
第3回国際ダルマキールティ学会      1997年11月
Arcata, Santaraksita, Jinendrabuddhi, and Kamalasila on the Aim of a Treatise (Prayojana) in Buddhist Logic in India
船山 徹
東方学者会議紀要   38 125-126   1993年   [依頼有り]
Reflection of Orthdoxy? Connections and Disconnections between Indian and Chinese Buddhism during the 4th-9th Centuries
船山 徹
Chinese Buddhism and the Scholarship of Erik Zürcher: A Conference      2014年2月   [依頼有り]
『梵網経』下巻の最初期の形態をめぐって
船山 徹
第12回東アジア仏教研究会年次大会      2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
東アジア仏教の生活規則『梵網経』─最古の形と発展の歴史
船山 徹(単著)
臨川書店   2017年3月   
中国佛教石經 山東省第一,二,三卷(ロタル・レダローゼ主編)
船山 徹 (担当:分担執筆, 範囲:經文解釋(ハイデルベルク学術アカデミー成果報告書))
Harrassowitz Verlag   2014年   
ドイツ・ハイデルベルク学術アカデミー協同研究成果報告書。以下三卷それぞれの原典英訳を担当
第一卷,2014年,全508頁
第二卷,2015年,全471頁
第三卷,2017年,全512頁
仏典はどう漢訳されたのか──スートラが経典になるとき
船山徹(単著)
岩波書店   2013年12月   
真諦三蔵研究論集
船山徹(編著) (担当:編者)
京都大学人文科学研究所   2012年3月   
『高僧伝(四)』
吉川忠夫・船山徹(共訳注) (担当:共著)
岩波文庫 岩波書店   2010年   
『高僧伝(三)』
吉川忠夫・船山徹(共訳注) (担当:共著)
岩波文庫 岩波書店   2010年   
『高僧伝(二)』
吉川忠夫・船山徹(共訳注) (担当:共著)
岩波文庫 岩波書店   2009年   
『南斉・竟陵文宣王蕭子良撰『浄住子』の訳注作成を中心とする中国六朝仏教史の基礎研究』
船山徹(単著)
科研報告書基盤研究(C)324p.   2006年   
『高僧伝(一)』
吉川忠夫・船山徹(共訳注) (担当:共著)
岩波文庫 岩波書店   2009年   
『中国印度宗教史とくに仏教史における書物の流通伝播と人物移動の地域特性』
船山徹(編著) (担当:編者)
科研報告書基盤研究(B)330p.   2011年   
『コンタクトゾーンの人文学 I 』
田中雅一・船山徹(共編) (担当:共編者)
晃洋書房   2011年   
円測『解深密経疏』の心意識相品の研究
李鍾徹・船山徹・曹潤鎬・趙景徹・金白煕 (担当:共著, 範囲:77-98頁,167-186頁)
イ・ベヨン,韓国学中央研究院出版部   2015年4月   
円測『解深密経疏』の勝義諦相品の研究
李鍾徹・船山徹・曹潤鎬・趙景徹・金亮淳 (担当:共著)
韓国学中央研究院出版部   2013年1月   
牧田諦亮著作集第二卷
船山徹 (担当:編者, 範囲:「解題」の執筆と全体の編集担当)
臨川書店   2015年1月   

講演・口頭発表等

 
The Scripture of the Pure Divinities' Netted [Banners]: A Methodological Consideration of the Significance of Variant Readings
船山 徹
Special Lecture at the Institute for the Cultural and Intellectual History of Asia, Austrian Academy of Sciences   2018年3月9日   オーストリア学術アカデミー・アジア文化精神史研究所
Polishing the Buddha's Sacred Text? A Methodological Reconsideration of the Significance of Copious Amount of Variant Readings in the Most Popular Mahayana Code in East Asia
船山 徹
The Robert H. N. Ho Family Foundation Lecture Series in Chinese Buddhism   2017年12月8日   ロンドン大学SOAS
何故に経文を修正するのか:大乗経典『梵網経』の最古形と後代の修正 [招待有り]
船山 徹
東国大学校「国際著名学者との研究交流」   2017年10月30日   東国大学校仏教文化研究院
パネルディスカッション「東方からの東方学―その多様性と可能性」 [招待有り]
船山 徹
一般財団法人東方学会創 立 70 周 年 記 念 大 会   2017年6月17日   
漢訳の背後に見えるもの [招待有り]
船山 徹
第62回国際東方学者会議   2017年5月19日   
Pスワンソン「仏典の英訳と『摩訶止観』」へのコメント [招待有り]
船山 徹
第二回国際天台学会   2017年5月18日   
漢訳仏典の音写語と翻訳不可能性 [招待有り]
船山 徹
日本哲学史フォーラム第31回   2016年8月6日   
The Genesis of *Svasaṃvitti-saṃvitti Reconsidered [招待有り]
Funayama Toru
International Workshop “Buddhist Philosophy of Consciousness: Tradition and Dialogue”   2016年3月11日   Department of Religion, National Chen-chi University, Taipei
Coping with Too Many Variants: A New Type of Edition of the Scripture of Brahma's Net [招待有り]
Funayama Toru
International Conference on Buddhist Manuscript Culture   2016年1月15日   Princeton University Buddhist Studies Workshop
「思想史のための文献学─『梵網経』の研究史と今後の展望 [招待有り]
船山 徹
東洋大学東洋学研究所公開講演会   2015年9月26日   東洋大学東洋学研究所
西域出⾝身の訳経僧―特に5̃,6世紀の経典伝来ルートを中⼼に [招待有り]
船山 徹
龍谷大学アジア仏教研究センター中央アジア地域班研究会   2014年6月2日   龍谷大学アジア仏教研究センター
中国中世仏教史における漢訳経典の編纂活動:編輯経典(仮称)の意義 [招待有り]
船山 徹
韓国学中央研究院講演会   2013年10月11日   韓国学中央研究院(韓国ソウル)
仏教の中国化からみた仏教術語の中国的変容──訳語「現量」を例として [招待有り]
船山 徹
金剛大学校仏教文化研究所講演会   2013年10月10日   金剛大学校仏教文化研究所(韓国)
インド中国仏教史における真諦三蔵の位置付けと研究上の問題点 [招待有り]
船山 徹
金剛大学校仏教文化研究所講演会   2013年10月9日   金剛大学校仏教文化研究所(韓国)
仏教知識論(経量部唯識総合学派)における真理の瞑想体験(ヨーギンの直観)およびその修行階位との関係 [招待有り]
船山 徹
金剛大学校仏教文化研究所講演会   2013年10月8日   金剛大学校仏教文化研究所(韓国)
中国六朝隋唐期における漢訳経典の編輯活動について──漢語の経典を漢訳経典、編輯経典、偽作経典に三分類する試み [招待有り]
船山 徹
金剛大学校仏教文化研究所講演会   2013年10月7日   金剛大学校仏教文化研究所(韓国)
Buddhism in Kashmir during the 8th Century, as Seen from Chinsese Sources [招待有り]
船山 徹
Institute for the Cultural and the Intellectual History of Asia, Austrian Academy of Sciences, Vienna, Austria   2013年5月22日   Austrian Academy of Sciences (ウィーン)
漢訳仏典の中国化 [招待有り]
船山 徹
法鼓仏教学院(台湾)   2012年12月13日   法鼓仏教学院
The Tuṣita Heaven: Closer than the Pure Land? Xuanzang's Worship of Maitreya [招待有り]
Funayama Toru
Ho Center of Buddhist Studies, Stanford University   2010年2月14日   スタンフォード大学
Calling Oneself a Saint: Religious Awareness in Medieval Chinese Buddhism [招待有り]
Funayama Toru
Religious Studies Lecture Series, Yale University, USA   2009年3月4日   
Calling Oneself a Saint: Religious Awareness in Medieval Chinese Buddhism [招待有り]
Buddhist Studies, University of Calfornia, Berkeley   2009年2月12日   
The Tuṣita Heaven: Closer than the Pure Land? Xuanzang's Worship of Maitreya [招待有り]
Ho Center of Buddhist Studies, Stanford University   2009年2月14日   
Learning, Pleagiarism and Forgery: A Few Observations on the Significance of 'Parallel Passages' in Indian and Chinese Buddhism [招待有り]
Harvard Buddhist Studies Forum   2009年3月30日   Harvard Buddhist Studies Forum, USA
Xuanzang's Worship of Maitreya [招待有り]
Funayama Toru
Ho Center of Buddhist Studies, Stanford University   2009年4月   スタンフォード大学
"Confession and the Eliminating of Bad Karma: The Case of the Fifth Century China and a Brief Introduction to Some Relevant Latest Articles and Books in Japan [招待有り]
Funayama Toru
2009年4月   ブリティッシュコロンビア大学アジア学部
How to Translate Sanskrit Text into Chinese: An Observation of the Translation Method described in the Fozutongji 43 [招待有り]
Funayama Toru
2009年5月11日   ペンシルヴァニア大学東アジア学部
Rituals of Confession (chanhui) in Fifth-Sixth Century China [招待有り]
Funayama Toru
2009年5月12日   プリンストン大学宗教学部・東アジア学部
Calling Oneself a Saint: Self-designation and the idea of the holy in Medieval Chinese Buddhism [招待有り]
Funayama Toru
国際アジア学研究所定例講演   2010年10月22日   国際アジア学研究所
Calling Oneself a Saint: Self-designation and the idea of the holy in Medieval Chinese Buddhism [招待有り]
Funayama Toru
南アジア・チベット・仏教学講座講演会   2010年11月12日   ウィーン大学南アジア・チベット・仏教学部
A New Approach to a Chinese Apocryphal Text, with Special Reference to Hitherto Unavailable Old Manuscripts [招待有り]
Funayama Toru
Religious Studies, University of Virginia, Charlottesville, USA   2011年11月11日   ヴァージニア大学宗教学部,USA
Kamalasila's View on Yogic Perception and the Bodhisattva Paths [招待有り]
Funayama Toru
The University of Toronto / McMaster University Yehan Numata Buddhist Studies Program   2011年12月1日   トロント大学,カナダ
Mahayana Vinaya? Aspirations for the Composition of a Vinaya for Bodhisattvas in India and China [招待有り]
Funayama Toru
The University of Toronto / McMaster University Yehan Numata Buddhist Studies Program   2011年12月2日   Department of Religious Studies, McMaster University, Canada
Bodhisattva Precepts (sila) and Monastic Code (vinaya) in Fifth-Sixth Century Chinese Buddhism, with Special Reference to Some Backgrounds in Early Indian Mahāyāna [招待有り]
Funayama Toru
Harvard Buddhist Studies Forum   2011年12月9日   Fairbank Center for Chinese Studies, Harvard University, USA
漢訳仏典的中国化──介於漢訳仏典与偽経之間的「編輯経典」与其案例 [招待有り]
礼俗宗教研究室演講   2012年12月12日   台湾・中央研究院歴史語言研究所
"Thusness (zhenru)--A case of the Sinicized Interpretation of Buddhist Terms [招待有り]
Funayama Toru
Ho Center of Buddhist Studies, Stanford University   2014年2月27日   
A Hiatus in the History of Chinese Buddhist Translation: What Happened in the Second Half of the Fifth Century? [招待有り]
Funayama Toru
Center for Buddhist Studies, University of California, Berkeley   2014年3月3日   
梁の武帝──大乗の菩薩になりたかった皇帝 [招待有り]
船山 徹
第四十五回光華講座   2013年9月28日   光華女子大学
真諦三藏の著作の特徴 [招待有り]
船山 徹
中華仏学研究所   2005年3月22日   
瑜伽行者の直接知覚 [招待有り]
船山 徹
南華大學宗教学研究所   2005年3月21日   
六朝隋唐仏教史の聖者觀の二系統 [招待有り]
船山 徹
香光尼衆仏学院,台湾嘉義   2005年3月20日   香光尼衆仏学院
Perception, Conceptual Cognition and Yogic Cognition According to Kamalasila's Epistemology [招待有り]
Funayama Toru
UBC Buddhist Forum, University of British Columbia   2004年10月18日   ブリティッシュコロンビア大学アジア学部

Works

 
桑山正進編『慧超往五天竺國傳研究』京都大学人文科学研究所単行本
1992年
中国石刻経典
2008年
6-7世紀漢語文化圏のインド思想
2009年
真諦三蔵とその時代
2005年

競争的資金等の研究課題

 
インド仏教論理学・認識論史
中国六朝仏教史