大浦 康介

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/12 17:04
 
アバター
研究者氏名
大浦 康介
 
オオウラ ヤススケ
URL
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
人文科学研究所 人文科学研究所 文化生成研究部門
職名
教授,教授
学位
第三課程博士(Doctorat de 3e cycle)(パリ第七大学(Universit(]E85EE[) ParisⅦ)), 文学修士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1987年
京都大学助手
 
1987年
 - 
1989年
甲南女子大学助教授
 
1989年
 - 
2004年
 京都大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
パリ第七大学大学院 テクストと資料の科学学科 フランス文学・比較文学
 
 
 - 
1986年
京都大学 文学研究科 フランス語・フランス文学
 
 
 - 
1975年
京都大学 文学部 文学科・フランス語フランス文学
 

委員歴

 
2002年
 - 
2003年
日本フランス語フランス文学会  関西支部代表幹事
 

受賞

 
1997年
パルム・アカデミック
 

論文

 
Cet obscur objet du discours
Yasusuke OURA
Critique   XXXIX(428-429) 61-69   1983年2月
Kyoto-Paris, Journal intime
Yasusuke OURA
L'Express   (12-18 Juillet 1985) 52-54   1985年7月
La tradition selon Nakagami
Yasusuke OURA, Pierre Aubry
Magazine litteraire   (216-217) 39   1985年3月
ポエティックの過去と現在
大浦康介、ジェラール・ジュネット
現代思想   13(14) 42-58   1985年12月
Introduction aux romans journaux francais
Yasusuke OURA
パリ第7大学   1-333   1986年   [査読有り]
反復
大浦康介
文学   54(11) 111   1986年11月
「染まる」ということ(1)
大浦康介
文学   54(12) 171   1986年12月
「染まる」ということ(2)
大浦康介
文学   55(1) 93   1987年1月
Roman journal et mise en scene “editoriale”
Yasusuke OURA
Poetique   (69) 5-20   1987年2月   [査読有り]
Autour de la Gradiva : mythe, reve et litterature
Yasusuke OURA
ヨーロッパ文学研究   (11) 95-111   1988年3月
Etude sur le roman journal francais
Yasusuke OURA
フランス語フランス文学研究   (52) 100-115   1988年3月   [査読有り]
Aspects du roman journal francais
Yasusuke OURA
ヨーロッパ文学研究   (12) 33-61   1989年3月
Narrateur e(s)t personnage 〈I〉: dans les marges d'une etude sur le roman journal francais
Yasusuke OURA
ZINBUN   (24) 203-215   1990年3月
『讚歌』から
大浦康介
國文学   36(14) 48-54   1991年
『文学論』序
大浦康介
文学   2(1) 125-126   1991年
構造分析、テクスト/コンテクスト
大浦康介
國文學   36(7) 58-61   1991年   [査読有り]
日記と小説のあいだ――『鍵』をめぐって
大浦康介
文学   2(3) 19-32   1991年7月
Narrateur e(s)t personnage <II>
Yasusuke OURA
ZINBUN   (26) 17-29   1992年3月
Narrateur e(s)t personnage <III>
Yasusuke OURA
ZINBUN   (27) 17-32   1992年10月
追悼・中上健次
大浦康介、浅田彰
Sturm(シュトルム)   (3) 191-231   1993年
思弁的芸術理論とモダニズム
ジャン=マリー・シェフェール、大浦康介(訳)
批評空間   (10) 201-213   1993年
「村上流―感覚の思想と『イビサ』」
大浦康介
『國文學』38-3 學燈社 pp.30-38.   38(3) 30-38   1993年   [査読有り]
Le grand cinema des echanges culturels
Yasusuke OURA
Les Voix   (63) 26-28   1993年
L’imagination romantique et la nature
Yasusuke OURA
Equinoxe   (10) 71-82   1993年   [査読有り]
開かれた文学、開かれた批評――『現代批評理論22の基本概念』を読む
大浦康介
文学   5(4) 155-159   1994年10月   [査読有り]
第三夜――開かれたテクスト
大浦康介
漱石研究   (8) 50-59   1997年5月
ひとはなぜ自分自身のテクストが読めないのか――テクストの一般性にかんする受容理論的考察―
大浦康介
人文學報   (81) 79-93   1998年2月
Le monologue symbolique ? ― a propos des Lauriers sont coupes
Yasusuke OURA
Equinoxe   (15) 44-53   1998年   [査読有り]
Les cafes philosophiques : mode ou symptome ?
Yasusuke OURA
Les Voix   (81) 47-50   1998年
読みものとしての日記
大浦康介
『ジュール・ルナール全集 12』月報      1998年   [査読有り]
La fiction aujourd'hui
Yasusuke OURA
F Journal   (00)    1999年
プルーストと漫画
大浦康介
『プルースト全集・別巻・プルースト研究/年譜』月報      1999年
漱石作品のナラトロジ――写生文の概念をめぐって
大浦康介
人文學報   (83) 75-96   2000年   [査読有り]
Figurines chez Sade
Yasusuke OURA
Equinoxe   (17-18) 33-40   2000年   [査読有り]
イエナ派と近代――初期ロマン派にみる〈組織化〉の黎明―
大浦康介
人文學報   (84) 1-22   2001年2月   [査読有り]
Mes annees a-normales
Yasusuke OURA
Bulletin de la Societe des Amis de l'Ecole Normale Superieure   (220) 26-31   2001年
Conversation a Kyoto
Yasusuke OURA, Philippe Forest
Neige d'aout   (5) 13-26   2001年
戦争に寄せて
大浦康介
現代文学   (67) 66-71   2003年
Barthes theoricien ? ― a propos de sa theorie antimimetique
Yasusuke OURA
UTCP Bulletin, University of Tokyo Center of Philosophy   (2) 102-108   2004年   [査読有り]
未読書コメント術
大浦康介
ちくま   (453) 14-15   2008年
小説ながら、さりながら
大浦康介
図書新聞   (2904)    2009年
ディディエ・ガラスの〈旅〉
大浦康介
劇場文化      2010年6月
桑原武夫「第二芸術論」のことなど
大浦康介
創造する市民   (96) 20-27   2010年12月
桑原武夫編『文学理論の研究』を読む
大浦康介
人文学報   (101) 129-134   2011年   [査読有り]
虚構の知恵・「ウソ」の効用
大浦康介
世界思想   (38) 1-4   2011年4月
Le romanesque selon Barthes
Littera   (1) 14-19   2016年3月   [招待有り]
Fiction and Fictionality in Japanese Culture : Shishosetsu (I-Novel) and " Otaku Culture "
Annals of " Dimitrie Cantemir " University   XVI(1) 8-22   2016年8月   [招待有り]

書籍等出版物

 
フィギュールⅢ
ジェラール・ジュネット、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「ポエティックの過去と現在」(p.157-226))
水声社   1987年4月   
La mer aux arbres morts
Kenji NAKAGAMI, Yasusuke OURA (仏訳・共訳)
Fayard (Paris)   1989年8月   
フランス・ロマン主義と現代
宇佐美斉編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「自然から想像力へ――ロマン主義的想像力を考える」(p. 231-250))
筑摩書房   1991年3月   
人文学のアナトミー
阪上孝・山田慶兒編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「文学についての学問は可能か――漱石にみる文学と科学」(p.31-53))
岩波書店   1995年4月   
文学をいかに語るか――方法論とトポス
大浦康介 (担当:編者)
新曜社   1996年7月   ISBN:4788505649
世界文学大事典・第1巻
大浦康介ほか (担当:分担執筆, 範囲:「アミエル(アンリ=フレデリック)」)
集英社   1996年10月   
統治技法の近代
阪上孝編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「サドが『神』を口にするとき」(p.189-228))
同文舘   1997年6月   
世界文学大事典・第5巻
大浦康介ほか (担当:分担執筆, 範囲:「テクスト」「パラテクスト」)
集英社   1997年10月   
象徴主義の光と影
宇佐美斉編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「〈内的独白〉の誕生――E. デュジャルダンの『月桂樹は刈られた』をめぐって」(p.292-309))
ミネルヴァ書房   1997年10月   
哲学を読む――考える愉しみのために
大浦康介 (担当:共編者)
人文書院   2000年6月   ISBN:4409040472
アクロイドを殺したのはだれか
ピエール・バイヤール (担当:単訳)
筑摩書房   2001年9月   ISBN:4480837116
アヴァンギャルドの世紀
宇佐美斉編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「宣言の時代とアヴァンギャルド」(p.4-34))
京都大学学術出版会   2001年11月   
小説のナラトロジー――主題と変奏
北岡誠司・三野博司編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「写生文と小説のあいだ――漱石『草枕』『虞美人草』『坑夫』」(p.132-165))
世界思想社   2003年1月   
岩波講座・文学/別巻・文学理論
小森陽一ほか編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「フランス構造主義」(p.41-71))
岩波書店   2004年5月   
Lire Sade
Norbert SCLIPPA (ed.), Yasusuke OURA (担当:分担執筆, 範囲:" Sade entre vie et fiction " (p.83-92))
L'Harmattan (Paris)   2004年   
身体論のすすめ
菊地暁編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「ポルノ的身体とは何か――表象理論と身体」(p.16-29))
丸善出版   2005年4月   
La Beaute du contresens et autres essais sur la litterature japonaise
Philippe FOREST, Yasusuke OURA
Cecile Defaut (Paris)   2005年   
日仏交感の近代――文学・美術・音楽
宇佐美斉編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「〈日本〉を書く――ピエール・ロティ『お菊さん』の位置(p.297-319)、「淫らな告白―日仏翻訳事情の一断面」(p.97-100))
京都大学学術出版会   2006年5月   
身体のフランス文学――ラブレーからプルーストまで
吉田城・田口紀子編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「ポルノグラフィーにおける言葉と身体――リベルタン小説と猥褻語」(p.346-365))
京都大学学術出版会   2006年11月   
シークレット・ミュージアム――猥褻と検閲の近代
ウォルター・ケンドリック (担当:共訳)
平凡社   2007年3月   ISBN:4582473474
ファラゴ
ヤン・アペリ (担当:単訳)
河出書房新社   2008年1月   
読んでいない本について堂々と語る方法
ピエール・バイヤール (担当:単訳)
筑摩書房   2008年11月   ISBN:4480837167
Fiction de l'Occident, fiction de l'Orient / 西洋のフィクション・東洋のフィクション
大浦康介 (担当:編者)
京都大学人文科学研究所   2010年6月   
Fiction et cultures
Anne DUPRAT & Francoise LAVOCAT (ed.), Yasusuke OURA (担当:分担執筆, 範囲:" Proces de la fiction, proces de la litterature : sur quelques cas au Japon " (p.176-186))
Societe francaise de litterature generale et comparee   2010年9月   
共同研究――ポルノグラフィー
大浦康介 (担当:編者)
平凡社   2011年4月   
誘惑論・実践篇
大浦康介
晃洋書房   2011年9月   ISBN:4771022860
フィクション論への誘い――文学・歴史・遊び・人間
大浦康介 (担当:編者)
世界思想社   2013年1月   ISBN:4790715825
日本の文学理論――アンソロジー(ベータ版)
大浦康介 (担当:編者)
京都大学人文科学研究所   2015年3月   
〈生表象〉の近代――自伝・フィクション・学知
森本淳生編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「『わが秘密の生涯』を読む――性をめぐる自伝とフィクション」(p. 345-359))
水声社   2015年10月   
対面的――〈見つめ合い〉の人間学
大浦康介
筑摩書房   2016年12月   
谷崎潤一郎讀本
五味渕典嗣・日高佳紀編、大浦康介 (担当:分担執筆, 範囲:「谷崎と〈本当らしさ〉」(p. 42-54))
翰林書房   2016年12月   

講演・口頭発表等

 
ロマン・ロマンス・ロマンティック
大浦康介
京都大学人文科学研究所・開所記念講演会   1990年11月8日   
フィクションとは何か
大浦康介
京都大学人文科学研究所・夏期公開講座   1994年7月9日   
Sade entre vie et fiction [招待有り]
Yasusuke OURA
アメリカ・サド国際学会(チャールストン大学)   2003年3月12日   
Barthes et sa theorie anti-mimetique [招待有り]
Yasusuke OURA
東京大学大学院総合文化研究科UTCP主催 国際シンポジウム「バルト・共感覚の地平」   2003年11月30日   
〈日本〉を書く――ピエール・ロティ『お菊さん』の位置
大浦康介
京都大学人文科学研究所・人文研アカデミー・共同研究セミナー「日仏交感の近代」   2006年6月1日   
読書する女――メタ文学としての『ボヴァリー夫人』
大浦康介
京都大学人文科学研究所・人文研アカデミー・夏期公開講座   2006年7月8日   
Le watakushi-shosetsu et la fiction
Yasusuke OURA
京都大学人文科学研究所「虚構と擬制」研究班主催・国際シンポジウム「西洋のフィクション・東洋のフィクション」   2007年11月5日   
Le " roman du moi " japonais (watakushi-shosetsu) et la fiction [招待有り]
Yasusuke OURA
Universite Paris 7, Litterature au present   2008年4月5日   
小説家――日仏の違い
パリ・京都――相思相愛   2008年12月17日   TMF(日仏メディア交流協会)
歓待と誘惑
季節例会「歓待」   2009年7月17日   京都人類学研究会
Proces de la fiction, proces de la litterature [招待有り]
Yasusuke OURA
パリ第7大学主催国際シンポジウム「フィクションと諸文化」   2010年1月8日   
透明人間の夢――科学的実証性と〈本当らしさ〉
大浦康介
京都大学人文科学研究所・人文研アカデミー・連続セミナー「フィクション論の諸相」   2010年6月3日   
桑原武夫「第二芸術論」のことなど
ゴールデンエイジ・アカデミー   2010年9月3日   京都アスニー(京都市生涯学習総合センター)
『わが秘密の生涯』を読む [招待有り]
2012年度大会   2012年11月17日   日本ヴィクトリア朝文化研究学会
Soseki, conteur de reves [招待有り]
Yasusuke OURA
パリ第3大学比較文学研究センター(CERC)主催講演会   2014年4月4日   
日本の文学理論――西洋モデルと伝統的文学観のはざまで
大浦康介
第14回EAJS国際会議(スロベニア・リュブリャナ大学)   2014年8月29日   
日本文化におけるフィクションと虚構性――私小説と「オタク文化」 [招待有り]
大浦 康介
ルーマニア日本学研究集会   2015年9月9日   
Le romanesque selon Barthes
大浦 康介
青山学院大学・バルトシンポジウム " Roland Barthes : l'ecriture et la vie "   2015年11月9日   
日本文化におけるフィクションと虚構性――私小説と「オタク文化」
大浦 康介
INALCO講演会   2015年11月26日   
L'Ecriture et la mort chez Duras [招待有り]
大浦康介
立教大学国際シンポジウム「文学・映像・戦争・政治――マルグリット・デュラスを中心に」   2016年3月5日   
自分の「仏文研究」を振り返って――ロマン主義からアヴァンギャルドまで、そしてその後 [招待有り]
大浦康介
京都大学フランス語学フランス文学研究会第32回総会   2016年5月14日   

Works

 
記号.意味.文学
1991年 - 1994年
ポルノグラフィー研究
1999年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
文学理論・芸術理論に関する研究
研究期間: 1981年 - 2010年
フィクション論
研究期間: 1985年 - 2010年
ポルノグラフィー研究
研究期間: 1999年 - 2003年
日仏文化交渉の研究
研究期間: 2002年 - 2006年