玉田 芳史

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/21 09:57
 
アバター
研究者氏名
玉田 芳史
 
タマダ ヨシフミ
所属
京都大学
部署
大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 アジア・アフリカ地域研究研究科 東南アジア地域研究専攻
職名
教授
学位
法学修士(京都大学), 法学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1988年
愛媛大学助手
 
1988年
 - 
1989年
愛媛大学講師
 
1989年
 - 
1990年
愛媛大学助教授
 
1990年
 - 
1997年
京都大学助教授(東南アジア研究センター)
 
1998年
 - 
2005年
京都大学助教授(大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
 

学歴

 
 
 - 
1983年
京都大学 法学研究科 政治学
 
 
 - 
1981年
京都大学 法学部 
 

委員歴

 
2005年
   
 
東南アジア史学会  理事
 
 
   
 
アジア政経学会  理事2005-
 
2000年
   
 
日本タイ学会  理事
 
2005年
   
 
日本比較政治学会  理事
 

受賞

 
2004年
第20回大平正芳記念賞
 

論文

 
総選挙に向かって一歩前進:政治家引き抜きと政党再編
玉田 芳史
タイ国情報   52(3) 35-48   2018年5月
籾米質入れ事業:政権与党の弁明
玉田 芳史
タイ国情報   52(2) 34-44   2018年3月
タイにおける籾米質入れ事業と所得再配分政策:ニティが喚起した論争
玉田 芳史
国際情勢紀要   88 97-107   2018年3月
タイにおけるポピュリズムと脱民主化
玉田 芳史
村上勇介編『「ポピュリズム」の政治学:深まる政治社会の亀裂と権威主義化』国際書院   201-230   2018年3月
ポピュリズムと民主主義
玉田 芳史
タイ国情報   52(1) 20-31   2018年1月
籾米質入れ政策と汚職:野党民主党からの批判
玉田 芳史
タイ国情報   52(1) 20-31   2018年1月
籾米質入れ政策の功罪:経済学者の見解
玉田 芳史
タイ国情報   51(5) 17-27   2017年9月
セークサンによる政局分析をめぐって
玉田 芳史
タイ国情報   51(4) 14-25   2017年7月
枢密院の人事と政治
玉田 芳史
年報タイ研究   17 1-23   2017年7月   [査読有り]
新憲法公布施行をめぐる政治
玉田 芳史
タイ国情報   51(3) 1-13   2017年5月
Democratization thwarted in Thailand
239-251   2017年3月
比較政治学の片隅で喘ぐ地域研究者
玉田 芳史
比較政治学会ニューズレター   (38) 12-13   2017年3月
「進歩的」保守派知識人ティーラユット・ブンミー
玉田 芳史
タイ国情報   51(2) 1-10   2017年3月   [招待有り]
プーミポン国王崩御後のタイ情勢:軍事政権と王位継承
玉田 芳史
年鑑海外事情2017   121-128   2017年3月   [招待有り]
タイの2016年国民投票:新憲法と軍政継続
玉田 芳史
国際情勢紀要   87 131-149   2017年3月
枢密院と王位継承
玉田 芳史
タイ国情報   51(1) 3-14   2017年1月
タイにおける政治の司法化と脱民主化
玉田 芳史
日本法學   82(3) 627-651   2016年12月   [査読有り]
10月6日事件から40年
玉田 芳史
タイ国情報   50(6) 8-19   2016年11月
Results of Thailand's National Referendum and Prospects for a Transition to Civilian Rules
玉田 芳史
AJISS-Commentary   (237)    2016年10月   [査読有り][招待有り]
タイ民政復帰への展望
玉田 芳史
外交   (39) 68-69   2016年9月   [招待有り]
憲法草案の可決と今後の展望
玉田 芳史
タイ国情報   50(5) 1-14   2016年9月
軍の権力を温存する憲法草案承認へ
玉田 芳史
週刊金曜日   (週刊金曜日) 39-39   2016年8月   [査読有り][招待有り]
新憲法草案国民投票:周知徹底よりも違反摘発
玉田 芳史
タイ国情報   50(4) 1-10   2016年7月
憲法草案をめぐる不自由な国民投票
玉田 芳史
タイ国情報   50(2) 1-13   2016年5月
タイの脱民主化:2014年5月22日クーデタへの序曲
玉田 芳史
『国際情勢紀要』   (86) 145-172   2016年3月
新憲法起草で注目を集める憲法裁判所
玉田 芳史
タイ国情報   50(2) 2-13   2016年3月
選挙を弄んだ選挙管理委員会
玉田 芳史
タイ国情報   50(1) 2-13   2016年1月
プラユット首相の鎖国発言とその波紋
玉田 芳史
タイ国情報   49(6) 1-11   2015年11月
タイにおける脱民主化とナショナリズム
玉田 芳史
アジア研究   61(4) 42-60   2015年10月   [査読有り]
ふたつの人事異動と権力温存
玉田 芳史
タイ国情報   49(5) 1-11   2015年9月
君民共治論とタイ政治
玉田 芳史
タイ国情報   49(4) 1-11   2015年7月   [招待有り]
タイにおける政治の司法化:2014年クーデタ後の状況
玉田 芳史
タイ国情報   49(3) 1-11   2015年5月
異端審問:タイにおける政治混乱と司法
玉田 芳史
国際情勢紀要   85 161-172   2015年3月
2015年憲法起草をめぐる政治
玉田 芳史
タイ国情報   49(2) 1-10   2015年3月
タイ政治混乱の解剖第6回:憲法の政治
玉田 芳史
所報(盤谷日本人商工会議所)   (635) 75-77   2015年3月   [招待有り]
Conflicts and Politics Associated with the 2011 Thailand Floods
玉田 芳史
IDE-JETRO Spot Survey   (34)    2015年2月   [査読有り]
タイ政治混乱の解剖第5回:デモの政治
玉田 芳史
所報(盤谷日本人商工会議所)   (634) 54-56   2015年2月   [招待有り]
クーデタ後のタイにおける政治的自由とソーシャル・メディア
玉田 芳史
タイ国情報   49(1) 4-15   2015年1月
タイ政治混乱の解剖第4回:司法の政治
玉田 芳史
所報(盤谷日本人商工会議所)   (633) 49-51   2015年1月   [招待有り]
タイ政治混乱の解剖第3回:選挙の政治
玉田 芳史
所報(盤谷日本人商工会議所)   (632) 49-51   2014年12月   [招待有り]
タイ政治と2014年クーデタ
玉田 芳史
産業能率   (2014年11-12月号) 18-18   2014年12月
タイ政治の民主化:政治混乱の歴史的背景
玉田 芳史
タイ国情報   48(6) 8-17   2014年11月   [招待有り]
タイ政治混乱の解剖第2回:軍隊の政治
玉田 芳史
所報(盤谷日本人商工会議所)   (631) 76-78   2014年11月   [招待有り]
タイ政治混乱の解剖第1回
玉田 芳史
所報(盤谷日本人商工会議所)   (630) 57-59   2014年10月   [招待有り]
タイ式民主主義と物の怪たち
玉田 芳史
青淵(渋沢栄一記念財団)   (787) 21-23   2014年10月   [招待有り]
プラユット政権の陣容と特色
玉田 芳史
タイ国情報   48(5) 1-11   2014年9月   [招待有り]
2014年クーデタ:このミッション、インポッシブルです
玉田 芳史
タイ国情報   48(4) 1-11   2014年7月
การรัฐประหาร 19 กันยายน 2549: การแต่งตั้งโยกย้ายนายทหารในกองทัพบกกับการแทรกแซงการเมืองในประเทศไทย
玉田 芳史
ฟ้าเดียวกัน   12(2-3) 187-244   2014年5月   [査読有り]
クーデタをするは我にあり!:司法の大胆な企てと限界
玉田 芳史
タイ国情報   48(3) 1-13   2014年5月
When Election Results Count: A Reflection on De-democratization in Thailand
玉田 芳史
Asian and African Area Studies   14(1) 96-110   2014年   [査読有り]
第3次インラック政権の発足
玉田芳史
『タイ国情報』46(6)、2012年11月、1-10頁      2013年
タイの政治状況
玉田芳史
『週刊タイ経済』2012年10月22日号、28面      2012年
洪水をめぐるタイ政治
玉田芳史
『国際情勢 紀要』82号(2012年2月)、241-263頁。      2012年
タイの安定を妨げる王室の政治利用
玉田 芳史
外交   9 102-106   2011年9月   [査読有り]
2011年7月3日総選挙--結果と展望
玉田 芳史
タイ国情報   45(4) 1-7   2011年7月
暗雲が立ちこめる中での選挙戦突入
玉田 芳史
タイ国情報   45(3) 1-8   2011年5月   [査読有り]
内輪もめなら自壊も
玉田芳史
談話、『京都新聞』2011年8月6日、8面      2011年
桜井義秀・道信良子編著『現代タイの社会的排除』梓出版社
玉田芳史
書評, 『図書新聞』2970号(2010年6月19日号)、5面      2010年
友だちを作ろう、旅に出よう
玉田芳史
『大志(松下スカラシップニュース)』11号(2010年11月)、松下幸之助記念財団、1-2頁      2010年
どう政権を倒したのか--二〇〇八年のタイ政治
玉田 芳史
海外事情   57(4) 71-89   2009年4月   [査読有り]
タイにおける中核的執政の変容
玉田芳史
伊藤光利編『比較政治叢書4政治的エグゼクティヴの比較研究』早稲田大学出版部、155-174頁.      2008年   [査読有り]
タイの民主化とクーデタ
玉田芳史
『民主化過程における選挙と政党・候補者行動ならびに投票行動の国際比較研究』、(南山大学地域研究センター共同研究、2006-2007年度最終成果報告書)、4-18頁      2008年   [査読有り]
タイと太平洋戦争--『熱い絹』の背景--
玉田芳史
『松本清張研究』第9号、90-97頁.      2008年   [招待有り]
タクシン資産1960億円は没収されるのか
玉田芳史
『週刊新潮』2007年6月28日      2007年   [招待有り]
2つの民主主義とポピュリズム
玉田芳史
『科研報告書・民主化後の「新しい」指導者の登場とグローバル化: アジアとロシア』pp.64-106      2007年   [査読有り]
東・東南アジア諸国の民主化と安定
玉田芳史
平成15、16年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書、全150頁。      2005年   [査読有り]
タイ政治の安定――2005年2月総選挙を手かがりとして
玉田芳史
東・東南アジア諸国の民主化と安定、79-125頁。      2005年   [査読有り]
タイにおける外国人の政治的権利:争点の変遷とその背景
玉田芳史
外国人参政権問題の国際比較研究、21-50頁。      2005年   [査読有り]
迫る総選挙、タクシン政権の今後と日本への影響 前後編
玉田芳史
(講演記録)『JTECS日・タイ パートナーシップ』No.81(2004年11月)、pp.1-7;『JTECS日・タイ パートナーシップ』No. 82-83(2004年12月~2005年1月)、3、4、8頁。      2004年   [査読有り]
タイ社会と法――1997年憲法を手がかりとして
玉田芳史
『東アジア社会の法と近代化』、191-215頁      2004年   [査読有り]
タイ軍の人事異動と政治力低下--1990年代以後の民主化の中で
玉田 芳史
アジア・アフリカ地域研究   (2) 120-172   2002年   [査読有り]
タイの開発事業における中央集権と地方分権
玉田 芳史
『途上国の地方分権と開発』科学研究員補助金成果報告書,1-19      2001年
民主化の虚像と実像:1990年代のタイ政治
玉田 芳史
科学研究費補助金研究成果報告書,      2001年
乗っ取られた民主化運動--タイ1992年5月事件
玉田 芳史
アジア・アフリカ地域研究   (1) 155-185   2001年   [査読有り]
タイの国籍法と住民統制
玉田 芳史
『途上国の地方行政システムと開発』科学研究費補助金成果報告書,/,73-99      1999年
『タイにおける国民的官僚制の成立』
玉田 芳史
(文部省科学研究費補助金基盤研究(C)成果報告書),      1999年
タイの官僚養成と教育機会,1892-1932年
玉田 芳史
『東南アジア-歴史と文化-』,28/,3-27      1999年   [査読有り]
軍隊の政治力と人事異動、1980〜1997年
玉田 芳史
『タイの統計制度と主要経済・政治データ』IDE調査研究報告書,/,287-313      1998年
タイのナショナリズムと国民形成 : 戦前期ピブーン政権を手がかりとして (<特集>インドネシア国民の形成 : 故土屋健治教授を偲んで)
玉田 芳史
東南アジア研究   34(1) 127-150   1996年6月   [査読有り]
チャクリー改革と王権強化 : 閣僚の変遷を手がかりとして
玉田, 芳史
重点領域研究総合的地域研究成果報告書シリーズ : 総合的地域研究の手法確立 : 世界と地域の共存のパラダイムを求めて   11 34-111   1996年1月
『タイ行政組織史1892〜1993年:局以上の組織の変遷』
玉田 芳史
文部省科学研究費補助金一般研究(C)報告書,      1996年
タイの政治学教育
玉田 芳史
『政治学の研究教育の国際化に関する基礎的研究』京都大学法学部,      1994年
タイのクーデタ, 1980〜1991年 : 軍の同期生, 内部抗争, 対政府関係
玉田 芳史
東南アジア研究   29(4) 389-421   1992年3月   [査読有り]
タイにおける1912年反乱計画--5世王による改革の問題点
玉田 芳史
愛媛法学会雑誌   15(3) 149-183   1989年3月
タイの実業家政党と軍 : 首相府令66/523を中心として
玉田 芳史
東南アジア研究   26(3) 293-307   1988年12月   [査読有り]
タイの地方における実業家と官僚--実業家のイッティポン(itthiphon,影響力)-2完-
玉田 芳史
法學論叢   121(4) 101-122   1987年   [査読有り]
タイの地方における実業家と官僚--実業家のイッティポン(itthiphon,影響力)-1-
玉田 芳史
法學論叢   121(1) 78-97   1987年   [査読有り]
政治的平等を嫌うタイの民主主義:選挙に反対、軍事クーデター歓迎
玉田 芳史
週刊エコノミスト   (2014年6月24日特大号) 84-85   2014年6月

Misc

 
タイ政軍関係:1980年代以後のクーデタを中心として
玉田 芳史
日本政治学会での報告,1995年10月8日,法政大学,      1995年10月
20世紀前半のタイにおける宮僚養成と教育制度
玉田 芳史
東南アジア史学会での報告,1997年6月8日,上智大学,      1997年6月
タイの選挙:憲法改正と民主化
玉田 芳史
アジア政経学会での報告,1997年10月25日,早稲田大学,      1997年10月
なぜ大卒なのか?
玉田 芳史
東南アジア史学会,秋季大会,広島大学,2000年12月2日での口頭発表,      2000年12月
タイ政治の腐敗と民主化
玉田 芳史
日本政治学会、愛媛大学,      2002年10月
タックシン政権と政治体制の安定をめぐって
玉田 芳史
日本タイ学会第5回大会、湯沢東映ホテル      2003年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
政治の司法化と民主化
玉田 芳史 (担当:編者, 範囲:序章と1章(1-38ページ))
晃洋書房   2017年3月   
タイのクーデタ:同期生から「東部の虎」へ
玉田 芳史 (担当:共著, 範囲:49-72)
晃洋書房   2016年4月   
タイを知るための72章
玉田 芳史 (担当:分担執筆, 範囲:42-45、58-61頁)
明石書店   2014年   
タイ2011年大洪水
玉田 芳史 (担当:共編者, 範囲:序章と5章(1-11、123-160ページ))
アジア経済研究所   2013年9月   
タイ——民主化と作用反作用——
玉田芳史
山影進・広瀬崇子編『世界政治叢書7南部アジア』ミネルヴァ書房、185-200頁(第10章の執筆担当)。   2011年6月   
移民と政治:ナショナル・ポピュリズムの国際比較
河原祐馬・島田幸典・玉田芳史(編著) (担当:共編者, 範囲:7章(164-188ページ))
昭和堂、281頁   2011年1月   
タイの立憲革命と文化変容
玉田芳史
『岩波講座東アジア近現代通史5新秩序の模索1930年代』岩波書店、369-386頁   2011年   
タイにおける選挙をめぐる攻防:民主化と脱民主化
玉田芳史
吉川洋子編『民主化過程の選挙;地域研究から見た政党・候補者・有権者』行路社、223-244頁.(第9章の執筆担当)   2010年3月   
タイのポピュリズムと民主化:タックシン政権の衆望と汚名」.
玉田芳史
島田幸典・木村幹編『ポピュリズム・民主主義・政治指導』ミネルヴァ書房、75-96頁(第4章の執筆担当)   2009年10月   
これからどうなるタイの政治
玉田芳史
日本タイ協会編『現代タイ動向2006-2008』めこん、14-39頁(第1章の1の執筆を担当)   2008年12月   
タイにおける中核的執政の変容
玉田芳史
伊藤光利編『比較政治叢書4政治的エグゼクティヴの比較研究』早稲田大学出版部、155-174頁.   2008年10月   
タイ政治・行政の変革1991年~2006年
玉田芳史・船津鶴代編著
アジア経済研究所、360頁   2008年   
Myths and Realities: The Democratization of Thai Politics
玉田 芳史
Kyoto University Press   2008年   
タイにおける外国人の政治的権利
玉田芳史
河原祐馬・植村和秀編『外国人参政権問題の国際比較』昭和堂、190-220.(第7章の執筆を担当)   2006年11月   
政治と民主化
玉田芳史 (担当:共著)
北川隆吉監修『地域研究の課題と方法:アジア・アフリカ地域研究入門【実証編】』文化書房博文社、175-193   2006年   
『民主化とナショナリズムの現地点』
玉田芳史・木村 幹(共編著)
ミネルヴァ書房   2006年   ISBN:4623045684
民主化の虚像と実像
玉田 芳史
京都大学学術出版会   2003年7月   
タイの民主化と安定
玉田 芳史
『日本の政治経済とアジア諸国【上巻】政治秩序篇』(日文研叢書30-I),/,21-37   2003年   
民主化の虚像と実像:タイ現代政治変動のメカニズム
玉田 芳史
京都大学学術出版会,364   2003年   
タイの近代国家形成
玉田 芳史
『岩波講座東南アジア史5』岩波書店,213-235   2001年   

講演・口頭発表等

 
移行期のタイの政治
玉田 芳史
メナムフォーラム勉強会(at The Bangkok Club, Sathorn City Tower, 28th-31st Floor, Bangkok, Thailand)   2017年8月28日   
政治司法化時代の民主主義と汚職Faculty of Political Science, Chulalongkorn University, Bangkok, Thailand, Aug 26, 2017 [招待有り]
玉田 芳史
チュラーロンコーン大学政治学部講演   2017年8月26日   
タイ政治の混迷、長引く公算大―次期総選挙後も軍事政権継続か
玉田 芳史
日本経済研究センター 大阪支所   2016年10月11日   
タイ政治情勢 [招待有り]
玉田 芳史
日本記者クラブ   2016年7月15日   
タイにおける司法クーデタとその政治的影響
玉田 芳史
日本比較政治学会研究大会   2016年6月25日   
Democratization and Judicialization of Thai Politics [招待有り]
玉田 芳史
タイで司法が幅をきかせる10年   2016年4月22日   チェンマイ大学法学部
タイ情勢:政軍関係を中心に
玉田 芳史
21世紀アジア研究会、拓殖大学文京キャンパス   2015年10月1日   
現代タイにおける政治混乱への司法の関与
玉田 芳史
東南アジア学会研究大会、愛媛大学   2015年5月30日   
タイにおける司法クーデタと軍事クーデタ
玉田 芳史
東南アジア学会九州地区例会、九州大学箱崎キャンパス経済学研究院2F中会議室   2015年1月24日   
タイにおける司法積極主義judicial review,judicial activism,judicialization」
玉田 芳史
新領域科研研究会、政策研究大学院大学   2015年1月16日   
沸騰する権力闘争
2010年アジ研夏期公開講座、ジェトロ本部5階ABC会議室   2010年8月3日   ジェトロ・アジア経済研究所、
東南アジア諸国の民主化(1)(2)
伊丹市立中央公民館主催講座   2010年11月   伊丹市立中央公民館
国政選挙:民主化と脱民主化
2011年アジア経済研究所夏期公開講座 コース5「2007年憲法後のタイ:ゆれる政治・司法・社会」   2011年7月19日   ジェトロ・アジア経済研究所、
タイ政治、失われた5年~選挙で”けり”はつくのか~
タイ情勢解説セミナー 「中進国『タイ』はどこに向かうのか」   2011年8月26日   ジェトロ・バンコク事務所
ประชาธิปไตยใต้รมพระบารมี: กรณีศึกษาจักรพรรดิกับการเมืองญี่ปุ่น
special lecture   2012年3月13日   Faculty of Political Science, Chulalongkorn University
タイにおける体制転換:現代政治を鳥瞰する
Thai Suksa   2012年12月19日   京都大学バンコク連絡事務所
Democracy, Democratization and De-Democratization in Thailand [招待有り]
玉田 芳史
Annual Meeting of Thai Association for Political Science   2008年12月   タイ政治学会
タイ国政治学会2008年度研究大会に招待され、チュラーロンコーン大学講堂にて、民主化に関する基調講演をタイ語で行った。

Works

 
民主化後の「新しい」指導者の登場とグローバル化
2005年 - 2006年
変革期における執政集団の比較研究
2004年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
タイにおける地方分権
研究期間: 1997年 - 2007年
アジアにおける民主化
研究期間: 1998年 - 2006年
東南アジアにおける近代国家形成
研究期間: 1994年 - 2005年
外国人の政治的権利
研究期間: 2003年 - 2008年