大西 政夫

J-GLOBALへ         更新日: 12/11/01 16:54
 
アバター
研究者氏名
大西 政夫
 
オオニシ マサオ
所属
島根大学 生物資源科学部 農林生産学科
学位
農学修士, 博士(農学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
島根大学 生物資源科学部 農業生産学科 生産技術管理学講座 助教授
 

委員歴

 
1992年
 - 
1994年
日本作物学会  庶務幹事、編集委員会B幹事
 
2000年
   
 
農業生産技術管理学会  会計幹事
 

Misc

 
Ohnishi, M., T. Horie, K. Homma, N. Supapoj, H. Takano and S. Yamamoto.
Field Crops Res.   64 109-120   1999年
Horie, T., M. Ohnishi, J. F. Angus, L. G. Lewin, T. Tsukaguchi and T. Matano.
Field Crops Res   52 55-67   1997年
大西政夫・堀江武
日本作物学会紀事   59 419-425   1990年
飼料作物畑における土壌中全炭素の推定と予測
中野淳一・大西政夫・長谷川利拡
日草誌   38 408-416   1993年
A preliminary study to predict net nitrogen mineralization in a flooded rice soil using anaerobic incubation.
Angus, J. F., M. Ohnishi, T. Horie and R. L. Williams.
Aust. J. Exp. Agric   34 995-999   1994年

書籍等出版物

 
"Systems Approaches for Sustainable Agricultural Development. Applications of System Approaches at the Field Level. Vol 2. " Simulating rice leaf area development and dry matter production in relation to plant N and weather. M. Kropff et al., eds.271-・・・
Kluwer Academic Publishers   1996年   ISBN:0-7923-4287-9
"Systems Approaches for Sustainable Agricultural Development. Applications of System Approaches at the Field Level. Vol 2. " Simulating rice leaf area development and dry matter production in relation to plant N and weather. M. Kropff et al., eds...
「畜産の近未来」 第5章 日本型畜産構築の課題(1)水田農業と畜産の結合 b.田畑輪換農法とサステイナビリティ c.田畑輪換農法における有機物供給源としての畜産 d.わが国水田の飼料供給力、水間豊編 312-320
川島書店   1991年   ISBN:4-7610-0447-9
「コシヒカリ」第13章 海外の試作状況 第2節 オーストラリア 1.リベリナ地域の自然条件と水稲の栽培概要2.リベリナ地域におけるコリヒカリの生育概況.日本作物学会北陸支部・北陸育種談話会編、612-616
農文協   1995年   ISBN:4-540-95022-3
「コシヒカリ」第13章 海外の試作状況 第2節 オーストラリア 3.リベリナ地域と長野県の多収と日射利用効率.日本作物学会北陸支部・北陸育種談話会編.616-617
農文協   1995年   ISBN:4-540-95022-3
「食料生産の生態学 Ⅲ.食料生産と資源管理」第15章 エネルギ-と労力. 堀江武・高見晋一監訳.113-147
農協統計協会   1995年   ISBN:4-541-01990-6

講演・口頭発表等

 
Radiation use efficiency of high-yielding rice in relation to nitrogen uptake pattern
the Second Asian Crop Sicence Conference   1995年   
A simplified model for simulating leaf area development and dry matter production of rice in relation to plant N and weather conditions
Second International Symposium on Systems Approaches for Sustainable Agricultural Development (SAAD2)   1995年   
Pilot project, Model comparison. 3. SIMRIW
START-WCRP-IGBP/GCTE Workshop: Climate Variability, Agricultural Productivity and Food Security in the Asian Monsoon Region.   1997年   
Evaluation of Potential Productivity of Rainfed Rice in Northeast Thailand: A Model Synthesis of N Limit Type.
Inter-Project Seminar on Sustainable Landuse and Agriculture in Northeast Thailand   1997年   
Modeling and Evaluation of Productivity of Rainfed Rice in Northeast Thailand
International Symposium World Food Security and Crop Production Technologies for Tomorrow   1998年   

Works

 
「イネの遺伝子機能-圃場生産インターフェース型シミュレータの開発」プロジェクト
2001年 - 2003年
キトサン施用が水稲及び葉野菜の生育に及ぼす影響
2002年
被覆ウニコナゾ-ルP配合基肥一発肥料の玄米品質向上効果の確認と要因解析
2007年
キトサンが農作物の生育に及ぼす影響
2005年
醤油かすの農業利用に関する研究
2006年

競争的資金等の研究課題

 
水稲の収量キャパシティの成立過程の解析
水稲の多収栽培の実態とその成立要因の解析
水稲の登熟過程の解析