高藤 晃雄

J-GLOBALへ         更新日: 05/11/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
高藤 晃雄
 
タカフジ アキオ
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 地域環境科学専攻 生態情報開発学分野
職名
教授
学位
農学修士(京都大学), その他PhD(トロント大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1974年
 - 
1978年
京都大学助手
 
1978年
 - 
1983年
岡山大学助教授
 
1983年
 - 
1995年
京都大学助教授
 
1995年
   
 
- 京都大学大学院教授
 

学歴

 
 
 - 
1974年
トロント大学大学院 動物学科 動物生態学
 
 
 - 
1969年
京都大学大学院 農学研究科 農林生物学
 
 
 - 
1967年
京都大学 農学部 農林生物
 

委員歴

 
1989年
 - 
1994年
日本応用動物昆虫学会  評議員,編集委員,常任評議員,編集委員長
 
1982年
 - 
1987年
個体群生態学会  編集委員長,編集委員
 
1995年
 - 
1998年
日本ダニ学会  編集委員長,会長,評議員
 
1991年
 - 
1992年
日本生態学会  編集委員
 
1990年
   
 
実験・応用ダニ学(Experimental and Applied Acarology)  編集委員
 

受賞

 
1997年
日本応用動物昆虫学会賞
 

Misc

 
高藤 晃雄, 井上 雅央, 小田 道宏
日本応用動物昆虫学会誌   33(3) 134-139   1989年
ナミハダニの休眠性における変異(1)
植物防疫   46(11) 430-433   1992年
ナミハダニの休眠性における変異(2)
植物防疫   46(13) 517-521   1992年
合成ピレスロイド剤散布によるカンザワハダニの分散および捕食性天敵への影響
関西病虫害研究会報   35,19-25    1993年
五箇 公一, 高藤 晃雄
日本応用動物昆虫学会誌   40(3) 250-252   1996年

書籍等出版物

 
ダニのはなしII生態から防除まで(共著)
技法堂   1990年   
応用動物学実験法(共著)
全国農村教育協会   1991年   
植物ダニ学(共著)
全国農村教育協会   1996年   
ハダニの生物学-基礎研究から応用へ-
シュプリンガーフェアラーク東京   1998年   
昆虫学大辞典
朝倉書店   2003年   

Works

 
環境負荷低減のための革新的農業技術の開発
1999年 - 2003年
東・東南アジアにおけるハダニ類の分布拡大のプロセス
2004年

競争的資金等の研究課題

 
ハダニ類および捕食性カブリダニの休眠に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1985年   
ハダニ類の生物的防除に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1980年   
ハダニ類の系統進化
科学研究費補助金
研究期間: 1995年   
ハダニ類の生物的防除に関する研究
官民連携共同研究
研究期間: 1980年 - 2001年
塵性ダニの防除について
官民連携共同研究
研究期間: 2002年