NIIYAMA YOKO


NIIYAMA YOKO

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
NIIYAMA YOKO
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
College of Gastronomy Management, Department of Gastronomy Management
Job title
Professor

Academic & Professional Experience

 
Jul 1984
 - 
Nov 1989
Assistant Professor, Faculty of Agriculture, Kyoto University
 
Dec 1989
 - 
Jun 1994
Lecture, Faculty of Agriculture, Kyoto University
 
Dec 1994
 - 
Dec 2002
Associate Professor, Faculty of Agriculture, Kyoto University
 
Jan 2002
 - 
Mar 2017
Professor, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
 
Apr 2017
   
 
Professor, School of Economics, Ritsumeikan University Emeritus Professor, Kyoto University
 

Education

 
 
 - 
Mar 1974
Department of Agricultural and Forestry Economics, Faculty of Agriculture, Kyoto University
 
 
 - 
Mar 1980
Division of Natural Resource Economics, Graduate School of Agriculuture, Kyoto University
 

Awards & Honors

 
Apr 2018
読売農学賞, 読売新聞社
 
Apr 2018
日本農学会賞, 日本農学会
 
Mar 2013
日本農業経済学会ポスター賞, 日本農業経済学会
 
Jun 2003
日本フードシステム学会学術賞, 日本フードシステム学会
 
Oct 2001
地域農林経済学会学会賞, 地域農林経済学会
 

Published Papers

 
How to View Changes in Family-run Farming
NIIYAMA, Yoko
The Natural Resource Economics Review   Special Issue(51-58)    Mar 2019
Diversification and Survival Conditions of Family-run Farming in Japanese Context
NIIYAMA, Yoko
The Natural Resource Economics Review   Special Issue 13-34   Mar 2019
食事内容に関する実態調査―組み合わせパターンに着目して―
工藤春代・鬼頭弥生・新山陽子
農業経済研究   88(4) 410-415   2017
食品安全確保の枠組み
新山 陽子
日本胚移植研究誌   39(1) 27-33   2017
フランスの職業間組織と農業協同組合-その専門性
新山陽子・上田遙
農業と経済   83(7) 82-91   2017
健康食品のリスク知覚構造
山口道利・工藤春代・鬼頭弥生・新山陽子
日本リスク研究学会誌   25(4) 179-187   2016
論点整理 マーケティング論を農業にどう活かすか
新山 陽子
農業と経済   82(10) 6-12   2016
市民の水平的議論を基礎にした双方向リスクコ ミュニケーションモデルとフォーカスグループによる検証-食品を介した放射性物質の健康影響に関する精緻な情報吟味-
新山陽子・鬼頭弥生・工藤春代・松尾敬子
フードシステム研究   21(4) 267-286   2015
畜産は何に直面しているか-効率を達成した畜産の市場環境
新山 陽子
農業と経済   81(9) 51-62   2015
食品表示の情報機能、その規制と信頼性の確保
新山 陽子
農業と経済   81(12) 5-16   2015
フランス、オランダの農業・食品分野の専門職業組織-設立根拠法と組織の役割、職員の専門性
新山陽子・高鳥毛敏雄・関根佳恵・河村律子・清原昭子
フードシステム研究   20(4) 386-403   2014
「家族経営」「企業経営」の概念と農業経営の持続条件
新山 陽子
農業と経済   80(8) 5-16   2014
An experimental interactive risk communication on the health effects of radioactive substances in food
新山陽子、鬼頭弥生、工藤春代
Emerging Issues Learned from the 3.11 Disaster as Multiple Events of Earthquake, Tsunami and Fukushima Nuclear Accident, The Committee of the Great East Japan Disaster edited by S. Ikeda and Y. Maeda, Society for Risk Analysis, Japan   55-58   2013
国際穀物相場の変動が国内市場に及ぼす影響
新山 陽子
農業と経済   79(3) 26-32   2013
食品由来のハザード別にみたリスク知覚構造モデル-SEMによる諸要因の複雑な連結状態の解析-
新山陽子・鬼頭弥生・細野ひろみ・河村律子・工藤春代・清原昭子
日本リスク研究学会誌   21(4) 295-306   2012
放射性物質の健康影響に関する消費者の心理-どのような情報をどのように提供すべきか
新山 陽子
農業と経済   78(1) 5_17   2012
食品安全のためのリスクの概念とリスク低減の枠組み-リスクアナリシスと行政科学の役割
新山 陽子
農業経済研究   84(2) 62-79   2012
放射性物質の健康影響に対する市民の心理と双方向で密なリスクコミュニケーション-知識の獲得に必要な精緻な情報吟味プロセス-
新山 陽子
農林業問題研究   48(3) 1-10   2012
フードシステム関係者の共存と市場におけるパワーバランス (特集 農業が描く日本の未来) -- (国民に支えられた農業・農村)
新山 陽子
農業と経済   77(1) 75-88   2011
食品由来リスクの認知要因の再検討 : ラダリング法による国際研究
新山陽子・細野ひろみ・河村律子・清原昭子・工藤春代・鬼頭弥生・田中敬子
農業經濟研究   82(4) 230-242   2011
フードシステムの持続と専門職業間組織の機能
新山 陽子
農業と経済   77(9) 53-64   2011
食品安全のためのGAPとは何か
新山 陽子
農業と経済   76(7) 5-15   2010
食品事業者とステークホルダーとの関係はどうつくられるか-社会的責任と経済条件-
新山陽子
農業と経済   75(11) 45-54   2009
食品購買時の提示情報量と消費者の選択行動-トレーサビリティ システムにおける情報提供をめぐって-
佐藤真行・新山陽子
フードシステム研究   14(3) 13-24   2008
食品安全の考え方と措置の枠組み
新山陽子
農業情報研究   17(4) 151-160   2008
消費者の食品選択行動と国内産農産物消費
新山陽子・細野ひろみ・工藤春代
農業と経済   74(3) 36-44   2008
国内農業の存続と食品企業の社会的責任--生鮮食品の価格設定行動
新山 陽子
農業と経済   74(8) 50-62   2008
食品汚染事故にみる問題の構造と対応策--食品安全管理と緊急事態対応
新山 陽子
農業と経済   74(11) 5-16   2008
食品購買における消費者の情報処理プロセスの特質-認知的概念モデルと発話思考プロトコル分析-
新山陽子・西川朗・三輪さち子
フードシステム研究   14(1) 15-33   2007
牛乳のおいしさと商品選択行動-店頭観察調査・IDB・質問紙調査・官能評価による包括的研究-
細野ひろみ・工藤春代・新山陽子
農業経営研究   45(2)    2007
畜産物の商品選択における情報処理プロセス-店頭行動観察法と情報提示板(IDB)法を用いて-
細野ひろみ・工藤春代・新山陽子
2006年度日本農業経済学会論文集   158-165   2006
食の安全・安定供給と動物の感染症――アメリカのBSE、アジアの鳥インフルエン
新山 陽子
農業と経済   70(4) 105-114   2004
日本における放牧の歴史を考える
新山 陽子
農業と経済   70(13) 5-17   2004
食品安全政策の国際的な動向-科学的な基礎と農場から食卓まで-
新山 陽子
科学   89-97   2004
食品由来の健康に対するリスク管理
新山 陽子
システム/情報/制御   47(8) 399-405   2003
農業関連産業をめぐる物質循環と総合マネジメントシステム
新山 陽子
農業経営研究   40(4) 21-33   2003
BSE対策と食品安全行政
新山 陽子
農業と経済   2002別冊 28-63   2002
食品安全確保と牛肉をめぐるフードシステム-EUのBSE対応をふまえて-
新山 陽子
農業と経済   68(2) 5-21   2002
食品由来のリスクにどう向き合うか
新山 陽子
農業と経済   68(14) 5-18   2002
食料システムの転換と品質政策の確立-コンヴァンシオン理論のアプローチを借りて-
新山 陽子
農業經濟研究   72(2) 47-59   2000
畜産経営における経営継承の条件と課題
新山 陽子
農業経営研究   36(4) 20-30   1999
畜産経営の発展と経営戦略
新山 陽子
農業経営研究   34(2) 30-40   1996
欧米の食品の品質管理にみる新しい食品供給システムのあり方
新山 陽子
農業と経済   62(13) 14-25   1996
法人畜産経営の発展過程における資金管理の特質と考え方
新山 陽子
農業経営研究   33(3) 1-13   1995
フードシステム研究の対象と方法-構造論的視点からの接近-
新山 陽子
フードシステム研究   1(1) 42-55   1994
農業経営の企業形態に関する検討--畜産経営を中心にして
新山 陽子
農業計算学研究   73-86   1994
農業法人とインテグレーション : 農業生産者の事業多角化・企業グループの形成を中心に
新山, 陽子
農業計算学研究   25 51-60   1993
集落営農の諸類型と経営体としての展開条件--企業形態論的検討
新山 陽子
農業計算学研究   47-56   1993
COMPARISON OF BEEF MARKETING STRUCTURE OF JAPAN AND UNITED STATES
新山陽子
Memoirs of the College of Agriculture, Kyoto University   13    1992
畜産の産地体制と地域畜産組織
新山 陽子
農業計算学研究   24 99-108   1992
牛肉の流通構造と価格形成メカニズムに関する日米比較分析
新山 陽子
商品先物取引研究、新農政研究所      1991
肉用牛経営の課題と展開方向
新山 陽子
農林業問題研究   24(4) 197-209   1988
肥育牛預託制度の成立要因と存在形態
新山 陽子
農林業問題研究   16(2) 60-67   1980
農業経営の「複合化」に関する最近の研究動向--成立要因と分析視角
新山 陽子
農業経済研究   51(1) 40-45   1979

Books etc

 
フードシステムと日本農業
新山陽子編著
放送大学教育振興会   Mar 2018   ISBN:978-4-595-31887-0
キーワードで読み解く現代農業と食料・環境(改訂版)
昭和堂   2017   
有機物循環論
楠部孝誠,新山陽子,植田和弘,高月紘(編著)
昭和堂   2012   
キーワードで読み解く現代農業と食料・環境
小池恒男・新山陽子・秋津元輝編著
昭和堂   2011   
解説 食品トレーサビリティ(ガイドライン改訂第二版対応)
新山陽子編著
昭和堂   2010   
食の安全を求めて-食の安全と科学(学術会議叢書16)
金澤一郎・祖田修・上野民夫・佐藤文彦・森口文雄・新山陽子・唐木英明
(財)日本学術協力財団   2010   
解説 食品トレーサビリティ
新山陽子編著
昭和堂   2005   
食品安全システムの実践理論
新山陽子編著
昭和堂   2004   
食品安全と栄養の経済学
櫻井卓治・加賀爪優・松田友義・新山陽子監訳
農林統計協会   2002   
フードシステム学全集第1巻・フードシステム学の理論と体系(「フードシステムの構造と垂直的調整」担当)
新山陽子(高橋正郎・斉藤修編集)
農林統計協会   2002   
牛肉のフードシステム-欧米と日本の比較分析-
新山 陽子
日本経済評論社   2001   
変貌するEU牛肉産業
新山陽子、増田佳昭、四方康男、人見五郎
日本経済評論社   1999   
フードシステム学の世界(「食肉のフードシステムの構造とその変化-日・欧・米比較-」担当)
新山 陽子(高橋正郎編)
農林統計協会   1997   
畜産の企業形態と経営管理
新山 陽子
日本経済評論社   1997   
農業経済研究の動向と展望(「農産物の市場と流通」担当)
新山 陽子(荏開津典生・中安定子編著)
富民協会   1996   
肉用牛産地形成と組織化
新山 陽子
農政調査委員会   1985   

Conference Activities & Talks

 
企業形態と労働力の保有状態からみた日本農業経営の賦存状態の分析 ―2010年農業センサス組み替え集計より―
2019年度日本農業経済学会大会   31 Mar 2019   
Decision Making, Routine and Norm in Constructing Meal Pattern
Food Studies: Food, Cultures and Health seminar in 7th Asia-Euro Conference 2018 in Tourism, Hospitality and Gastronomy   17 Nov 2018   
食事選択行動における規範―20歳台女性の仕事・健康と栄養観―
日本農業経済学会個別報告   27 May 2018   
Risk Images and Their Oigins of Health Effects from Radioactive Substances in Food:The Case Study in France in Comparative Perspective with Japan
Society for Risk Analysis, Asia Conference   14 Mar 2018   
放射性物質の健康影響に関連する市民のリスク知覚と双方向リスクコミュニケーション;重要な要素は何か
日本放射線影響学会第60回大会(特別講演)   25 Oct 2017   

Teaching Experience