入江 一浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/23 14:36
 
アバター
研究者氏名
入江 一浩
 
イリエ カズヒロ
eメール
iriekais.kyoto-u.ac.jp
URL
http://www.orgchem.kais.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 食品生物科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)
科研費研究者番号
00168535
ORCID ID
https://orcid.org/0000-0001-7109-8568

プロフィール

1982年京都大学農学部食品工学科卒業、1984年同大学大学院農学研究科修士課程修了、同年京都大学農学部助手、1988年農学博士、1999年京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻助教授、2007年同大学院同研究科食品生物科学専攻教授、現在に至る.この間、1992年4月から1年間、米国スタンフォード大学化学科客員研究員(Paul A. Wender教授) 趣味:化石および鉱物の収集、ランの栽培

研究分野

 
 

経歴

 
1984年
 - 
1997年
 京都大学 助手(農学部食品工学科)
 
1992年4月
 - 
1993年3月
 米国スタンフォード大学化学科客員研究員(Paul A. Wender教授)
 
1998年
 - 
1999年
 京都大学 助手(農学研究科応用生命科学専攻)
 
1999年
 - 
2001年
 京都大学 助教授(農学研究科応用生命科学専攻)
 
2001年
 - 
2007年6月
京都大学 助教授(農学研究科食品生物科学専攻)
 

学歴

 
 
 - 
1984年
京都大学 農学研究科 食品工学専攻
 
 
 - 
1982年
京都大学 農学部 食品工学科
 

受賞

 
1994年
農芸化学奨励賞
 
1990年
井上研究奨励賞
 
2009年
2008年度BBB論文賞(日本農芸化学会)
 

論文

 
Synthesis and biochemical characterization of quasi-stable trimer models of full-length amyloid beta40 with a toxic conformation
Y. Irie, M. Hanaki, K. Murakami, T. Imamoto, T. Furuta, T. Kawabata, T. Kawase, K. Hirose, Y. Monobe, K.-i. Akagi, R. C. Yanagita and K. Irie*
Chem. Commun.   55 182-185   2019年   [査読有り]
Amylod beta toxic conformer has dynamic localization in the human inferior parietal cortex in absence of amyloid plaques
Y. Kageyama, A. Saito, O. Pletnikova, G. L. Rudow, Y. Irie, Y. An, K. Murakami, K. Irie, S. M. Resnick, D. R. Fowler, L. J. Martin and J. C. Troncoso*
Sci. Rep.   8 16895   2018年   [査読有り]
Synthesis, conformation, and biological activities of a des-A-ring analog of 18-deoxy-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin
Y. Ashida, R. C. Yanagita*, Y. Kawanami, M. Okamura, S. Dan and K. Irie
Heterocycles, in press, DOI: 10.3987/COM-18-S(F)60      2018年   [査読有り]
Role of the carboxy groups of triterpenoids in their inhibition of the nucleation of amyloid β42 required for forming toxic oligomers
K. Murakami, T. Yoshioka, S. Horii, M. Hanaki, S. Midorikawa, S. Taniwaki, H. Gunji, K.-i. Akagi, T. Kawase, K. Hirose and K. Irie*
Chem. Commun.   54 6272-6275   2018年   [査読有り]
Change of amyloid-beta 1-42 toxic conformer ratio after cerebrospinal fluid diversion predicts long-term cognitive outcome in patients with idiopathic normal pressure hydrocephalus
C. Akiba*, M. Nakajima, M. Miyajima, I. Ogino, Y. Motoi, K. Kawamura, S. Adachi, A. Kondo, H. Sugano, T. Tokuda, K. Irie and H. Arai
J. Alzheimers Dis.   63(3) 989-1002   2018年   [査読有り]
Synthesis and biological activities of acetal analogs at position 3 of 10-methyl-aplog-1, a potential anti-cancer lead derived from debromoaplysiatoxin
K. Hayakawa, Y. Hanaki, H. Tokuda, R. C. Yanagita, Y. Nakagawa, M. Okamura, S. Dan and K. Irie*
Heterocycles   97(1) 478-492   2018年   [査読有り]
M. Hanaki, K. Murakami, S. Katayama, K.-i. Akagi and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem.   26(8) 1538-1546   2018年   [査読有り]
Y. Hanaki, Y. Shikata, M. Kikumori, N. Hotta, M. Imoto and K. Irie*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   495(1) 438-445   2018年   [査読有り]
K. Kawabata*, K. Kitamura, K. Irie, S. Naruse, T. Matsuura, T. Uemae, S. Taira, H. Ohigashi, S Murakami, M. Takahashi, Y. Kaido and B. Kawakami
J. Nutr. Sci. Vitaminol.   63(3) 193-199   2017年   [査読有り]
Y. Aihara, A. Kawaguchi, M. Hanaki, K. Murakami, K. Irie and H. Shigemori*
Heterocycles   94(7) 1280-1287   2017年   [査読有り]
Synthesized Aβ42 caused intracellular oxidative damage, leading to cell death, via lysosome rupture
Y. Oku, K. Murakami, K. Irie, J. Hoseki and Y. Sakai*
Cell Struct. Funct.   42(1) 71-79   2017年   [査読有り]
Synthetic models of quasi-stable amyloid β40 oligomers with significant neurotoxicity
Y. Irie, K. Murakami, M. Hanaki, Y. Hanaki, T. Suzuki, Y. Monobe, T. Takai, K. Akagi, T. Kawase, K. Hirose and K. Irie*
ACS Chem. Neurosci.   8(4) 807-816   2017年   [査読有り]
Loss of the phenolic hydroxyl group and aromaticity from the side chain of anti-proliferative 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin, enhances its tumor-promoting and proinflammatory activities
Y. Hanaki, M. Kikumori, H. Tokuda, M. Okamura, S. Dan, N. Adachi, N. Saito, R. C. Yanagita and K. Irie*
Molecules   22 631   2017年   [査読有り]
A. Ben Hmidene, M. Hanaki, K. Murakami, K. Irie, H. Isoda and H. Shigemori*
Biol. Pharm. Bull.   40 238-241   2017年   [査読有り]
A toxic conformer of Aβ42 with a turn at 22-23 is a novel therapeutic target for Alzheimer’s disease
N. Izuo, C. Kasahara, K. Murakami, T. Kume, M. Maeda, K. Irie, K. Yokote and T. Shimizu*
Sci. Rep.   7 11811   2017年   [査読有り]
食品・生薬成分によるアミロイドβ42の凝集抑制機構の系統的解析
村上一馬,入江一浩*
日本認知症学会誌   31(3) 351-360   2017年   [招待有り]
アルツハイマー病の正確な早期診断の実現に向けて
入江一浩
化学   71(11) 41-44   2016年   [招待有り]
T. Yoshioka, K. Murakami, K. Ido, M. Hanaki, K. Yamaguchi, S. Midorikawa, S. Taniwaki, H. Gunji and K. Irie*
J. Nat. Prod.   79(10) 2521-2529   2016年   [査読有り]
K. Murakami, M. Tokuda, T. Suzuki, Y. Irie, M. Hanaki, N. Izuo, Y. Monobe, K.-i. Akagi, R. Ishii, H. Tatebe, T. Tokuda, M. Maeda, T. Kume, T. Shimizu and K. Irie*
Sci. Rep.   6 29038   2016年   [査読有り]
M. Hanaki, K. Murakami, K.-i. Akagi and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem.   24(2) 313   2016年   [査読有り]
M. Kikumori, R. C. Yanagita, H. Tokuda, K. Suenaga, H. Nagai and K. Irie*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   80(2) 221-231   2016年   [査読有り]
Y. Ashida, R. C. Yanagita*, C. Takahashi, Y. Kawanami and K. Irie
Bioorg. Med. Chem.   24(18) 4218-4227   2016年   [査読有り]
E. Kidachi, M. Kurisu, Y. Miyamae, M. Hanaki, K. Murakami, K. Irie and H. Shigemori*
Heterocycles   92(11) 1976-1982   2016年   [査読有り]
Y. Igarashi, K. Ohnishi, K. Irie and A. Murakami*
PLos One   11(8) e0161282   2016年   [査読有り]
アルツハイマー病様神経毒性におけるアミロイドβコンホマーの役割
泉尾直孝*,村上一馬,久米利明,前田雅弘,入江一浩,清水孝彦
基礎老化研究   39(3) 29-34   2015年   [招待有り]
A. Otera, Y. Miyamae*, K. Yoshida, K. Mejima, T. Akita, A. Kakizuka, K. Irie, S. Masuda, T. Kambe and M. Nagao
ACS Chem. Biol.   10(12) 2794-2804   2015年   [査読有り]
Y. Hanaki, R. C. Yanagita, T. Sugahara, M. Aida, H. Tokuda, N. Suzuki and K. Irie*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   79(6) 888-895   2015年   [査読有り]
H. Takahashi, N. Adachi, T. Shirafuji, S. Danno, T. Ueyama, M. Vendruscolo, A. N. Shuvaev, T. Sugimoto, T. Seki, D. Hamada, K. Irie, H. Hirai, N. Sakai and N. Saito*
Human Mol. Genet.   24(2) 525-539   2015年   [査読有り]
K. Murakami, T. Suzuki, M. Hanaki, Y. Monobe, K.-i. Akagi and K. Irie*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   466(3) 463-467   2015年   [査読有り]
A. Hashimoto, K. Ohkura, M. Takahashi, K. Kizu, H. Narita, S. Enomoto, Y. Miyamae, S. Masuda, M. Nagao, K. Irie, H. Ohigashi, G. K. Andrews, and T. Kambe*
Biochem. J.   472(2) 183-193   2015年   [査読有り]
W. Jiang, W. Zhou, H. Uchida, M. Kikumori, K. Irie, R. Watanabe, T. Suzuki, B. Sakamoto, M. Kamino and H. Nagai*
Mar. Drugs   12(5) 2748-2759   2014年   [査読有り]
K. Irie* and R. C. Yanagita
Chem. Rec.   14(2) 251-267   2014年   [査読有り]
M. Kikumori, R. C. Yanagita and K. Irie*
Tetrahedron   70(52) 9776-9782   2014年   [査読有り]
W. Jiang, S. Tan, Y. Hanaki, K. Irie, H. Uchida, R. Watanabe, T. Suzuki, B. Sakamoto, M. Kamio and H. Nagai*
Mar. Drugs   12 5788-5800   2014年   [査読有り]
K. Ohnishi, E. Nakahata, K. Irie and A. Murakami*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   430(2) 616-622   2013年   [査読有り]
A. Ohtera, Y. Miyamae, N. Nakai, A. Kawachi, K. Kawada, J. Han, H. Isoda, M. Neffati, T. Akita, K. Maejima, S. Masuda, T. Kambe, N. Mori, K. Irie and M. Nagao*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   440(2) 204-209   2013年   [査読有り]
M. Sato, K. Murakami, M. Uno, Y. Nakagawa, S. Katayama, K.-i. Akagi, Y. Masuda, K. Takegoshi and K. Irie*
J. Biol. Chem.   288(32) 23212-23224   2013年   [査読有り]
R. C. Yanagita, H. Kamachi, M. Kikumori, H. Tokuda, N. Suzuki, K. Suenaga, H. Nagai and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem. Lett.   23(15) 4319-4323   2013年   [査読有り]
N. Izuo, K. Murakami, M. Sato, M. Iwasaki, Y. Izumi, T. Shimizu, A. Akaike, K. Irie* and T. Kume*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   438(1) 1-5   2013年   [査読有り]
H. Kamachi, K. Tanaka, R. C. Yanagita, A. Murakami, K. Murakami, H. Tokuda, N. Suzuki, Y. Nakagawa and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem.   21(10) 2695-2702   2013年   [査読有り]
T. Kondo, N. Iwata*, S. Yamanaka, H. Inoue* et al.
Cell Stem Cell   12(4) 487-496   2013年   [査読有り]
M. Sato, K. Murakami, M. Uno, H. Ikubo, Y. Nakagawa, S. Katayama, K.-i. Akagi and K. Irie*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   77(5) 1100-1103   2013年   [査読有り]
Y. Hanaki, M. Kikumori, S. Ueno, H. Tokuda, N. Suzuki and K. Irie*
Tetrahedron   69(36) 7636-7645   2013年   [査読有り]
Intracellular accumulation of toxic turn amyloid-β is associated with endoplasmic reticulum stress in Alzheimer’s disease
N. Soejima, Y. Ohyagi*, N. Nakamura, E. Himeno, K. M. Iimura, N. Sakae, R. Yamasaki, T. Tabira, K. Murakami, K. Irie, N. Kinoshita, F. M. Laferla, Y. Kiyohara, T. Iwaki and J.-i. Kira
Curr. Alzheimer Res.   10(1) 11-20   2013年   [査読有り]
K. Ohnishi, S. Ohkura, E. Nakahata, A. Ishisaka, Y. Kawai, J. Terao, T. Mori, T. Ishii, T. Nakayama, N. Kioka, S. Matsumoto, Y. Ikeda, M. Akiyama, K. Irie and A. Murakami*
PLos One   8(3) e58641   2013年   [査読有り]
Aβの毒性ターン構造を認識する抗体
村上一馬,入江一浩*
神経内科   77 179-184   2012年
L. Kulic*, J. McAfoose, T. Welt, C. Tackenberg, C. Späni, F. Wirth, V. Finder, U. Konietzko, M. Giese, A. Eckert, N. Kinoshita, T. Shimizu, K. Murakami, K. Irie, S. Rasool, C. Glabe, C. Hock and R. M. Nitsch
Transl. Psychiatry   2 e183   2012年   [査読有り]
T. Doi, Y. Masuda*, K. Irie, K. Akagi, Y. Monobe, T. Imazawa and K. Takegoshi
Biochem. Biophys. Res. Commun.   428(4) 458-462   2012年   [査読有り]
アミロイドβの「毒性コンホマー」形成とGlu22位における遺伝性変異
村上一馬,佐藤瑞穂,鈴木啓之,泉尾直孝,久米利明,赤池昭紀,永田 徹,西崎知之,富山貴美,森 啓,入江一浩*
Dementia Japan   26(3) 311-318   2012年
Y. Miyamae, M. Kurisu, K. Murakami, J. Han, H. Isoda, K. Irie and H. Shigemori*
Bioorg. Med. Chem.   20(19) 5844-5849   2012年   [査読有り]
Y. Izumi, A. Matsumura, S. Wakita, K.-i. Akagi, H. Fukuda, T. Kume, K. Irie, H. Sugimoto, T. Hashimoto and A. Akaike*
Free Radc. Biol. Med.   53(4) 669-679   2012年   [査読有り]
N. Izuo, T. Kume, M. Sato, K. Murakami, K. Irie*, Y. Izumi and A. Akaike*
ACS Chem. Neurosci.   3(9) 674-681   2012年   [査読有り]
M. Kikumori, R. C. Yanagita, H. Tokuda, N. Suzuki, H. Nagai, K. Suenaga and K. Irie*
J. Med. Chem.   55(11) 5614-5626   2012年   [査読有り]
F. Tsuji*, A. Ishihara, A. Nakagawa, M. Okada, S. Kitamura, K. Kanamaru, Y. Masuda, K. Murakami, K. Irie and Y. Sakagami
Biosci. Biotechnol. Biochem.   76(8) 1492-1496   2012年   [査読有り]
K. Irie*, R. C. Yanagita and Y. Nakagawa
Med. Res. Rev.   32(3) 518-535   2012年   [査読有り]
Y. Shu, R. C. Yanagita, H. Tokuda, N. Suzuki and K. Irie*
Heterocycles   86(1) 281-303   2012年   [査読有り]
K. Murakami, N. Murata, Y. Noda, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   76(6) 1098-1103   2012年   [査読有り]
S. Ueno, R. C. Yanagita, K. Murakami, A. Murakami, H. Tokuda, N. Suzuki, T. Fujiwara and K. Irie*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   76(5) 1041-1043   2012年   [査読有り]
K. Irie*, M. Kikumori, H. Kamachi, K. Tanaka, A. Murakami, R. C. Yanagita, H. Tokuda, N. Suzuki, H. Nagai, K. Suenaga and Y. Nakagawa
Pure Appl. Chem.   84(6) 1341-1351   2012年   [査読有り]
F. Tsuji, A. Ishihara, K. Kurata, A. Nakagawa, M. Okada, S. Kitamura, K. Kanamaru, Y. Masuda, K. Murakami, K. Irie and Y. Sakagami*
FEBS Lett.   586(2) 174-179   2012年   [査読有り]
H. Sekiguchi, F. Takabayashi, K. Irie and A. Murakami*
J. Med. Food   15(7) 658-663   2012年   [査読有り]
Y. Ikeda, R. Yamaji, K. Irie, N. Kioka and A. Murakami*
Arch. Biochem. Biophys.   528(2) 141-147   2012年   [査読有り]
K. Murakami, N. Murata, Y. Noda, S. Tahara, T. Kaneko, N. Kinoshita, H. Hatsuta, S. Murayama, K. J. Barnham, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu*
J. Biol. Chem.   286(52) 44557-44568   2011年   [査読有り]
Y. Masuda*, M. Fukuchi, T. Yatagawa, M. Tada, K. Takeda, K. Irie, K.-i. Akagi, Y. Monobe, T. Imazawa and K. Takegoshi
Bioorg. Med. Chem.   19(20) 5967-5974   2011年   [査読有り]
K. Murakami, S.-i. Yokoyama, N. Murata, Y. Ozawa, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu*
J. Alzheimers Dis.   26(1) 7-18   2011年   [査読有り]
K. Murakami, S. Yokoyama, N. Murata, Y. Ozawa, K. Irie, T. Shirasawa, and T. Shimizu*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   409(1) 34-39   2011年   [査読有り]
T. Kawamura, K. Matsubara, H. Otaka, E. Tashiro, K. Shindo, R. C. Yanagita, K. Irie and M. Imoto*
Bioorg. Med. Chem.   19(14) 4377-4385   2011年   [査読有り]
Y. Nakagawa, M. Kikumori, Ryo C. Yanagita, A. Murakami, H. Tokuda, H. Nagai and K. Irie*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   75(6) 1167-1173   2011年   [査読有り]
Formation of the 42-mer amyloid β radical and the therapeutic role of superoxide dismutase in Alzheimer's disease
K. Murakami*, T. Shimizu and K. Irie
J. Amino Acids, ID 654207      2011年   [査読有り]
M. Takahashi*, Y. Sugiyama, K. Kawabata, Y. Takahashi, K. Irie, A. Murakami, Y. Kubo, K. Kobayashi and H. Ohigashi
Biosci. Biotechnol. Biochem.   75(11) 2240-2242   2011年   [査読有り]
K. Murakami*, Y. Masuda, T. Shirasawa, T. Shimizu and K. Irie
Geriat. Geront. Int.   10(Sup1) 169-179   2010年   [査読有り]
ポリフェノールによるアルツハイマー病予防の可能性
増田 裕一*, 入江 一浩
FFIジャーナル   215(1) 53-59   2010年   [査読有り]
T. Suzuki, K. Murakami, N. Izuo, T. Kume, A. Akaike, T. Nagata, T. Nishizaki, T. Tomiyama, H. Takuma, H. Mori and K. Irie*
Int. J. Alzheimers Dis., ID 431320      2010年   [査読有り]
N. Murata, K. Murakami, Y. Ozawa, N. Kinoshita, K. Irie, T. Shirasawa and T. Shimizu*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   74(11) 2299-2306   2010年   [査読有り]
R. C. Yanagita, H. Kamachi, K. Tanaka, A. Murakami, Y. Nakagawa, H. Tokuda, H. Nagai and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem. Lett.   20(20) 6064-6066   2010年   [査読有り]
Monoclonal antibody against the turn of the 42-residue amyloid β-protein at positions 22 and 23
K. Murakami, Y. Horikoshi-Sakuraba, N. Murata, Y. Noda, Y. Masuda, N. Kinoshita, H. Hatsuta, S. Murayama, T. Shirasawa, T. Shimizu* and K. Irie*
ACS Chem. Neurosci.   1(11) 747-756   2010年   [査読有り]
M. U. Huynh, M. C. Elston, N. M. Hernandez, D. B. Ball, S. Kajiyama, K. Irie, W. H. Gerwick and D. J. Edwards*
J. Nat. Prod.   73(1) 71-74   2010年   [査読有り]
T. Kondo, R. Kajita, A. Miyazaki, M. Hokoyama, T. Nakamura-Miura, S. Mizuno, Y. Masuda, K. Irie, Y. Tanaka, S. Takada, T. Kakimoto* and Y. Sakagami*
Plant Cell Physiol.   51(1) 1-8   2010年   [査読有り]
H. Sekiguchi, K. Irie and A. Murakami*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   74(5) 1018-1024   2010年   [査読有り]
M. Yasuda, K. Irie and A. Murakami*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   74(5) 1095-1097   2010年   [査読有り]
M. Yasuda, T. Schmid, D. Rübsamen, N. H. Colburn, K. Irie and A. Murakami*
Mol. Carcinog.   49(9) 837-848   2010年   [査読有り]
Y. Nakagawa, R. C. Yanagita, N. Hamada, A. Murakami, H. Takahashi, N. Saito, H. Nagai and K. Irie*
J. Am. Chem. Soc.   131(22) 7573-7579   2009年   [査読有り]
Y. Masuda, S. Uemura, R. Ohashi, A. Nakanishi, K. Takegoshi, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie*
ChemBioChem   10(2) 287-295   2009年   [査読有り]
K. Ohnishi, K. Irie and A. Murakami*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   73(8) 1905-1907   2009年   [査読有り]
アミロイドβ (Aβ42) の毒性コンホメーションの提唱
入江 一浩*, 増田 裕一
基礎老化研究   32(3) 25-29   2008年   [査読有り]
村上 一馬*, 清水 孝彦, 白澤 卓二, 入江 一浩
化学と生物   46(6) 431-434   2008年   [査読有り]
Y. Masuda, A. Nakanishi, R. Ohashi, K. Takegoshi, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie*
Biosci. Biotechnol. Biochem.   72(8) 2170-2175   2008年   [査読有り]
Y. Masuda, S. Uemura, A. Nakanishi, R. Ohashi, K. Takegoshi, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem. Lett.   18(11) 3206-3210   2008年   [査読有り]
T. Sugimoto, K. Itagaki and K. Irie*
Bioorg. Med. Chem.   16(2) 650-657   2008年   [査読有り]
R. C. Yanagita, Y. Nakagawa, N. Yamanaka, K. Kashiwagi, N. Saito and K. Irie*
J. Med. Chem.   51(1) 46-56   2008年   [査読有り]
K. Murakami, M. Uno, Y. Masuda, T. Shimizu, T. Shirasawa and K. Irie*
Biochem. Biophys. Res. Commun.   366(3) 745-751   2008年   [査読有り]
K. Irie*, K. Murakami, Y. Masuda, A. Morimoto, H. Ohigashi, H. Hara, R. Ohashi, K. Takegoshi, H. Fukuda, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa
Mini-Rev. Med. Chem.   7(10) 1001-1008   2007年   [査読有り]
K. Murakami, H. Hara, Y. Masuda, H. Ohigashi and K. irie*
ChemBioChem   8(18) 2308-2314   2007年   [査読有り]
R. C. Yanagita, K. Torii, Y. Nakagawa and K. Irie*
Heterocycles   73 289-302   2007年   [査読有り]
CH/π相互作用を利用した薬剤開発
入江 一浩
ファルマシア   42(5) 427-430   2006年   [査読有り]
Y. Nakagawa, K. Irie*, R. C. Yanagita, H. Ohigashi, K. Tsuda, K. Kashiwagi and N. Saito
J. Med. Chem.   49(9) 2681-2688   2006年   [査読有り]
K. Irie*, Y. Nakagawa and H. Ohigashi
Chem. Rec.   5(4) 185-195   2005年   [査読有り]
K. Irie*, K. Murakami, Y. Masuda, A. Morimoto, H. Ohigashi, R. Ohashi, K. Takegoshi, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa
J. Biosci. Bioeng.   99(5) 437-447   2005年   [査読有り]
Y. Masuda, K. Irie*, K. Murakami, H. Ohigashi, R. Ohashi, K. Takegoshi, T. Shimizu and T. Shirasawa
Bioorg. Med. Chem.   13(24) 6803-6809   2005年   [査読有り]
M. Nagao*, T.-C. Wen, M. Okamoto, K. Irie, T. Takaku and M. Sakanaka
Cytotechnol.   47(1/3) 139-144   2005年   [査読有り]

Misc

 
Evaluation system of amyloid beta precursor protein processing in rat primary cortical neurons treated with PKC activators
M. Yoshimura et al.
新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム (ISCC2019)(一橋大学一橋講堂、東京)      2019年1月
Synthesis, conformation, and biological activities of a des-A-ring analog of 18-deoxy-aplog-1, a simplified analog of debromoaplysiatoxin
Y. Ashida et al.
新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第1回国際シンポジウム (ISCC2019)(一橋大学一橋講堂、東京)      2019年1月
Aβ42毒性オリゴマーの細胞内標的タンパク質と作用機序
片岡翔太郎 他
日本農芸化学会2018年度関西支部例会(第506回講演会)(神戸大学、神戸市)      2018年12月
Synthetic studies on oscillatoxin D and its analogs
Y. Hanaki et al.
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (Rihga Royal Hotel) (Kyoto, Japan)      2018年11月
生合成経路の再構築と再設計による糸状菌ジテルペノイドピロンライブラリーの構築と生物活性評価
塚田健人 他
第36回メディシナルケミストリーシンポジウム(京都テルサ、京都市)      2018年11月
RNA aptamers targeting the toxic oligomers of Aβ42 and their application to immunohistochemistry
K. Murakami et al.
The 45th International Syposium on Nucleic Acids Chemistry (Kyoto University Clock Tower Centennial Hall) (Kyoto, Japan)      2018年11月
新規PKC活性化薬の10-Methyl-Aplog-1はJQ1との併用により理想的なLatency Reversing Agentとしての活性を示す
鷲崎彩夏 他
第66回日本ウイルス学会学術集会(京都テルサ、京都市)      2018年10月
脳脊髄液中のAβ毒性コンホマー量とタウの関連
冨所康志 他
第37回日本認知症学会学術集会(ロイトン札幌・札幌市教育文化会館、札幌市))      2018年10月
天然物によるアミロイドβの毒性オリゴマー形成阻害機構
村上一馬 他
第37回日本認知症学会学術集会(ロイトン札幌・札幌市教育文化会館、札幌市))      2018年10月
分子内ジスルフィド結合形成によるアミロイドβの毒性コンホメーションの制御
松島由佳 他
第37回日本認知症学会学術集会(ロイトン札幌・札幌市教育文化会館、札幌市)      2018年10月
抗腫瘍性Aplysiatoxin単純化アナログ・10-Me-Aplog-1のアセタール型アナログの合成と生物活性
早川皓太郎 他
第60回天然有機化合物討論会(久留米シティープラザ、福岡県久留米市)      2018年9月   [査読有り]
サンゴジュに含まれるビブサニン類のプロテインキナーゼC結合活性の評価と結合様式の予測
植松紗和子 他
日本農芸化学会2018年度中四国支部大会(島根大学松江キャンパス、松江市)      2018年9月
アミロイドβ42の2量体モデル由来の毒性オリゴマーに対するRNAアプタマー
小畑弥生 他
日本核酸医薬学会第4回年会(九州大学医学部百年講堂、福岡市)      2018年7月
新規PKC活性化薬の10-Methyl-Aplog-1はJQ1との併用により理想的なLatency Reversing Agentとしての活性を示す
鷲崎彩夏 他
第32回近畿エイズ研究会学術集会(大阪大学微生物病研究所、吹田市)      2018年6月
Toxic Aβ conformer and tau in CSF obtained from the cases of AD dementia, a preliminary study
冨所康志 他
第59回日本神経学会学術大会(札幌市教育文化会館、札幌市)      2018年5月
アミロイドβ42の毒性2量体モデルから形成されるプロトフィブリルを標的としたRNAアプタマーの開発
小畑弥生 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
アミロイドβの毒性オリゴマーの構造解析に基づくアルツハイマー病の早期診断法の開発
入江一浩
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月   [依頼有り]
スピロ環をもたないアプリシアトキシン単純化アナログの合成、配座、および活性
芦田能基 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
青ジソに含まれるアミロイドβ42の凝集阻害物質の作用機構とマウスにおける生体内代謝
坂口嘉紀 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
アプリシアトキシン単純化アナログ・10-Me-aplog-1の側鎖誘導体の合成と活性
高田晃児 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
アプリシアトキシン単純化アナログ・10-Me-Aplog-1の3位アセタール型アナログの合成
早川皓太郎 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
アミロイドβ42の毒性オリゴマーの細胞内標的探索
片岡翔太郎 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
アポモルフィンによるアミロイドβ42凝集抑制機構の解析
花木瑞穂 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
Aplysiatoxin 単純化アナログ・10-Methyl-aplog-1のがん細胞増殖抑制に関わるPKCアイソザイムの同定
花木祐輔 他
2018年度日本農芸化学会大会(名城大学、名古屋市)      2018年3月
アプリシアトキシン単純化アナログのがん細胞増殖抑制活性
入江一浩
先端モデル動物支援プラットフォーム 成果発表会2017(琵琶湖ホテル、大津市)      2018年1月   [依頼有り]
脳脊髄液中の毒性Aβコンホマーの測定
冨所康志 他
第36回日本認知症学会学術集会(石川県立音楽堂、金沢市)      2017年11月
新規PKC activator、10-Methyl-Aplog-1はHIV-1を再活性化する有用なLatency Reversing Agentである
鷲崎彩夏 他
第31回日本エイズ学会学術集会・総会(中野サンプラザ、東京都中野区)      2017年11月
新規PKC activatorである10-methyl-aplog-1はHIV-1再活性化薬として有用である
鷲崎彩夏 他
第65回日本ウイルス学会学術集会(大阪国際会議場、大阪市)      2017年10月
神経細胞毒性を有する準安定なアミロイドβの2量体モデルの合成とイオンモビリティー質量分析法による構造解析
入江一浩 他
第35回メディシナルケミストリーシンポジウム(名古屋大学、名古屋市)      2017年10月
生薬チョウトウコウに含まれるアミロイドβオリゴマー形成阻害物質の同定と作用機構
村上一馬 他
第59回天然有機化合物討論会(わくわくホリデーホール、札幌市)      2017年9月   [査読有り]
Measurement of toxic Aβ conformer in cerebrospinal fluid obtained from the cases of AD dementia
Y. Tomidokoro et al.
XXIII World Congress of Neurology (International Conference Center Kyoto) (Kyoto, Japan)      2017年9月
A Novel PKC activator, 10-methyl-aplog-1, induces HIV-1 efficiently in combination with BET inhibitor JQ1
A. Washizaki et al.
35th Annual Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS (Overture Center for the Arts) (Madison, USA)      2017年8月
アミロイドβの毒性配座理論と抗体創製
村上一馬,入江一浩
認知症研究を知る若手研究者の集まり2017(湯の宿木もれび、大津市)      2017年7月
Aplysiatoxin単純化アナログ・10-Me-aplog-1のフェノール性側鎖が各種生物活性に与える影響
花木祐輔 他
2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市)      2017年3月
漢方由来ウンカリン酸 C によるアミロイド β42 核形成阻害メカニズム
吉岡卓也 他
2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市)      2017年3月
アミロイドβ40の毒性オリゴマーモデル
入江由美 他
2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市)      2017年3月
アミロイドβ42の35番目でジスルフィド架橋したダイマーの合成と活性評価
村上一馬 他
2017年度日本農芸化学会大会(京都女子大学、京都市)      2017年3月
アミロイドβ「毒性コンホマー」を標的にしたアルツハイマー病の治療・診断法の開発
泉尾直孝 他
日本薬学会第137年会(仙台国際センター、仙台市)      2017年3月   [依頼有り]
アミロイドβ40の2量体モデルの合成と神経細胞毒性
入江由美 他
第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区)      2016年12月
ウンカリン酸によるアミロイドβ凝集核形成の選択的阻害
吉岡卓也 他
第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区)      2016年12月
天然ポリフェノールによるAβ42凝集阻害機構の解明とアルツハイマー病予防の可能性
村上一馬,入江一浩
第35回日本認知症学会学術集会(東京国際フォーラム、東京都千代田区)      2016年12月   [依頼有り]
アプリシアトキシンおよびジアシルグリセロールの受容体認識部位の構造活性相関研究
芦田能基 他
2016年日本化学会中国四国支部大会 香川大会(香川大学幸町北キャンパス、高松市)      2016年11月
デブロモアプリシアトキシン単純化アナログ・aplog-1の構造最適化ならびにがん細胞増殖抑制機構の解析
花木祐輔 他
第58回天然有機化合物討論会(東北大学百周年記念会館川内萩ホール)      2016年9月   [査読有り]
Identification of the “toxic conformer” of amyloid β and its pathogenic contribution of Alzheimer’s disease
N. Izuo et al.
2016 Spring International Conference of the Korean Society for Gerontology (Hotel Laonzena, Convention Hall) (Daegu, Korea)      2016年6月
Aβ42の22-23位におけるターン構造はAβ42誘発神経毒性を調節する
泉尾直孝 他
日本基礎老化学会大会(伊勢原市民文化会館、伊勢原市)      2016年5月
Thapsigargin のC1ドメインに対する結合能と結合選択性の評価
高橋知世 他
2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市)      2016年3月
分子モデリングによるAplysiatoxinとプロテインキナーゼC C1ドメインとの結合様式の予測
芦田能基 他
2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市)      2016年3月
チョウトウコウに含まれるウンカリン酸Cおよびその誘導体のアミロイドβ凝集阻害活性
吉岡卓也 他
2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市)      2016年3月
新規抗がん剤シード・10-Me-aplog-1のがん細胞増殖抑制機構
花木祐輔 他
2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市)      2016年3月
アミロイドβの毒性コンホマーにきわめて特異的な抗体の開発とアルツハイマー病診断への応用
村上一馬 他
2016年度日本農芸化学会大会(札幌コンベンションセンター、札幌市)      2016年3月
Passive immunization with the toxic conformer of Aβ ameliorated behavioral abnormalities in Alzheimer’s-like model without affecting senile plaque deposition
泉尾直孝 他
第89回日本薬理学会年会(パシフィコ横浜、横浜市)      2016年3月
新規抗がん剤シード・aplog類のがん細胞増殖抑制機構の解析
花木祐輔 他
新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー〜分子標的と活性制御〜」地区ミニシンポジウム(京都大学、京都市)      2016年2月
Characterization of the monoclonal antibody (24B3) highly recognizing the toxic turn of amyloid β42 and its application to diagnosis for Alzheimer’s disease
K. Murakami et al.
The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs” (Takeda Pharmaceutical Company, Ltd.) (Suita, Japan)      2016年1月
Large-scale synthesis, anti-cancer activity in vivo, and mechanism of anti-proliferative activity of 10-methyl-aplog-1, a simplified analog of aplysiatoxin, as an anti-cancer lead
Y. Hanaki et al.
The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences “Biomolecule-based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs” (Takeda Pharmaceutical Company, Ltd.) (Suita, Japan)      2016年1月
Structural insight into the inhibitory mechanism of amyloid β42 aggregation by non-catechol-type flavonoids
M. Hanaki et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月
Characterization of monoclonal antibodies against the toxic turn of amyloid β42 and their application to diagnosis for Alzheimer’s disease.
K. Murakami et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月   [依頼有り]
Synthesis and biological activities of the amide derivative of aplog-1
Y. Hanaki et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月
Isolation and ability to bind to protein kinase C of (20S)-bryostatin 19 from Japanese bryozoan: elucidation of the role of the side-chain at position 20
R. C. Yanagita et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月
Structure–activity studies on the PKC-recognition domain of aplysiatoxin, a potent tumor-promoter isolated from a sea hare
Y. Ashida et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月
New lyngbyatoxin derivatives from the Hawaiian cyanobacterium Moorea producens
W. Jiang et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月
Extraction of anti-proliferative activity from pleiotropic debromoaplysiatoxin, a potent tumor promoter and a highly inflammatory principle isolated from sea hare
K. Irie et al.
2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (Hawaii, USA)      2015年12月   [依頼有り]
Aβ毒性コンホマーの選択的除去は老人班蓄積を阻害せずにアルツハイマー病モデルマウスの行動異常を改善する
泉尾直孝 他
第38回日本分子生物学会年会(神戸ポートアイランド、神戸市)      2015年12月
In vitro display evolution of cyclized peptidomimetics to a chemically synthesized amyloid beta protein dimer
川上隆史 他
第52回ペプチド討論会(平塚中央公民館、平塚市)      2015年11月
アミロイドβの毒性配座理論に基づいた構造特異抗体の開発と診断薬への応用
村上一馬,入江一浩*
第8回たんぱく質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(京都大学原子炉実験所、熊取町)      2015年11月
Aβ 毒性コンホマーの選択的除去は老人斑に影響せずアルツハイマー病症状を改善する
泉尾直孝 他
第34回日本認知症学会学術集会(リンクステーションホール青森)      2015年10月
アミロイドβの毒性コンホマーを極めて特異的に認識する抗体の開発とAD診断への応用
村上一馬 他
第34回日本認知症学会学術集会(リンクステーションホール青森)      2015年10月
非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβの凝集抑制機構
花木瑞穂 他
第57回天然有機化合物討論会(神奈川県民ホール)      2015年9月   [査読有り]
SOFAST-HMQC NMR を用いた非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβの凝集抑制機構の解析
花木瑞穂 他
2015年度日本農芸化学会中部・関西支部合同大会(富山県立大学)      2015年9月
Aβ毒性コンホマーの選択的除去は老人班形成を阻害せずにアルツハイマー病モデルマウスの行動異常を改善する
泉尾直孝 他
第5回認知症研究を知る若手研究者の集まり2015(高崎市)      2015年8月
アミロイドβペプチドの毒性配座理論に基づいた構造特異抗体の開発と診断薬への応用
村上一馬,入江一浩*
第47回若手ペプチド夏の勉強会、信州塩尻・天然温泉アスティかたおか(塩尻市)      2015年8月   [依頼有り]
ハワイ産ラン藻Moorea producens由来の新規lyngbyatoxin A誘導体類の構造ならびに活性
江偉娜 他
第62回トキシンシンポジウム(志摩市)      2015年7月
アミロイドβの「毒性コンホマー」を標的とした受動免疫療法はアルツハイマー病モデルの神経症状を改善する
泉尾直孝 他
第38回 日本基礎老化学会大会(パシフィコ横浜)      2015年6月
リガンド結合ポケットの特性を利用した新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
宮前友策 他
日本ケミカルバイオロジー学会第10回年会(仙台)      2015年6月
日本産フサコケムシからの新規bryostatin類の単離と活性
村木謙介 他
2015年度日本農芸化学会大会(岡山)      2015年3月
AplysiatoxinのPKC C1ドメイン認識部位の構造活性相関研究
芦田能基 他
2015年度日本農芸化学会大会(岡山)      2015年3月
Pathophysiological activities of the “toxic conformer” and the “non-toxic conformer” of amyloid β-induced neurotoxicity
泉尾直孝 他
第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)      2015年3月
アミロイドβ42ダイマーの合成と活性評価
徳田真樹 他
2015年度日本農芸化学会大会(岡山)      2015年3月
細胞増殖抑制能を有するアプリシアトキシン単純化アナログのアミド誘導体の合成と活性
花木祐輔 他
2015年度日本農芸化学会大会(岡山)      2015年3月
リガンド結合ポケットの特性に基づく新規共有結合性PPARγアゴニストの創製
宮前友策 他
2015年度日本農芸化学会大会(岡山)      2015年3月
非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβ42の凝集抑制機構
佐藤瑞穂 他
第33回日本認知症学会学術集会(横浜)      2014年11月   [査読有り]
ラン藻Moorea producensより単離した新規lyngbyatoxin A誘導体の構造および生物活性
江偉娜 他
第56回天然有機化合物討論会(高知市)      2014年10月   [査読有り]
非共有結合性リガンドの開発を目指した新規PPARγ活性化機構の解明
宮前友策 他
第56回天然有機化合物討論会(高知市)      2014年10月   [査読有り]
Structural insights into inhibitory ability of flavonoids for Aβ42 aggregation
M. Sato et al.
XXVIIth International Confefence on Polyphenols (Nagoya, Japan)      2014年9月   [査読有り]
Inhibitors for Aβ42 aggregation in a traditional herbal medicine Uncaria rhynchophylla
K. Murakami et al.
Alzheimer’s Association International Conference (Bella Center A/S, Copenhagen, Denmark)      2014年7月   [査読有り]
Synthesis and biological activities of the Aβ40 dimer with toxic conformation
K. Irie et al.
Alzheimer’s Association International Conference (Bella Center A/S, Copenhagen, Denmark)      2014年7月   [査読有り]
Identification of the “toxic conformer” of amyloid β in Alzheimer’s disease
泉尾直孝 他
日本基礎老化学会大会(横浜)      2014年6月
12-Epi-lyngbyatoxin A, a new toxic substance from the cyanobacteria Moorea producens
Jiang, W. et al.
The Asia-Pacific Section Congress of International Society of Toxicology (Changsha, China)      2014年6月
アプリシアトキシン単純化アナログ (Aplog-1) の抗がん剤シーズとしての構造最適化
菊森将之 他
新学術領域研究・がん支援「化学療法基盤支援活動」第3回シンポジウム(名護市、万国津梁館)      2014年5月   [査読有り]
伝統生薬チョウトウコウに含まれるアミロイドβ凝集抑制物質
村上一馬 他
2014年度日本農芸化学会大会(東京)      2014年3月
非カテコール型フラボノイドによるアミロイドβ42凝集抑制機構
佐藤瑞穂 他
2014年度日本農芸化学会大会(東京)      2014年3月
アミロイドβダイマーの合成と活性評価
鈴木天志 他
2014年度日本農芸化学会大会(東京)      2014年3月
Debromoaplysiatoxinの4位不斉メチル基の生物活性おける役割
菊森将之 他
2014年度日本農芸化学会大会(東京)      2014年3月
Site-specific inhibitory mechanisms for amyloid β aggregation by catechol-type flavonoids
M. Sato et al.
Institute for Chemical Research International Symposium 2014 (Kyoto, Japan)      2014年3月
Induction of oxidative stress by the “toxic conformer” is crucial for Aβ42 neurotoxicity
泉尾直孝 他
第87回日本薬理学会年会(仙台)      2014年3月
Aβ42誘発神経毒性には、「毒性コンホマー」による酸化ストレス誘導が重要である
泉尾直孝 他
第36回日本分子生物学会年会(神戸)      2013年12月
カテコール型フラボノイド類のアミロイドβ凝集抑制機構
佐藤瑞穂 他
第32回日本認知症学会学術集会(松本)      2013年11月   [査読有り]
ポリフェノールによるアミロイドβ42の凝集抑制機構
村上一馬 他
第6回タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会(京都大学原子炉実験所)      2013年11月
Specific inhibitory mechanisms for Aβ42 aggregation by flavonoids
M. Sato et al.
Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2013 (Boston, USA)      2013年7月
Vitamin C and silymarin restores Aβ oligomerization and behavioral abnormality in Alzheimer’s pathology
K. Murakami et al.
Alzheimer's Association International Conference (AAIC) 2013 in Boston, USA      2013年7月
Role of methyl groups on the spiroketal moiety of aplog-1, a simplified analogue of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity
M. Kikumori et al.
23rd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (Nagasaki, Japan)      2013年5月

書籍等出版物

 
認知症, 実験医学増刊, Vol.35-No.12, 2017
入江一浩*, 村上一馬(分担執筆,p52-59) (担当:分担執筆, 範囲:アミロイドβタンパク質の構造解析と診断への応用, p52-59)
羊土社   2017年7月   
有機化学要論
入江一浩(分担執筆, p75-91) (担当:分担執筆, 範囲:第4章 酸と塩基, p75-91)
学術図書出版社,入江一浩, 津江広人編著   2015年4月   
アプリシアトキシンの骨格を利用した抗がん剤シーズの開発研究
入江一浩 (担当:共著)
日本化学会編,CSJ Current Review 19, 生物活性分子のケミカルバイオロジー, Chapter 12, p127-133   2015年   
Potential role of vitamin C in the prevention of Alzheimer’s disease
K. Murakami*, K. Irie and T. Shimizu (担当:共著)
Elsevier, C. R. Martin and V. R. Prredy (Eds.), Diet and Nutrition in Dementia and Cognitive Decline, p.663-668   2015年   
固体NMRおよびESRによるアミロイドβの立体構造解析と毒性ターン構造特異抗体の開発
村上一馬, 増田裕一, 入江一浩* (担当:共著)
メディカル ドゥ,遺伝子医学MOOK 21号,最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用,p211-216   2012年   
Identification of toxic conformation in Aβ42 aggregates using solid-state NMR
Y. Masuda, S. Uemura, R. Ohashi, A. Nakanishi, K. Takegoshi and K. Irie*
Peptide Science 2008, p25-28   2009年   
'Malignant' conformation of Alzheimer's beta peptide (Abeta42) through radical formation
K. Murakami, K. Irie*, H. Ohigashi, H. Hara, M. Nagao, T. Shimizu and T. Shirasawa
Peptide Science 2006, p19-20   2006年   
New aggregation model of amyloid β by the systematic proline replacement
K. Murakami, K. Irie*, A. Morimoto, Y. Masuda, H. Ohigashi, M. Nagao, H. Fukuda, T. Shimizu and T. Shirasawa
Peptide Science 2004, p179-182   2005年   
Tumor-promoting phorbol esters bind directly to the regulatory domain of diacylglycerol kinase gamma
M. Shindo*, K. Irie, H. Ohigashi, M. Kuriyama and N. Saito
Peptide Science 2001, p207-210   2002年   
Selective binding of tumor promoters to the novel PKC C1B domains
K. Irie*, A. Nakahara, Y. Nakagawa, H. Ohigashi, M. Shindo, H. Fukuda, H. Konishi and U. Kikkawa
Peptide Science 2000, p197-200   2001年   

講演・口頭発表等

 
アミロイドβの毒性を示す立体構造の同定とアルツハイマー病診断への応用 [招待有り]
入江 一浩
第125回 支援センターセミナー(滋賀医科大学)   2018年5月15日   実験実習支援センター、神経難病研究センター
Development of monoclonal antibody with specificity for a toxic conformer of amyloid β and its application toward the Alzheimer’s disease diagnosis and therapeutics [招待有り]
Kazuhiro Irie
Seminar in The Florey Institute, The University of Melbourne, Australia   2018年2月20日   
アプリシアトキシン単純化アナログ・10-Me-Aplog-1の構造最適化とがん細胞増殖抑制に関わるPKCアイソザイムの同定 [招待有り]
入江 一浩
新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」第2回公開シンポジウム(京都大学益川ホール、京都市)   2018年2月2日   新学術領域研究「化学コミュニケーションのフロンティア」総括班
アミロイドβの毒性2量体モデルの合成とイオンモビリティー質量分析法による構造解析 [招待有り]
入江 一浩
京都大学学際融合教育研究推進センター・生理化学研究ユニット第7回公開シンポジウム(京都大学益川ホール、京都市)   2017年12月22日   京都大学学際融合教育研究推進センター
化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略 [招待有り]
入江一浩
グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS2017)基盤コース   2017年10月7日   京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット
Measurements of toxic oligomers of amyloid β by ion mobility–mass spectrometry [招待有り]
入江 一浩
第65回質量分析総合討論会   2017年5月18日   日本質量分析学会
化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略 [招待有り]
入江 一浩
グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS2016)基盤コース   2016年10月1日   京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット
抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析 [招待有り]
入江一浩
新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」研究成果報告シンポジウム(慶應義塾大学日吉キャンパス、横浜市)   2016年7月1日   新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」総括班
アプリシアトキシンの構造単純化による抗がん剤シーズの開発研究 [招待有り]
入江 一浩
第33回メディシナルケミストリーシンポジウム   2015年11月26日   日本薬学会・医薬化学部会
化学的手法に基づくアルツハイマー病の新しい予防戦略 [招待有り]
入江 一浩
グローバルサイエンスキャンパス京都大学(ELCAS 2015)基盤コース   2015年10月17日   京都大学 学際融合教育研究推進センター 高大接続科学教育ユニット
天然のプロテインキナーゼCリガンドの単純化による抗がん剤シーズの開発研究 [招待有り]
入江 一浩
日本農芸化学会2015年度中四国・西日本支部合同大会(愛媛大学農学部・樽味キャンパス)   2015年9月17日   日本農芸化学会中四国・西日本支部
Inhibitory mechanism for amyloid beta42 aggregation by flavonoids [招待有り]
入江 一浩
Kyoto-Bordeaux Symposium 2015   2015年5月22日   Kyoto University and University of Bordeaux
化学を武器にアルツハイマー病に挑む [招待有り]
入江一浩
関西大倉高校出前講義(高槻市)   2014年11月10日   
抗がん剤開発を指向した新規プロテインキナーゼCリガンドの創製 [招待有り]
京都大学学際融合教育研究推進センター・生理化学研究ユニット・第4回シンポジウム   2014年6月24日   生理化学研究ユニット
Synthesis and biological activities of the simplified analogs of a natural PKC ligand aplysiatoxin [招待有り]
International Symposium on Natural Products Chemistry and Chemical Biology   2013年11月26日   
ポリフェノールによるアルツハイマー病予防の可能性 [招待有り]
数理分子セミナー   2013年5月17日   広島大学理学研究科
ポリフェノールによるアミロイドβ の凝集抑制機構 [招待有り]
2013年度日本農芸化学会大会   2013年3月27日   日本農芸化学会
アミロイドβタンパクの毒性ターン構造の同定とその構造特異抗体の開発 [招待有り]
第15回アグリバイオセミナー   2012年11月22日   近畿大学農学部
Structure-activity studies on a simplified analog of debromoaplysiatoxin with anti-proliferative activity [招待有り]
The 1st International Symposium on Chemical Biology of Natural Products: Target ID and Regulation of Bioactivity   2012年10月31日   
ポリフェノールによるアミロイドβの凝集阻害機構 [招待有り]
第31回日本認知症学会学術集会   2012年10月28日   日本認知症学会
プロテインキナーゼCを標的とした新規抗がん剤シーズ [招待有り]
京都大学新技術説明会   2012年8月24日   京都大学・科学技術振興機構
天然発がんプロモーターの骨格を利用した新規抗がん剤リードの開発 [招待有り]
2012年度大会シンポジウム   2012年3月25日   日本農芸化学会
抗がん剤開発を指向した新規PKCリガンドの創製と作用機構解析 [招待有り]
新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」第一回公開シンポジウム   2012年1月10日   新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー」総括班
発がんプロモーターの骨格を利用した新規ツール分子と抗がん剤シーズの開発 [招待有り]
日本農芸化学会関西支部例会(第472回講演会)   2011年12月10日   日本農芸化学会関西支部
Development of new molecular probes and therapeutic seeds having skeletons of naturally-occurring tumor promoters [招待有り]
22nd French-Japanese Symposium of Medicinal and Fine Chemistry (Rouen, France)   2011年9月13日   
Synthesis and structure-activity studies of the simplified analogue of aplysiatoxin with antiproliferative activity like bryostatin 1 [招待有り]
27th International Symposium on the Chemistry of Natural Products, 7th International Conference on Biodiversity (Brisbane, Australia)   2011年7月11日   
アミロイドβの毒性ターン構造を認識する抗体の開発 [招待有り]
第52回日本神経学会学術大会(名古屋)   2011年5月19日   日本神経学会
アミロイドβタンパクの毒性コンホメーションの同定と薬剤開発 [招待有り]
香川大学農学部第2回公開シンポジウム「生命を化学の視点から探究する」   2010年   
Development of anticancer compounds using the skeleton of tumor promoter aplysiatoxin [招待有り]
The 25th Naito Conference, Chemical Biology [II] -An Emerging Field Inspired by Natural Product Chemistry- (Sapporo, Japan)   2009年   
アミロイドβタンパクの毒性コンホメーション [招待有り]
第54回白鷺セミナー(大阪)   2008年   
固体NMR及びESRによるβアミロイドの立体構造と神経細胞毒性発現機構の解析 [招待有り]
理研シンポジウム:「第9回 分析・解析技術と化学の最先端」(東京)   2008年   
抗がん剤の開発に向けたブライオスタチン等価体の開発 [招待有り]
毒素研究会シンポジウム(東京)   2008年   
アミロイドβ凝集体の立体構造解析と神経細胞毒性発現機構 [招待有り]
彩都バイオヒルズクラブ プロテオミクスシンポジウム(大阪)   2008年   
βアミロイドの立体構造解析と神経細胞毒性発現機構 [招待有り]
第43回天然物化学談話会(大阪)   2008年   

Works

 
プロテインキナーゼCのC1ホモロジードメインの立体構造および機能解析
1997年

競争的資金等の研究課題

 
プロテインキナーゼCのC1ホモロジードメインの化学合成と立体構造解析
研究期間: 1993年   
発がんプロモーターの構造活性相関とプロテインキナーゼCアイソザイム選択的な薬剤の開発
研究期間: 1982年   
アルツハイマー病因ペプチドの凝集機構の解明と凝集阻害剤の開発
研究期間: 2000年   
インドール環4位への窒素原子導入酵素の触媒機構の解析と応用
研究期間: 2005年   
ブライオスタチンのプロテインキナーゼC活性化機構に基づいた新規抗がん剤の開発
研究期間: 2004年   

特許

 
特願2014−251898,2015−104411 : アミロイドβの22位及び23位のターン構造を極めて特異的に認識する抗体
入江一浩,村上一馬,清水孝彦,泉尾直孝,清藤 勉
特許US 8,710,193; CN ZL201080046483.9 : Antibody recognizing turn structure in amyloid β
Irie, K., Murakami, K., Masuda, Y., Shimizu, T., Shirasawa, T., Seito, T.
特許第6170908号 : 新規アプリシアトキシン誘導体及びそれを含有する抗がん剤
入江一浩,菊森将之,蒲池弘明,柳田 亮,中川 優
特願2009−239542 : アミロイドβのターン構造を認識する抗体
入江一浩,村上一馬,増田裕一,清水孝彦,白澤卓二,清藤 勉