高林 純示

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/30 16:06
 
アバター
研究者氏名
高林 純示
 
タカバヤシ ジュンジ
URL
http://ecology.kyoto-u.ac.jp/indexj.html
所属
京都大学
部署
生態学研究センター
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2001年4月
 - 
現在
京都大学 生態学研究センター 教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
京都大学生態学研究センター・副センター長
 
2007年4月
 - 
2009年3月
京都大学生態学研究センター・センター長
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
現在
京都大学  総合博物館運営委員
 
2017年10月
 - 
2019年9月
Asia Pacific Association of Chemical Ecologists  会長
 
2015年8月
 - 
2017年9月
Asia Pacific Association of Chemical Ecologists  Executive Treasure
 
2009年4月
 - 
2011年3月
自然科学研究機構・基礎生物学研究所  運営委員
 
2005年
 - 
2007年
日本応用動物昆虫学会  評議員
 

受賞

 
2010年
大阪府 バイオビジネスJAPAN 優秀賞 協賛企業特別賞
 
2009年
大阪府 バイオビジネスJAPAN 奨励賞
 
2001年
日本応用動物昆虫学会学会賞
 

論文

 
Rika Ozawa Yoshitsugu Ohara Kaori Shiojiri Toru Uchida Kazumasa Kakibuchi Soichi Kugimiya Masayoshi Uefune Junji Takabayashi
Journal of Applied Entomology   142 978-984   2018年7月   [査読有り]
Yoneya Kinuyo, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
ANIMAL COGNITION   21(1) 79-86   2018年1月   [査読有り]
Morino Chisato, Morita Yusuke, Minami Kazuki, Nishidono Yuto, Nakashima Yoshitaka, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Ono Naoaki, Kanaya Shigehiko, Tamura Takayuki, Tezuka Yasuhiro, Tanaka Ken
JOURNAL OF NATURAL MEDICINES   72(1) 161-165   2018年1月   [査読有り]
A device to disperse synthetic herbivore-induced plant volatiles that attract natural enemies of herbivores in the field for pest control.
Kugimuya S, Uefune M, Sano K, Takabayashi J.
Acta Horticulture   1169 113-118   2017年7月   [査読有り]
Rim Hojun, Uefune Masayoshi, Ozawa Rika, Yoneya Kinuyo, Takabayashi Junji
BIOCONTROL   62(2) 233-242   2017年4月   [査読有り]
Uefune M, Shiojiri K, Takabayashi J.
Arthropod-Plant Interactions   11(2) 235-239   2017年4月   [査読有り]
Ohara Y, Uchida T, Kakibuchi K, Uefune M, Takabayashi J
Journal of Applied Entomology   141(3) 231-234   2017年3月   [査読有り]
Ozawa R, Endo H, iijima M, Sugimoto K, Takabayashi J, Gotoh T, Arimura G.
Scientific Reports   7(43200) doi: 10.1038/srep43200   2017年2月   [査読有り]
Shiojiri K, Ozawa R, Yamashita K, Uefune M, Matsui K, Tsukamoto C, Tokumaru S, Takabayashi J.
Scientific Reports   7(41508) doi: 10.1038/srep41508   2017年1月   [査読有り]
Uefune M, Nakashima N, Shimoda T, Urano S, Kugimiya S, Takabayashi J
Journal of Applied entomology   140(10) 796-800   2016年12月   [査読有り]
Nakashima Y, Ida T, Powell W, Pickett J, Birkett M, Taki H, Takabayashi J
BioControl   61(5) 485-496   2016年10月   [査読有り]
Šimpraga M, Takabayashi J, Holopainen J
Journal of Integrative Plant Biology   58(4) 349-349   2016年4月   [査読有り]
Watanabe H, Yano E, Higashida K, Hasegawa S, Takabayashi J, Ozawa R
Journal of Chemical Ecology   42(2) 149-155   2016年2月   [査読有り]
Yamashita K, Isayama S, Ozawa R, Uefune M, Takabayashi J, Miura K
Journal of Ethology   34(1) 1-7   2016年1月   [査読有り]
RIM Hojun, UEFUNE Masayoshi, OZAWA Rika, TAKABAYASHI Junji
Biological Control   91 47-54   2015年12月   [査読有り]
Yamauchi A, Baalen van M, Kobayashi Y, Takabayashi J, Shiojiri K, Sabelis W. M
Proceedings of the Royal Society B, Biological Sciences   34(1818) 333   2015年11月   [査読有り]
SHIOJIRI Kaori, SABELIS Maurice, TAKABAYASHI Junji
Royal Society Open Science   2(12)    2015年11月   [査読有り]
Takemoto H, Takabayashi J
Journal of Chemical Ecology   41(9) 801-807   2015年9月   [査読有り]
UJI Yuya Y , OZAWA Rika, SHISHIDO Hodaka, TANIGUCHI Shiduku, TAKABAYASHI Junji, AKIIMITSU Kazuya, GOMI Kenji.
Journal of Plant Physiology   180 67-71   2015年5月   [査読有り]
SUGIMOTO Koichi, MATSUI Kenji, TAKABAYASHI Junji
Communicative and Integrative Biology   8(1)    2015年1月   [査読有り]
Koeduka T, Sugimoto K Watanabe B, Someya N, Kawanishi D, Goth T, Ozawa R, Takabayashi J, Matsui K, Hiratake J.
Plant Biology   16 451-456   2015年   [査読有り]
SHIMODA Takeshi, MITSUNAGA Takayuki, UEFUNE Masayoshi, ABE Junichiro, KUGIMIYA Soichi, NAGASAKA Koukichi, TAKABAYASHI Junj、SANO Kota, URANO Satoru, SUSZUKI Yoshito, YANO Eizi,
Bio Control   59(6) 681-688   2014年12月   [査読有り]
WATANABE Hiroshi, KATAYAMA Noboru, YANO Eizi, SUGIYAMA Ryohei, NISHIKAWA Shoko, ENDOU Takuya, WATANABE Kaori, TAKABAYASHI Junji, OZAWA Rika
Biological Control   78 55-60   2014年11月   [査読有り]
Host plant volatiles and the sexual reproduction of the potato aphid, macrosiphum euphorbiae
J. Hurley; H. Takemoto; J. Takabayashi; J. McNeil
Insects   5(4) 783-792   2014年10月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Takabayashi Junji, Sabelis Maurice W., Janssen Arne
ANIMAL BEHAVIOUR   93 9-13   2014年7月   [査読有り]
Sugimoto Koichi, Matsui Kenji, Iijima Yoko, Akakabe Yoshihiko, Muramoto Shoko, Ozawa Rika, Uefune Masayoshi, Sasaki Ryosuke, Alamgir Kabir Md., Akitake Shota, Nobuke Tatsunori, Galis Ivan, Aoki Koh, Shibata Daisuke, Takabayashi Junji
PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   111(19) 7144-7149   2014年5月   [査読有り]
米谷 衣代、釘宮 聡一、高林 純示
Applied Entomology and Zoology   49(2) 249-253   2014年5月   [査読有り]
高林 純示
Journal of Plant Interactions   9(1) 364-369   2014年1月   [査読有り]
Uefune Masayoshi, Ozawa Rika, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   9(1) 69-73   2014年1月   [査読有り]
Takemoto Hiroyuki, Uefune Masayoshi, Ozawa Rika, Arimura Gen-Ichiro, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   8(4) 370-374   2013年12月   [査読有り]
高林 純示
Journal of Biological Chemistry   288(36) 26078-26088   2013年9月   [査読有り]
Maffei Massimo, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   8(3) 187   2013年9月   [査読有り]
Yoneya Kinuyo, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   8(3) 197-202   2013年9月   [査読有り]
Sugimoto Koichi, Matsui Kenji, Ozawa Rika, Kuramitsu Yasuhiro, Kley Jeannette, David Anja, Muck Alexander, Nakamura Kazuyuki, Boland Wilhelm, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   8(3) 219-224   2013年9月   [査読有り]
Ozawa Rika, Shiojiri Kaori, Kishimoto Kyutaro, Matsui Kenji, Arimura Gen-ichiro, Urashimo Soichi, Nishioka Takaaki, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   8(3) 207-215   2013年9月   [査読有り]
Uefune M,, Kugimiya S, Shimoda T, Takabayashi J.
BioControl   58(2) 187-193   2013年4月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Ozawa Rika, Takabayashi Junji
EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY   59(3) 263-273   2013年3月   [査読有り]
Uefune M, Kugimiya S, Ozawa R., Takabayashi J.
F1000Research   2-57 57   2013年2月   [査読有り]
K. Yoneya; M. Uefune; J. Takabayashi
PLoS ONE   7(12)    2012年12月   [査読有り]
Shishido Hodaka, Miyamoto Yoko, Ozawa Rika, Taniguchi Shiduku, Takabayashi Junji, Akimitsu Kazuya, Gomi Kenji
JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY   169(14) 1401-1407   2012年9月   [査読有り]
Takemoto Hiroyuki, Powell Wilf, Pickett John, Kainoh Yooichi, Takabayashi Junji
ANIMAL BEHAVIOUR   83(6) 1491-1496   2012年6月   [査読有り]
K. Matsui; K. Sugimoto; J. Mano; R. Ozawa; J. Takabayashi
PLoS ONE   7(4)    2012年4月   [査読有り]
Shiojiri Kaori, Ozawa Rika, Matsui Kenji, Sabelis Maurice W., Takabayashi Junji
SCIENTIFIC REPORTS   2    2012年4月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Nishihara Masahiro, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Arimura Gen-ichiro
NEW PHYTOLOGIST   193(4) 1009-1021   2012年3月   [査読有り]
Muroi Atsushi, Ramadan Abdelaziz, Nishihara Masahiro, Yamamoto Masaki, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Arimura Gen-ichiro
PLOS ONE   6(10)    2011年10月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 187-188   2011年6月   [査読有り]
Nakashima Anna, Iijima Yoko, Aoki Koh, Shibata Daisuke, Sugimoto Koichi, Takabayashi Junji, Matsui Kenji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 93-97   2011年6月   [査読有り]
Yamamoto Masaki, Shiojiri Kaori, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 167-168   2011年6月   [査読有り]
Sugimoto Koichi, Matsui Kenji, Ozawa Rika, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 163-164   2011年6月   [査読有り]
Ozawa Rika, Matsushima Ryo, Maffei Massimo, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 125-128   2011年6月   [査読有り]
Urano Satoru, Abe Junichiro, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 151-154   2011年6月   [査読有り]
Takemoto Hiroyuki, Kainoh Yooichi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 137-140   2011年6月   [査読有り]
Uefune Masayoshi, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 165   2011年6月   [査読有り]
Ueda Hirokazu, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Maffei Massimo, Matsuda Kazuhiko
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 161   2011年6月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   6(2-3) 191-192   2011年6月   [査読有り]
Kikuta Yukio, Ueda Hirokazu, Nakayama Koji, Katsuda Yoshio, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Hatanaka Akikazu, Matsuda Kazuhiko
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   52(3) 588-596   2011年3月   [査読有り]
Mandour Nasser Said, Kainoh Yooichi, Ozawa Rika, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   37(3) 267-272   2011年3月   [査読有り]
K Shiojiri; R Ozawa; S Kugimiya; M Uefune; M van Wijk; MW Sabelis; J Takabayashi
PLoS ONE   5(8)    2010年8月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Uefune Masayoshi, Shimoda Takeshi, Takabayashi Junji
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   45(3) 369-375   2010年8月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Mcneil Jeremy N., Takabayashi Junji
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   35(4) 538-541   2010年8月   [査読有り]
Uefune Masayoshi, Nakashima Yoshitaka, Tagashira Eiko, Takabayashi Junji, Takagi Masami
BIOLOGICAL CONTROL   54(1) 19-22   2010年7月   [査読有り]
Yoneya Kinuyo, Ozawa Rika, Takabayashi Junji
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   36(7) 671-679   2010年7月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Takabayashi Junji
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   36(6) 614-619   2010年6月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Kishimoto Hidenari, Takabayashi Junji, Amano Hiroshi, Dicke Marcel
BIOLOGICAL CONTROL   53(3) 273-279   2010年6月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Wajnberg Eric, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   35(3) 279-286   2010年6月   [査読有り]
Kugimiya Soichi, Shimoda Takeshi, Tabata Jun, Takabayashi Junji
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   36(6) 620-628   2010年6月   [査読有り]
Kanchiswamy Chidananda Nagamangala, Takahashi Hirotaka, Quadro Stefano, Maffei Massimo E., Bossi Simone, Bertea Cinzia, Zebelo Simon Atsbaha, Muroi Atsushi, Ishihama Nobuaki, Yoshioka Hirofumi, Boland Wilhelm, Takabayashi Junji, Endo Yaeta, Sawasaki Tatsuya, Arimura Gen-ichiro
BMC PLANT BIOLOGY   10    2010年5月   [査読有り]
Yamashita Ken-Ichi, Takabayashi Junji, Miura Kazuki
ANNALS OF THE ENTOMOLOGICAL SOCIETY OF AMERICA   103(3) 366-370   2010年5月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY   50(1) 1-8   2010年1月   [査読有り]
Gomi Kenji, Satoh Masaru, Ozawa Rika, Shinonaga Yumi, Sanada Sachiyo, Sasaki Katsutomo, Matsumura Masaya, Ohashi Yuko, Kanno Hiroo, Akimitsu Kazuya, Takabayashi Junji
PLANT JOURNAL   61(1) 46-57   2010年1月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Takabayashi Junji
TRENDS IN ACAROLOGY   255-258   2010年   [査読有り]
Yoneya Kinuyo, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji
PHYSIOLOGICAL ENTOMOLOGY   34(4) 379-386   2009年12月   [査読有り]
Ozawa Rika, Bertea Cinzia M., Foti Maria, Narayana Ravishankar, Arimura Gen-Ichiro, Muroi Atsushi, Horiuchi Jun-Ichiro, Nishioka Takaaki, Maffei Massimo E., Takabayashi Junji
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   50(12) 2183-2199   2009年12月   [査読有り]
Muroi Atsushi, Ishihara Atsushi, Tanaka Chihiro, Ishizuka Akihiro, Takabayashi Junji, Miyoshi Hideto, Nishioka Takaaki
PLANTA   230(3) 517-527   2009年8月   [査読有り]
Arimura Gen-ichiro, Matsui Kenji, Takabayashi Junji
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   50(5) 911-923   2009年5月   [査読有り]
Yoshida Yuki, Sano Ryosuke, Wada Takuji, Takabayashi Junji, Okada Kiyotaka
DEVELOPMENT   136(6) 1039-1048   2009年3月   [査読有り]
Egusa Mayumi, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Otani Hiroshi, Kodama Motoichiro
PLANTA   229(4) 965-976   2009年3月   [査読有り]
Shimoda Takeshi, Kishimoto Hidenari, Takabayashi Junji, Amano Hiroshi, Dicke Marcel
EXPERIMENTAL AND APPLIED ACAROLOGY   47(2) 111-120   2009年2月   [査読有り]
Takemoto Hiroyuki, Powell Wilf, Pickett John, Kainoh Yooichi, Takabayashi Junji
APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   44(1) 23-28   2009年2月   [査読有り]
Il'ichev Alex L., Kugimiya Soichi, Williams David G., Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   4(4) 289-294   2009年   [査読有り]
Yoneya Kinuyo, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   4(2) 125-129   2009年   [査読有り]
Kohzaki Keisuke, Gomi Kenji, Yamasaki-Kokudo Yumiko, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Akimitsu Kazuya
JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY   166(15) 1700-1704   2009年   [査読有り]
Ozawa Rika, Shiojiri Kaori, Sabelis Maurice W., Takabayashi Junji
ENTOMOLOGIA EXPERIMENTALIS ET APPLICATA   129(2) 189-199   2008年11月   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
ECOLOGICAL ENTOMOLOGY   33(5) 565-568   2008年10月   [査読有り]
Mitsuno Hidefumi, Sakurai Takeshi, Murai Masatoshi, Yasuda Tetsuya, Kugimiya Soichi, Ozawa Rika, Toyohara Haruhiko, Takabayashi Junji, Miyoshi Hideto, Nishioka Takaaki
EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE   28(5) 893-902   2008年9月   [査読有り]
Kishimoto Kyutaro, Matsui Kenji, Ozawa Rika, Takabayashi Junji
PHYTOCHEMISTRY   69(11) 2127-2132   2008年8月   [査読有り]
Kanaoka Masahiro M., Pillitteri Lynn Jo, Fujii Hiroaki, Yoshida Yuki, Bogenschutz Naomi L., Takabayashi Junji, Zhu Jian-Kang, Torii Keiko U.
PLANT CELL   20(7) 1775-1785   2008年7月   [査読有り]
Ichiki Ryoko T., Kainoh Yooichi, Kugimiya Soichi, Takabayashi Junji, Nakamura Satoshi
JOURNAL OF CHEMICAL ECOLOGY   34(5) 614-621   2008年5月   [査読有り]
Uefune Masayoshi, Nakashima Yoshitaka, Tagashira Eiko, Takabayashi Junji, Takagi Masami
JAPANESE JOURNAL OF APPLIED ENTOMOLOGY AND ZOOLOGY   52(2) 63-67   2008年   [査読有り]
Choh Yasuyuki, Takabayashi Junji
OECOLOGIA   151(2) 262-267   2007年3月   [査読有り]
天敵誘引剤を用いた害虫管理 —考え方と実際—
浦野知, 安部順一郎, 小原祥嗣, 釘宮総一, 上船雅義, 塩尻かおり, 小澤理香, 高林純示, 佐野孝太, 光永貴之, 長坂幸吉, 下田武志
植物防疫, 61: 699-703      2007年1月   [査読有り]
ハウス栽培の コマツナを低密度で加害するコナガに対するコナガサムライコマユバチ の必要放飼率
安部順一郎, 浦野知, 長坂幸吉, 高林純示
近畿中国四国農業研究センター研究報告, 6: 125-132      2007年1月
Glutathione is involved in defensive responses of Arabidopsis against C6-aldehydes-treatment.
Kishimoto Kyutaro, Hara Shizuka, Ozawa Rika, Takabayashi Junji, Matsui Kenji
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   48 S247   2007年   [査読有り]
Maeda Taro, Uefune Masayoshi, Takabayashi Junji
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   2(2) 89-91   2007年   [査読有り]
Horiuchi Jun-Ichiro, Muroi Atsushi, Takabayashi Junji, Nishioka Takaaki
JOURNAL OF PLANT INTERACTIONS   2(2) 101-104   2007年   [査読有り]
Yoshida Yuki, Takabayashi Junji, Okada Kiyotaka
PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   48 S49   2007年   [査読有り]

Misc

 
植物アロマのメタ代謝科学 ~生態学, 大気化学, 植物生理学の融合~
高林純示、矢崎一史、斉藤拓也、金谷重彦
Aroma Research, 57: 61-67      2014年2月
<連載>エコロジカル・ボラタイル 生態系での香りの機能
松井健二、高林純示、東原和成
Aroma Research, 56 (Vol.14/ No.4)      2013年11月   [査読有り]
エコロジカルボラタイルー生き物を結びつける目に見えない絆 はじめに
高林純示、松井健二
植物の生長調節, 46: 35-36      2011年5月
緑のかおりの不思議な機能
高林純示
遺伝   65(3) 93-95   2011年5月
植物と昆虫をめぐる三者系 (特集 昆虫と植物をめぐる三者系)
高林純示
昆虫と自然   46(2) 2-4   2011年2月
エコロジカル・ボラタイル : 生態系での香りの機能(第2回)被害植物由来の揮発物質が媒介する昆虫-植物相互作用
高林純示
Aroma research : Journal of aroma science and technology   12(4) 344-348   2011年
化学情報を利用した害虫防除除法の開発
高林純示
ブレインテクノニュース, 13: 1-6      2010年1月
野外にいる天敵の行動を制御して、雨よけハウス内の害虫を防除しよう!
高林純示
Aroma Research, 33: 52-53      2008年2月
植物はなぜ話すのか?植物—植食者—捕 食者三者相互作用ネットワーク
高林純示
Aroma Research, 31: 76-81      2007年8月
高林純示, 塩尻かおり, 小澤理香
化学と生物   45(1) 64-66   2007年7月
生態学的三角関係--植物-植食性節足動物-肉食性節足動物相互作用ネットワーク (植物における環境と生物ストレスに対する応答) -- (植物と微生物および昆虫との相互作用)
高林 純示
蛋白質核酸酵素   52(6) 724-729,506   2007年5月
緑のかおりの生合成経路の改変によって病害虫に対する抵抗性を上げる試み
高林純示
Aroma Research, 29: 51      2007年1月
植物たちの”住宅事情”の謎 Q53: 植物は、食害を受けると防衛のために化学物質を出すが、これはどこから出て、どこで感知しているのか?
高林純示
これでナットク!植物の謎(日本植物生理学会), 講談社: 173-175      2007年1月
緑のかおりで害虫の天敵を誘引−植物の改変により病害虫に対する抵抗力を上げる試み−
高林純示
バオイニクス, 26: 11      2007年1月
BIO R&D 光ではなく植物のかおりがイモムシの夜行性を決定する
高林 純示;塩尻 かおり;小澤 理香
バイオインダストリー   23(12) 96-102   2006年12月
アワヨトウはトウモロコシが出すかおりで昼夜の別を判断
高林純示, 塩尻かおり, 小澤理香
ブレインテクノニュース, 118: 22-25      2006年11月
植物、害虫、その天敵をかおりが結ぶ
高林純示, 渋谷達明
Aroma Research, 26: 34-39      2006年5月
表紙に寄せて 植物のかおりの生態学
高林 純示
遺伝   60(3) 4-7   2006年5月
天敵をうまく利用した害虫管理の新しい考え方
高林純示
農林水産技術研究ジャーナル = Research Journal of Food and Agriculture   29(4) 34-39   2006年4月
かおりの生態学ーその応用に向けて -揮発性物質を介した植物昆虫相互作用ネットワークー
高林純示
農業, 会誌1480号:21-33      2006年4月
植物が出すSOS信号 使い分けることができる!
高林純示
自然保護, 482: 19      2004年1月
自然界において生物間ネットワークを媒介する植物の香り
有村源一郎, 小澤理香, 高林純示
Aroma Research, 3: 210      2002年1月
京大 植物が発する天敵誘引物質を活用する新害虫管理技術の開発着手
高林純示
日経バイオテク, 486: 16      2001年12月
植物はケミカルコミュニケーションによって身を守る 害虫被害植物が放出する揮発性シグナルによる植物の防衛遺伝子の活性化
高林 純示;有村 源一郎
化学と生物   39(5) 289-291   2001年5月
立ち聞きする植物: 植物間のケミカルコミュニケーション
高林純示
生物の科学 遺伝, 55: 19-20      2001年1月
食害刺激に応答した植物の防衛戦略
有村源一郎, 高林純示
ブレインテクノニュース, 84: 10-14      2001年1月

書籍等出版物

 
特集:里山の思想 和文誌サステナ第41号
高林 純示 (担当:分担執筆, 範囲:昆虫と植物の会話を解読する かおりの生態学)
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構   2017年3月   
Nextcom Vol.27
高林 純示 (担当:分担執筆, 範囲:情報伝達・解体新書 助けを呼ぶキャベツ。立ち聞きするナズナ)
株式会社KDDI総研   2016年9月   
生きものたちをつなぐ「かおり」~エコロジカルボラタイルズ~
松井健二、高林純示、東原和成 (担当:共編者)
フレグランスジャーナル社   2016年4月   
Deciphering Chemical Language of Plant Communication
杉本貢一、松井健二、高林純示 (担当:共著, 範囲:Uptake and Conversion of Volatile Compounds in Plant-Plant Communication)
Springer International Publishing Switzerland   2016年   
香料
高林純示 (担当:分担執筆, 範囲:葉のかおりの生態学)
日本香料教会   2015年6月   
五感/五環 文化が生まれるとき
高林純示 (担当:分担執筆, 範囲:第Ⅴ部嗅覚 第2話 植物のかおりの生態学)
株式会社 昭和堂   2015年3月   
化学と生物
杉本 貢一、松井 健二、高林 純示 (担当:共著, 範囲:植物がかおりで危険を感じ取るしくみ)
株式会社 国際文献社   2015年2月   
化学
高林 純示 (担当:共著, 範囲:被害を受けた仲間の香りを取り込んで身を守る!)
株式会社 化学同人   2014年11月   
植物アロマサイエンスの最前線 植物はなぜ香りを発するのか
有村源一郎、矢崎一史、高林純示、川北篤 (担当:共編者)
フレグランスジャーナル社   2014年5月   
人と自然 第7号 「香をめぐる人と自然」
野村雅一、高林純示、坪内稔典、畑正高、木部暢子(p8-11 かおりの生態学 高林純示執筆担当)
人間文化研究機構発行、㈱昭和堂発売   2014年3月   
知られざる植物の世界 驚異の植物たち
水谷仁編(p82-83 虫に葉を食べ始められると、その虫の天敵を招くキャベツのたくみな戦略 高林純示執筆担当)
株式会社 ニュートンプレス   2013年10月   
生き物たちのつづれ織り 上
阿形清和・森哲監修、井上敬・高井正成・高林純示・船山紀子・村山美穂編(p216-229 第4章「会話」をする動物, 植物 ⑤葉っぱの香りの生態学 高林純示執筆担当)
京都大学学術出版会   2012年8月   
生き物たちのつづれ織り 下
井上敬・高井正成・高林純示・船山典子・村山美穂 (担当:分担執筆, 範囲:生態系ネットワーク ー 生物多様性のみなもと)
京都大学学術出版会   2012年8月   ISBN:4876982422
「寄生と共生」 天敵と植物をめぐる共生的な相互作用 
石橋信義、名和行文 (p153-172高林純示執筆担当)
東海大学出版   2008年   
「植物まるかじり叢書② 植物は感じて生きている」 香りにこめたメッセージ
瀧澤美奈子編 (p141-160高林純示執筆担当)
化学同人   2008年   
植物における環境と生物ストレスに対する応答
島本功、篠崎一雄、白須賢、篠崎和子編(p724-729 生態学的三角関係ー植物ー植食性節足動物ー肉食性節足動物相互作用ネットワーク 高林純示執筆担当)
共立出版   2007年11月   
いのちの科学を語る3 虫と草木のネットワーク
高林純示
東方出版   2007年5月   
「植物ゲノム科学事典」 食害ストレス
駒嶺穆 総編集/ 斉藤和季、田畑哲之、藤村達人、町田泰則、三位正洋編 (p171高林純示執筆担当)
朝倉書店   2007年   
「植物ゲノム科学事典」 植食者抵抗性
斉藤和季、田畑哲之、藤村達人、町田泰則、三位正洋編 (p171高林純示執筆担当)
朝倉書店   2007年   
「生物の多様性ってなんだろう? 生命のジグソーパズル」 意外なところに潜む間接効果ー生態学的三者系と情報ネットワーク
京都大学総合博物館、京都大学生態学研究センター編 (p87-105高林純示執筆担当)
京都大学学術出版会   2007年   
「プラントミメティックス」 植物由来の情報化学物質とその機能
甲斐昌一・森川弘道編 (p475-480高林純示執筆担当)
エヌ・ティ・エス   2006年   
「プラントミメティックス」 植物のかおりの生態学
甲斐昌一・森川弘道編 (p505-515塩尻かおり, 高林純示執筆担当)
エヌ・ティ・エス   2006年   
「あっ! ハチがいる! 世界のハチとハチの巣とハチの生活」 寄生蜂はどの様にして寄主を発見するのか?
阿部芳久、幾留修一、伊藤文子、岡本素治、小野正人、Gess,S.K.、佐々木正巳、白仁田雄二、杉浦直人、高林純示、田島暎久、寺山守、西尾亮平、久松正樹、前田泰生、宮野伸也、山内博美、山根正気、米田昌浩編 (p143高林純示執筆担当)
晶文社出版   2004年   
「生態学事典」 生理活性物質
巌佐庸、松本忠夫、菊沢喜八郎、日本生態学会編 (p344高林純示執筆担当)
共立出版   2003年   
「生態学事典」 化学防衛(植物の)
巌佐庸、松本忠夫、菊沢喜八郎、日本生態学会編 (p70-71高林純示執筆担当)
共立出版   2003年   
エコシステムの情報ネットワーク
高林純示(p97-106 第17回「大学と科学」生物多様性の世界−人と自然の共生というパラダイムを目指して 高林純示執筆担当)
クバプロ   2003年   
「生態学事典」 情報化学物質
巌佐庸、松本忠夫、菊沢喜八郎、日本生態学会編 (p254-255高林純示執筆担当)
共立出版   2003年   
虫たちの情報通信−生態系化学情報ネットワーク
塩尻かおり, 高林純示(p24-42 生物多様性科学のすすめー生態学からのアプローチ 高林純示執筆担当)
丸善   2003年   
「生態学事典」 化学生態学
巌佐庸、松本忠夫、菊沢喜八郎、日本生態学会編 (p69-70高林純示執筆担当)
共立出版   2003年   
蛋白質核酸酵素48
塩尻かおり, 高林純示 (担当:分担執筆, 範囲:キャベツ畑でくり広げられる複雑な生物間相互作用ネットワーク)
共立出版   2003年   
植物が未来を拓く
駒嶺穆編(p153-169 第10章 ボディーガードを雇う植物ー植物の間接防衛戦略 高林純示執筆担当)
共立出版   2002年4月   
日本農薬学会誌26
有村源一郎, 小澤理香, 塩尻かおり, 高林純示 (担当:分担執筆, 範囲:植物−害虫−天敵三者間の相互作用について)
日本農薬学会   2001年   
シリーズ【共生の生態学】4 共進化の謎に迫る 化学の目で見る生態系
高林純示・西田律夫・山岡亮平(p199-290 第3部 目に見えない生態系化学情報ネットワークシステムを探る 高林純示執筆担当)
平凡社   1995年3月   
寄生バチをめぐる「三角関係」
高林純示・田中利治
講談社   1995年3月   

講演・口頭発表等

 
Targeting insect pests in greenhouses by recruiting specified native parasitoids with herbivory-induced plant volatiles
高林 純示
Pyrethrum Workshop 2018, Queens' College, Cambridge. UK   2018年9月3日   
Targeting insect pests in greenhouses by recruiting specified native parasitoids with herbivory-induced plant volatiles
高林 純示
The 34th annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Novetel Budapest City, Hungary   2018年8月13日   
ゼニゴケのハスモンヨトウに対する蛹化阻害効果
飯坂真衣、小池友恵、鈴木麻衣子、上船雅義、小澤理香、高林純示
第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス   2018年3月   
バンカー植物由来の揮発性物質に対するタバコカスミカメの誘引反応
西森紗月、矢野栄二、米谷衣代、小澤理香、高林純示
第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス   2018年3月   
ゼニゴケが有するナミハダニの卵に対する発育阻害効果
鈴木麻衣子、上船雅義、小澤理香、松井健二、高林純示
第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス   2018年3月   
ゼニゴケの揮発性物質が植食者のパフォーマンスに与える影響
鎌井恵美、片山裕貴、小池友恵、鈴木麻衣子、上船雅義、小澤理香、松井健二、高林純示
第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス   2018年3月   
カンザワハダニにおける解毒能力と植物の防衛誘導能力の遺伝的変異
小澤理香、遠藤弘基、杉本貢一、高林純示、後藤哲雄、有村源一郎
第62回日本応用動物昆虫学会大会, 鹿児島大学群元キャンパス   2018年3月   
Does synthetic aphid sex pheromone enhance biological control in the field?
Nakashima Y, Ida T, Powell W, Pickett J, Birkett M, Taki H, Takabayashi J
The 5th International Entomophagous Insects Conference, みやこめっせ   2017年10月   
Honey and uninfested plants enhance attractiveness of an artificial blend of herbivore-induced plant volatiles to Cotesia vestalis, a parasitoid of diamondback moth larvae
Ozawa R, Ohara Y, Shiojiri K, Uchida T, Kakibuchi K, Sano, K, Uefune M, Takabayashi J
The 5th International Entomophagous Insects Conference, みやこめっせ   2017年10月   
The condition where the first stadium nymphs of Orius strigicollis benefit from the coexistence of the cannibalistic fifth stadium conspecific nymphs
Kubo C, Katayama K, Uefune M, Takabayashi J
The 5th International Entomophagous Insects Conference, みやこめっせ   2017年10月   
Apply plant-plant communication on rice field
Shiojiri K, Ozawa R, Nakashima Y, Uefune M, Takabayashi J
The 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Ryukoku University, Kyoto (Japan)   2017年8月   
Genetic variations of Kanzawa spider mites in their levels of detoxification and defense induction in plants
高林 純示
The 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Ryukoku University, Kyoto (Japan)   2017年8月   
Conversion of green leaf volatiles for processing the information from surrounding environments in tomato leaves
高林 純示
The 33rd annual meeting of the International Society of Chemical Ecology, Ryukoku University, Kyoto (Japan)   2017年8月   
蜜源と健全植物は天敵誘引成分の効果を増強する
小澤理香、小原祥嗣、塩尻かおり、垣渕和正、内田徹、佐野孝太、上船雅義、高林純示
第61回日本応用動物昆虫学会大会、東京農工大学小金井キャンパス   2017年3月   
天敵誘引成分を用いたアブラムシの生物的防除の強化
仲島義貴、井田崇、Wilf Powell、John A. Pickett、Michael A. Birkett、滝久智、高林純示
第61回日本応用動物昆虫学会大会、東京農工大学小金井キャンパス   2017年3月   
Genetic variation fo tetranychus kanzawai confer different abilities on acaricide tolerance
高林 純示
?? International Congress of Entomology, Orlando Orange County Convention Center, Orlando (U.S.A.)   2016年9月   
Silk gland secretion of Bombyx mori larvae inhibits the production of herbivory-induced volatiles in mulberry leaves
高林 純示
?? International Congress of Entomology, Orlando Orange County Convention Center, Orlando (U.S.A.)   2016年9月   
Secretions from spinnerets of a silkworm (Bombyx mori) suppress green leaf volatile production in mulberry leaves
高林 純示
The 32nd International Society of Chemical Ecology, Recanto Cataratas in Foz do Iguacu (Brazil)   2016年7月   
昆虫と植物の会話を解読する かおりの生態学
高林 純示
東洋大学国際哲学研究センター(「エコ・フィロソフィ」学術研究イニシアティブ)   2016年6月4日   
ゼニゴケのナミハダニに対する忌避・防衛能の評価
鈴木麻衣子、上船雅義、松井健二、小澤理香、高林純示
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
匂いを介した植物間コミュニケーションを利用して作物の耐虫性を活性化する
塩尻かおり、齋藤隆満、小澤理香、高林純示、山下賢一、徳丸晋
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
露地ダイコンにおける害虫の個体群動態にプロヒドロジャスモン処理が与える影響
吉田健吾・上船雅義、小澤理香、高林純示
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
カンザワハダニ系統の寄主適応および農薬抵抗性の分子機構
遠藤 弘基、小澤 理香、高林 純示、後藤 哲夫、有村 源一郎
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
セイタカアワダチソウの香気成分多様性の分子メカニズム
下川咲、河内健太郎、Rim Hojun、塩尻かおり、稲毛直人、小島秀一、安東義乃、小澤理香、高林純示、岡田憲典、有村源一郎
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
ジャスモン酸応答性転写因子RERJ1はイネの虫害抵抗性においてリナロールの生産を制御する
茂手木敦史、河村奈央子、宮本皓司、山根久和、小澤理香、高林純示、Ivan Galis、新屋友規、野尻秀昭、岡田憲典
日本農芸化学会2016年度大会、札幌コンベンションセンター   2016年3月   
タバコカスミカメ、ミナミキイロアザミウマ、ナスのHIPVを介した相互関係
津本真都理、矢野栄二、長岡英明、中市後尚矢、高林純示
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
天敵誘引成分の効果を増強する諸要因
小澤理香、小原祥嗣、垣渕和正、内田徹、塩尻かおり、釘宮聡一、佐野考太、高林純示
日本昆虫学会第76回大会・第60回日本応用動物昆虫学会大会合同大会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス   2016年3月   
カイコの幼虫が摂食時に分泌する絹糸腺分泌物は「桑葉の香り生成」を抑制する
高井嘉樹・藤井沙季・木内隆史・勝間進・小澤理香・高林純示・道羅英夫・大西
平成28年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会(日本蚕糸学会第86回大会)、京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス   2016年3月   
Plant metabolism is crucial for plants to sense ‘smell’ surrounding them
高林 純示
6th International Singapore Lipid Symposium (ISLS6) & 6th Asian Symposium on Plant Lipids (ASPL6), National University of Singapore (Singapore)   2015年12月   
Volatile oviposition stimulants of aphidophagous gall midge Aphidoletes aphidimyza
高林 純示
4th International Entomophagous Insects Conferrence, Torre del Mar, Malaga (Spain)   2015年10月   
ジャスモン酸応答性転写因子RERJ1はイネの虫害抵抗性において揮発性物質の生産を制御する
茂手木淳史、河村奈央子、宮本皓司、山根久和、小澤理香、高林純示、Ivan Galis、新屋友規、野尻秀昭、岡田憲典
植物化学調節学会第50回記念大会、東京大学弥生キャンパス   2015年10月   
ジャスモン酸応答性転写因子 RERJ1はイネの虫害抵抗性において揮発性物質の生産を制御する
茂手木淳史、河村奈央子、宮本皓司、山根久和、小澤理香、高林純示、Ivan Galis、新屋友規、野尻秀昭、岡田憲典
日本農芸化学会関東支部、お茶の水女子大学、   2015年9月   
細胞内での代謝が植物のかおり吸収を担っている
村本祥子、杉本貢一、肥塚崇男、谷晃、高林純示、松井健二
第28回植物脂質シンポジウム、上智大学四ツ谷キャンパス   2015年9月   
Plant-plant communication mediated by artificially damaged plant volatiles: prospects for pest control
高林 純示
? International Symposium on Phrethrum, Shirankaikan (Kyoto)   2015年8月   
Exposure of soybean to weeding-related volatiles reduces damage and increases defensive compounds in their seeds
高林 純示
The 31st Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, Stockholm University (Sweden)   2015年7月   
Genetic variation of tetranychus kanzawai confer different abilities on acaricide tolerance
高林 純示
The 31st Annual Meeting of the International Society of Chemical Ecology, Stockholm University (Sweden)   2015年6月   
植物間コミュニケーションを用いた農業技術開発(3)−水田・ダイズ圃場における実証試験ー
塩尻かおり、齋藤隆満、松井健二、塚本知玄、小澤理香、高林純示、山下賢一
第59回 日本応用動物昆虫学会大会 山形大学小白川キャンパス   2015年3月   
アブラナ科植物ケールにおけるプロヒドロジャスモン処理による天敵誘引の誘導評価
上船雅義、小澤理香、山岸健三、高林純示
第59回 日本応用動物昆虫学会大会 山形大学小白川キャンパス   2015年3月   
植物間コミュニケーションを用いた農業技術開発(4)−揮発性成分による害虫抵抗性の誘導の検証ー
小澤理香、塩尻かおり、山下賢一、高林純示
第59回 日本応用動物昆虫学会大会 山形大学小白川キャンパス   2015年3月   
植物アロマが起動する生物館相互作用が支える共存生物圏
高林純示
第4回生物起源微量ガスワークショップ2014   2014年11月   
Glycosylation of airborne volatile compound from herbivore-infested plants contribute to defensive trait against impending herbivory in the volatile exposed uninfested tomato plants
高林 純示
The 38th Naito Conference, Molecule-based biological systems, Chateraise Gateaux Kingdom Sapporo   2014年10月   
Functions of plant volatiles for the parasitic wasp Cotesia vestalis: prospects for pest managemants
高林 純示
Netherlands-Japan Seminar on Parastioid Biology, Wageningen University, Amsterdam (the Netherlands)   2014年8月   
Transcriptome analyses of spider mites and predatory mites regarding their temperature and host adaptation
高林 純示
The 14th International Congress of Acarology, Kyoto Terrsa   2014年7月   
ショクガタマバエ雌成虫の産卵誘起物質の探索
東田景太、矢野栄二、小澤理香、高林純示
第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス   2014年3月27日   
ワタアブラムシおよびナスの組合せ由来の揮発性物質に対するショクガタマバエ幼虫の反応行動
笹村太紀、矢野栄二、小澤理香、高林純示
第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス   2014年3月27日   
インゲンに異なる防衛反応を誘導するカンザワハダニ2系統の遺伝子発現解析
小澤理香、遠藤弘基、杉本貢一、高林純示、後藤哲雄、有村源一郎
第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス   2014年3月27日   
選択性殺虫剤を用いた天敵給餌法
上船雅義、浦野知、下田武志、釘宮聡一、高林純示
第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス   2014年3月27日   
エンドウヒゲナガアムラムシの食害は仔虫の成育を助ける植物の生理的変化を誘導する
竹本裕之、上船雅義、小澤理香、有村源一郎、高林純示
第58回 日本応用動物昆虫学会大会, 高知大学朝倉キャンパス   2014年3月27日   
RNA-seq analysis of two genetically distinct strains of spider mites that differently induce volatiles in kidney bean plants
高林 純示
The 2014 meeting on plant volailes, Gordon Research Conference, Venture, CA (USA)   2014年1月   
プレニル化フェニルプロバノイドの化学構造と生物活性に関する研究
川西大介、肥塚崇男、杉本貢一、小澤理香、高林純示、渡辺文太、平竹潤
第113回化学研究所研究発表会    2013年12月13日   
植食者誘導性植物揮発性物質に対するタバコカスミカメの反応
林鎬俊、上船雅義、中石一英、下元満喜、高林純示
第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス   2013年3月29日   
植物へのプロヒドロジャスモン処理による害虫パフォーマンスの低下と揮発性物質の誘導
上船雅義、Nasser Said Mandour、小澤理香、戒能洋一、高林純示
第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス   2013年3月29日   
温度変化がリママメーチリカブリダニの三者系に及ぼす影響
小澤理香、西村理、矢澤重信、室井敦、高林純示、有村源一郎
第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス   2013年3月28日   
Behavioral response of the endoparasitoid Cotesia kariyai to corn plants infested with non-host Spodoptera litura
Saw S., Takabayashi J., Kainoh Y.
第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス   2013年3月28日   
トマトのハスモンヨトウ抵抗性に関与するみどりの香り配糖体生合成酵素の探索
杉本貢一、松井健二、高林純示
第54回日本植物生理学会,岡山大学津島キャンパス   2013年3月23日   
植物間コミュニケーションを用いた農業技術開発(2)
塩尻かおり;齋藤隆満;小澤理香;高林純示;山下賢一
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨   2013年3月15日   
果実の香りの多様性とその適応的意義を探る
米谷衣代、直江将司、高林純示
第57回 日本応用動物昆虫学会大会, 日本大学湘南キャンパス   2013年3月9日   
宿主特異的ACT毒素によって誘導されるテルペン合成酵素遺伝子の解析
宇治雄也,穴戸穂高,小澤理香,谷口しづく,高林純示,秋光和也,五味剣二
平成25年度日本植物病理学会関西部会   2013年   
カイコ絹糸腺のみどりの香り生成抑制因子の精製とその性質について
高井嘉樹,藤井沙季,小澤理香,道羅英夫,大西利幸,高林純示,松井健二
2013年度日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会   2013年   
リママメ由来テルペン合成酵素の機能解明と組換え植物を用いた生物間相互作用に関する研究
有村源一郎、西原昌宏、Carla Brillada、下田武志、高林純示、Wilhelm
第30回日本植物細胞分子生物学会, 奈良先端科学技術大学院大学   2012年8月4日   
Plant volatiles drive ecological interacion networks
高林 純示
?? International Congress on Molecular Plant-Microbe Interations, Kyoto International Conference Center   2012年7月   
植物揮発性物質が駆動する生態学系生物間相互作用ネットワーク
高林純示
第19回日本農芸化学会2012年度大会, 京都女子大学   2012年3月25日   
ナミハダニ内部共生細菌は被食害植物の防御応答反応を調節する
植田浩一,小澤理香,Massimo Maffei,高林純示,松田一彦
日本農芸化学会2012年度大会   2012年3月   
ナミハダニの共生微生物はリママメの間接防衛に影響する
小澤理香,植田浩一,松田一彦,後藤哲雄,高林純示
第53回植物生理学会年会   2012年3月   
リママメの食害応答に及ぼすナミハダニの共生微生物の影響
小澤理香,植田浩一,松田一彦,後藤哲雄,高林純示
第56回日本応用動物昆虫学会大会   2012年3月   
イネの病害虫抵抗性発現におけるJA応答性bHLH型転写因子RERJ1の役割
河村奈央子,宮本皓司,小澤理香,高林純示,宮尾,安藝雄,廣近洋彦,野尻秀昭,山根久和,岡田憲典
植物化学調節学会第47回大会   2012年   
みどりの香り化合物に曝露されたトマトのジャスモン酸非依存的なハスモンヨトウ防衛誘導
杉本貢一,松井健二,小澤理香,今西俊介,秋武翔太,岡田憲典,山根久和,矢崎一史,高林純示
第53回植物生理学会年会   2012年   
カンザワハダニ2系統に対するリママメの防衛反応の違い
小澤理香,松島良,植田浩一,竹本裕之,松田一彦,Massimo Maffei,高林純示
第52回日本植物生理学会年会   2011年   
みどりの香り化合物を曝露したトマトの配糖体合成とトマト害虫・ハスモンヨトウ抵抗性
杉本貢一,松井健二,小澤理香,飯島陽子,赤壁善彦,秋武翔太,佐々木亮介,青木考,柴田大輔,高林純示
第52回植物生理学会年会   2011年   
寄主被害植物の放出する揮発性物質に対する寄生蜂エルビアブラバチの特異的な応答に関与する化合物
竹本裕之,John Pickett,Wilf Powell,戒能洋一,高林純示.
第55回日本応用動物昆虫学会大会   2011年   
不飽和脂肪酸に由来する揮発性化合物が健全トマトのハスモンヨトウ食害抵抗性を誘導する
杉本貢一、松井健二、小澤理香、飯島陽子、秋武翔太、青木考、柴田大輔、高林純示
第23回植物脂質シンポジウム, 京都大学   2010年11月26日   
みどりの香り生合成経路の生理・生態学的意義
松井健二、杉本貢一、中島杏菜、小澤理香、高林純示
第23回植物脂質シンポジウム, 京都大学   2010年11月26日   
植物はヘキセナールを葉面から吸収し、直ちに還元する
松井健二、杉本貢一、長井直子、真野純一、小澤理香、高林純示
第54回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会, 山梨大学   2010年10月23日   
セジロウンカ加害によってイネに誘導される白葉枯病抵抗性における揮発性物質の役割
篠永有美・佐藤雅・小澤理香・菅野紘男・高林純示・秋光和也・五味剣二
平成22年度日本植物病理学会年会, 京都国際会館   2010年4月18日   
生態系における情報・相互作用セットワーク
高林純示
日本農芸化学会, 東京   2010年3月27日   
ナミハダニの共生微生物はリママメのカブリダニ誘引に影響を及ぼす
小澤理香, 植田浩一, 松田一彦, 後藤哲雄, 高林純示
第54回 日本応用動物昆虫学会大会, 千葉大学   2010年3月26日   
匂いを介した植物間コミュニケーション:隣の虫は悪い奴?
長泰行・小澤理香・大串隆之・高林純示
第54回日本応用動物昆虫学会大会, 千葉大学   2010年3月26日   
ハスモンヨトウ食害トマト由来の揮発性化合物に曝露された健全トマトにおけるハスモンヨトウ抵抗性誘導および配糖体様化合物の蓄積
杉本貢一、松井健二、小澤理香、飯島陽子、青木考、柴田大輔、高林純示
第51回日本植物生理学会年会, 熊本大学   2010年3月18日   
植物の化学感覚−揮発性物質受容機構の分子生態学的研究−
杉本貢一、松井健二、高林純示、矢崎一史
第142回生存圏ミッションシンポジウム, 京都大学生存圏研究所   2010年3月11日   
「寄生蜂エルビアブラバチによる寄主被害植物揮発性物質の利用様式」
竹本裕之,Pickett J., Powell W., 戒能洋一,高林純示.
第54回日本応用動物昆虫学会大会, 千葉大学   2010年3月1日   
セジロウンカ加害イネに誘導される病害抵抗性へのhydroperoxide lyaseの寄与
佐藤雅・五味剣二・小澤理香・真田幸代・松村正哉・高林純示
九州病害虫研究会 第79回研究発表会, KKRホテル熊本   2010年1月27日   
キャベツーコナガ(Plutella Xylostella)ーコナガコマユバチ(Cotesia vestalis)の3者系に及ぼすモンシロチョウ食害の影響
山本正樹,上船雅義,高林純示
第54回日本応用動物昆虫学会大会   2010年   
シロイヌナズナの病原菌感染応答におけるヒドロキシ桂皮酸アミド生合成に関する研究
室井敦,石原亨,田中千尋,石塚晶啓,高林純示,三芳秀人,西岡孝明
日本農芸化学会   2010年   
寄生蜂の異なる波長に対する反応?空腹時と嗅覚的キューの影響
上船雅義,高林純示
第54回日本応用動物昆虫学会大会   2010年   
傷害誘導性揮発物質のピレスリン合成における特異性
植田浩一,菊田幸雄,小澤理香,中山幸治,勝田純郎,高林純示, 畑中顯和,松田一彦
2010年度日本農芸化学会関西支部大会   2010年   
微生物因子によるハダニ−リママメ間生態相互作用の制御
植田浩一,阪森宏治,小澤理香,高林純示,松田一彦
日本農芸化学会   2010年   
プラントミメティクスが開く21世紀の香り セジロウンカ加害に
五味剣二,佐藤雅,高林純示
第10回アロマ・サイエンス・フォーラム2009講演   2009年   
リママメの間接防衛に及ぼすハダニ由来の微生物の影響
小澤理香,植田浩一,松田一彦,高林純示
第50回日本植物生理学会年会   2009年   
減農薬ミズナ栽培における天敵誘引剤・活性化剤を用いたコナガ防除の実証試験
上船雅義,安部順一郎,高林純示
第53回日本応用動物昆虫学会大会   2009年   
ハダニ体内の生物因子による生態相互作の制御
植田浩一,小澤理香,高林純示,松田一彦
日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部 日本食品科学工学会西日本支部合同大会   2009年   
ハダニのリママメに対する生態相互作用を制御する生物的因子
植田浩一,小澤理香,高林純示,松田一彦
日本農芸化学会大会   2009年   
寄主被害植物が放出するエルビアブラバチ誘引物質の誘導機構
竹本裕之,J. Pickett,W. Powell,高林純示,戒能洋一
第53回日本応用動物昆虫学会大会   2009年   
ナミハダニを用いた、現在と将来の捕食リスクの評価
長泰行,上船雅義,高林純示
第53回日本応用動物昆虫学会大会   2009年   
イネに病害抵抗性を誘導するセジロウンカの唾腺発現遺伝子の解析
佐藤雅・五味剣二・野田博明・真田幸代・松村正哉・高林純示
第52回日本応用動物昆虫学会大会   2008年   
アブラムシの天敵を誘引する植物の揮発性物質生産の分子機構
竹本裕之,J. Pickett,W. Powell, 高林純示
第43回植物化学調節学会大会   2008年   
ヤナギ7種を用いた間接防衛の群集内比較
米谷衣代,高林純示
日本生態学会第55回大会   2008年   
「操作実験における方法論 その6」天敵行動制御物質を用いた害虫管理ー考え方と実際ー
浦野知,菅野紘男,松村正哉,安部順一朗,長坂幸吉,上船雅義,釘宮聡一,塩尻かおり,長泰行,高林純示,光永貴之,下田武志,矢野栄二,鈴木芳人,小原祥嗣,垣渕和正,内田徹,佐野孝太
第51回日本応用動物昆虫学会大会   2007年   
寄生蜂の奇主存在株での探索行動に及ぼすHIPVの影響
上船雅義,佐野孝太,高林純示
第51回日本応用動物昆虫学会大会   2007年   
アブラムシの食害に対する植物の揮発性物質生産の誘導機構
竹本裕之,John Pickett, Wilf Powell, 高林純示
第51回日本応用動物昆虫学会大会   2007年   
ジャヤナギ揮発性物質が媒介する植物ー植食者ー天敵間相互作用の特異性
米谷衣代,高林純示
第51回日本応用動物昆虫学会大会   2007年   

Works

 
生態系における生物間の免疫的相互作用

特許

 
特開2015-91786 : 花の香り由来の天敵昆虫誘引成分およびその利用
釘宮聡一、下田武志、高林純示、安部洋
食害株に対する選好性が低い空腹時の天敵昆虫においても、その誘因効果が高く、給餌を促進し、害虫の防除を効率化できる組成物の提供。解決手段として、コマツナ等の栽培植物を食害するコナガ等の害虫に産卵するコナガサムライコマユバチ等の天敵昆虫が、空腹であっても好む、コマツナ等の花の香りに由来する、ベンズアルデヒド、フェニルアセトアルデヒド、2-アミノベンズアルデヒド、αーピネン等の花香成分を含有する天敵昆虫誘因組成物。
特開2006-273778 : カメムシ類の摂食行動促進剤
高林純示、山下賢一、諫山真二、高島喜樹
水田に化学合成農薬を施用することなく斑点米の発生を抑えるための新たな技術を提供すること。解決手段として、有効成分としてコパエンを含有することを特徴とするカメムシ類の摂食行動促進剤等。
特開2003-339260 : HPL遺伝子がセンス方向あるいはアンチセンス方向に導入された形質転換植物、及びそれを利用した害虫駆除方法
高林純示、西岡孝明、松井健二、有村源一郎、小澤理香、塩尻かおり
害虫駆除方法に利用可能な形質転換植物、および、この形質転換植物を用いた害虫駆除方法を提供する。解決手段としては、ピーマン由来のHPL遺伝子をセンス方向に導入することによって、HPL酵素活性を向上させ、天敵誘引機能が向上したシロイヌナズナの形質転換植物を得ることができた。また、シロイヌナズナ由来のHPL遺伝子をアンチセンス方向に導入することによって、HPL活性を低下させ、害虫に有害なイソチオシアネート化合物の蓄積量が増加したシロイヌナズナの形質転換植物を得ることができた。これらの形質転換植物...
特開2005-46033 : 昆虫性フェロモン受容体タンパク質及びその利用
西岡孝明、櫻井健志、高林純示、森肇、遠藤泰久、東原和成、安河内祐二
昆虫の性フェロモンを特異的に認識することができる、性フェロモン受容体タンパク質を見出し、その利用方法を提供すること。解決手段として、カイコガ由来のBmOR-1タンパク質は、性フェロモン受容体タンパク質であり、配列番号1に記載されたアミノ酸配列を有し、カイコガ由来性フェロモンbombykolを特異的に認識し、bombykalを認識しない。
特許4188055 : 植物における害虫の天敵誘引機能の向上方法
高林純示、西岡孝明、小澤理香、堀内淳一郎、室井敦、有村源一郎
植物に害のない低濃度でジャスモン酸を用いた場合にも揮発性物質の生産を誘導し、植物において害虫の天敵誘引機能を向上させる方法を提供する。解決手段として、本発明の植物における害虫の天敵誘引機能の向上方法は、ジャスモン酸とスペルミンとを混合し、植物に処理することを特徴とするものである。この方法は、ジャスモン酸とスペルミンとの協力効果を利用したものであり、ジャスモン酸の濃度を植物に悪影響の少ない低濃度で与えても、揮発性物質の生合成の誘導を促進し、植物の害虫の天敵誘引機能を向上させることができるもの...
特許4402386 : 植物用抵抗性誘導剤、植物の抵抗性誘導方法、及び植物の病害・食害予防方法
松井健二、岸本久太郎、高林純示
人体および環境に対してリスクの少なく、かつ有効な植物用抵抗性誘引剤、植物における抵抗性の誘導方法、および植物の病害および/または食害の予防方法を提供することにある。解決手段として、(E)-2-hexenal,(Z)-3-hexenalなどの短鎖アルデヒド、および/またはallo-ocimeneなどのイソプレノイド、および/またはジャスモン酸などの植物ホルモンが、植物に曝露されると、ジャスモン酸シグナル伝達経路等を経てその情報が伝達され、植物体内で複数の生体防御関連遺伝子が誘導し、植物体内で...
特許4524380 : 植物由来の天敵誘引成分
高林純示、塩尻かおり、釘宮聡一、上船雅義、矢野栄二、下田武志、光永貴之、菅野紘男、浦野知、内田徹、垣渕和正、小原祥嗣、長坂幸吉、安部順一朗、佐野孝太
土着の天敵を有効利用しうる植物由来の天敵誘引生物を提供す。解決手段として、本発明の植物由来の天敵誘引成分は、植物が害虫による食害を受けたときに放出され、当該害虫の天敵を誘因することを特徴とするものである。上記植物由来の天敵誘因成分を植物用害虫防除剤に用いることにより、害虫の食害を受けた植物に多くの天敵を誘引させ、害虫を捕食したり、害虫に寄生したりして、害虫を防除することができる。それゆえ、従来から害虫駆除に使用される農薬などとは異なり、自然環境へんぼ悪影響が少ないため、環境保全に貢献するこ...
特許4533988 : 天敵昆虫を飼育するための給餌方法および給餌装置
高林純示、釘宮聡一、上船雅義、矢野栄二、下田武志、光永貴之、菅野紘男、浦野知、内田徹、垣渕和正、小原祥嗣、長坂幸吉、安部順一朗、佐野孝太
減農薬または無農薬での栽培体系を確立するために必要とする天敵い昆虫を飼育するための給餌方法および給餌装置を提供する。解決手段として、飼料供給部、給餌部、当該飼料供給部と号外給餌部とを連通する飼料導入部、および、特定の色調を有する材料からなる誘引部を備えることを特徴とする給餌装置を設計し、当該給餌装置を用いて天敵昆虫を飼育する。
特許4621906 : 植物食害防止剤、およびその利用→害虫行動抑制成分、およびその利用
高林純示、小澤理香、塩尻かおり
人体および環境への悪影響がほとんどなく、アワヨトウ幼虫をはじめとする夜行性害虫の摂食行動等を有意に抑制する害虫行動抑制成分および、当該害虫の行動抑制成分を含むことを特徴とする植物食害防止剤、並びに当該植物食害防止剤を用いた植物の食害防止方法を提供する。解決手段として、本発明にかかる害虫行動抑制成分をアワヨトウ幼虫に曝露すると、アワヨトウ幼虫の摂食活動が有意に抑制されると共に、アワヨトウ幼虫は身を隠す行動を起こす。当該害虫行動抑制成分を利用すれば、トウモロコシ等のイネ科植物のアワヨトウ幼虫に...