平田 昌司

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/16 13:15
 
アバター
研究者氏名
平田 昌司
 
ヒラタ ショウジ
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 文献文化学専攻 文学研究科 文献文化学専攻
職名
教授
学位
文学修士(京都大学)
ORCID ID
0000-0003-4598-6734

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1985年
京都大学人文科学研究所助手
 
1985年
 - 
1989年
山口大学人文学部助教授
 
1989年
 - 
2000年
京都大学文学部助教授
 
2000年
   
 
-   京都大学文学研究科教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年
京都大学 文学研究科 中国語学 中国文学
 
 
 - 
1977年
京都大学 文学部 中国語学 中国文学
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本中国学会  理事
 
2003年
   
 
中国社会文化学会  評議員
 
2004年
 - 
2010年
日本中国語学会  理事
 
2003年
 - 
2005年
国際中国言語学学会(International Association of Chinese Linguistics)  Member of Executive Committee
 

受賞

 
2000年
蘆北賞
 

論文

 
高橋和巳「表現者の態度Ⅰ・Ⅱ」の検討
平田 昌司
桃の会論集   (8〔高橋和巳専号〕) 17-36   2018年6月
"Let Us Abandon 'Benevolence, Righteousness, Ritual Propriety, and Wisdom'": The Emergence of the Institute of History and Philology, Academia Sinica
平田 昌司 (Eng. tr. by Rolf W. Giebel)
Acta Asiatica   110 99-118   2016年2月   [査読有り][招待有り]
「仁義礼智」を捨てよう
平田 昌司
小南一郎編『学問のかたち』東京:汲古書院   307(338)    2014年8月   [招待有り]
平田昌司
中國文學學報 第2期(北京大學中文系、香港中文大學中文系), 165-175      2011年12月   [査読有り][招待有り]
略論唐以前的佛經對音
平田 昌司
朱慶之主編, 佛教漢語研究(商務印書館),211-222. 初出Kitamura, T. Nishida, Y. Nagano(eds.): Current Issues in Sino- Tibetan Linguistics (国立民族学博物館),1994      2009年   [査読有り]
木下犀潭学系和“中国文学史”的形成
平田 昌司
現代中国(北京大学出版社),第10輯、1-22      2008年   [査読有り][招待有り]
审视文本—读《醒世姻缘传》
平田昌司
清代文学研究集刊1(人民文学出版社), 57-65      2008年   [査読有り][招待有り]
平田 昌司
中國文哲研究通訊,17.4, 99-104      2007年   [査読有り][招待有り]
音起八代之衰―復古詩論與元明清音韻學
平田 昌司
中華文史論叢,85/181-201      2007年   [査読有り]
“中原雅音”与宋元明江南儒学―“土中”観念、文化正統意識対中国正音理論的影響
平田昌司
耿振生編『近代官話語音研究』(北京:語文出版社)51-74      2007年   [査読有り][招待有り]
書評:丁邦新・張雙慶編『閩語研究及其周邊方言的關係』
平田 昌司
漢學研究,第22巻第1期、461-467      2004年   [査読有り][招待有り]
『切韻』与唐代功令
平田 昌司
東方語言与文化 (上海:東方出版中心),      2003年   [査読有り][招待有り]
平仄或説
平田 昌司
声韻論叢,第11輯、185-202      2001年   [査読有り][招待有り]
光绪二十四年的古文
平田昌司
《现代中国》第2辑(湖北教育出版社)      2001年   [査読有り]
清代鴻臚寺正音考
平田 昌司
中国語文,2000年第6期, 537-544      2000年   [査読有り][招待有り]
Huizhou fangyan "shi + chusuo binyu" shi de laiyuan (in Chinese)
平田 昌司
Synchronic and Diachronic Perspectives on the Grammar of Sinitic Languages (暨南大学出版社),118-134      1999年   [査読有り][招待有り]
休寧方言的動詞謂語句
平田 昌司
動詞謂語句(広州:暨南大学出版社,84-104      1997年   [査読有り]
休宁方言的体
平田 昌司/伍巍
動詞的體(香港中文大學),125-142      1996年
読陳寅恪「四声三問」
平田 昌司
学人,/10,197-217      1996年   [査読有り][招待有り]
唐宋科举制度转变的方言背景
平田 昌司
吴语与闽语的比较研究(上海教育出版社),134-151      1995年
读《休宁县志·方言卷》
平田 昌司
休宁县志文论集(黄山书社),54-69      1993年   [招待有り]
閩北方言"第九調"的性質
平田 昌司
方言,1988:1      1988年   [査読有り][招待有り]
『皇極經世聲音唱和圖』與『切韻指掌圖』-試論語言神秘思想對宋代等韻學的影響
平田 昌司
東方学報,56      1984年
“小称”与変調
平田 昌司
アジア・アフリカ語の計数研究,22      1984年   [査読有り][招待有り]
呉語幫端母古讀考(上)
平田 昌司
均社論叢,14      1983年
徽州方言古全濁聲母的演變
平田 昌司
均社論叢,12      1982年
休寧音系簡介
平田 昌司
方言,1982,4      1982年   [査読有り]
反切上字“匹”の一解釈
平田 昌司
均社論叢,11 / 93-98      1982年
印紋陶覚書―あわせて江南言語史によせて―
平田 昌司
古史春秋,3/41-62      1986年   [査読有り]
漢語閩北方言の“第9声調(陽平乙)”の性質―いわゆる“弱化声母”再構説の検討―
平田 昌司
山口大学文学会志,37 / 1-20      1986年
紙と印刷からみた漢語史断代
平田 昌司
山口大学文学会志,39      1988年
方言地図“濁上帰去(動-洞の調類合流と声母)”および解説
平田 昌司
平成1-3年度科学研究費総合研究(A)研究成果報告書『漢語諸方言の総合的研究』,1/43-48; 2/2      1992年
雪晴れの風景-中国言語文化圏の“内”と“外”-
平田 昌司
中国-社会と文化,9 / 39-50      1994年   [査読有り]
謝霊運『十四音訓叙』の系譜
平田昌司
高田時雄編『中国語史の資料と方法』(京都大学人文科学研究所)      1994年   [査読有り]
方言地図「いえ(HOUSE)・へや」「カマド神」「カマド神を送る日」
平田 昌司
中国の方言と地域文化,/2,      1995年
書評:Benjamin Elman, Classicism, Politics, and Kinship
平田 昌司
平成5-7年度科学研究費総合研究(A)研究成果報告書『中国の方言と地域文化』,3 / 107-116      1995年
唐代小説史における根本説一切有部律
平田 昌司
中国文学報   44-54   1995年4月   [査読有り]
徽州休寧の言語生活
平田 昌司
未名   1-31   1996年3月
日本における中国語方言学研究
平田 昌司
言語研究   169-176   1996年12月   [査読有り]
目の文学革命・耳の文学革命
平田 昌司
中国文学報,/58,75-114      1999年   [査読有り]
いえ(house)[房子]、へや(room)[屋子]
平田 昌司
平成9-11年度科学研究費基盤(A)研究成果報告書『中国における言語地理と人文・自然地理(5) 漢語方言地図集(稿)第3集』,95-99      1999年
修身斉家治国平天下 (特集 古典学研究--現代における古典学の役割)
平田 昌司
学術月報   53(11) 1161-1163   2000年11月
光緒二十四年の古文
平田 昌司
古典学の現在(神戸学院大学人文学部「古典学の再構築」総括班),II / 283-301      2001年
面白さの軌跡―『橋本萬太郎著作集』完結に寄せて―
平田 昌司
中国図書,第13巻第2号、2-5      2001年
恋する陳寅恪―中国近代学術にとっての“異性”
平田昌司
狭間直樹編『西洋近代文明と中華世界の変容』(京都:京都大学学術出版会),259-274      2001年
批評・紹介 Benjamin A. Elman著 A Cultural History of Civil Examinations in Late Imperial China
平田 昌司
東洋史研究   61(2) 329-337   2002年9月   [査読有り]
「たましい」はなぜ病むのか―『淮南子』以前
平田 昌司
論集古典の世界像、平成10年度~14年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究(A)118「古典学の再構築」研究成果報告集V,10-14      2003年
平田 昌司
日本中国学会報,58/292-307      2006年   [査読有り]
遠ざかる猿の記憶
平田 昌司
立命館文学,598/ 294-300      2007年
漢語
平田昌司
樺山紘一編『歴史学事典15コミュニケーション』(弘文堂)137-142      2008年
胡適とヴィクトリアン・アメリカ
平田 昌司
東方学   115 1-18   2008年1月   [査読有り]
制御された逸脱―杜甫七言拗律論
平田昌司
中国文学報第83冊      2012年10月   [査読有り]
杜甫「秋興八首」「詠懷古跡五首」「諸將五首」の韻律
平田昌司
太田斎・古屋昭弘両教授還暦記念中国語学論集(東京:好文出版),113-122      2013年3月

Misc

 
学界展望(文学) 六、近現代
平田 昌司
日本中国学会報   (69) 62-64   2017年10月   [依頼有り]
回望中原夕霭时—失陷汴洛后的“雅音”想象
平田昌司
“开封:都市想象与文化记忆”国际学术研讨会(河南大学)      2011年10月   [依頼有り]
返回「祛魅」-「惡搞皆史」的想像
平田昌司
醒世姻緣傳的多音演義學術座談會(中央研究院中國文哲研究所)      2010年9月   [依頼有り]
如何应用语言特点鉴别文本作者的同异--以《醒世姻缘传》和《续金瓶梅》为例
平田昌司
IACL-18 & NACCL-22 (Harvard University)      2010年5月   [依頼有り]
“水”の字音から
平田昌司
日本中国語学会第60回全国大会予稿集,62-65      2010年   [査読有り]

書籍等出版物

 
魯迅『古小説鈎沈』校本(後記を執筆)
中島長文校・伊藤令子補正 (担当:分担執筆, 範囲:後記)
京都大学文学研究科中国語学中国文学研究室   2017年8月   
http://hdl.handle.net/2433/227151
文化制度和漢語史
平田 昌司
北京大学出版社   2016年8月   ISBN:9787301269701
北京便り 中国の真の面影(「解説 日本語からの応答」を執筆。pp.193-205)
孫 歌
岩波書店   2015年1月   
開封:都市想像與文化記憶
陳平原等編 (担当:分担執筆, 範囲:回望中原夕靄時―失陷汴洛後的“雅音”想像,pp.283-296)
北京大学出版社   2013年1月   ISBN:9787301218501
徽州方言研究
平田昌司(編) (担当:共著)
好文出版   1998年2月   ISBN:4872200268

講演・口頭発表等

 
『晋書』顧愷之伝について
平田 昌司
桃の会   2018年10月14日   桃の会
章太炎“文”説溯源 [招待有り]
平田 昌司
現代文学与書写語言国際研討会   2017年9月23日   北京大学中文系
「表現者の態度Ⅰ・Ⅱ」の検討
平田 昌司
桃の会例会   2017年3月19日   桃の会
桃の会例会の「特集:高橋和巳の中国文学研究(2)」のために用意した発表。
1916年の「文学革命」
平田 昌司
日本中国学会第68回大会(奈良女子大学)   2016年10月9日   
《孫子》神話的起源──清朝的興替與「東亞」 [招待有り]
平田 昌司
戰爭與修辭學術論壇   2015年3月27日   中央研究院中國文哲研究所

Works

 
中国安徽省徽州休寧県方言の調査
1980年 - 1981年
同 上
1993年 - 1998年
中国東南諸方言の研究
1993年 - 1995年

競争的資金等の研究課題

 
科挙制度と中国語史
研究期間: 1991年   
東アジアと近世社会
共同研究
研究期間: 2009年 - 2012年