田口 紀子

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/23 19:19
 
アバター
研究者氏名
田口 紀子
 
タグチ ノリコ
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 文献文化学専攻 文学研究科 文献文化学専攻
職名
教授,教授
学位
文学博士(パリ第4大学), 文学修士(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1987年
Université Paris IV  フランス語学(Linguistique française)
 
 
 - 
1982年
京都大学 文学研究科 仏語仏文学
 

論文

 
フランス・ロマン主義演劇と歴史叙述
田口 紀子
京都大学文学部研究紀要   56 85-112   2017年3月
ソシュール理論における恣意性の制限について
田口 紀子
仏文研究   10 75-86   1981年1月   [査読有り]
談話における補文構造の機能について
田口 紀子
フランス語フランス文学研究   (51) 115-126   1987年10月   [査読有り]
左方転位される名詞句のテーム性と談話における連続性
田口 紀子
仏文研究   19 1-15   1988年9月   [査読有り]
Essai d'analyse d' une structure narrative -le cas d’Un Coeur Simple-
田口 紀子
EQUINOXE,7      1990年   [査読有り]

Misc

 
モーパッサンにおける夢と狂気
田口 紀子
フランス文学における心と体の病理(科学研究補助金研究成果報告書-代表者 吉田 城),111-126      2000年   [査読有り]

書籍等出版物

 
大学からの外国語ー多文化世界を生きるための複言語学習
田口 紀子 (担当:編者)
京都大学学術出版会   2015年3月   
フランス語とはどういう言語か(共著)
田口 紀子(分担執筆)
駿台出版社,   1993年   
文学をいかに語るか(共著)
田口 紀子(分担執筆)
新曜社,   1996年   
象徴主義の光と影(共著)
田口 紀子(分担執筆)
ミネルヴァ書房,   1997年   
『知の楽しみ学の喜び』
京都大学文学研究科 (担当:分担執筆, 範囲:小説の読み方再考)
岩波書店   2003年   

講演・口頭発表等

 
ヨーロッパ文学とリアリズム [招待有り]
田口 紀子
リアリズム研究会   2018年2月3日   
De la contingence historique a la nécessité romanesque : le cas des romans historiques français des années 1820
田口 紀子
Comment la fiction fait histoire : Emprunts, échanges, croisements   2011年11月19日   
L'avatar du "moi" narrateur chez Prosper Merimée
田口 紀子
Comment naît une œuvre littéraire? - Brouillons, contextes culturels, évolutions thématiques -   2007年12月8日   

競争的資金等の研究課題

 
フランス小説の言語形式の研究
フランス歴史小説の成立事情の研究