苧阪 直行

J-GLOBALへ         更新日: 10/03/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
苧阪 直行
 
オサカ ナオユキ
URL
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~osaka/
所属
京都大学
部署
大学院文学研究科 行動文化学専攻 文学研究科 行動文化学専攻
職名
教授,教授
学位
文学博士(京都大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1976年
京都大学 文学研究科 心理学
 

委員歴

 
1994年
 - 
1995年
日本色彩学会  関西支部長・理事,副会長,会長
 
1990年
   
 
日本人間工学会  評議員
 
2003年
 - 
2005年
日本心理学会  理事
 
1996年
 - 
2005年
日本基礎心理学会  編集委員、理事
 
2004年
 - 
2006年
日本認知心理学会  理事・編集副委員長
 

受賞

 
1986年
橋本賞
 
2002年
日本心理学会 優秀論文賞
 

Misc

 
Target size and luminance in apparent brightness of the peripheral visual field
Perceptual and Motor Skills   41, 49-50    1975年
Reaction time as a function of peripheral retinal locus around fovea:  Effect of stimulus size.
Perceptual and Motor Skills   43, 603-606    1976年
Visual reaction time as a function of target size and retinal eccentricity in the peripheral visual field.
Japanese Psychological Research   18, 183-190    1976年
Effect of refraction on perceived locus of a target in the peripheral visual field.
Journal of Psychology   95, 59-62    1977年
Two-pulse temporal resolution threshold in the peripheral visual field.
Perceptual and Motor Skills   44, 837-838.    1977年

書籍等出版物

 
周辺視機能の精神物理学的機能
風間書房   1983年   
「コンピュータコミュニケーション」
ナカニシヤ出版   1983年   
「コンピュータコントロール」 
ナカニシヤ出版   1983年   
Effect of VDU colour on visual fatigue in the fovea and periphery of the visual field. (共著) In Brown, I. D., Goldsmith, R., Coombes, K., & Snclair, M. A. (Eds.) Ergonomics International,
Taylor & Francis (London)   1985年   
「視覚の情報処理」(共訳)
サイエンス社   1986年   

Works

 
高齢者におけるワーキングメモリの脳内メカニズムの研究
2003年

競争的資金等の研究課題

 
読みと周辺視
脳における意識情報処理
周辺視における充填過程
ワーキングメモリの脳内メカニズム