疋田 努

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/07 03:04
 
アバター
研究者氏名
疋田 努
 
ヒキダ ツトム
URL
http://zoo.zool.kyoto-u.ac.jp/index.html
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 生物科学専攻
職名
助教授
学位
理学修士, 理学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1979年
 - 
1995年
京都大学理学部助手
 

学歴

 
 
 - 
1979年
京都大学 理学研究科 動物学
 
 
 - 
1974年
京都大学 理学部 生物系
 

委員歴

 
1991年
   
 
日本爬虫両棲類学会  庶務
 
2001年
   
 
日本近化学会  編集委員
 

論文

 
東アジア各島嶼およびサイパン島産メクラヘビにおける数量データ(共著)
疋田 努
アカマタ,8,5-10      [査読有り]
ボルネオのトカゲ類
疋田努
植物分類地理学会報,31/1-3,97-102      1980年   [査読有り]
アカネズミの齢査定(共著)
疋田努・村上興正
日本生態学会誌,30,109-116      1980年   [査読有り]
日本とその周辺地域の両生爬虫類相
疋田 努
哺乳類科学,43144,87-98      1982年
マダラヘビ<Dinodon>属の性について(共著)
疋田 努
爬虫両種類学会報,1999/,1-2      1999年   [査読有り]

Misc

 
動物たちの地球 両生爬虫類7 カナヘビ、スナトカゲほか(編)
疋田 努
週刊動物百科,      1993年   [査読有り]
トカゲの釣り採集法
疋田 努
アカマタ,/13,33-36      1996年   [査読有り]
日本の爬虫類-トカゲ,ヤモリ(日本の両生類・爬虫類4)
疋田 努
どうぶつと動物園,2000/2,12-15      2000年   [査読有り]
アカネズミ頭骨形態の地理的変異一幾何学的形態測定法によるアプローチー.
新宅勇太・疋田努・本川雅治
日本動物学会近畿支部研究発表会講演要旨p. 11.      2008年   [査読有り]
同所的に生息する近縁種の嗅覚能力は似ているのか? バヌアツに同所的に生息する Laticauda 属ウミヘビ2種の嗅覚受容体遺伝子レパートリーの比較
岸田拓士, 早野あづさ, 村山美穂, 疋田努
日本爬虫両棲類学会第 51 回大会 (2012/11/10-11, 豊田)      2012年   [査読有り]

書籍等出版物

 
世界の天然記念物 9巻 両生類・爬虫類(共著)
疋田 努
講談社,9   1987年   
動物系統分類学9(下B1)脊椎動物(IIB1)爬虫類I(共著)
疋田 努
中山書店,   1988年   
Zoogeography of amphibians and reptiles in East Asia. (共著)
疋田 努
Current Herpetology in East Asia. Herpetological Society of Japan,278-281   1989年   
A behavioral study on the Japanese five-lined skink, <Eumeces latiscutatus> (Lacertilia : Scincidae). (共著)
疋田 努
Current Herpetology in East Asia. Herpetological Society of Japan,449-458   1989年   
Current Herpetology in East Asia (共編)
疋田 努
Herpetological Society of Japan,   1989年   

Works

 
マレーシア湿潤熱帯における種分化を中心とした生物相の分類学・進化学的研究
1979年
湿潤熱帯における食樹性昆虫の行動と生活史戦略に関する研究
1985年
湿潤熱帯における小動物の行動戦略に関する研究
1987年
湿潤熱帯における小動物の行動と進化に関する研究
1989年
湿潤熱帯における小動物の行動と進化に関する研究
1990年

競争的資金等の研究課題

 
東アジア産トカゲ属の系統分類学的研究
タイにおける小動物の進化に関する研究