前田 晴良

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/24 17:01
 
アバター
研究者氏名
前田 晴良
 
マエダ ハルヨシ
通称等の別名
前田 晴良
URL
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/geo/Ammo_Labo.htm
所属
九州大学
部署
総合研究博物館
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1985年
 - 
1991年
高知大学助手
 
1985年
 - 
1991年
高知大学助手
 
1991年
 - 
1995年
京都大学助手
 
1995年
 - 
2012年
- 京都大学 准教授
 
2012年
 - 
現在
九州大学総合研究博物館 教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京大学 理学系研究科 地質学
 
 
 - 
1981年
東京大学 理学部 地質学・鉱物学
 

委員歴

 
2015年12月
 - 
現在
日本地質学会  Island Arc編集顧問
 
2015年7月
 - 
現在
日本古生物学会  会長
 
2013年7月
 - 
2015年6月
日本古生物学会  和文誌編集委員長
 
1997年
   
 
日本古生物学会  評議員
 
1997年
 - 
1998年
日本古生物学会  学会誌(Paleontological Research)副編集長
 

受賞

 
1989年
日本古生物学会論文賞
 
1994年
日本古生物学会論文賞
 
1998年
日本古生物学会学術賞
 
2010年
日本古生物各界 優秀ポスター賞
 
2010年
日本古生物学会 論文賞
 

論文

 
Vision in a Middle Ordovician trilobite eye
Tanaka, G., Schoenemann, B., Hariri, K.E., Ono, T., Clarkson, E., and Maeda, H.
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology   433 129-139   2015年   [査読有り]
Mineralized rods and cones suggest colour vision in a 300 Myr-old fossil fish
Tanaka, G., Parker, A.R., Hasegawa, Y., Siveter, D.J., Yamamoto, R., Miyashita, K., Takahashi, Y., Ito, s., Wakamatsu, K., Mukuda, T., Matsuura, M., Tomikawa, K., Furutani, M., Suzuki, K., and Maeda, H.
Nature Communications   5 1-5   2014年12月   [査読有り]
Commensal anomiid bivalves on Late Cretaceous heteromorph ammonites from southwest Japan
Misaki, A., Maeda, H., Kumagae, T., and Ichida, M.
Palaeontology   57 77-95   2014年   [査読有り]
Ammonoids from the Sakiyama Formation of the Lower Cretaceous Miyako Group, Iwate Prefecture, Northeast Japan
Inose, H., Maeda, H., and Sashida, K.
Bulletin, National Science Museum, Series C   39 43-50   2013年   [査読有り]
Late Triassic ammonoid Sirenites from the Sabudani Formation in Tokushima, Southwest Japan, and its biostratigraphic and paleobiogeographic implications
Tsujino, Y., Shigeta, Y., Maeda, H., Komatsu, T., and Kusuhashi, N.
Island Arc   22 549-561   2013年   [査読有り]

Misc

 
化石化のメカニズムを探る:-タフォノミーヘの招待-
岩波「科学」   60(3) 159-163   1990年   [依頼有り]
仁淀川河口付近の海岸・海底堆積物(共著)
くろしお(高知大学海洋生物教育研究センター紀要)   1,25-28    1987年
サハリンの白亜紀層と古生物 (共著)
国立科学博物館ニュース   (333) 4-11   1997年
カニ喰って、蚊に喰われて行こう!-サハリン地質調査
遺伝   53(6) 69-71   1999年

書籍等出版物

 
化石の科学
朝倉書店   1987年   
古生物学事典(共著)
朝倉書店   1991年   
四国地方の化石(共著)
(共立出版)日本の地質-8 : 四国地方   1991年   
堆積学辞典(共著)
朝倉書店   1998年   
化石層の形成,タフォノミー [鎮西・植村編,古生物の科学-5:地球環境と生命史] (共著)
朝倉書店   2004年   

講演・口頭発表等

 
Taphonomic features of a Lower Permian beached xenofaunal cephalopod assemblage from central Texas(共著)
Annual Meeting and Exposition, Geological Society of America   1999年   
Interesting mode of ammonite occurrence in the Cretaceous Yezo Group, north Japan
Abstracts of 28th International Geological Congress   1989年   

Works

 
南サハリンの古地磁気学的研究による日本海盆・千島海盆の形成過程の検討(分担)
1990年
サハリンの白亜系の層序・古生物学的研究と北太平洋地域の白亜紀事変の検討(分担)
1993年
サハリンの白亜系の層序・古生物学的研究と北太平洋地域の白亜紀事変の検討(分担)
1994年
白亜系宮古層群産化石群の古生態学的研究(代表)
1994年
北海道の白亜系蝦夷層群の層序と化石群のタフォノミー(代表)
1995年

競争的資金等の研究課題

 
タフォノミー(化石化作用)
アンモナイトの分類学的・古生態学的研究
極東地域白亜系の層序学的・堆積学的研究