山極 壽一

J-GLOBALへ         更新日: 18/07/02 18:41
 
アバター
研究者氏名
山極 壽一
 
ヤマギワ ジュイチ
URL
http://jinrui.zool.kyoto-u.ac.jp/
所属
京都大学
部署
大学院理学研究科 生物科学専攻
職名
教授
学位
理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1988年
(財)日本モンキーセンター研究員
 
1988年
 - 
1998年
京都大学霊長類研究所助手
 
1998年
 - 
2002年
京都大学理学研究科助教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
京都大学 理学研究科 動物学
 
 
 - 
1975年
京都大学 理学部 生物学
 

委員歴

 
1991年
 - 
1997年
日本霊長類学会  理事
 
1990年
   
 
日本人類学会  評議員
 
2001年
   
 
日本アフリカ学会  理事
 
1996年
 - 
1999年
国際霊長類学会 (International Primatological Society)  自然保護委員会地域担当幹事(Regional Secretary)
 
2002年
   
 
生態人類学会  理事
 

論文

 
Evolution of community and humanity from primatological viewpoints. In : Stomu Yamash’ta, Tadashi Yagi, Stephen Hill (eds), The Kyoto Manifesto for Global Economics : The Platform of Community, Humanity, and Spirituality
Yamagiwa J,
Springer   329-357   2018年
Nkogue N Chim?ne, Horie M, Fujita S, Inoue E, Akomo-Okoue EF, Ozawa M, Yamato O, Ngomanda A, Yamagiwa J, Tsukiyama-Kohara K,
Genetics and Evolution   (53) 30-37   2017年
Robbins MM, Ando C, Fawcett KA, Grueter CC, Hedwig D, Iwata Y, Lodwick JL, Masi S, Salmi R, Stoinski TS, Todd A, Vercellio V, Yamagiwa J,
PLOS ONE   (11) 9   2016年
Estimating diurnal primate densities using distance sampling method in Moukalaba-Doudou National Park, Gabon
Mangama-Koumba LB, Nakashima Y, Mavoungou JF, Akomo-Okoue EF, Yumoto T, Yamagiwa J, M’batchi B
Jounal of Applied Biosciences   (99) 9395-9404   2016年
Nkogue N Chim?ne, Horie M, Fujita S, Ogino M, Kobayashi Y, Mizukami K, Masatani T, Ezzikouri S, Matsuu A, Mizutani T, Ozawa M, Yamato O, Ngomanda A, Yamagiwa J, Tsukiyama-Kohara K
Virus Genes      2016年
Iwata Y, Nakashima Y, Tsuchida S, Nguema PPM, Ando C, Ushida K, Yamagiwa J
J Vet Med Sci   77(10) 1247-1252   2015年
Akomo-Okoue EF, Inoue E, Nakashima Y, Hongo S, Atteke C, Miho Inoue-Murayama M, Yamagiwa J
Gabon. Mammal Research   (60) 375-384   2015年
Basabose AK, Inoue E, Kamungu S, Murhabale B, Akomo-Okue E-F, Yamagiwa J
American Journal of Primatology   (77) 1015-1025   2015年
Phytochemical Screening of Food Plants Eaten by Sympatric Apes (Gorilla beringei graueri and Pan troglodytes schweinfurthii) Inhabiting Kahuzi-Biega National Park, Democratic Republic of Congo) and their Potential Effect on Gastro Intestinal Parasites.
Kamungu S, Basabose K, Bagalwa M, Bagalwa B, Murhabale B, Yamagiwa J
International Journal of Pharmacognosy and Phytochemical Research   7(2) 255-261   2015年
Evolution of hominid life history strategy and origin of human family. In : Furuichi T, Yamagiwa J, Aureli F (eds), Dispersing Primate Females : Life History and Social Strategies in Male-Philopatric Species,
Yamagiwa J
Springer, Tokyo   255-285   2015年
Yamagiwa J, Tsubokawa K, Inoue E, Ando C
Gabon: Preliminary report. Primates   (56) 3-10   2015年
Wilfried EEG, Yamagiwa J
Gabon. Primates   (55) 467-472   2014年
Matsuda I, Tuuga A, Hashimoto C, Bernard H, Yamagiwa J, Fritz J, Tsubokawa K, Yayota M, Murai T, Iwata Y, & Clauss M.
Oecologia   (174) 1127-1137   2014年
Life history tactics in monkey and apes : focus on female-dispersal species. In : Yamagiwa J & Karczmarski L (eds), Primate and Cetacean : field research and conservation of complex mammalian societies
Yamagiwa J, Shimooka Y, Sprague DS
Springer, Tokyo   173-206   2014年
Socioecological flexibility of gorillas and chimpanzees. In : Yamagiwa J & Karczmarski L (eds), Primate and Cetacean : field research and conservation of complex mammalian societies
Yamagiwa J, Basabose AK
Springer, Tokyo   (43) 74   2014年
Inoue E, Akomo-Okoue ES, Ando C, Iwata Y, Judai M, Fujita S, Hongo S, Nze-Nkogue C, Inoue-Murayama M, Yamagiwa J,
American Journal of Physical Anthropology   (151) 583-588   2013年
Long-term changes in habitats and ecology of African apes in Kahuzi-Biega National Park, Democratic Republic of Congo. In: Plumptre AJ (ed), The ecological impact of long-term changes in Africa’s Rift Valley,
Yamagiwa J, Basabose AK, Kahekwa J, Bikaba D, Matsubara M, Ando, C, Iwasaki N, Sprague DS
Nova Science Publishers, New York   175-193   2012年
Science diplomacy for gorilla ecotourism
Yamagiwa J.
AJISS-Commentary   (138) 1-3   2011年
Ecological anthropology and primatology: fieldwork practices and mutual benefits. In: Centralizing Fieldwork, MacClancy J & Fuentes A (eds),
Yamagiwa J.
Berghahn Books, Oxford   84-103   2011年
Research history of Japanese macaques in Japan. In: Nakagawa N, Nakamichi M, Sugiura H (eds),
Yamagiwa J.
The Japanese Macaques, Springer, Tokyo   (3) 25   2011年
Coexistence des gorilles et des chimpanzes. In: Caldecott J, Miles L (eds)
Yamagiwa J.
Atlas Mondial des Grands Singes et Leur Conservation. UNESCO, Paris,   149   2010年
Gorillas: The Quest for Coexistence
Yamagiwa J.
The Japan Journal   6(10) 27-29   2010年
Japanese primatology and conservation management.
Yamagiwa J
Environmental Research Quarterly, Special Issue, Message from Japan's Green Pioneers: Living in Harmony with Nature, Ministry of the Environment, Government of Japan, pp.15-30.      2010年
Four decades of research on primates in Kahuzi-Biega
Basabose AK., Yamagiwa J.
Gorilla Journal   (38) 3-7   2009年
Yamagiwa J, Basabose AK
Am J Phys Anthropol 140: 739-750.   140(4) 739-750   2009年
Yamagiwa J, Kahekwa J, Basabose AK
Primates 50: 293-303.   50(4) 293-303   2009年
Comments on “Fission-Fusion Dynamics: new research frameworks”.
Yamagiwa J.
Current Anthropology   (49) 645-646   2008年
Book Review: Alexander H. Harcourt and Kelly j. Stewart, Gorilla Society: conflict, compromise, and cooperation between sexes.
Yamagiwa J.
The University of Chicago Press, Chicago. Primates   (49) 232-234   2008年
Estimating gorilla abundance by dung count in the northern part of Moukalaba-Doudou National Park, Gabon.
Takenoshita, Y., Yamagiwa J.
African Study Monographs Supplementary Issue, 39: 41-54.      2008年
Yamagiwa J.
International J. Primatology, 29: 49-64.   29(1) 49-64   2008年
Phenology of fruits consumed by a sympatric population of gorillas and chimpanzees in Kahuzi-Biega National Park, Democratic Republic of Congo.
Yamagiwa J., Basabose, A.K., Kaleme, K.P., Yumoyo, T.
African Study Monographs Supplementary Issue, 39: 3-22.      2008年
Fruit phenology of the great ape habitat in the Moukalaba-Doudou National Park, Gabon.
Takenoshita, Y., Ando, C., Iwata, Y., Yamagiwa J.
African Study Monographs Supplementary Issue, 39: 23-40.      2008年
Progress of habituation of western lowland gorillas and their reaction to observers in Moukalaba-Doudou National Park, Gabon.
Ando, C., Iwata, Y., Yamagiwa J.
African Study Monographs Supplementary Issue, 39: 55-69.      2008年
Comments on "The Chimpanzee Has No Clothes: a critical examination of Pan troglodytes in models of human evolution"
Yamagiwa J.
Current Anthropology, 49: 105-106.      2008年
Effects of fruit scarcity on foraging strategies of sympatric gorillas and chimpanzees.
Yamagiwa J. and Basabose, A.K.
In: Feeding Ecology in Apes a nd Other Primates: Ecological, Physiological and Behavioural Aspects, Hohmann, G., Robbins, M.M. and Boesch, C. (eds.), Cambridge University Press, Cambridge, pp. 73- 96.      2006年
Playful encounters: the development of homosexual behaviour in male mountain gorillas.
Yamagiwa J.
In Homosexual Behaviour in Animals, Sommer, V. an d Vasey, P.L. (eds.), Cambridge University Press, Cambridge, pp. 273-293.      2006年
Yamagiwa J, Mitani JC, Nishida T (eds)
Primates, 47 (1).   47(1) 1   2006年
Yamagiwa J, Basabose AK
Primates, 47 (1): 74-90   47(1) 74-90   2006年
ゴリラの人付け、人のゴリラ付け
山極 壽一
心理学評論, 49(3): 403-4 13.      2006年
Coexistence of gorillas and chimpanzees. In: World Atlas of Great Apes and their Conservation, J. Caldecott and L. Miles (eds)
Yamagiwa J
UNEP World Conservation Monitoring Centre, University of California Press, Berkeley   137   2005年
Matsubara M, Basabose AK, Omari I, Kaleme K, Kizungu B, Sikubwabo K, Kahindo M, Yamagiwa J, Takenaka O
Primates, 46: 199-202   46(3) 199-202   2005年
Yamagiwa J, Basabose AK, Kaleme K, Yumoto T
International Journal of Primatology, 26 (6): 1345-1373   26(6) 1345-1373   2005年
「子どもと暴力:ゴリラの子殺しに見る問題とその解決」
山極 壽一
科学, 75 (4): 411-422      2005年
Domingo-Roura, X, Marmi, J, Andres, O, Yamagiwa, J & Terradas, J.
American Journal of Primatology   (62) 31-42   2004年
Diet and foraging of the great apes: ecological constraints on their social organizations and implications for their divergence.
山極 壽一
The Evolution of Thought: Evolutionary Origins of Great Ape Intelligence, A.E.Russon & D.R. Begun(eds), Cambridge University Press, Cambridge,pp.210-233      2004年
ヒガシローランドゴリラの現況と保護対策:カフジ・ビエガ国立公園での保護活動から
山極 壽一
霊長類研究,20/, 73-76      2004年
Reconsideration of terminology for sociality and social relationships in natural science.
山極 壽一
Linguistic Challenges in the Modern Sciences,pp. 45-52      2003年
On the origins of the human family : Comparison of great ape social organization.
山極 壽一
Primates : ORIGIN, EVOLUTION AND BEHAVIOR. HOMAGE TO JORDI SABATER PI. Vea JJ, Serrallonga J, Turbon D, Fullola JM, Serrat D, Editors. Barcelona : Parc Cientific,pp.91-117      2003年
How fruit abundance affects the chimpanzee party size: a comparison between four study sites.
山極 壽一
Primates,44: 77-81      2003年
Bushmeat poaching and the conservation crisis in Kahuzi-Biega National Park, Democratic Republic of the Congo.
山極 壽一
Journal of Sustainable Forestry,16: 115-135.      2003年
A case report of a novel type of stick use by wild chimpanzees.
山極 壽一
Primates,44: 199-201      2003年
異種の類人猿はどのようにして共存しているか:カフジ・ビエガ国立公園に同所的に生息するゴリラとチンパンジーの採食様式
山極壽一・Basabose, AK,
霊長類研究,19: 3-15      2003年
Within-group feeding competition of gorillas in the Kahuzi-Biega National Park,Democratic Republic of Congo: a comparison with that of sympatric chimpanzees.
山極 壽一
Revisiting the Genus Gorilla, A.B.Taylor&M.L.Goldsmith (eds.), Cambridge University Press,in press      2002年
山極 壽一
International Journal of Primatology,23, 263-282   23(2) 263-282   2002年
霊長類の日遊動距離と遊動域の推定.
山極壽一・下岡ゆき子
霊長類研究, 18: 326-333      2002年
山極 壽一
African Journal of Ecology,38, 269-273   38(4) 269-276   2001年
Factors affecting nesting site choice in chimpangees at Tshibati, Kahuzi-Biega National Park : Influence of sympatric gorillas
山極 壽一
International Journal of Primatology,38, 269-273      2001年
Dispersal patterns, group structure and reproductive parameters of eastern lowland gorillas at Kahuzi in the absence of infanticide.
山極 壽一
Mountain gorillas, M.Robbins, P.Sicotte&K.J.Stewart (eds.), Cambridge University Press, Cambridge,pp.89-122      2001年
Origin of human family and evolution of community
山極 壽一
,/5,9-17      2000年
「家族の起源:父性の創造」
山極 壽一
精神保健(精神保健学会誌),45: 1-5      2000年
家族の起源とコミュニティーの進化
山極 壽一
長寿社会研究所年報5,/5,9-17      2000年
ゴリラの大量虐殺とその背景
山極 壽一
アフリカ・レポート,31/,19-23      2000年
山極 壽一
Primates,40,87-104   40(1) 87-104   1999年
食のホミニゼーション
山極 壽一
行動科学,36/,25-31      1999年
ゴリラとチンパンジーの個体群の構造に影響する社会生態学的要因
山極 壽一
霊長類,40/,87-104      1999年
山極 壽一
Primates,39,303-312   39(3) 303-312   1998年
山極 壽一
Primates,38/1,45-55   38(1) 45-55   1997年
ホミニゼーションと共生
山極 壽一
霊長類研究,13/,117-120      1997年
Dietary and ranging overlap in sympatric gorillas and chimpanzees in Kahuzi-Biega National Park, Zaire.
山極 壽一
Great Ape Societies, W.C.McGrew, L.F.Marchant&T.Nishida (eds.), Cambridge University Press, Cambridge,pp.82-98      1996年
Densilies of ape's food trees and primates in the Petit Loango Reserve, Gabon.
山極 壽一
African Study Monographs,16/4,181-193      1996年
食物をめぐる競合と人類の進化-ゴリラとチンパンジーの食性の比較から-
山極 壽一
日本咀嚼学会誌,6/1,39-49      1996年
Seed-dispersal by elephants in a tropical forest in Kahuzi-Biega National Park, Zaire.
山極 壽一
Biotropica,27,526-530      1995年
How and why has African Solanum chosen the elephants only as teh seed disperser ?
山極 壽一
Tropics,9/,11-12      1995年
なぜアフリカソラナムはゾウだけを種子散布者として選んだのか?
山極 壽一
熱帯研究,9/,11-12      1995年
ザイール,カフジ=ビエガ国立公園の熱帯雨林におけるゾウの種子散布
山極 壽一
熱帯生物学,27/,526-530      1995年
The present status and conservation of mountain gorillas and eastern lowland gorillas
山極 壽一
Primate Research,10/3,347-362      1994年
山極 壽一
Primates,35,1-14   35(1) 1-14   1994年
山極 壽一
Tropics,3(3/4),295-308   3(3月4日) 295-308   1994年
Day-journey length and daily diet of solitary male gorillas in lowland and highland habitats.
山極 壽一
International Journal of Primatology,15/2,207-224      1994年
Conservation of eastern lowland gorilla in the Kahuzi-Biega National Park, Zaire.
山極 壽一
Current Primatology, Vol.1, Ecology and Evolution, B.Thierry, J.R.Anderson, J.J.Roeder and N.Herrenschmidt (eds.), Universite Louis Pasteur, Strasbourg,Vol.1,pp.113-122      1994年
クモザル亜科と類人猿の社会進化.
山極 壽一
生物科学, 46(1): 34-46      1994年
低地と高地に生息する単独オスゴリラの1日の遊動距離と食物について
山極 壽一
国際霊長類学雑誌,15/2,207-224      1994年
マウンテンゴリラと東ローランドゴリラの現状と保護
山極 壽一
霊長類研究,10/3,347-362      1994年
Population density and ranging pattern of chimpanzees in Kahuzi-Biega National Park, Za(]E88D6[)re.
山極 壽一
African Study Monograph,13/4,217-230      1993年
共存域におけるゴリラとチンパンジーの現状と保護.
山極 壽一
霊長類研究, 9: 195-206      1993年
カフジービエガ国立公園の東ローランドゴリラの食性を分析する方法論(共著)
山極 壽一
熱帯研究,2/4,209-218      1993年
カフジービエガ国立公園のチンパンジーの生息密度と遊動様式(共著)
山極 壽一
アフリカ研究,13/4,217-230      1993年

Misc

 
「大学で学ぶということ」
山極寿一
読売中高生新聞、2月23日      2018年
「住まいのかたち―人や自然とのつながりを」
山極寿一
科学季評、朝日新聞(朝刊)、2月10日      2018年
「人間社会の起源から協同の価値と希望を探る」3
山極寿一
日本労協新聞、1月25日      2018年
「人間社会の起源から協同の価値と希望を探る」2
山極寿一
日本労協新聞、1月15日      2018年
ヒトときどきゴリラ「ともに生きる幸福を取り戻そう」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、1月10日      2018年
「人間社会の起源から協同の価値と希望を探る」1
山極寿一
日本労協新聞、1月5日      2018年
「発刊に寄せて」
山極寿一
学術会議叢書24『<いのち>はいかに語りうるか?』公益財団法人日本学術協力財団pp.2-5.      2018年
書評 赤坂憲雄著『性食考』
山極寿一
中央公論20184月号pp. 254-255.      2018年
「「おもろい」発想で拓く研究と高等教育の未来」
山極寿一
環境会議2018春pp.18-26.      2018年
「梁山泊との出会い」
山極寿一
ぼくはこうしてゴリラになった第5回モンキー2巻4号:74−75.      2018年
「社会の中で京都大学の存在感を高めるために」
山極寿一.
第21回京都大学全学シンポジウム報告書「社会とつながる京都大学の教育pp. 56-69.      2018年
「人類の進歩を促す「不安」について」
山極寿一
Crisis 5.0−2050年の社会課題の探索日立製作所日立未来課題探索共同研究部門 pp. 4-5.      2018年
「負けずぎらいなゴリラが教えてくれること」
山極寿一
ゴリラの子育て 人の子育て最終回Chio通信04 : 02-03.      2018年
「IT時代の高等教育」
山極寿一
教育展望2018.1・2.pp 2-3.      2018年
「共感社会から共生社会へ」
山極寿一
臨床と研究 95 (1) : 1-2.      2018年
「二重生活のすすめ」
山極寿一
公研 653 : 16-17.      2018年
「ゴリラに学ぶ人間の本質」
山極寿一
くにたち公民館だより 695 : 1-2.      2018年
ヒトときどきゴリラ「無性に歩き周りたくなる理由」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、12月13日      2017年
「AIによる情報通信革命安心な人の輪広がるか」
山極寿一
科学季評、朝日新聞(朝刊)、11月11日      2017年
ヒトときどきゴリラ「背中で語る社会がつくった「男」」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、11月8日      2017年
「木島櫻谷 表情豊かな動物画」
山極寿一
ソフィア京都新聞文化会議、京都新聞(朝刊)、11月3日      2017年
「ハミングで楽しい気分満喫」
山極寿一
科学季評、朝日新聞(朝刊)、8月19日      2017年
「細菌との共生―健康を保つ仲間として」
山極寿一
科学季評、朝日新聞(朝刊)、8月19日      2017年
ヒトときどきゴリラ「仲間に認められる自由」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、8月9日      2017年
「ゴリラの友」
山極寿一
日本経済新聞(朝刊)、8月4日      2017年
「科学に胸襟を開いて」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、7月25日      2017年
「崩壊する「家族」と向き合う」
山極寿一
グローバルウォッチ「若者と社会」、聖教新聞、7月15日      2017年
ヒトときどきゴリラ「皆で育てる人間の赤ちゃん」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、7月12日      2017年
ヒトときどきゴリラ「「同じ釜の飯」は人間だけの絆」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、6月14日      2017年
ヒトときどきゴリラ「下のしつけは人間への修練」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、5月10日      2017年
ヒトときどきゴリラ「言葉より目と目で通じ合う」
山極寿一
京都新聞(夕刊)、4月12日      2017年
「りかゴコロを子どもたちに」
山極寿一
この本読んで2017冬65号pp. 73-75.      2017年
MyHero「ゴリラのベートーベン」
山極寿一
なごみ2018年1月号pp. 58-63.      2017年
「みんなの時間」
山極寿一
みんなゴリラから教わった第33回ちゃぐりん 55巻1号:74−75.      2017年
「解説」ダニエル・E・リーバーマン著塩原通緒訳『人体600万年史』
山極寿一
ハヤカワ・ノンフィクション文庫pp. 319-325.      2017年
「私たちは“そのように”できている」
山極寿一
etRouge 15 : 16-17.      2017年
「一人暮らしの知恵」
山極寿一
ぼくはこうしてゴリラになった第4回モンキー2巻3号:50−51.      2017年
「野生の思考と未来の人材育成」
山極寿一
公研 651 : 52-89.      2017年
「自然と文化の間にあるジェンダー」
山極寿一
学術の動向 22(11) : 18-23.      2017年
「類人猿とヒトから考える都市」
山極寿一
建築雑誌Vol 132 No. 1704 : 6-9.      2017年
「書評」『動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか』フランス・ドゥ・ヴァール著
山極寿一
公明新聞、10月30日      2017年
「森林動物として不確かなことを不確かなままに」
山極寿一
ちゃぶ台Vol. 3 pp159-173.      2017年
「大学はジャングル」
山極寿一
トヨタ財団広報誌JOINT 25 : 2-3.      2017年
「京都御苑ずきのご近所さん」
山極寿一
平成29年度京都御苑ずきのご近所さん環境省自然環境局京都御苑管理事務所pp. 69-74.      2017年
「なぜ人間の赤ちゃんは泣くのか―ゴリラから見た人間の子どもの成長と子育ての秘密―」
山極寿一
子供虐待とネグレクト第19巻第2号:130-140.      2017年
「サル化する人間社会」(ファイナンス)
山極寿一
ファイナンス Vol.53 No.6 pp. 69-75.      2017年
「あとがき」
山極寿一
山中伸弥監修上廣倫理研究部門編『科学知と人文知の接点』弘文堂pp. 357-363.      2017年
「筆者のものの見方と向き合う」
山極寿一
国語教育相談室中学校 84 : 4-7. 光村図書      2017年
「経済から社会をとりもどす」
山極寿一
青淵 822 : 9-10.      2017年
「ゴリラやサルの研究から見えてくる身体を同調させる場所づくり」
山極寿一
北大路プロジェクト関連企画「京都のちから」新建築9月号 pp.23-25.      2017年
「メンバーの期待にどう応えるのか」理想のリーダー、ゴリラに学ぶ
山極寿一
経済界10月号pp.36-38.      2017年
「挫折から雪山へ」
山極寿一
ぼくはこうしてゴリラになった第3回モンキー2巻2号:26−27.      2017年
「勉強にはやっぱり「哲学」が必要だ」
山極寿一・千葉雅也
文芸春秋9月特別号pp. 298-306.      2017年
「戦いの本質とは何か」
山極寿一
『現代文B』教育出版pp. 301-312.      2017年
「葉っぱのトイレ」
山極寿一
暮らしの手帳89 : 123.      2017年
「戦争の起源」
山極寿一
緊急寄稿歌人・著名人に問う「なぜ戦争はなくならないのか」角川「短歌」2017年8月号別冊付録p. 47.      2017年
「細菌ハンターたちが世界を変える」
山極寿一
公研 647 : 16-17      2017年
「人はみんなで楽しく食べられる」
山極寿一
ゴリラの子育て 人の子育て?CHIO通信02:2-3      2017年
「探検へのあこがれ」
山極寿一
ぼくはこうしてゴリラになった第2回モンキー2巻1号:2−3.      2017年
「生物多様性を支える京都御苑」
山極寿一
京都御苑NEWS131:1-2.      2017年
「ゴリラの子育て 人の子育て」
山極寿一
CHIO通信1:2-3.      2017年
「私の三冊」
山極寿一
図書2017臨時増刊岩波文庫創刊90周年記念      2017年
「ゴリラに学んだ地域づくり」
山極寿一
RRM「地域資源マネジメント学の構築にむけて―平成28年度兵庫県立大学特色化戦略推進事業報告書―」兵庫県立大学地域資源マネジメント研究科pp. 117-131.      2017年
「ゴリラは戦わない」
山極寿一
MURYOJI105:4−6.      2017年
「最先端の学術分野が日本の外交政策を担う」
山極寿一
特集「最先端研究に挑む」2018大学ランキング朝日新聞社出版、pp. 42-43.      2017年
「自分ならできる」
久能祐子・山極寿一
京都大学基金News Letter 5 : 2-7.      2017年
「対話に基づいた自由な精神を創る」
山極寿一
言の葉協会CONCEPT BOOK 2017春号 pp. 18-20.      2017年
「老いの美しさの秘密を探る」
山極寿一
ひと・健康・未来 12 : 12-15.      2017年
「極大化した不安共に過ごす時間を」
山極寿一
オピニオン&フォーラム「私たちはどこにいるのか」、朝日新聞朝刊、1月1日      2017年
「サル化する人間社会」(フォーラム)
山極寿一
椙山女学園創立111周年記念椙山フォーラム「ヒト・人・ひと」椙山人間学研究12 : 10-23.      2017年
書評『チンパンジーは365日ベッドを作る』
山極寿一
この科学本が面白い中央公論2017年4月号pp. 234-235.      2017年
「子ども時代の残像」
山極寿一
ぼくはこうしてゴリラになった第1回モンキー1巻4号:76-77.      2017年
書評『ゴリラとピグミーの森』(伊谷純一郎著岩波新書)
山極寿一
週刊朝日2017.3.3p. 130.      2017年
「霊長類からの進化過程にみえる人間がイノベーションを起こす理由」
山極寿一
新地球学の世紀Wedge 29 (3) : 78-79.      2017年
「コミュニケーションの進化と家族の起源」
山極寿一
Engineering 145 : 16-17.      2017年
『美しいセオリーはときには危険な道を開く』
山極寿一
現代思想 45(5) : 54-56.      2017年
「大学が直面する課題と教育改革」
山極壽一
平成27年度学長会議第2回全体会議報告書一般社団法人日本私立大学連盟 pp. 26-33.      2017年
「人類の自然」
中沢新一・山極寿一
現代思想3月臨時増刊号pp. 8-26.      2017年
「グローバル時代のコミュニティ」
山極寿一
公研 641 : 16-17.      2017年
「新しい学びの場を創造する」
山極寿一
山岡育英会 会誌 52 : 32-33.      2017年
「京都エリートを育てるために」
山極寿一
IDE 2017年1月号pp. 4-7.      2017年
「多様な人の関わりを共同子育てが共感性培う」
山極寿一
生物学からみたニンゲン子育て考、琉球新報、12月9日      2016年
「ゴリラに学ぶ共存勝つより負けないを重視」
山極寿一
平和考、愛媛新聞、12月2日      2016年
ヒトときどきゴリラ「一緒に食べる」
山極寿一
山陰中央新報、10月31日      2016年
ヒトときどきゴリラ「ひとりでいる自由」
山極寿一
岩手日報、10月25日      2016年
ヒトときどきゴリラ「下のしつけの本当の意味」
山極寿一
山陰中央新報、10月3日      2016年
ヒトときどきゴリラ「泣かない赤ちゃん」
山極寿一
岩手日報、9月27日      2016年
書評『ヒト―異端のサルの1億年』
山極寿一
公明新聞、10月31日      2016年
ヒトときどきゴリラ「勝つことと負けないこと」
山極寿一
京都新聞朝刊10月29日      2016年
ヒトときどきゴリラ「食事が親しい関係つくる」
山極寿一
山梨新聞、8月21日      2016年
ヒトときどきゴリラ「下のしつけは修練」
山極寿一
高知新聞、8月24日      2016年
「昨日読んだ文庫」
山極寿一
毎日新聞朝刊、7月10日      2016年
「新生活を始める君へ―信頼築く原始の交流術」
山極寿一
産経新聞(夕刊)、4月4日      2016年
「表紙のことば」
山極寿一
モンキー 1(3) : 48.      2016年
「ゴリラ虐殺の記憶を風化させないために」
山極寿一
JWCS通信 79 : 10-11.      2016年
書評『サピエンス全史』
山極寿一
中央公論2017年1月号pp. 290-291.      2016年
「性という謎から霊長類をまなざす」
山極寿一・田中雅一
現代思想第44巻22号特集「霊長類学の最前線」pp. 42-62.      2016年
「類人猿はなぜ熱帯雨林を出られなかったのか」
山極寿一
現代思想第44巻22号特集「霊長類学の最前線」pp. 30-41.      2016年
「日本の学術外交を考える」
山極寿一
青淵 812 : 11-12.      2016年
「学生時代ザイールの山中で二人はばったり出会う」
山極寿一・末原達郎
特別企画同窓対談 龍谷 82 : 15-17.      2016年

書籍等出版物

 
「探検大学の源流」
山極 寿一
田中和子編『探検家ヘディンと京都大学』、pp. 155-157.   2018年   
『人類は何を失いつつあるか』
山極寿一・関野吉晴
東海教育研究所   2018年   
「これからの人類―身体感覚を取り戻し、データから脱出せよ」
山極寿一
菅付雅信編『これからの教養―激変する世界を生き抜くための知の11講』、ディスカヴァー・トゥエンティワン、pp. 350-379.   2018年   
「味方をつくらない」
山極 寿一
『世界を平和にするためのささやかな提案』、14歳の世渡り術シリーズ、河出書房新社、pp.118-124.   2015年   
『ゴリラと学ぶ―家族の起源と人類の未来』
山極寿一・鎌田浩毅
ミネルヴァ書房   2018年   
「霊長類の共通祖先から受け継いだヒトのレジリエンス」
山極 寿一
奈良由美子・稲村哲也編『レジリエンスの諸相―人類史的視点からの挑戦―』、放送大学教育振興会、pp. 36-55.   2018年   
「共感力暴発 宗教が止めよ」
山極 寿一
中外日報社編『時代を生きる宗教を語る』、中外日報社、pp. 121-130.   2017年   
人類の社会性の進化[上] : 「社会」の学としての霊長類学 (iCardbook)
山極寿一・本郷峻
詩想舎   2017年   
「ヒガシローランドゴリラ」
山極 寿一
京都大学霊長類研究所編『世界で一番美しいサルの図鑑』、X-Knowledge p. 204.   2017年   
「マウンテンゴリラ」
山極 寿一
京都大学霊長類研究所編『世界で一番美しいサルの図鑑』、X-Knowledge p. 201.   2017年   
「「おもろいこと」が世界を変える」
山極 寿一
構想の庭、ライフデザインブックス新書、pp. 153-173.   2017年   
「五神真・東大総長、山極寿一・京大総長とおおいに語る」
五神真・山極寿一
五神真著『変革を駆動する大学』、東京大学出版会、pp. 173-187.   2017年   
「人類の進化が投げかける―科学コミュニケーションの行き先」
山極寿一・吉川弘之
吉川弘之対談集『科学と社会の対話』、丸善出版、pp. 179-207.   2017年   
「二人の恩師の夢、今西錦司先生と伊谷純一郎先生」
山極 寿一
上廣倫理財団編『わが師・先人を語る』、弘文堂、pp. 131-170.   2017年   
「おもろいこと、やろうじゃないか」
山極寿一・永田和宏
山中伸弥・羽生善治・是枝裕和・山極壽一・永田和宏著『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』、文春新書、pp. 176-204.   2017年   
「挫折から次のステップが開ける」
山極 寿一
山中伸弥・羽生善治・是枝裕和・山極壽一・永田和宏著『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』、文春新書、pp. 149-175.   2017年   
『ゴリラは戦わない―平和主義、家族愛、楽天的』
山極寿一・小菅正夫
中公新書ラクレ   2017年   
「ゴリラから人間関係を学ぶ」
ビートたけし・山極寿一
『たけしの面白科学者図鑑』、新潮文庫、pp. 11-34.   2017年   
「「人間とは何か」を密林にたずねる」
山極 寿一
中村桂子編『つむぐ』、新曜社、pp.154-179.   2016年   
「狂放思考学」
山極 寿一
奇光出版   2016年   
「若者の意思が日本を変える」
山極 寿一
岩波新書編集部編『18歳からの民主主義』、岩波新書、pp. 210-213.   2016年   
「こころの起源―共感から倫理へ」
山極 寿一
河合俊雄・中沢新一・広井良典・下條伸輔・山極寿一『<こころ>はどこから来て、どこへ行くのか』、岩波書店、pp.155-200.   2016年   
「サルから考える人間のコミュニティの未来」
山極 寿一
近藤淳也監修『ネットコミュニティの設計と力』、角川学芸出版、pp. 129-160.   2015年   
『京大式おもろい勉強法』
山極 寿一
朝日選書   2015年   
『父という余分なもの−サルに探る文明の起源』
山極 寿一
新潮文庫   2015年   
「ゴリラが教えてくれた構えの継承」
山極 寿一
京都芸術センター叢書『継ぐこと、伝えること』、京都芸術センター、pp. 190-194.   2014年   
『「サル化」する人間社会』
山極 寿一
集英社   2014年   
「ゴリラから人間関係を学べ」
山極 寿一
ビートたけし著『たけしのグレートジャーニー』、新潮社、pp. 73-92.   2014年   
「サルを通してヒトをみつめる」
山極 寿一
倉本聰・林原博光編『愚者が聞く』、双葉社、pp. 155-197.   2014年   
「ゴリラツーリズム」
山極 寿一
松田素二編『アフリカ社会を学ぶ人のために』、世界思想社、pp. 236-237.   2014年   
「老いを楽しむ」
横山俊夫・やなぎみわ・山極壽一・松林公蔵・深澤一幸
横山俊夫編『達老時代へ』、ウェッジ選書、pp. 173-231.   2013年   
「老いはどのように進化してきたか―少子高齢化社会の生物学的背景」
山極壽一
横山俊夫編『達老時代へ』、ウェッジ選書、pp. 29-64.   2013年   
「京都大学の教養教育について考える」、安達千李他編『ゆとり京大生の大学論』
山極壽一
ナカニシヤ出版、pp. 74-87.   2013年   
「移動の心理を霊長類に探る」
山極壽一
印東道子編『人類の移動誌』、臨川書店、pp. 38-53.   2013年   
『日本のサル学のあした―霊長類研究という「人間学の可能性」』
中川尚史・友永雅己・山極壽一
京都通信社   2012年   
『野生のゴリラと再会する―26年前のわたしを覚えていたタイタスの物語』
山極壽一
くもん出版   2012年   
「ヒトはいつから火を使いはじめたのか―人間の生活史からみた調理の起源」
山極壽一
朝倉敏夫編『火と食』、食の文化フォーラム30、pp. 20-43.   2012年   
『ゴリラは語る』
山極壽一
15歳の寺子屋、講談社   2012年   
『家族進化論』
山極壽一
東京大学出版   2012年   
「ヒトの脳の進化の舞台裏」
山極壽一
カール・ジンマー著。長谷川真理子監修『進化―生命のたどる道』、岩波書店、pp. 397-398.   2012年   
『ゴリラが胸をたたくわけ』
山極壽一・阿部知暁
月刊たくさんのふしぎ、第325号、福音館書店   2012年   
「サルの名付けと個体識別」
山極壽一
横山俊夫編『ことばの力―あらたな文明を求めて』、京都大学学術出版会、pp.269-288.   2012年   
「ヒトはどのようにしてアフリカを出たのか? ヒト科生態進化のルビコン」
山極壽一
印東道子編『人類大移動―アフリカからイースター島へ』、朝日選書、pp. 219-243.   2012年   
「ゴリラと野生生物の復活劇」
山極壽一
吉田昌夫・白石荘一郎編『ウガンダを知るための53章』、明石書店、pp. 29-33.   2011年   
「ゴリラとあそんだよ」
やまぎわじゅいち・あべ弘士
福音館   2011年   
『ヒトの心と社会の由来を探る〜霊長類学から見る共感と道徳の進化〜』
山極壽一
高等研選書、財団法人国際高等研究所   2011年   
「コミュニケーションとは何か〜サルから知る、人の身体と心〜」
山極壽一
知デリBOOK Vol 1−5つの知の対話集―、アート&テクノロジー知術研究プロジェクト2006−2008、pp.7-50.   2011年   
「ゴリラの森から見た戦争と環境」
山極壽一
京都家庭文庫地域文庫連絡会編『きみには関係ないことか』、かもがわ出版、p. 102.   2011年   
往生―死をめぐる共生
山極寿一・平野啓子・中野正明・青木新門・高田公理
高田公理編『ともいきがたり』、創元社、pp.132-152.   2011年   
いのちと環境から考える
中村桂子・山極寿一・佐野春仁・西村仁志
京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会編『京都に海の水族館?市民不在のまちづくり計画』、かもがわブックレット、pp.18-24.   2011年   
負の遺産への責任
山極 壽一
京都水族館(仮称)と梅小路公園の未来を考える会編『京都に海の水族館?市民不在のまちづくり計画』、かもがわブックレット、pp.44-45.   2011年   
ゴリラに学ぶ子育ての深い意味
山極 壽一
The保育101の提言Vol. 3, pp.72-77. フレーベル館   2010年   
霊長類における父親行動というアロマザリング
山極 壽一
根ケ山光一・柏木恵子編『ヒトの子育ての進化と文化』、有斐閣、pp. 53-54.   2010年   
戦争の起源
山極 壽一
総合人間学会編『戦争を総合人間学から考える』、学文社, pp. 5-19.   2010年   
日高敏隆の口説き文句
小長谷有紀・山極寿一(編)
岩波書店   2010年   
ゴリラ・<こころ>・人
山極 壽一
京都文化会議記念出版委員会・川添信介・高橋康夫・吉澤健吉編『こころの謎 kokoroの未来』、京都大学学術出版会、pp. 156-183.   2009年   
ゴリラ図鑑
山極 壽一
ぶんけい   2008年   
野生動物とヒトとの関わりの現代史-霊長類学が変えた動物観と人間観
山極 壽一
林良博・森裕司・秋篠宮文仁・池谷和信・奥野卓司編『ヒトと動物の関係学第4巻 野生と環境』、岩波書店、pp.69-88.   2008年   
人類進化論-霊長類学からの展開-
山極 壽一
裳華房   2008年   
あとがき-2
山極 壽一
高槻成紀・山極寿一(編)『日本の哺乳類学2.中大型哺乳類・霊長類』、pp. 456-458. 東京大学出版会.   2008年   
日本の霊長類-ニホンザル研究の歴史と展望
山極 壽一
高槻成紀・山極寿一(編)『日本の哺乳類学2.中大型哺乳類・霊長類』、pp. 29-49. 東京大学出版会.   2008年   
日本の哺乳類学2.中大型哺乳類・霊長類
高槻成紀・山極寿一(編)
『日本の哺乳類学2.中大型哺乳類・霊長類』、東京大学出版会   2008年   
サタンの水-中央アフリカ・キブ湖畔の酒-
山極 壽一
山本紀夫編著 『酒づくりの民族誌』、八坂書房、pp. 84-91.   2008年   
眠りの進化論
山極 壽一
高田公理・堀忠雄・重田真義編『睡眠文化を学ぶ人のために』、世界思想社、pp. 162-163.   2008年   
家族のデザイン
山極寿一・津和典子・松岡悦子・小長谷有紀
小長谷有 紀編『家族のデザイン』、東信堂、pp.165-207.    2008年   
環境変動と人類の起源
山極 壽一
池谷和信・佐藤廉也・武内進一編『朝 倉世界地理講座-大地と人間の物語―11.アフリカI』   2007年   
暴力はどこからきたか―人間性の起源を探る―
山極 壽一
NHKブックス   2007年   
アフリカに森の学校を―自然保護と地域振興のはざまにあるエコ ツーリズム
山極 壽一
山下晋司編『観光文化学』、新曜社, pp. 117-183.   2007年   
日本の霊長類学を創った人々
山極 壽一
特集「近代日本の学者101」、 大航海 No. 64, pp. 146-150.   2007年   
ヒトはどのようにしてつくられたか
山極 壽一
岩波書店   2007年   
いま食べることを問う
伏木亨・山極寿一
人間選書285、農文協   2006年   
「学びの島」歴史と未来
山極 壽一
大澤雅彦・田川日出夫・山極寿一編 『世界遺産屋久島―亜熱帯の自然と生態系―』、朝倉書店   2006年   
おとうさんゴリラは遊園地
山極 壽一
新日本出版社   2006年   
ゴリラのフィールド遺伝学
山極 壽一
竹中修企画、竹中晃子・渡邊邦夫・村山美穂編『遺伝子の窓から見た動物たち:フィールドと実験室をつないで』、京都大学学術出版会、pp. 267-280.   2006年   
サルと歩いた屋久島
山極 壽一
山と渓谷社   2006年   
ゴリラ
山極 壽一
東京大学出版会   2005年   
類人猿の共存とコミュニテイの進化
山極 壽一
「人間性の起源と進化」(昭和堂),pp. 172-202   2003年   
オトコの進化論:男らしさの起源を求めて
山極 壽一
ちくま新書   2003年   
ゴリラのエコツーリズム
山極 壽一
「観光と環境の社会学」(新曜社,pp. 243-245   2003年   
未熟がつくった人間の社会性
山極 壽一
「大人にならずに成熟する法」,pp. 156-181   2003年   
内戦下の自然破壊と地域社会:中部アフリカにおける大型類人猿のブッシュミート取引とNGOの保護活動
山極 壽一
地球環境問題の人類学(世界思想社),pp. 251-280   2003年   
Within-group feeding competition and socioecological factors influencing social organization of gorillas in the Kahuzi-Biega National Park, Democratic Republic of Congo.
山極 壽一
Gorilla biology: A Multidisciplinary Perspective,pp. 328-357   2003年   
霊長類
山極 壽一
「情報学事典」,pp. 977-978   2002年   
家族の発生:その進化史的意義
山極 壽一
人口大事典,pp. 554-558   2002年   
インセスト回避がもたらす社会関係
山極 壽一
「近親性交とそのタブー」   2002年   
ニホンザル
山極 壽一
「京都府レッドデータ/ブック」,p.42   2002年   
Dispersal Patterns, group structure, and repvoductive parametcrs of eastera gorillas at kahuzi in the abseuce of infanticide
山極 壽一
Mountain Gorillas Cambridge University Press,89-122   2001年   
霊長類の眠り-定点の眠りから移動の眠り
山極 壽一
平凡社吉田集而編「眠りの文化論」,43-65   2000年   
ゴリラの父系コミュニティー:子殺しの有無をめぐって
山極 壽一
京都大学学術出版会「霊長類生態学」杉山幸丸編著,385-404   2000年   
動物と人間の接点-ゴリラの心をフィールドワークする
山極 壽一
関西学院大学出版会「生命科学と倫理」,63-93   2000年   
ゴリラ雑学ノート
山極 壽一
ダイヤモンド社   1998年   
家族の自然誌-初期人類の父親像 シリーズ比較家族第2期第2巻『父親と家族』
山極 壽一
早稲田大学出版部   1998年   
サルからヒトへ-父性の登場-
山極 壽一
女と男のかんけい学学文社,41-78   1997年   
父という余分なもの
山極 壽一
新書館   1997年   
ヒトはいつから人間であったのか
山極 壽一
岩波講座「文化人類学」第1巻「新たな人間の発見」岩波書店,1,31-60   1997年   
エコ・ツーリズムへ-自然との共生を求めて
山極 壽一
観光人類学   1996年   
ゴリラの森に暮らす-アフリカの豊かな自然と知恵-
山極 壽一
NTT出版   1996年   
性と出会う
山極 壽一
1996年   
Encounter of Sexuality
山極 壽一
1996年   
Eco-tourism : seeking for co-existence methods with nature
山極 壽一
Tourism Authoropology   1996年   

講演・口頭発表等

 
「京都大学の探検と創造の精神」
明治150年〜京都府の文化・産業再興リレー講座〜   2018年3月4日   京都府
「日本人のこころ―京都の四季と生活文化」
京都文化力プロジェクト第2回推進フォーラム   2018年2月24日   京都文化力プロジェクト実行委員会事務局
「2030年のコミュニティとは」
朝日新聞DIALOG連続セッション「U25が考える 2030年に求められる人材とは?」   2018年2月15日   朝日新聞
「食の進化と共生」
学士会講演   2018年2月9日   学士会
「京都大学のガバナンス改革と今後の戦略」
私学リーダーズセミナー   2017年11月10日   日本私立学校振興・共済事業団
Japanese parimatology on the great apes
2017年コスモス国際賞受賞記念講演会   2017年11月7日   公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会
「AIにはできない人間の幸せ―ゴリラから見たコミュニケーションの進化と人間社会の未来」
けいはんな情報通信フェア2017   2017年10月26日   けいはんな情報通信フェア実行委員会
「希望の社会をつくる”知“と”学び“」
「文教都市くにたち」市制施行50周年記念シンポジウム   2017年10月22日   国立市公民館
「インセストタブーをめぐる問い」
第60回教育哲学会大会「研究討議」   2017年10月14日   教育哲学会事務局
パネリスト「面白いを探究する―いのちをさぐる―」
第21回京都大学東京フォーラム   2017年10月13日   京都大学
「人間社会の起源から協同の価値と希望を探る」
いま「協同」が創る2017全国集会記念講演   2017年10月7日   
「人間社会の進化と京都のコミュニケーション」
京都アカデミアウィーク2017   2017年10月5日   
「人類の歴史と未来」
ビジネス書大賞2017『サピエンス全史』受賞記念トークセッション   2017年9月7日   
パネルディスカッション「未来を担う子どもたちのために今できることは何か」
京都府教育委員会シンポジウム   2017年9月2日   京都府教育委員会
「ゴリラから絵画の起源を考える」
「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」展 対談   2017年9月1日   京都国立近代美術館
「未分化の欲望―銭湯と恋する生命」
京都銭湯芸術祭講演   2017年8月13日   
「ゴリラと歩いたアフリカ」
日本学術会議公開講演会「アフリカ研究50年―日本の国際貢献−」   2017年8月5日   日本学術会議第二部
「好奇心と野生の心」
関西スクエア賞受賞記念講演会「ゴリラから考える」   2017年7月29日   朝日新聞 関西スクエア事務局
「人類進化論―サル化する現代社会」
2017年度京都大学エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム   2017年6月17日   京都大学
「ゴリラの所作とコミュニケーション」
三ノ会   2017年6月11日   
「サル化する人間社会」
弘前大学研究イノベーション推進機構 学術講演会   2017年5月11日   弘前大学
「ゴリラの子育て、ヒトの子育て」
知恩院学術講演   2017年4月29日   
対談「京都の文化力」
京都文化力プロジェクト推進フォーラム   2017年4月26日   京都文化力プロジェクト実行委員会事務局
対談「ゴリラ楽と愛の起源」
ゴリラ楽in KYOTOGRAPHIE   2017年4月21日   
「ゴリラにとって愛とは何か」
ゴリラ楽in KYOTOGRAPHIE   2017年4月21日   
「野生の窓としての動物園―ゴリラを例にして」
野生動物学のすすめ   2017年4月15日   
「芸術と毒の微妙な関係」
第7回京大おもろトーク「アートな京大を目指して」   2017年3月21日   
「ヒト以外の美意識〜ゴリラから学ぶ」
連続講座「芸術は何処へ?」   2017年3月20日   
パネリスト「ひろげよう、フィールドの世界」
京都大学フィールド科学教育研究センター公開シンポジウム   2017年3月19日   
パネリスト「知のループを社会に広げるために」
シンポジウム「いま科学者の役割を考える 科学コミュニケーションのあり方」第2部   2017年3月16日   
「家族の危機」
第1回ともいきフォーラム「家族とは?〜わかち合いの心〜」   2017年3月4日   
「ゴリラは戦わない」
法然院夜の森の教室   2017年3月3日   
「自然と文化をつなぐものづくり」
京都ものづくり協力会新春講演   2017年1月27日   
「人類史1000万年を展望する」
フォーラム新・地球学の世紀   2017年1月11日   
「老いの進化」
第20回生命科学シンポジウム「高齢化社会を科学する」   2016年12月17日   
「ゴリラの世界から人間社会の本質を考える」
経団連フォーラム21   2016年12月16日   
「サル化する人間社会」
椙山女学園大学創立111周年記念椙山フォーラム「ヒト・ひと・人」人間性の起源とゆくえ―霊長類学と臨床哲学の対話   2016年12月10日   
「ゴリラの目で人間の子どもの不思議を考える」
日本乳幼児教育学会第26回大会記念講演   2016年11月26日   
「なぜ人間の赤ちゃんは泣くのか?」
日本子どもの虐待防止学会第22回学術集会おおさか大会基調講演   2016年11月25日   
「ゴリラから学ぶ人間社会と教育」
神戸市医師会設立60周年記念講演   2016年10月29日   
「サル化する人間社会と人工知能」
日立製作所イノベーションフォーラム   2016年10月27日   
「共感社会とコミュニケーションの進化」
第30回東京精神科病院協会学会特別講演   2016年10月25日   
「サル化する人間社会」
第88回琉球大学21世紀フォーラム   2016年10月23日   
「コミュニケーションの進化と家族の起源」
エンジニアリングシンポジウム2016   2016年10月21日   
「サルとゴリラを追った半世紀」
京都産業大学特別対談シリーズ「マイ・チャレンジ」   2016年10月18日   
「矛盾をはらんだ創造」、ディスカッサント
第6回京大おもろトーク アートな京大を目指して   2016年10月17日   
「サルからヒトへ、ヒトからサルへ―モンキーセンターの60年」
日本モンキーセンター創立60周年記念講演   2016年10月16日   
「ゴリラから学んだ人類の進化」
日本学術会議近畿支部公開シンポジウム「アフリカの進化と文化―われわれがアフリカから学ぶこと―」   2016年10月15日   
「老いの美しさの秘密を探る」
第12回ひと・健康・未来シンポジウム「老いることの新発見!」   2016年10月12日   
総合討論
第2回京都こころ会議シンポジウム「こころの内と外」   2016年10月10日   
「二人の恩師の夢、今西錦司先生と伊谷純一郎先生」
上廣フォーラム〜日本人の生き方「わが師・先人を語る」   2016年9月11日   
「京都大学の教育体制を世界の大学のデータから展望する」
第20回全学教育シンポジウム基調講演   2016年9月9日   
「類人猿はなぜ熱帯雨林を出られなかったのか」
日本学術会議自然人類学分科会主催シンポジウム「人類1000万年史」   2016年6月25日   
「リーダーシップとチームワーク」
京都学生祭典実行委員会研修会   2016年6月21日   
「フィールドワークの発想と京都大学」
京都大学東京オフィス移設開設記念講演   2016年6月2日   
「コミュニケーションの進化と次世代のコミュニティ」
京都スマートシティエキスポ2016基調講演   2016年6月1日   
「家族と病気の起源を探る」
芝蘭会岐阜支部学術講演会   2016年5月29日   
「言葉以前のコミュニケーションと道徳の起源」
日本文化人類学会第50回研究大会記念シンポジウム「人類の道徳性と暴力性をめぐって―隣接諸科学との対話」   2016年5月28日   
「ゴリラからみた人間のコミュニケーションと社会の進化」
第59回日本糖尿病学会年次学術集会特別講演   2016年5月21日   
「戦争の起源を考える」
スペシャルトーク「愚行の時代の文化と芸術」   2016年5月20日   
「ゴリラのベッドと眠り―睡眠進化論」
睡眠進化シンポジウム「新しい眠りに目を覚まそう―人類進化と眠りの多様性を求めて」   2016年4月10日   
「道徳の起源―共感から倫理へ」
国際ロータリー第2650地区2015−16年度地区大会記念講演   2016年4月3日   
「食事は人間に何をもたらしたか」
食の文化シンポジウム「共食−あなたは誰と食事をしますか」基調講演   2015年10月20日   
「日本の類人猿学の挑戦−人類誕生の地アフリカで見えてきたこと」
マハレ50周年記念公開シンポジウム「野生チンパンジー学の50年」   2015年9月19日   
「こころの起源−共感から倫理へ」
京都こころ会議「こころと歴史性」   2015年9月13日   
「ゴリラの子育てから見た人間の子どもの不思議」
第62回日本小児保健協会学術集会特別講演   2015年6月19日   
「家族の由来と未来−ゴリラの社会から考える」
第72回日本生理人類学会大会特別講演   2015年5月30日   
「言語以前のコミュニケーション」
情報処理学会第77回全国大会招待講演   2015年3月18日   
「ゴリラ:「サル化」する人間社会」
第4回ひと・健康・未来シンポジウム   2015年2月19日   
「ゴリラと生物多様性保全」
第6回京都環境文化学術フォーラム   2015年2月7日   
「京都大学の超高齢社会に対する貢献と安寧の都市ユニット」
京都大学・安寧の都市ユニット5周年記念シンポジウム   2015年1月24日   
「老年期の進化と人間社会の未来」
「寿命」第3回研究会   2014年12月3日   
「家族進化論―ゴリラの社会から見た人間性の由来」
日本家族心理学会第31回大会   2014年7月21日   
「ゴリラの妊娠・出産・育児から人間の進化を考える」
第50回日本周産期・新生児医学会   2014年7月13日   
「第3回アフリカ生物学フォーラム」
第51回日本アフリカ学会学術大会   2014年5月24日   
ゴリラの複雄群化と繁殖戦略
ホミニゼーション研究会「近親交配再考:人類学から自然保護まで」   2011年3月5日   
ヒトの心と社会の由来を探る-霊長類学から見る共感と道徳の進化-
高等研公開講演会   2011年2月19日   
霊長類の研究と生物多様性保全
平成22年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会特別講演   2011年2月12日   
ゴリラ観光の光と影―生物多様性保全と地域振興をめざして
UNCRDシンポジウム「生物多様性と地域開発」   2011年1月30日   
類人猿はなぜ熱帯林を出なかったのか?:ヒト科の生態進化のルビコン
国立民族学博物館共同利用研究会「人類の移動誌:進化的視点から」   2011年1月22日   
共感社会の光と影―ゴリラと人間の比較から考える
第28回比叡会議   2010年12月10日   
霊長類の生活史と人類の進化
第21回日本成長学会   2010年11月13日   
動物園・水族館の功罪
公開シンポジウム「京都・梅小路公園に水族館?いのちと環境から考える」   2010年7月22日   
フォールバックフードと類人猿の進化
第24回進化人類学分科会   2010年6月26日   
暴力の由来
AJAJ(日本ユング心理学会)公開シンポジウム   2010年3月7日   
熱帯雨林、ゴリラ、食の進化
福井県立大学「食べる」研究会   2010年2月22日   
アフリカの熱帯雨林に学ぶ人と環境:ゴリラ観光の光と影
シンポジウム「沖縄の環境保全と意思決定―人の移動、環境・文化の関わり」   2010年1月30日   
ゴリラの生き方に人間の由来を探る
SAGA12シンポジウム国際ゴリラ年特別講演   2009年11月15日   
環境・共生・未来ーゴリラが教えてくれたことー
山口県立大学GPフォーラム基調講演   2009年11月14日   
往生?死をめぐる共生について
法然共生フォーラム   2009年11月2日   
睡眠の進化論ー私たちの眠りはどこから来たのかー霊長類研究が導く人類睡眠文化の源流
日本睡眠学会第34回定期学術集会・第6回アジア睡眠学会・第16回日本時間生物学学術大会合同大会イブニングセミナー   2009年10月25日   
パネルディスカッション「子どもたちを導く切り札」
フォーラム「京都からの提言 これからの社会のために―子どもたちに伝えたいこと―」、パネリスト   2009年8月29日   
サルは何を食べてヒトとなったか
第20回炎と食シンポジウム   2009年8月10日   
霊長類にみる所有と葛藤
日本人類学会・進化人類学分科会第22回シンポジウム『「人間の経済」から「ヒトの経済」へ―"モノ"をめぐる場・感情・関係―』   2009年7月12日   
霊長類学からみた戦争の起源
第4回総合人間学会研究大会、公開シンポジウム「戦争と人間」   2009年6月6日   
フォールバックフードと形態、行動の進化
2008年度ホミニゼーション研究会「ヒトの起源―共通祖先の形と暮らしを探る―」   2009年3月15日   
ゴリラの単雄群と複雄群に見られる対等性と社会の可塑性
第4回共同研究会「人類社会進化論の再構築―霊長類と人間社会の構造論的架橋」   2009年2月28日   
コンゴ河流域熱帯雨林における人と動物の共生
コンゴ河流域熱帯雨林保全シンポジウム「アフリカ・コンゴの森を守れ」(基調講演)   2009年2月24日   独立行政法人国際協力機構JICA
私が愛したゴリラとアフリカの紛争
第3回対アフリカ人道支援セミナー「アフリカ支援への多様な視点」   2009年2月22日   外務省
21世紀の日本人の生き方を考える−いま問われる規範意識とは−
21世紀シンポジウム(パネリスト)   2009年2月20日   財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構

Works

 
ヤクシマザルの社会・生態学的調査
1977年
マウンテンゴリラの社会学的調査
1981年 - 1982年
ゴリラとチンパンジ-及び各種霊長類間の種間関係と森林との相互作用に関する総合調査
1987年 - 1992年
ニホンザルの採食環境と食物認知に関する生態学的調査
1995年
アフリカ類人猿の共生・共進化に関する比較研究
1996年

競争的資金等の研究課題

 
人類の行動・社会進化の生態学的研究
ゴリラとチンパンジーの種間関係に関する研究
野生ニホンザルの行動・生態学的研究