服部 俊夫

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/04 09:52
 
アバター
研究者氏名
服部 俊夫
 
ハットリ トシオ
eメール
hattoritkiui.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/fba628c7b66c34a7ea972cd061976661.html
所属
吉備国際大学
職名
教授
学位
医学博士(京都大学医学部)

プロフィール

大学院時代は成人T細胞白血病の免疫学的側面を研究し、ATL細胞がCD4細胞であることを報告できた。その後米国NIHでリンパ球のリン脂質代謝を研究した。その後熊本大学でATLの研究を継続しながら、エイズの研究に携わり、京都大学ウイルス研究所に異動し、エイズの研究を継続した。東北大学では呼吸器・感染症・災害感染症に携わり、結核やグローバル感染症の研究を行うことができた。吉備国際大学で国際感染症の研究を続けている。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
吉備国際大学 保健医療福祉学部 教授
 
2015年4月
 - 
現在
東北大学 名誉教授
 
 
   
 
東北大学 災害科学国際研究所 災害医学研究部門 災害感染症学分野 教授
 
1998年
 - 
2015年
東北大学 教授
 
1991年
 - 
1998年
京都大学 助教授
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1981年3月
京都大学 医学研究科大学院 内科学
 
1968年4月
 - 
1974年3月
京都大学 医学部 
 

委員歴

 
2014年
   
 
- フィリピン大学マニラ校(フィリピン) 共同研究
 
2012年4月
 - 
2015年3月
- パジャジャラン大学医学部(インドネシア) 共同研究
 
2010年10月
 - 
2014年3月
- クワズール=ナタール大学(南アフリカ共和国) 共同研究
 
2003年4月
 - 
現在
- サンラザロ病院(フィリピン) 共同研究
 
2000年
 - 
現在
- ハルピン医科大学微生物学教室 顧問教授
 

受賞

 
2015年3月
東北大学 総長教育賞
受賞者: Human security course
 
2005年
黒竜江省人民政府科学技術賞
 

論文

 
Inhibition of inflammatory-molecule synthesis in THP-1 cells stimulated with phorbol 12-myristate 13-acetate by brefelamide derivatives.
服部 俊夫
International Immunopharamacology   75 10531   2019年8月   [査読有り]
Inhibition of osteopontin synthesis in THP-1 cells stimulated with phorbol 12-myristate 13-acetate by brefelamide derivatives
服部 俊夫
Preprint      2019年1月
Plasma Galectin-9 Concentrations in Normal and Diseased Condition
服部 俊夫
Cell Physiol Biochem   50 1856-1868   2018年11月   [査読有り]
Successful Amplified-Natural-Killer Cell (ANK) Therapy Administered to a Patient with Smoldering Adult T-Cell Leukemia in Acute Crisis.
服部 俊夫
Report      2018年8月   [査読有り]
Synthesis of a cleaved form of osteopontin by THP-1 cells and its alteration by phorbol 12-myristate 13-acetate and BCG infection.
Bai G, Motoda H, Ozuru R, Chagan-Yasutan H, Hattori T, Matsuba T
IJMS   19(2) 418   2018年1月   [査読有り]
High rates of HIV and MDR in TBpatients in Manila, Philippine
服部 俊夫
BBRJ      2017年11月   [査読有り]
 結核感染症の宿主反応のダイナミズムに関わるマトリセルラータンパクの機能
服部 俊夫
The Lung   26(17) 66-70   2017年10月   [査読有り]
Programmatic management of drug resistant tuberculosis at San Lazaro Hospital, Manila Philippines
服部 俊夫
Journal of International Health   32(3) 152-153   2017年9月   [査読有り]
Secretioin of Galectin-9 as a DAMP during dengue virus infection in THP-1 cels
Dapat ID, Pascapurnama NP, Iwasaki H, Labayo HK, Chagan-Yasutan H, Egawa S, HATTORI Toshio
IJMS   18(8) 1644   2017年7月   [査読有り]
A quantitative and efficient approach to select MIRU-VNTR loci based on accumulation of the percentage differences of strains for discriminating divergent Mycobacterium tuberculosis sublineages.
服部 俊夫
Emerg Microbes Infect.   6 e68   2017年6月   [査読有り]
Ultra-Deep Sequencing Analysis on HIV Drug-Resistant-Associated Mutations among HIV-Infected Individuals: First Report from the Philippines
服部 俊夫
AIDS Res Hum Retroviruses.      2017年6月   [査読有り]
Secretioin of IFN-g associated with galectin-9 production by pleural fluids cells from a patients with extrapulmonaru tuberculosos
服部 俊夫
Int. J of Mol. Sci.   18(7) 1382   2017年6月   [査読有り]
Pascapurnama DN,Labayo HKM, Dapat I,Nagarajegowda DD,Zhao JG, Zhang J,Yamada O, Kikuchi H, Egawa S, Oshima Y, Chagan-Yasutan H,Hattori T
Front Microbiol.   2017    2017年3月   [査読有り]
Mohammed TO,Chagan-Yasutan H, Ashino Y,Nakayama W,akahashi Y,Shimomura T,Fujimoto T,
Tohoku J. Exp. Med.   2017    2017年3月   [査読有り]
Difference in Antibody Responses to Mycobacterium tuberculosis Antigens in Japanese Tuberculosis Patients Infected with the Beijing/Non-Beijing Genotype.
Zhao J, Shiratori B, Okumura M, Yanai H, Matsumoto M, Nakajima C, Mizuno K, Ono K, Oda T, Chagan-Yasutan H, Ashino Y, Matsuba T, Yoshiyama T, Suzuki Y, Hattori T.
J Immunol Res.   2017 4797856-4797856   2017年1月   [査読有り]
Immunological Roles of Elevated Plasma Levels of Matricellular Proteins in Japanese Patients with Pulmonary Tuberculosis.
Shiratori B, Zhao J, Okumura M, Chagan-Yasutan H, Yanai H, Mizuno K, Yoshiyama T, Idei T, Ashino Y, Nakajima C, Suzuki Y, Hattori T.
Int J Mol Sci.   18(1) 19-19   2016年12月   [査読有り]
Zhang C.-L., Zhang L.-Z., Hattori T., Dong C.-B., Ling H., Li D., Ji B.-Y., Wang J.-L., Pan X.-L., Cui J.-Y., Shao C.-X., Fan C.-L., Ma Y.-P., Zhao L.-N.
BMC Infect Dis.   16(1)    2016年9月   [査読有り]
Chagan-Yasutan H, Chen Y, Lacuesta TL, Leano PSA, Iwasaki H, Hanan F, Taurustiati D, Ohmoto Y, Ashino Y, Saitoh H, Kiyomoto H, Suzuki Y, Freda O.Telan E, Hattori T
Int J Mol Sci.   17(10) 1637-1637   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
感染症の免疫病態を反映するマトリセルラー蛋白とその制御
服部 俊夫
Precision Medicine   2(10) 982-989   2019年9月   [依頼有り]
成人T細胞白血病の免疫学的特性に基づく治療法の開発
服部 俊夫
血液フロンテイア   28(12) 88-93   2018年12月
結核感染症の宿主反応のダイナミズムに関わるマトリセルラータンパクの機能
服部 俊夫
The Lung Perspectives   19(3)    2018年7月   [査読有り][依頼有り]
インドにおける寺院とgene
服部 俊夫
45(2) 22   2018年2月   [依頼有り]
災害時の感染症への対応
服部 俊夫
東日本大震災合同調査報告   469-471   2017年5月
感染症におけるマトリセルラー蛋白の機能
服部 俊夫
Bio Clinica   6(2) 120-127   2017年5月
The Lancet発表、『早期治療を行った幼児からHIVを検出』にコメント
服部俊夫、芦野有悟
一般社団法人 サイエンス・メディア・センター      2014年
オステオポンチンは成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)の予後因子である。
服部 俊夫,浩日勒
医学のあゆみ 今日の医学動向を伝える総合医学週刊誌   248(7) 543-547   2014年
急性頸部リンパ節炎症例に対するMINOMYCINの投与の4例(会議録/症例報告)
芦野 有悟,齊藤 弘樹,宇佐美 修,服部 俊夫,賀来 満夫
感染症学雑誌   87    2013年
ヒト後天性免疫不全(AIDS)ウイルス(HIV)による免疫機能障害
服部俊夫・芦野有悟
薬・栄養・運動の知識   242-256   2010年
児玉栄一, 服部俊夫
日本内科学会誌   98(11) 2754-2761   2009年
齊藤弘樹, 芦野有悟, 服部俊夫
日本内科学会雑誌   98(2) 397-398   2009年
【呼吸器症候群(第2版) その他の呼吸器疾患を含めて】 感染症呼吸器疾患 感染症関連病態 エイズ(HIV感染症)の肺病変
芦野有悟, 齊藤弘樹, 服部俊夫
日本臨床   別冊(呼吸器症候群I) 288-291   2008年
ヒトレトロウイルス(HTLV-IとHIV)感染症の多様性
服部俊夫
医学検査   57 801-801   2008年
ADISとはどういう病気か
服部俊夫
わかりやすい内科学(第3版)文光堂   441-443   2008年
【新時代の糖尿病学 病因・診断・治療研究の進歩】 糖尿病基礎研究の進歩 糖尿病と耐糖能低下の成因分類と発症機序 他の疾患や病態に起因する糖尿病 感染に伴う糖尿病
北室知巳, 服部俊夫
日本臨床   66(増刊3 新時代の糖尿病学(1)) 542-546   2008年
呼吸器感染症の薬物療法
芦野有悟 服部俊夫
(1908) 1-3   2007年
ウイルス感染とバイオディフェンス 注目される補中益気湯の可能性
服部俊夫, 巽浩一郎, 岩垣博巳, 佐久間光江
Mebio   24(1) 16-21   2007年
【増え続けるHIV感染症】 HIVの感染と増殖のメカニズム
服部俊夫, 芦野有悟, 宇佐美修, 古田里佳
診断と治療   94(12) 2208-2213   2006年
補中益気湯のリンパ球活性化作用と臨床症状の軽快を観察した難治性非定型抗酸菌症患者の1例
芦野有悟, 服部俊夫
治療学   40(4) 465-468   2006年
血液透析導入10ヵ月後,血痰を伴う両側肺野の著明なすりガラス陰影を認めた1例
宮田正弘, 佐藤寿伸, 伊藤貞嘉, 佐藤博, 色川俊也, 芦野有悟, 服部俊夫
臨床透析   22(3) 367-374   2006年
服部俊夫
日本内科学会雑誌   94(9) 1915-1920   2005年
気道平滑筋のイオンチャネル
奈良正之, 長岡深雪, 玉田勉, 田村弦, 服部俊夫
Asthma Frontier   4(1) 38-47   2005年
【現代ステロイド療法 正しい理解と実践に向けて】 ステロイド療法の副作用対策 ステロイド療法と副作用としての感染症
西巻雄司, 服部俊夫
綜合臨床   54(7) 2059-2064   2005年
【新しい感染症成立のメカニズム】 HIVの吸着と膜融合
宇佐美修, 服部俊夫
化学療法の領域   21(5) 681-688   2005年
看護師の看護業務に対する医療報酬制度知識の向上への取り組み
柳川 真也(東京都立北療育医療センター), 服部 俊夫
東京都保健医療学会誌(1347-944X)   (108) 238-239   2004年
抗インフルエンザ薬の進歩
芦野有悟 服部俊夫
綜合臨牀   53(2) 361-362   2004年
気道炎症とリモデリングからみた喘息重症化の機序について
奈良正之 服部俊夫
ICUとCCU 28(1): 11-18, 2004.   28(1) 11-18   2004年
肺炎球菌感染の成立機序 保菌から感染へ
林克敏, 宍戸雄一郎, 賀来満夫, 服部俊夫, 大野勲
化学療法の領域   20(11) 1697-1702   2004年
HIV感染症とその予防
服部俊夫
感染防止   14(5) 1-7   2004年
免疫系 気管支喘息とNO NOの気道における生理と喘息病態への関与
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
医学のあゆみ   別冊(NOと病態) 120-125   2004年
研究の周辺から
服部俊夫
呼吸   23(4) 255-256   2004年
IL-13とCOPDのかかわり 喘息とCOPDの接点
奈良正之, 山内広平, 服部俊夫
呼吸器科   5(4) 372-375   2004年
【肺における炎症病態の分子機構とその制御】 気道炎症と分泌調整
奈良正之, 玉田勉, 笹森寛, 服部俊夫
分子呼吸器病   8(2) 109-114   2004年
診断の指針 治療の指針 抗インフルエンザ薬の進歩
芦野有悟, 服部俊夫
綜合臨床   53(2) 361-362   2004年
【難治性喘息の病態と治療】 気道炎症とリモデリングからみた喘息重症化の機序について
奈良正之, 服部俊夫
ICUとCCU   28(1) 11-18   2004年
杉浦久敏, 服部俊夫, 一ノ瀬正和
呼吸と循環   51(12) 1197-1202   2003年
【生体防御からみた上気道と下気道 相互の役割】 ウイルス感染における上気道と下気道
玉田勉, 服部俊夫
THE LUNG-perspectives   11(4) 441-449   2003年
ビアペネム(BIPM)が著効した肺炎球菌による両側性肺炎の1例
奈良正之, 服部俊夫
新薬と臨床   52(8) 1168-1170   2003年
活性酸素・窒素種と気道過敏性
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
アレルギー科   16(2) 166-172   2003年
選択的H1受容体拮抗薬エピナスチンの喘息患者の気道炎症に及ぼす効果
木村啓二,林雅人,一ノ瀬正和,田村弦,服部俊夫,白土邦男
秋田県医師会雑誌   53(3) 208-213   2003年
診療の秘訣 X線所見に乏しい乾性の咳と呼吸困難
服部俊夫
Modern Physician   23(7) 1155-1155   2003年
【上皮細胞とアレルギー炎症】 気道上皮透過性
奈良正之, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
アレルギー科   16(1) 15-20   2003年
【呼吸器疾患と感受性遺伝子とのクロストーク】 呼吸器系のウイルス感染
大河原雄一, 服部俊夫
THE LUNG-perspectives   11(3) 325-330   2003年
【気管支喘息治療up date】 気管支喘息の病態生理と治療戦略 将来の展望
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
呼吸   22(5) 448-452   2003年
私の処方 HIV感染症に発生しCD4数の著明低下を認めたカリニ肺炎の治療
服部俊夫
Modern Physician   23(5) 835-835   2003年
【NOと病態】 気管支喘息とNO NOの気道における生理と喘息病態への関与
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
医学のあゆみ   204(9) 684-689   2003年
【新世紀の感染症学 ゲノム・グローバル時代の感染症アップデート】 グローバル時代の感染症学 抗酸菌感染症 結核
芦野純子, 芦野有悟, 吉川健二郎, 服部俊夫
日本臨床   61(増刊2 新世紀の感染症学(上)) 518-522   2003年
服部俊夫, 凌虹, 岡田信司, 芦野有悟, 宇佐美修
日本エイズ学会誌   5(1) 33-41   2003年
肺炎球菌ワクチン
大野勲, 服部俊夫
Current Concepts in Infectious Diseases   21(4) 16-17   2002年
【気道過敏性亢進の成立機序と対策】 各種受容体と気道過敏性 (アレルギー科)
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
アレルギー科   14(6) 470-475   2002年
服部俊夫
ウイルス   52(2) 245-249   2002年
【最新のインフルエンザ診療 診断・治療・予防の新展開】 インフルエンザ治療薬の進歩 抗インフルエンザ薬の作用機序
芦野有悟, 服部俊夫
内科   90(5) 830-835   2002年
ヒトレトロウイルス感染症
服部俊夫, 岡田信司, 宇佐美修
日本医事新報   (4091) 1-8   2002年
目でみるバイオサイエンス HIV感染症の分子メカニズム
服部俊夫
内科   90(1) 158-161   2002年
診療の秘訣 カリニ肺炎
服部 俊夫(東北大学 医 感染症呼吸器内科)
Modern Physician(0913-7963)   22(6) 821-822   2002年
テオフィリンの抗炎症作用
大河原雄一, 田村弦, 服部俊夫
臨床免疫   37(6) 723-730   2002年
【気道病変をめぐる最近の進歩】 基礎医学とのダイアローグ ウイルスによる気道感染
服部俊夫, 西巻雄司
THE LUNG-perspectives   10(2) 211-214   2002年
【気道病変をめぐる最近の進歩】 気道炎症に対するCOPDの新しい治療薬
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
THE LUNG-perspectives   10(2) 174-178   2002年
130. 【今日のHIV診療】 HIV感染と免疫異常
服部 俊夫(東北大学病院 感染症呼吸器内科), 宇佐美 修
Physician(0913-7963)   22(3) 269-271   2002年
【HIV感染症の基礎と臨床】 HIV感染症のメカニズム
宇佐美修, 凌虹, 服部俊夫
化学療法の領域   18(4) 512-518   2002年
【臨床 フリーラジカルと呼吸器疾患】 フリーラジカルと閉塞性肺疾患
杉浦久敏, 一ノ瀬正和, 服部俊夫
分子呼吸器病   6(2) 125-131   2002年
芦野純子, 大野勲, 岡田信司, 西巻雄司, 齋藤芳彦, 遠藤希之, 賀来満夫, 笹野公伸, 服部俊夫
結核   77(2) 73-77   2002年
【HIVと免疫不全 HIVによるCD4陽性T細胞の傷害と回復】 CD4陽性T細胞による免疫調節
宇佐美修, 岡田信司, 服部俊夫
Mebio   18(11) 11-15   2001年
【Molecular Biologyを基礎にした呼吸器疾患の理解:2001/2002 Update】 呼吸器感染症の分子医学 ウイルス性肺炎 HTLV-IとHIVを中心に
宇佐美修, 吉川健二郎, 服部俊夫
日本胸部臨床   60(増刊) S24-S27   2001年
薬をつくる・薬を知る・そして薬物動態 サリドマイド
芦野純子, 吉川健二郎, 服部俊夫
血液・免疫・腫瘍   6(4) 421-425   2001年
【ハイリスク患者の感染予防策 肺炎球菌感染症対策を中心に】 肺炎球菌ワクチン使用状況の日・米・欧比較
大野勲, 服部俊夫
感染と抗菌薬   4(3) 262-266   2001年
【感染症に対する化学療法 適切な使用のための原則】 感染症に対する化学療法・セミナー 有効で実用的な抗菌薬の使いかた 結核 結核性髄膜炎を中心に
服部俊夫, 芦野純子, 齋藤芳彦
Medical Practice   18(8) 1329-1333   2001年
慢性閉塞性肺疾患患者気道における活性窒素種産生に対する吸入ステロイドによる抑制 肺機能の改善との相関について
杉浦久敏, 一ノ瀬正和,山縣俊介,小荒井晃,服部俊夫,白土邦男
呼吸   20(2Suppl.) S23-S24   2001年
【エイズとHIV感染症の現状と今後の展望】 HIV感染症の分子メカニズム CD4分子とケモカインレセプターの役割
服部俊夫, 凌虹, 劉一
カレントテラピー   19(2) 138-140   2001年
【イオンチャネルを標的とした呼吸器疾患】 CFTR
笹森 寛(東北大学病院 第1内科), 佐々木 司, 服部 俊夫, 白土 邦男
分子呼吸器病(1342-436X)   4(6) 457-462   2000年
杉浦 久敏(東北大学 医 第1内科), 一ノ瀬 正和, 服部 俊夫, 白土 邦男
呼吸と循環(0452-3458)   48(11) 1119-1125   2000年
新しい作用機序による抗HIV薬 T20あるいはDP178
服部 俊夫(東北大学 医系研究 内科病態)
治療学(0386-8109)   34(9) 1016-1018   2000年
感染症との巡り会い
服部 俊夫(東北大学 医系研究 内科病態)
東北のコロニー(0288-9463)   (31) 11-15   2000年
【アレルギー性疾患の病態とケミカルメディエーター,タキキニン】気管支喘息とタキキニン
小荒井 晃(東北大学 医 第1内科), 一ノ瀬 正和, 服部 俊夫, 白土 邦男
アレルギー科(1341-7584)   9(4) 345-351   2000年
HIV感染阻止を目指して
服部 俊夫(東北大学 医研究 感染病態)
東北医学雑誌(0040-8700)   111(2) 215-217   2000年
HIVの細胞侵入機構
服部 俊夫(東北大学 医研究 感染病態), 徐 又農, 張 曉燕
最新医学(0370-8241)   54(9) 2089-2093   1999年
感染症の新たな展開 ヒトレトロウイルス感染症
服部 俊夫(東北大学 医研究 感染病態)
東北医学雑誌(0040-8700)   111(1) 17-19   1999年
【AIDS:最近の進歩】 HIV感染におけるケモカインレセプターの役割
服部 俊夫(東北大学 大学院 内科), 徐 又農, 張 曉燕
BIO Clinica(0919-8237)   14(5) 413-417   1999年
【ATLとHTLV-1研究の最近の進歩】 ATL細胞の増殖機構
服部 俊夫(東北大学 医研究 内科病態)
血液・腫瘍科(0915-8529)   38(3) 191-199   1999年
脳死・臓器移植法に関する看護婦(士)の知識調査
服部 俊夫(東京都立北療育医療センター), 中山 知佳子, 都丸 奏子
エマージェンシー・ナーシング(0915-4213)   11(9) 908-913   1998年
【HIV感染症 診療の最前線】 HIV感染の細胞侵入機構
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所), 徐 又農, 張 暁燕
血液・免疫・腫瘍(1341-5824)   3(3) 727-731   1998年
HIV感染と臨床経過
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所附属免疫不全ウイルス研究施設)
現代医療(0533-7259)   29(2) 322-328   1997年
標的細胞への結合と侵入のメカニズム
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
HIV/AIDS研究はいま 第11回「大学と科学」公開シンポジウム組織委員会編   44-52   1997年
リポポリサッカライド(LPS)に対するInterleukin-1α(IL-1α)及びTumor Necrosis Factor-α(TNF-α)産生量よりみたHIV感染症の病態に関する検討(英語)
立山 雅己(東京医科大学 臨病理), 服部 俊夫, 大本 安一, 他
東京医科大学雑誌(0040-8905)   54(6) 603-612   1996年
HIV-1の外膜糖蛋白,gp120の機能と構造
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所), 久保 亨
医学のあゆみ(0039-2359)   176(1) 24-28   1996年
HTLV-Iと成人T細胞白血病
國富 あかね(京都大学ウイルス研究所), 服部 俊夫
臨床医(0388-2969)   21(12) 2567-2571   1995年
病態に関する基礎的研究の進歩 gp 120の分子機構
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
医学のあゆみ(0039-2359)別冊免疫疾患   277-279   1995年
HIVによるT細胞機能抑制機構
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
Annual Review免疫   1995 194-199   1995年
HTLV-1と白血病
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所附属免疫不全ウイルス研究施設)
医学のあゆみ(0039-2359)   171(5) 467-469   1994年
HIVの免疫学
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
からだの科学 増刊(0303-0334)増刊エイズ   38-42   1994年
CD26-HIV感染の立場から
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
免疫Immunology Frontier(0917-0774)   4(3) 211-214   1994年
ウイルスによる免疫異常 ウイルスによる免疫不全の機序 HIV外膜糖蛋白を中心に
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所附属免疫不全ウイルス研究施設)
臨床免疫(0386-9695)   26(1) 23-29   1994年
感染防御の目安としてのエイズウイルス体内分布
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
日本医療新報   (3644)    1994年
一般医が知っておきたい先端医療 感染症科領域 後天性免疫不全症候群の現況と対応
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
JIM: Journal of Integrated Medicine(0917-138X)   3(10) 910-913   1993年
gp120-HIV エンベロープ糖蛋白 今日の臨床免疫
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
Medical Immunology   26(2) 101-102   1993年
S100β陽性ダブルネガティブATL
鈴島 仁(熊本大学 第2内科), 麻生 範雄, 服部 俊夫, 他
Medical Immunology(0910-3740)   25(6) 523-530   1993年
レトロウイルスのウイルス学 HIV感染に伴う宿主免疫反応
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
病理と臨床(0287-3745)11巻臨増   38-44   1993年
AIDS
服部 俊夫(京都大学ウイルス研究所)
現代医療(0533-7259)   25(1) 715-723   1993年
AIDS 臨床医にとってのminimum requirement HIV感染に必要な臨床検査
阪井田 仁士(京都大学ウイルス研究所), 服部 俊夫, 内山 卓
診断と治療(0370-999X)   80(12) 2224-2230   1992年

書籍等出版物

 
成人T細胞白血病(ATL)の免疫学的特性に基づく治療法の開発
服部 俊夫
医薬ジャーナル   2018年12月   
化学療法の領域2月号
医薬ジャーナル   2015年   
IRIDeS fact-finding mission, Disaster Medical Research Team
International Research Institute of Disaster Science(IRIDeS)   2014年   
厚生労働科学研究費補助金 地球規模保健課題推進研究事業 サハラ以南アフリカにおけるエイズ- 結核研究ネットワーク構築に関する研究 平成25年度 総合研究報告書
笹気出版   2014年   
厚生労働化学研究費補助金地球規模保健課題推進研究事業 サハラ以南アフリカにおけるエイズ・結核研究ネットワーク構築に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書
笹気出版   2014年   

講演・口頭発表等

 
海外とのネットワークを活用した多剤耐性結核の総合的対策に資する研究 [招待有り]
服部 俊夫
平成30年度 吉備国際大学 研究部門自己点検・自己評価委員会総会   2019年3月7日   
Detection of degraded form of matricellular proteins in vitro and in vivo
服部 俊夫
JITMM 2018   2018年12月14日   
東南アジアから学ぶ災害対策
服部 俊夫
災害感染症対策セミナー   2018年12月1日   
PMA 刺激THP-1細胞が産生するOPNを抑制するbrefelamide derivative
白 高娃 服部俊夫
第三回抗酸菌研究会   2018年11月24日   
胸水中に高いGalectin-9を認めた結核性胸膜炎の一例
服部 俊夫
第87回日本感染症学会西日本地方会   2018年10月28日   

担当経験のある科目

 

Works

 
サハラ以南アフリカにおける感染症~グローバル感染症入門~
芸術活動   2014年
目で見る医学の基礎
芸術活動   2007年
HIVウイルス分離
芸術活動   2005年
多剤耐性結核の分子疫学的解析、診断・治療法の開発に関する研究
2014年 - 2015年
海外から輸入される多剤耐性結核に関する研究
2011年 - 2014年

競争的資金等の研究課題

 
災害・熱帯感染症においてマトリセルラー蛋白が普遍的重症度マーカーであることの 確立
文部科学省: 基盤研究A
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 服部 俊夫
海外とのネットワークを活用した多剤耐性結核の総合的対策に資する研究
日本医療研究開発機構: 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 服部 俊夫
熱帯・災害感染症におけるマトリセルラー蛋白質の臨床的意義に関する研究
日本学術振興会: 基盤A
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 服部 俊夫
デング熱、デング出血熱の新しいバイオマーカーの有用性
日本学術振興会: 基盤研究A
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 服部 俊夫
マクロファージ指向性HIVウイルスのEnvelope蛋白の構造・機能解析
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 服部 俊夫
HIVと結核菌に対する感染固体由来CD4細胞の病原体抗原特異的不応答の解析
日本学術振興会: 萌芽研究
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 服部 俊夫
レンチウイルスベクターを用いた感染症におけるマクロファージの機能改善
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 服部 俊夫
HIV感染者の血清を用いたgp41の融合支持構造を認識する抗体の特性化
日本学術振興会: 基盤研究C
研究期間: 1998年4月 - 1999年3月    代表者: 服部 俊夫
HIV感染阻止効果を持つリボザイムの開発と応用
日本学術振興会: 基盤研究B
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 服部 俊夫
HIV感染阻止効果を持つリボザイムの開発と応用
HIV感染阻止効果を持つリボザイムの開発と応用: 基盤研究B
研究期間: 1997年4月 - 1998年3月    代表者: 服部 俊夫

社会貢献活動

 
Editor in Chief of Reports
【編集】  MDPI AG  Reports  2017年9月26日 - 現在
温暖化や災害による感染症に罹らないために
【講師】  吉備国際カレッジ  山陽新聞社  2017年5月19日 - 2017年5月19日