村上 登司文

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
村上 登司文
 
ムラカミ トシフミ
URL
http://kyoiku.kyokyo-u.ac.jp/gakka/mura.htm
所属
京都教育大学
部署
教育学科
職名
教授
学位
平和学MA(ブラッドフォード大学(イギリス)), 博士(教育学), 教育学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2002年4月
 - 
現在
京都教育大学 教育学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年3月
広島大学 教育学研究科 教育学
 
 
   
 
広島大学 教育学部 
 

論文

 
戦争体験継承が平和意識の形成に及ぼす影響-中学生に対する平和意識調査の時系列的分析-
村上登司文
広島平和科学   38 15-39   2017年3月   [査読有り]
沖縄の平和教育-平和教育の現代化への課題-
村上登司文、井上力省、長岡文音、増田友紀
京都教育大学教育実践研究紀要   16号 107-116   2016年3月

Misc

 
若者の共生意識調査報告書
上杉 孝實; 阿久沢 麻里子; 村上 登司文; 野崎 志帆; 熊本 理抄; 友永 雄吾; 松波 めぐみ; 伊藤 悦子; 外川 正明; 岩槻 知也
   2015年3月
オキナワでの平和学習:カリキュラム開発に向けて
村上 登司文
附属学校における平和・国際教育実践の評価に関する学校段階を見通した研究報告書      2014年9月
Peace Education in Okinawa, Japan:The Role of Peace Musuems
村上 登司文
The 8th international Conference of Museums for Peace      2014年9月
附属学校における平和・国際教育実践の評価に関する学校段階を見通した研究
村上 登司文
平成25年度 教育研究改革・改善プロジェクト経費研究報告書      2014年4月
ドイツの平和教育の考察-ギムナジウムでの調査を中心に-
村上 登司文
広島平和科学   (35)    2014年3月

書籍等出版物

 
平和教育の授業づくり:戦争を知らない教師が平和教育をどう行えばよいか 平和教育シリーズNo.5
村上 登司文
京都教育大学教育社会学研究室   2014年7月   
人権教育総合年表-同和教育、国際理解教育から生涯学習まで
村上 登司文
明石書店   2013年9月   
平和教育を問い直す
村上 登司文; 竹内 久顕他22名
法律文化社   2011年11月   
発達・制度・社会からみた教育学
村上 登司文; 南本 長穂他12名
北大路書房   2010年4月   
戦後日本の平和教育の社会学的研究
村上 登司文
学術出版会   2009年11月   

講演・口頭発表等

 
平和教育学の展開
村上登司文
平和教育学フォーラム関東   2016年11月20日   平和教育学研究会
Development of Peace Education in Japanese Schools [招待有り]
Toshifumi MURAKAMI
コスタリカと日本から平和へのアプローチを考えるシンポジウム   2015年8月31日   コスタリカ共和国・ナショナル大学ラテンアメリカ研究所
沖縄の平和教育-小中学生に対する意識調査から
村上 登司文
日本平和学会春期研究集会   2012年6月   日本平和学会
海外の平和教育研究の発展段階-日本の平和教育学成立への示唆
村上 登司文
日本平和学会秋期研究集会   2008年10月   日本平和学会
How Peace Museums Can be Used for Practical Peace Education
村上 登司文
第6回国際平和博物館会議   2008年10月   国際平和博物館会議

競争的資金等の研究課題

 
戦争体験継承に対する当事者意識を次世代に育てる教育の比較社会学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
平和教育の現代化に関するカリキュラム開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
平和教育の現代化に関するカリキュラム開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月
平和教育の現代化に関するカリキュラム開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
平和構築の教育における学校と地域社会の協働についての比較社会学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月