渋谷 雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/30 18:26
 
アバター
研究者氏名
渋谷 雄
 
シブヤ ユウ
URL
http://www.cis.kit.ac.jp/~shibuya/
所属
京都工芸繊維大学
部署
情報工学・人間科学系
職名
教授
学位
工学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1994年
京都工芸繊維大学 助手
 
1994年
 - 
1999年
京都工芸繊維大学 講師
 
1999年
 - 
2006年12月
京都工芸繊維大学 工芸学部 助教授
 
2007年1月
 - 
現在
京都工芸繊維大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
大阪大学 工学研究科 通信工学
 
 
 - 
1985年
大阪大学 工学部 通信工学
 

委員歴

 
2016年3月
 - 
2018年3月
ヒューマンインタフェース学会  会長
 

Misc

 
小中 貴晃, 村田 和義, 渋谷 雄
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2014(2) 1-8   2014年7月
近年,連絡を取るなどのため,就床後にもスマートフォンを使用する人が多い.しかし就床後のスマートフォン使用は,入眠時刻が遅くなったり,起床時の眠気が消えないといった様々な問題を引き起こす.そこで本研究では,ユーザに就床後のスマートフォン使用を控えようと思わせ,実際に使用を控えさせることを目的とする.そのために,スマートフォンの画面上に就床後経過時間とスマートフォンの使用を控えるよう促すメッセージを通知する手法を提案する.この手法を実装したシステムを用いて評価実験を行った結果,就床後経過時間と...
桝田 秀夫, 村田 和義, 渋谷 雄, 黒江 康明
研究報告インターネットと運用技術(IOT)   2014(6) 1-6   2014年6月
京都工芸繊維大学では 2012 年 12 月に,10 年以上使用してきた 1000BASE-X を基盤としたネットワークを更新し,10GBASE-X を基本とするネットワークインフラ KITnet5 を導入した.KITnet5 は,イーサネットとファブリックの両方に対応した Brocade Networks 社のボックス型スイッチである VDX6720 を集約スイッチとして使用した.また,約 10km 離れた松ヶ崎キャンパスと嵯峨キャンパスを,SINET データセンター経由で 10GBAS...
渋谷 雄, 倉本 到
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   15(1) 52-55   2013年2月
竹田 仰, 富松 潔, 平井 康之, 松隈 浩之, 上岡 玲子, 石井 裕, 北村 尊義, 北村 喜文, 西山 里利, 牛尼 剛聡, 大久保 雅史, 藤野 秀則, 和田 親宗, 大倉 典子, 井野 秀一, 岡本 明, 長嶋 祐二, 伊藤 潤, 黒須 正明, 小野 哲雄, 藤田 欣也, 萩原 啓, 高嶋 和毅, 大須賀 美恵子, 安村 通晃, 鱗原 晴原, 亀山 研一, 山本 知仁, 森川 治, 三輪 敬之, 大桑 政幸, 志堂寺 和則, 徳永 幸生, 小木 哲朗, 福本 雅朗, 猪木 誠二, 山本 倫也, 浅野 陽子, 土方 嘉徳, 古井 陽之助, 加藤 直樹, 渋谷 雄, 上岡 玲子
ヒューマンインタフェース学会誌 = Journal of Human Interface Society : human interface   14(4) 309-319   2012年11月
深蔵 翔, 渋谷 雄, 村田 和義
研究報告ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)   2012(15) 1-8   2012年3月
電子伝言板に手書きメッセージを書き込む際,既存のメッセージが領域を占有し,新たな入力領域が十分に確保できないことがある.そこでメッセージの角詰めによる入力領域確保を試み,それでも領域が足りない時には最も古いメッセージの消去を促す機能を実装した,また,メッセージが消去される際にそれと関連したメッセージも自動的に消去する機能を実装した.実験により提案機能が消去メッセージの選択の迷いと消去の躊躇感を減らすことが分かった.It might be often happened that there ...

競争的資金等の研究課題

 
遅延時間を孝慮したインタラクションシステム
民間学術研究振興費補助金
ビデオキャプチャ映像を用いた非接触型インタフェース
その他の研究制度
WWWを活用したディスカッション・システム
その他の研究制度
モバイルインタラクション
その他の研究制度