鈴木 健夫

J-GLOBALへ         更新日: 07/09/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
鈴木 健夫
 
スズキ タケオ
所属
旧所属 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科
職名
助教授
学位
農学博士(京都大学), 農学修士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1974年
 - 
1975年
日本学術振興会奨励研究員
 
1975年
 - 
1994年
京都工芸繊維大学繊維学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1974年
京都大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1969年
京都大学 農学部 農芸化学
 

Misc

 
クワと森林樹木等の木本植物における窒素栄養と代謝-植物生態生理学と生化学から
日本蚕糸学雑誌   60(6pp. 415-424)    1991年
木本植物における頂芽優勢、頂芽支配、梢端優先(勢)と基部優先(勢)-生長と樹形形成との係わり合い
日本蚕糸学雑誌   61(5pp. 383-392)    1992年
鈴木健夫
日本蚕系学雑誌   62(4) 265-271   1993年
Biosynthesis of coffeine in plants
Frontiers in Bioscience   in press    2004年

書籍等出版物

 
The role of caffeine in the production decline due to autotoxicicity in coffee and tea plantations
Kulwer Academic Pub.   2004年   

Works

 
コーヒー植物におけるカフェイン生合成および代謝に関する研究
1980年

競争的資金等の研究課題

 
チャ,コーヒー植物のカフェイン代謝に関する研究
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 1968年   
木本植物の成長生理と樹形形成に関する研究
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 1978年 - 1992年
木本植物の窒素栄養と代謝に関する研究
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 1968年   
チャ植物のテアニン代謝に関する研究
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 2000年   
みどりの香りおよびチャのテアニンの生理作用