武田 憲昭

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 18:05
 
アバター
研究者氏名
武田 憲昭
 
タケダ ノリアキ
URL
http://www.toku-oto.umin.jp
所属
徳島大学
部署
医学部 耳鼻咽喉科分野
職名
教授
学位
医学博士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1999年12月
   
 
徳島大学教授医学部
 
1997年1月
   
 
大阪大学医学部助教授
 
1994年6月
   
 
大阪大学医学部講師
 
1987年
 - 
1994年
大阪大学 助手
 
1994年
 - 
1997年
大阪大学 講師
 

学歴

 
1986年3月
   
 
大阪大学大学院医学研究科修了(医博修了)  
 
 
 - 
1986年
大阪大学 医学研究科 耳鼻咽喉科学
 
1981年3月
   
 
大阪大学医学部医学科卒業  
 
 
 - 
1981年
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本耳鼻咽喉科学会  徳島県地方部会長,代議員
 
 
   
 
日本めまい平衡医学会  理事,代議員
 
 
   
 
日本耳科学会  代議員
 
 
   
 
日本薬理学会  学術評議員
 
 
   
 
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会  理事
 
 
   
 
日本顔面神経学会  理事
 
 
   
 
日本鼻科学会  代議員
 

論文

 
Munehisa Fukushima, Tadashi Kitahara, Ryohei Oya, Shiro Akahani, Hidenori Inohara, Shin Naganawa, Noriaki Takeda
Laryngoscope Investigative Otolaryngology   Vol.2(No.6) 344-350   2017年12月   [査読有り]
Meniere's disease (MD) is a common inner ear disease characterized by repeated episodic vertigo, fluctuating sensorineural hearing loss, and tinnitus. Its pathology is defined as endolymphatic hydrops (EH) in the inner ear and EH has been hypothes...
Eiji Kondou, Osamu Jinnouchi, Seiichi Nakano, Ohnishi Hiroki, Kawata Ikuji, Okamoto Hidehiko, Noriaki Takeda
Clinical Interventions in Aging   Vol.12 1921-1928   2017年11月   [査読有り]
Fukushima Munehisa, Yokoi Kei, Iga Junpei, Akahania Shiro, Inohara Hidenori, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.137(No.11) 1153-1157   2017年11月   [査読有り]
This study was performed to determine the volume distribution of EH in contralateral DEH. Five contralateral DEH patients (age range = 21-77 years) and one ipsilateral DEH patient. Visualization of in vivo EH using 3T magnetic resonance (MR) imagi...
高原 由衣, 佐藤 公美, 竹山 孝明, 坂本 幸, 青木 俊仁, 伊藤 美幸, 池田 美穂, 田上 真希, 吉田 充嬉, 岡田 規秀, 宇高 二良, 島田 亜紀, 武田 憲昭
音声言語医学   Vol.58(No.4) 326-332   2017年10月   [査読有り]
Takao Imai, Yasumitsu Takimoto, Noriaki Takeda, Tomoko Okumura, Hidenori Inohara
Experimental Brain Research   Vol.235(No.8) 2575-2590   2017年5月   [査読有り]
When participants undergo eccentric rotation (ER), i.e., they are rotated while displaced from the axis of rotation, they undergo both rotational stimulation and linear acceleration, which induces both the angular vestibulo-ocular reflex (aVOR) an...
Suzuyo Okazaki, Takao Imai, Kayoko Higashi-Shingai, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Yumi Ohta, Tetsuo Morihana, Chisako Masumura, Suetaka Nishiike, Hidenori Inohara
Acta Oto-Laryngologica   Vol.137(No.3) 265-269   2017年3月   [査読有り]
The sensitivity and specificity to distinguish TGPN from PGPN was 100% and 97% after 30 s observation, but 100% and 40% after 10 s observation, respectively.
戸田 直紀, 松岡 百百世, 堀 洋二, 庄野 仁志, ?橋 美香, 中村 克彦, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.102(No.2) 89-93   2017年2月   [査読有り]
Takao Imai, Noriaki Takeda, T Ikezono, Kohichiro Shigeno, Masatsugu Asai, Yukio Watanabe, Mamoru Suzuki
Auris, Nasus, Larynx   Vol.44(No.1) 1-6   2017年2月   [査読有り]
Benign paroxysmal positional vertigo (BPPV) is the most common peripheral vertigo and the posterior and/or lateral semicircular canals are usually affected. BPPV is characterized by brief attacks of rotatory vertigo associated with positional and/...
メニエール病診療ガイドライン
武田 憲昭, 松田 和徳, 佐藤 豪
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.89(No.1) 36-40   2017年1月   [査読有り]
Syuji Yonekura, Yoshitaka Okamoto, Daiju Sakurai, Toshioki Sakurai, Tomohisa Iinuma, Heizaburou Yamamoto, Toyoyuki Hanazawa, Shigetoshi Horiguchi, Yuichi Kurono, Kohei Honda, Yuichi Majima, Keisuke Masuyama, Noriaki Takeda, Shigeharu Fujieda, Mitsuhiro Okano, Satoshi Ogino, Kimihiro Okubo
Allergology International   Vol.66(No.3) 425-431   2017年   [査読有り]
Many patients who receive CAM report feeling that the effects of treatment provided by hospitals are insufficient and have concerns about the side effects of such treatments. Information regarding standard treatments, as described in the guideline...
Tomoko Okumura, Takao Imai, Yasumitsu Takimoto, Noriaki Takeda, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno, Takefumi Kamakura, Yasuhiro Osaki, Yoshiyuki Watanabe, Hidenori Inohara
European Archives of Oto-Rhino-Laryngology   Vol.274(No.3) 1413-1421   2017年   [査読有り]
M?ni?re's disease is associated with hydrops of the inner ear endolymphatic space, and histopathologically, the cochlea and vestibule are usually involved. We used gadolinium-enhanced magnetic resonance imaging and measured cervical and ocular ves...
Sei-ichi. Nakano, Hidetaka Iwasaki, Eiji Kondou, Katsushi Miyazaki, Haruhiko Shizuku, Sei-ichirou Kamimura, Junya Fukuda, Ryou Kanamura, Noriaki Takeda
The Journal of Medical Investigation : JMI   Vol.63(No.3,4) 227-229   2016年8月   [査読有り]
Globus pharyngeus (GP) is a common symptom of laryngopharyngeal reflux disease (LPRD), and proton pump inhibitor (PPI) and rikkunshito, a traditional Japanese medicine having prokinetic effect improve LPRD symptoms. In the present study, we examin...
Yoshiro Wada, Suetaka Nishiike, Tadashi Kitahara, Toshiaki Yamanaka, Takao Imai, Taeko Ito, Gou Satou, Kazunori Matsuda, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.136(No.11) 1121-1124   2016年7月   [査読有り]
After repeated snowboard exercises in the virtual reality (VR) world with increasing time lags in trials 3-8, it is suggested that the adaptation to repeated visual-vestibulosomatosensory conflict in the VR world improved dynamic posture control a...
秋月 裕則, 岩? 英隆, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.109(No.6) 405-409   2016年6月   [査読有り]
An 88-year-old woman put dodecyl dimethylammonium chloride (quaternary ammonium salt) in her mouth by accident. She spat it out immediately without swallowing, but thereafter, she developed severe oral pain. Twelve hours later, she also developed ...
高石 静, 金村 亮, 藤本 知佐, 田村 公一, 阿部 晃治, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.109(No.6) 393-397   2016年6月   [査読有り]
Dental implant surgery is carried out in edentulous patients to fix the denture on the foundation of a dental implant body embedded in the maxilla. This procedure has become popular over the last 20 years, and one of the complications is the intru...
Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Kentaro Okamoto, Mika Kitayama, Tatsuya Fujii, Akira Fujioka, Toshio Matsushita, Takashi Mukai, Yoshiaki Kubo, Nobuo Kubo, Hiroyuki Fukui, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.136(No.4) 409-413   2016年4月   [査読有り]
Conclusion These findings suggest that low dose irradiation with 310 nm NB-UVB specifically suppressed the up-regulation of H1R gene expression without inducing apoptosis and that UVB of shorter or longer wavelength than 310 nm NB-UVB had no such ...
Takao Imai, Yasumitsu Takimoto, Noriaki Takeda, Atsuhiko Uno, Hidenori Inohara, Shoichi Shimada
PLoS ONE   Vol.11(No.3)    2016年3月   [査読有り]
To the best of our knowledge, this is the first report of this algorithm being used to calculate a 3D rotation vector of eye movement in mice using high-speed VOG. We developed a technique for analyzing the 3D rotation vector of eye movements in m...
藤本 知佐, 田村 公一, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.109(No.3) 183-188   2016年3月   [査読有り]
An 80-year-old male patient with multiple laryngeal chondromas is reported. Bilateral thyroid cartilage masses were identified incidentally on CT. The masses remained constant in size over a two-year follow-up period, however, pharyngolaryngeal en...
Hiroyuki Mizuguchi, AK Das, Kazutaka Maeyama, S Dev, M Shahriar, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
Journal of Pharmacological Sciences   Vol.130(No.4) 212-218   2016年2月   [査読有り]
Antihistamines inhibit histamine signaling by blocking histamine H1 receptor (H1R) or suppressing H1R signaling as inverse agonists. The H1R gene is upregulated in patients with pollinosis, and its expression level is correlated with the severity ...
Hiroyuki Mizuguchi, N Orimoto, T Kadota, T Kominami, AK Das, A Sawada, M Tamada, K Miyagi, T Adachi, M Matsumoto, T Kosaka, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
Journal of Pharmacological Sciences   Vol.130(No.3) 151-158   2016年1月   [査読有り]
Histamine H1 receptor (H1R) gene is upregulated in patients with pollinosis; its expression level is highly correlated with the nasal symptom severity. Antihistamines are widely used as allergy treatments because they inhibit histamine signaling b...
C M Shill, Hiroyuki Mizuguchi, S Karmakar, T Kadota, PK Mukherjee, Yoshiki Kashiwada, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
International Immunopharmacology   Vol.30 18-26   2016年   [査読有り]
Histamine H1 receptor (H1R) gene is upregulated in patients with allergic rhinitis (AR), and its expression level is strongly correlated with the severity of allergic symptoms. We previously reported isolation of the putative anti-allergic compoun...
近藤 英司, 陣内 自治, 大西 皓貴, 川田 育二, 武田 憲昭
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.118(No.11) 1319-1326   2015年11月   [査読有り]
ACE (angiotensin converting enzyme) 阻害薬は, 副作用である咳反射の亢進により誤嚥を防止して嚥下性肺炎の罹患率を減少させ, 嚥下障害患者の嚥下機能を改善させる. 一方, 外耳道の刺激は迷走神経反射を介して咳を誘発する. また, カプサイシンは TRPV1 (transient receptor potential vanilloid 1) を活性化して知覚神経を刺激する. われわれは以前の研究で, 嚥下障害患者の外耳道へのカプサイシン軟膏刺激が, 嚥下内...
Yoshiaki Kitamura, H Nakagawa, Tatsuya Fujii, T Sakoda, T Enomoto, Hiroyuki Mizuguchi, Hiroyuki Fukui, Noriaki Takeda
Journal of Pharmacological Sciences   Vol.129(No.3) 183-187   2015年10月   [査読有り]
In the present study, we examined the effects of antihistamine on the up-regulation of H1R mRNA in the nasal mucosa of patients with pollinosis induced by controlled exposure to pollen using an environmental exposure unit. Out of 20 patients, we d...
藤井 達也, 松田 和徳, 宮崎 かつし, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.108(No.10) 767-773   2015年10月   [査読有り]
In head and neck cancer, almost all patients treated with chemoradiotherapy suffer from oral mucositis. But, a standard treatment for chemoradiotherapy-induced oral mucositis has not been established. It is considered that the creation of reactive...
Rie Tsutsumi, Masakazu Goda, Chisa Fujimoto, Kyoko Kanno, Misaki Nobe, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Misako Kawai, Hideki Matsumoto, Tohru Sakai, Noriaki Takeda
The Laryngoscope   Vol.126(No.3) E103-E109   2015年9月   [査読有り]
We aimed to test the hypothesis that chemotherapy changes the gene expression of taste receptors in the tongue to induce dysgeusia in patients with head and neck cancer. Prospective observation study. We enrolled 21 patients who received chemoradi...
Yuki Nariai, Hiroyuki Mizuguchi, T Ogasawara, H Nagai, Y Sasaki, Y Okamoto, Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Hisao Nemoto, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
The Journal of Biological Chemistry   Vol.290(No.45) 27393-27402   2015年9月   [査読有り]
The histamine H1 receptor (H1R) gene is an allergic disease sensitive gene, and its expression level is strongly correlated with the severity of allergic symptoms. (-)-Maackiain was identified as a Kujin-derived anti-allergic compound that suppres...
Hiroyuki Mizuguchi, Y Nariai, S Kato, T Nakano, T Kanayama, Yoshiki Kashiwada, Hisao Nemoto, Kazuyoshi Kawazoe, Yoshihisa Takaishi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
Pharmacology Research & Perspectives   Vol.3(No.5) e00166-e00166   2015年8月   [査読有り]
Kujin contains antiallergic compounds that inhibit upregulation of histamine H1 receptor (H1R) and interleukin (IL)-4 gene expression. However, the underlying mechanism remains unknown. We sought to identify a Kujin-derived antiallergic compound a...
Hiroaki Yanagawa, Rumi Katashima, Noriaki Takeda
The Journal of Medical Investigation : JMI   Vol.62(No.3-4) 114-118   2015年8月   [査読有り]
The first Japanese ethics committee for biomedical research involving human subjects was established at Tokushima University in 1982. Although this committee was not formed as a response to national directives, the government eventually developed ...
内藤 圭介, 島田 亜紀, 合田 正和, 遠藤 亜紀, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.108(No.6) 461-464   2015年6月   [査読有り]
The adenomatoid odontogenic tumor (AOT) is a rare benign odontogenic tumor that is mostly found in jawbone. It is generally found in the incisor region of the maxilla of young females. It rarely extends into the paranasal sinuses. This article des...
北村 嘉章, 三好 仁美, 松岡 百百世, 藤井 達也, 松田 和徳, 武田 憲昭
日本鼻科学会会誌   Vol.54(No.1) 25-30   2015年5月   [査読有り]
Masakazu Goda, Osamu Jinnouchi, Tsukasa Takaoka, Koji Abe, Koichi Tamura, Yutaka Nakaya, Yoshihito Furukita, Hirokazu Takechi, Akira Tangoku, Noriaki Takeda
The Journal of Medical Investigation : JMI   Vol.62(No.3-4) 173-176   2015年3月   [査読有り]
It is suggested that therapeutic PEG placement is useful for preventing unplanned interruption of CRT in patients with advanced head and neck cancer. After severe mucositis and inadequate oral intake have developed during CRT, PEG placement should...
Takao Imai, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda, Atsuhiko Uno, Tadashi Kitahara, Arata Horii, Suetaka Nishiike, Hidenori Inohara
BMJ Open   Vol.5(No.1)    2015年1月   [査読有り]
Since its TC was >35 s, it is suggested that PGN is induced by cupula deviation in response to gravity at each head position. It is also suggested that the direction of cupula deviation in patients with PGN is opposite to that of patients with AN ...
松岡 百百世, 北村 嘉章, 遠藤 亜紀, 阿部 晃治, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.108(No.1) 13-17   2015年1月   [査読有り]
We report herein on a 75-year-old woman with sinonasal-type hemangiopericytoma (HPC). She complained of nasal bleeding and a nasal tumor originated from the left nasal septum was found. It was successfully resected using endoscopic sinus surgery w...
太原 一彦, 関根 和教, 佐藤 豪, 松田 和徳, 神村 盛一郎, 東 貴弘, 武田 憲昭
Equilibrium Research   Vol.74(No.1) 15-19   2015年1月   [査読有り]
In the present study, we examined the temperature of aural air stimulation that was equivalent to aural stimulation with water at 20°C in the caloric test. In 10 ears of 5 healthy volunteers, the maximum slow phase eye velocities (MSPEVs) of nysta...
武田 憲昭, 神村 盛一郎, 嶽村 貞治, 太田 有美, 森鼻 哲生, 猪原 秀典, 北村 嘉章, 阿部 晃治
Otology Japan   Vol.24(No.5) 760-765   2014年12月   [査読有り]
発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法の治療開始時期による効果の検討
東 貴弘, 高橋 美香, 岩? 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.34 81-83   2014年12月   [査読有り]
小児集団リハビリテーションにおける病的共同運動治療の長期経過観察症例の検討
中村 克彦, 東 貴弘, 戸田 直紀, 岩? 英隆, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.34 78-80   2014年12月   [査読有り]
Eiji Kondou, Osamu Jinnouchi, Hiroki Ohnishi, Ikuji Kawata, Seiichi Nakano, Masakazu Goda, Yoshiaki Kitamura, Koji Abe, Hiroshi Hoshikawa, Hidehiko Okamoto, Noriaki Takeda
Clinical Interventions in Aging   Vol.9 1661-1667   2014年9月   [査読有り]
In the present study, an attempt was made to examine the effects of aural stimulation with ointment containing capsaicin on swallowing function in order to develop a novel and safe treatment for non-obstructive dysphagia in elderly patients. A pro...
坂上 雅史, 黒野 祐一, 井之口 昭, 武田 憲昭, 愛場 庸雅, 任 智美, 池田 稔
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.117(No.8) 1093-1101   2014年8月   [査読有り]
味覚障害は, 初診時のみならず治療経過においても味覚機能検査の結果と患者の訴えとが必ずしも一致せず, 治療効果の評価やそれに応じた治療方針の見直しが難しい疾患である. 本研究では, 亜鉛内服治療の適応と診断された味覚障害患者44例に対してポラプレジンク150mg/日 (亜鉛量34mg/日) を最長で24週間投与し, 濾紙ディスク味覚検査法および自覚症状スコアを4週間ごとに評価し, 経時的推移を検討した. また, 効果予測因子として, 患者背景因子または濾紙ディスク味覚検査法による治療途中で...
Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda, Hitomi Ueeda, Arata Horii, Suetaka Nishiike, Tadashi Kitahara, Atsushi Uno, Takao Imai, Hidenori Inohara, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.134(No.10) 1005-1010   2014年7月   [査読有り]
Abstract Conclusion: The finding of deteriorated hearing loss at the initial visit at middle to high frequencies is a factor of poor hearing prognosis in M?ni?re's disease. Early intervention with instructions for lifestyle changes may lead to goo...
大西 皓貴, 高橋 美香, 阿部 晃治, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.107(No.5) 369-374   2014年5月   [査読有り]
We report herein on a 19-year-old female with Langerhans cell histiocytosis (LCH) of the temporal bone. She complained of right ear fullness and showed conductive hearing loss of the right ear. CT imaging showed a tumor in the temporal bone and mu...
北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.107(No.4) 261-270   2014年4月   [査読有り]
We are focusing on the histamine H1 receptor (H1R) as an allergic disease-sensitive gene. H1R is a rate-limiting molecule of the H1R signal because the signal is increased with elevated receptor expression levels. We discovered that the...
庄野 仁志, 東 貴弘, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.107(No.2) 141-145   2014年2月   [査読有り]
Descending necrotizing mediastinitis (DNM) requires an early and aggressive surgical approach. We report herein on a case of DNM in which continuous saline irrigation with a pleated drain was found to be useful. A 71-year-old man presented with a ...
Suzuyo Okazaki, Suetaka Nishiike, Hiroshi Watanabe, Takao Imai, Atsuhiko Uno, Tadashi Kitahara, Arata Horii, Takefumi Kamakura, Yasumitsu Takimoto, Noriaki Takeda, Hidenori Inohara
Acta Oto-Laryngologica   Vol.133(No.3) 246-252   2013年11月   [査読有り]
Repeated optic flow caused no significant change of body deviation or the time course of the gait termination process in comparison with that in the control. The walking velocity at the start of the termination process showed short-term flexibilit...
金村 亮, 合田 正和, 神村 盛一郎, 中川 英幸, 宇高 二良, 田村 公一, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.106(No.9) 797-802   2013年9月   [査読有り]
We report herein on a case with pyoderma gangrenosum in the nasal root associated with ulcerative colitis. Pyoderma gangrenosum is characterized by progressive skin necrosis and is often associated with chronic bowel inflammatory diseases such as ...
Izumi Chida, Koichi Tamura, Shin-ichi Nakagawa, Masahiro Ando, Kuno Emi, Hoshikawa Hiroshi, Mori Nozomu, Noriaki Takeda
Auris, Nasus, Larynx   Vol.40(No.4) 383-387   2013年8月   [査読有り]
Outcomes of tracheoesophageal diversion and laryngotracheal separation were evaluated in 15 neurologically impaired children treated for intractable aspiration. A retrospective analysis of the hospital records was carried out in 15 consecutive ped...
Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.133(No.11) 1124-1127   2013年7月   [査読有り]
The findings suggest that in patients with posterior semicircular canal (PSCC) benign paroxysmal positional vertigo (P-BPPV), head trauma and prolonged bedrest, but not inner ear disease, are risk factors for poor outcome of a single Epley maneuve...
神村 盛一郎, 遠藤 亜紀, 阿部 晃治, 北村 嘉章, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.106(No.7) 585-589   2013年7月   [査読有り]
We report herein on an intractable case of MPO-ANCA-associated middle ear disease with sensorineural hearing loss and facial palsy. A 73-year-old female complained of otitis media-like symptoms, but the treatment for otitis media with effusion was...
Takao Imai, Chisako Masumura, Noriaki Takeda, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Suetaka Nishiike, Yumi Ohta, Kayoko Shingai-Higashi, Tetsuo Morihana, Suzuyo Okazaki, Takefumi Kamakura, Yasumitsu Takimoto, Hidenori Inohara
Acta Oto-Laryngologica   Vol.133(No.6) 594-599   2013年6月   [査読有り]
In the patient with true anterior canalolithiasis, the direction of positional nystagmus during reverse Epley maneuver was constant and its axis was perpendicular to the plane of the right ASCC three-dimensionally. In contrast, in the patient with...
Hinami Nagashima, Jiro Udaka, Izumi Chida, Aki Shimada, Eiji Kondo, Noriaki Takeda
Auris, Nasus, Larynx   Vol.40(No.6) 534-538   2013年5月   [査読有り]
These findings suggest that bone-conduction ASSR can assess the normal or near normal cochlear sensitivity in young children with conductive hearing loss. It is also suggested that ASSR-estimated ABG can be used clinically to predict their accurat...
中野 誠一, 秋月 裕則, 岩? 英隆, 山下 理子, 藤井 義幸, 近藤 英司, 雫 治彦, 田村 公一, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.106(No.5) 439-445   2013年5月   [査読有り]
We report herein on a case of laryngocele with recurrent infection. A 48-year-old male complained of hoarseness and swelling of the left side of his neck. The endoscopic and CT scan examinations demonstrated the combined type of laryngocele that h...
松田 和徳, 関根 和教, 佐藤 豪, 雫 治彦, 武田 憲昭
耳鼻と臨床   Vol.59(No.3) 115-121   2013年5月   [査読有り]
今回,われわれはめまいによりもたらされる日常生活の障害の程度を客観的に評価できるアンケートを用い,ジフェニドールとベタヒスチンの治療効果を比較検討した.ジフェニドールは 4 週間投与で,めまいによる社会活動性の障害,めまいを増悪させる身体の動き(頭位,視覚),めまいによる身体行動の制限(全般的,体動),めまいによる感情障害,めまいによる対人関係の障害,めまいによる不快感のすべての因子を有意に改善させた.ジフェニドールは抗めまい作用に加えて制吐作用を持つことから,めまいによる機能障害およびめ...
Wakana Kuroda, Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Yuko Miyamoto, Bukasa Kalubi, Hiroyuki Fukui, Noriaki Takeda
Journal of Pharmacological Sciences   Vol.122(No.1) 55-58   2013年4月   [査読有り]
An attempt was made to clarify the additive suppressive effects of pranlukast, a cysteinyl leukotriene-receptor (LTR) antagonist, in combination with chlorpheniramine, an antihistamine, on the up-regulation of histamine H1-receptor (H1R) mRNA in t...
Hidetaka Iwasaki, Naoki Toda, Mika Takahashi, Takahiro Azuma, Katsuhiko Nakamura, Shoichiro Takao, Masafumi Harada, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.133(No.4) 373-377   2013年4月   [査読有り]
It is suggested that vertigo in patients with Ramsay Hunt syndrome is mostly induced by superior vestibular neuritis consecutive to the reactivation of varicella-zoster virus (VZV) infection from the geniculate ganglion through the faciovestibular...
めまいを伴うHunt症候群における上前庭神経障害
高橋 美香, 戸田 直紀, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科ニューロサイエンス   Vol.27 55-57   2013年4月   [査読有り]
武市 充生, 岩? 英隆, 秋月 裕則, 金村 亮, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.106(No.3) 229-233   2013年3月   [査読有り]
We report three patients with tetanus who complained of dysphagia. All cases showed trismus, however, physical, serological and endoscopic examinations revealed not abnormalities. Under the diagnosis of tetanus, intravenous penicillin was administ...
Masashi Hattori, Hiroyuki Mizuguchi, Yuko Baba, Shohei Ono, Tomohiro Nakano, Qian Zhang, Yohei Sasaki, Makoto Kobayashi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
International Immunopharmacology   Vol.15(No.2) 232-239   2013年1月   [査読有り]
It has been reported that the histamine H1 receptor (H1R) gene is up-regulated in patients with allergic rhinitis and H1R expression level strongly correlates with the severity of allergy symptoms. Accordingly compounds that suppress the H1R gene ...
藤井 達也, 合田 正和, 松田 和徳, 宮崎 かつし, 峯田 一秀, 中川 宏治, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.106(No.1) 13-16   2013年1月   [査読有り]
Frey's syndrome is a complication associated with parotid tumor operation. We report herein on a 70-year-old man who developed Frey's syndrome after fracturing his mandibular condyle. Although he underwent manipulative reduction, but not an operat...
池田 稔, 黒野 祐一, 井之口 昭, 武田 憲昭, 愛場 庸雅, 野村 泰之, 阪上 雅史
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.116(No.1) 17-26   2013年1月   [査読有り]
Diagnosis and treatment of taste disorders are challenging because the disorder can only be determined by the awareness of the patient. Hence, these disorders still require comprehensive evidence. We conducted a randomized, placebo-controlled doub...
ボツリヌス投与量を減らしたボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック併用療法
東 貴弘, 高橋 美香, 戸田 直紀, 岩? 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.33 166-168   2013年   [査読有り]
顔面神経麻痺の予後診断とリハビリテーションについて
中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩? 英隆, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.33 160-162   2013年   [査読有り]
佐藤 公美, 宇高 二良, 長嶋 比奈美, 森実 加奈, 伊藤 美幸, 合田 侑以, 石原 章子, 武田 憲昭
音声言語医学   Vol.54 14-19   2013年   [査読有り]
音声酷使者の発話環境を知る目的で,データログ機能つき補聴器を用い,自己発話時間と職業,自己発話音圧と他者発話音圧や環境音圧との関連について検討した.幼稚園教諭や保育士では,8時間の勤務時間の1/3以上を自己発話時間が占めており,言語聴覚士,専業主婦,事務職員と比べて長かった.幼稚園教諭の自己発話の平均音圧は85dBと最も強く,次いで保育士の75dBであった.幼稚園教諭と保育士の他者発話時間の比率は約1/2であったが,平均音圧は幼稚園教諭で85dB,保育士で75dBと他の職種より強かった.さ...
S. Nishiike, S. Okazaki, H. Watanabe, Hironori Akizuki, T. Imai, A. Uno, T. Kitahara, A. Horii, Noriaki Takeda, H. Inohara
The Journal of Medical Investigation : JMI   Vol.60 236-239   2013年   [査読有り]
In this study, we examined the effects of sensory inputs of visual-vestibulosomatosensory conflict induced by virtual reality (VR) on subjective dizziness, posture stability and visual dependency on postural control in humans. Eleven healthy young...
小児顔面神経麻痺後遺症患者における集団リハビリテーション
高橋 美香, 東 貴弘, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.33 62-64   2013年   [査読有り]
近藤 英司, 川田 育二, 高石 司, 阿部 律子, 堀 洋二, 合田 正和, 島田 亜紀, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.106(No.3) 203-206   2013年   [査読有り]
In order to clarify the role of arteriosclerosis in the development of and recovery from sudden deafness, we evaluated arteriosclerosis in patients with sudden deafness, using pulse wave velocity (PWV) as a marker. Arteriosclerosis was observed in...
千田 いづみ, 島田 亜紀, 宇高 二良, 佐藤 公美, 長嶋 比奈美, 武田 憲昭
小児耳鼻咽喉科   Vol.34(No.3) 345-351   2013年   [査読有り]
Hiroyuki Mizuguchi, Miyagi Kohei, Terao Takuma, Sakamoto Noriko, Yamawaki Yosuke, Adachi Tsubasa, Ono S., Sasaki Y., Yoshiyuki Yoshimura, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
Scientific Reports   Vol.2 916-916   2012年12月   [査読有り]
発症した病的共同運動に対するボツリヌス毒素・ミラーフィードバック併用療法の長期成績
東 貴弘, 岩? 英隆, 戸田 直紀, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.32 68-70   2012年11月   [査読有り]
Hunt症候群における内耳道造影MRIについて
高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩? 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.32 113-115   2012年11月   [査読有り]
Takao Imai, Noriaki Takeda, Atsuhiko Uno, Arata Horii, Tadashi Kitahara, Suetaka Nishiike, Kayoko Higashi-Shingai, Hidenori Inohara
Auris, Nasus, Larynx   Vol.39(No.5) 544-548   2012年10月   [査読有り]
Three kind of nystagmus, namely P-BPPV, AH-BPPV and GH-BPPV can be explained by the otoconial debris hypothesis of the same ear. Finally, the recently reported geotropic nystagmus with a long time constant may be explained by a reversible lesion s...
Osamu Jinnouchi, Tomomi Kuwahara, Shiro Ishida, Yoshiro Okano, Yasuko Kasei, Kazufumi Kunitomo, Noriaki Takeda
Auris, Nasus, Larynx   Vol.39(No.4) 374-377   2012年8月   [査読有り]
These findings indicate that modified Burow's solution, in addition to bearing a broad antimicrobial activity, is as effective as the original Burow's solution in the treatment of chronic suppurative otitis.
福田 潤弥, 合田 正和, 藤本 知佐, 池園 哲郎, 中川 尚志, 日比野 浩, 北村 嘉章, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭
Otology Japan   Vol.22(No.3) 274-279   2012年7月   [査読有り]
島谷 美映, 宇高 二良, 島谷 佳光, 千田 いづみ, 島田 亜紀, 田村 公一, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.105(No.6) 571-575   2012年6月   [査読有り]
We report on a 79-year-old woman complaining of progressive dysphagia as an initial symptom of tetanus. Endoscopic and videofluoroscopic examination of her swallowing process showed dysphagea with food retention in the pyriform sinus, probably bec...
Gou Satou, Kazunori Sekine, Kazunori Matsuda, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.132(No.6) 614-617   2012年6月   [査読有り]
The side of the affected ear was significantly associated with the head-lying side during sleep in patients with P-BPPV and was closely but not significantly associated with it in patients with H-BPPV. However, the head-lying side during sleep did...
Cisa Fujimoto, Noriaki Takeda, A Matsunaga, A Sawada, T Tanaka, Takashi Kimoto, Wakako Shinahara, Takako Sawabuchi, Miyoko Yamaguchi, M Hayama, Hiroaki Yanagawa, Mihiro Yano, Hiroshi Kido
Influenza and Other Respiratory Viruses   Vol.6(No.6) 396-403   2012年6月   [査読有り]
To determine the induction and changes in anti-influenza virus secretory IgA (s-IgA) levels in nasal washes and serum IgG levels in patients with influenza. The study recruited 16 patients with influenza aged 35.6 ± 9.6 years in 2007/2008 and 2008...
松田 和徳, 川田 育二, 阿部 律子, 北村 嘉章, 関根 和教, 阿部 晃治, 田村 公一, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.105(No.4) 375-379   2012年4月   [査読有り]
We examined the effect of oral administration of beraprost sodium, a derivative of prostaglandin I2 (PGI2) in patients with sudden deafness as a salvage treatment after failure of initial systemic steroid therapy with prostaglandin E1. We then com...
Yoshiaki Kitamura, Hiroyuki Mizuguchi, Hirotaka Ogishi, Wakana Kuroda, Masashi Hattori, Hiroyuki Fukui, Noriaki Takeda
Acta Oto-Laryngologica   Vol.132(No.4) 434-438   2012年4月   [査読有り]
These findings suggest that the down-regulation of interleukin (IL)-5 gene expression in collaboration with the suppression of histamine H(1) receptor (H1R) gene expression in the nasal mucosa provides the basis for better therapeutic effects of p...
Kayoko Higashi-Shingai, Takao Imai, Noriaki Takeda, Atsuhiko Uno, Suetaka Nishiike, Arata Horii, Tadashi Kitahara, Yuka Fuse, Misako Hashimoto, Osamu Senba, Tsuyoshi Suzuki, Toshiaki Fujita, Hideo Otsuki, Hidenori Inohara
Auris, Nasus, Larynx   Vol.39(No.2) 216-219   2012年4月   [査読有り]
Since the cerebellar vermis is known to plays an inhibitory role on the central vertical vestibule-ocular reflex (VOR), the present results suggest that the spontaneous UBN in darkness observed in this patient was induced by an imbalance of centra...
Arata Horii, Aya Nakagawa, Atsuhiko Uno, Tadashi Kitahara, Takao Imai, Suetaka Nishiike, Noriaki Takeda, Hidenori Inohara
Brain Research   Vol.1435 91-98   2012年1月   [査読有り]
We previously reported that motion sickness was prevented in rats with amygdala lesion and that provocative motion stimuli increased the number of Fos-positive neurons in the amygdala, suggesting that the amygdala is one of the neural substrates i...
Nobuko Sarukura, Shinji Takai, Shinji Ikemoto, Tomoo Korin, Yukiko Ueda, Yoshiaki Kitamura, Bukasa Kalubi, Shigeru Yamamoto, Noriaki Takeda
Auris, Nasus, Larynx   Vol.39(No.3) 294-297   2012年1月   [査読有り]
These findings suggest that ACE ratio is as sensitive as serum zinc concentration for the evaluation of zinc deficiency and can be used for the biochemical diagnosis of zinc nutritional status in patients with zinc deficiency-induced taste impairm...
武田 憲昭
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.115(No.10) 932-933   2012年   [査読有り]
顔面神経麻痺患者に対する集団リハビリテーション
高橋 美香, 東 貴弘, 中村 克彦, 岩? 英隆, 戸田 直紀, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.31 148-150   2011年12月   [査読有り]
MPO-ANCA陽性の難治性中耳炎と顔面神経障害
武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.31 29-30   2011年12月   [査読有り]
川田 仁美, 千田 いづみ, 松田 和徳, 佐藤 豪, 大山 晴三, 石谷 保夫, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.104(No.10) 689-695   2011年10月   [査読有り]
We report a case of infantile middle-ear teratoma. A 6-month-old girl was first seen and reported to have a history of refractory left-ear otitis media. Computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) showed a tumor occupying the tym...
Nobuko Sarukura, Miho Kogirima, Shinji Takai, Yoshiaki Kitamura, Bukasa Kalubi, Shigeru Yamamoto, Noriaki Takeda
The Journal of Medical Investigation : JMI   Vol.58(No.3-4) 203-209   2011年8月   [査読有り]
In the present study, we first examined the dietary zinc intake from food groups in 109 healthy Japanese (24-82 years old, 45 male and 64 female) by means of the 72-h recall method. We then used the ratio of apo/holo-activities of angiotensin conv...
Mohammed Islam Nurul, Hiroyuki Mizuguchi, Masum Shahriar, Pichairajan Venkatesh, Kazutaka Maeyama, K Pulok Mukherjee, Masashi Hattori, Kabir Mohamed Sahabuddin Choudhuri, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
International Immunopharmacology   Vol.11(No.11) 1766-1772   2011年7月   [査読有り]
Histamine plays major roles in allergic diseases and its action is mediated mainly by histamine H(1) receptor (H1R). We have demonstrated that histamine signaling-related H1R and histidine decarboxylase (HDC) genes are allergic diseases sensitive ...
Hiroyuki Mizuguchi, Takuma Terao, Mika Kitai, Mitsuhiro Ikeda, Yoshiyuki Yoshimura, Asish Kumar Das, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda, Hiroyuki Fukui
The Journal of Biological Chemistry   Vol.286(No.35) 30542-30551   2011年7月   [査読有り]
The histamine H(1) receptor (H1R) gene is up-regulated in patients with allergic rhinitis. However, the mechanism and reason underlying this up-regulation are still unknown. Recently, we reported that the H1R expression level is strongly correlate...
中野 誠一, 雫 治彦, 秋月 裕則, 岩? 英隆, 七條 光市, 生越 剛司, 渡邉 力, 中津 忠則, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.104(No.5) 347-352   2011年5月   [査読有り]
We report a case of PFAPA (Periodic fever with aphthous stomatitis, pharyngitis and cervical adenitis). A 5-year-old boy admitted for idiopathic fever 12 times within 8-months. Fever of >38°C occurred for 5 days at 10-to-20-days intervals. Antibio...
武田 憲昭, 神村 盛一郎, 千田 いづみ, 北村 嘉章, 陣内 自治, 阿部 晃治, 田村 公一, 宇高 二良, 遠藤 亜紀
Otology Japan   Vol.21(No.5) 808-815   2011年5月   [査読有り]
森実 加奈, 佐藤 公美, 三根生 茜, 合田 侑以, 長嶋 比奈美, 宇高 二良, 武田 憲昭
音声言語医学   Vol.52(No.2) 183-188   2011年4月   [査読有り]
就学時健診の231児に対して, 耳鼻咽喉科医による「学校保健での音声言語障害の検診法」を用いた言語障害の検診, 言語聴覚士による事前の言語スクリーニングおよび言語障害と診断された児の言語の精密検査を実施した. 医師による言語障害の検診にて言語異常の所見ありと診断されたのは, 31児であった. 一方, 言語聴覚士による事前の言語スクリーニングにて言語異常の所見ありと評価された児は47名であり, 異常の所見なしと評価された児のなかで, 医師が検診で言語障害と診断した児はなかった. 精密検査を実...
中川 英幸, 堀 洋二, 大山 晴三, 田村 公一, 武田 憲昭, 松田 和徳
耳鼻咽喉科臨床   Vol.104(No.3) 187-191   2011年3月   [査読有り]
Chemosurgery with Mohs' paste created by Frederic E. Mohs, is microscopically controlled to treat common skin cancer. This was repeated for a 68-year-old woman with recurrent malignant spindle cell carcinoma of the maxillary sinus, who suffered fr...
水口 博之, 北村 嘉章, 近藤 勇人, 黒田 若奈, 吉田 陽香, 宮本 裕子, 服部 将史, 武田 憲昭, 福井 裕行
薬学雑誌   Vol.131(No.2) 171-178   2011年2月   [査読有り]
Therapeutics targeting disease-sensitive genes are required for the therapy of multifactorial diseases. There is no clinical report on therapeutics for allergic disease-sensitive genes. We are focusing on the histamine H1 receptor (H1R) as a sensi...
Noriaki Takeda, Mahito Ito, Hidenori Inohara
Auris, Nasus, Larynx   Vol.38(No.1) 2-5   2011年2月   [査読有り]
OBJECTIVE: The purpose of this study was to assess the natural course of positional vertigo in patients with the apogeotropic variant of horizontal canal type of benign paroxysmal positional vertigo (AH-BPPV), which is reported to be more refracto...
中山 壽孝, 北村 嘉章, 武田 憲昭
日本鼻科学会会誌   Vol.49(No.4) 474-480   2010年12月   [査読有り]
徳島県におけるヒノキ科花粉の飛散状況を1981年から2007年までの26年間測定した.1)ヒノキ科花粉の総飛散数はスギ花粉の総飛散数の3割以下であった.両者の花粉の飛散総数の変化はほぼ一致したが,両者の比率は年によって異なっており,ヒノキ科花粉の独自の飛散予報も必要と考えられた.2)スギ花粉の飛散総数は前年7月の最高気温,平均気温,日照時間との間に有意な正の相関がみられ,湿度との間に有意な負の相関が認められたが,降水量との間に相関は確認されなかった.一方,ヒノキ科花粉の飛散総数は前年7月の...
Hayato Umehara, Hiroyuki Mizuguchi, N Mizukawa, M Matsumoto, Noriaki Takeda, E Senba, Hiroyuki Fukui
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology   Vol.32(No.10) 733-736   2010年12月   [査読有り]
It has been well established that histaminergic neurons innervate densely the anterior hypothalamus and regulate several functions through the histamine H receptor (H1R). However, the physiological function of the histaminergic neurons in other re...
上前庭神経障害によるめまいと考えられた不完全Hunt症候群症例
高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩? 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.30 179-180   2010年12月   [査読有り]
戸田 直紀, 高橋 美香, 東 貴弘, 岩? 英隆, 中村 克彦, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.30 75-77   2010年12月   [査読有り]
中村 克彦, 高橋 美香, 戸田 直紀, 東 貴弘, 岩? 英隆, 大山 晴三, 武田 憲昭
Facial Nerve Research Japan   Vol.30 137-139   2010年12月   [査読有り]
Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Y Kondo, W Kuroda, H Yoshida, Y Miyamoto, M Hattori, Hiroyuki Fukui, Noriaki Takeda
Methods and Findings in Experimental and Clinical Pharmacology   Vol.32(No.10) 745-748   2010年12月   [査読有り]
Administration of antihistamines 2-4 weeks before the pollen season showed a greater inhibitory effect on nasal allergy symptoms in patients with seasonal allergic rhinitis. However, the mechanism of slow-onset effects of preseasonal treatment wit...
Hideo Shojaku, Yukio Watanabe, Noriaki Takeda, Tetsuo Ikezono, Masahiro Takahashi, Akinobu Kakigi, Juichi Ito, Katsumi Doi, Mamoru Suzuki, Masaya Takumida, Katsumasa Takahashi, Hiroshi Yamashita, Izumi Koizuka, Shinichi Usami, Mitsuhiro Aoki, Hideaki Naganuma
Acta Oto-Laryngologica   Vol.130(No.10) 1135-1140   2010年10月   [査読有り]
CONCLUSION: Similarly to almost all delayed endolymphatic hydrops (DEH) cases with both precedent sudden deafness and mumps deafness, two-thirds of DEH cases with precedent deafness of unknown cause with onset in early childhood developed DEH symp...

Misc

 
千田 いづみ, 武田 憲昭
小児科   Vol.58(No.9) 1063-1068   2017年8月
武田 憲昭
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.120(No.1) 9-14   2017年1月
軽度中等度難聴児に対する補聴器購入費助成制度は?
島田 亜紀, 宇高 二良, 武田 憲昭
JOHNS   Vol.33(No.10) 1479-1490   2017年
上・下気道症状を有するかぜの診断と治療
千田 いづみ, 武田 憲昭
JOHNS   Vol.33(No.1) 97-101   2017年
武田 憲昭
小児耳鼻咽喉科   Vol.37(No.3) 340-342   2016年6月
ベーチェット病
近藤 昭男, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.88(No.5) 196-198   2016年4月
メニエール病
佐藤 豪, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.88(No.5) 238-241   2016年4月
遅発性内リンパ水種
武田 憲昭
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.88(No.3) 248-251   2016年3月
武田 憲昭
日耳鼻専門医通信   119-220   2016年
武田 憲昭
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.118(No.11) 1349-1351   2015年11月
Meniere病
佐藤 豪, 武田 憲昭
内科   Vol.114(No.6) 1083-1086   2014年12月
神経耳科学の新展開
武田 憲昭
脳21   Vol.17(No.3) 269-270   2014年7月
顔面神経麻痺後後遺症評価法:その予防と治療
東 貴弘, 武田 憲昭
脳21   Vol.17(No.3) 360-366   2014年7月
武田 憲昭
Medical ASAHI   37-39   2014年7月
抗めまい薬のEBM
武田 憲昭
ENTONI   Vol.162 1-4   2014年1月
第32回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
武田 憲昭
鼻アレルギーフロンティア   Vol.14(No.2) 108-109   2014年
メニエール病
武田 憲昭
ENT Compass   176-179   2014年
武田 憲昭
日本耳鼻咽喉科学会会報   Vol.116(No.4) 1185-1191   2013年11月
めまいの薬物治療
武田 憲昭
Pharma Medica   Vol.31 55-58   2013年10月
小児の脳血管障害によるめまい
佐藤 豪, 武田 憲昭
ENTONI   Vol.158 64-70   2013年9月
小児のめまい診断・治療の要点
武田 憲昭
ENTONI   Vol.158 71-75   2013年9月
口蓋扁桃摘出術に便利な手術装置を紹介してください
東 貴弘, 武田 憲昭
ENT臨床フロンティア 口腔・咽頭疾患,歯牙関連疾患を診る   197-198   2013年8月
【メニエール病Update】 診療ガイドライン
武田 憲昭, 松田 和徳
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.84(No.13) 985-988   2012年12月
各めまい疾患の薬物治療
武田 憲昭
ENT臨床フロンティア めまいを見分ける・治療する   300-302   2012年10月
再発防止のための日常的アドバイス
武田 憲昭
ENT臨床フロンティア 急性難聴の鑑別とその対処   191-192   2012年8月
リハビリは有効か?
武田 憲昭
ENT臨床フロンティア 急性難聴の鑑別とその対処   189-190   2012年8月
温度眼振検査
武田 憲昭, 佐藤 豪
ENTONI   Vol.141 45-49   2012年6月
めまい治療におけるステロイドと抗ウイルス薬の位置づけ
武田 憲昭, 佐藤 豪
ENTONI   Vol.139 39-43   2012年4月
めまいとEBM
武田 憲昭, 佐藤 豪
JOHNS   Vol.28(No.2) 167-171   2012年2月
良性発作性頭位めまい(BPPV)
佐藤 豪, 武田 憲昭
Clinical Neuroscience   Vol.30(No.1) 68-73   2012年1月
北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭
臨床免疫・アレルギー科   Vol.57(No.1) 45-51   2012年1月
初期療法はなぜ有効なのか?
北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭
JOHNS   Vol.28(No.1) 55-58   2012年1月
小川 郁, 北川 泰久, 寺本 明, 武田 憲昭, 木村 健二郎
日本医師会雑誌   Vol.140(No.10) 2049-2061   2012年1月
剣道
高橋 美香, 武田 憲昭
JOHNS   Vol.27(No.12) 1939-1942   2011年12月
北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭
小児科   Vol.52(No.6) 853-858   2011年5月
スプラタストのヒスタミンシグナルの抑制を介した抗アレルギー作用
北村 嘉章, 水口 博之, 福井 裕行, 武田 憲昭
頭頚部自律神経   Vol.25 33-35   2011年4月
自律神経機能異常はめまい発症に強くかかわっているか?
武田 憲昭
レジデントノート別冊救急・ERノート1   218-222   2011年4月
反復するめまいへの対応
武田 憲昭
日本医事新報   Vol.0(No.4524) 55-60   2011年1月
【お母さんへの回答マニュアル耳鼻咽喉科Q&A 2010】 耳編 めまい・動揺病 めまいはどうして起こるのでしょうか?
武田 憲昭
JOHNS   Vol.26(No.9) 1294-1295   2010年9月
<回答のポイント>1)めまいを訴える小児の年齢により,原因となるめまい疾患が異なる.2)幼児期から学童期までの小児のめまいで比較的多いのは,ウイルス感染によるめまいや内耳奇形によるめまいである.3)学童期から思春期までの小児のめまいで比較的多いのは,起立性調節障害によるめまいである.4)小児のめまいは,小脳腫瘍などの命にかかわる病気が原因の場合があるので,必ず医療機関を受診させる.(著者抄録)
【内科医のための耳鼻科疾患の診かたと治療】 内科医が留意すべき耳鼻科疾患の診断と治療,予防 患者の症状から見逃さないためのコツとポイント めまい
関根 和教, 武田 憲昭
Progress in Medicine   Vol.30(No.4) 1025-1029   2010年4月
54歳男.約2年前より左頸部リンパ節腫脹が出現しその3ヵ月後に受診し,下咽頭梨状陥凹癌,頸部リンパ節転移(T1N3M0)と診断され,放射線治療,ドセタキセルの化学療法を行った.原発巣は消失したが左頸部リンパ節転移は残存し,頸部リンパ節転移は内頸動脈に浸潤し,右ルビエールリンパ節にも転移を認めたため手術不能であった.アルコール性肝障害に汎血球減少も認め,化学療法の継続も困難で,肝障害の悪化,食欲不振,疼痛に対する補液,栄養管理,癌性疼痛緩和で入院を繰り返した.左頸部リンパ節転移が皮膚に浸潤し...
【予防医学からみた耳鼻咽喉科臨床】 予防医学からみた高齢者の平衡障害
西池 季隆, 武田 憲昭, 渡邊 洋
JOHNS   Vol.25(No.12) 1747-1750   2009年12月
神経科学の素朴な疑問 宇宙酔いのメカニズムはどのようなものか?
武田 憲昭
Clinical Neuroscience   Vol.27(No.7) 831-831   2009年7月
【メニエール病を理解する】 メニエール病の診断基準と検査の進め方
武田 憲昭
JOHNS   Vol.25(No.6) 815-821   2009年6月
【訴えからみためまいの見分け方】 繰り返す回転性めまい
佐藤 豪, 武田 憲昭
ENTONI   Vol.102 9-17   2009年5月
陣内 自治, 武田 憲昭
深在性真菌症: SFI Forum   Vol.5(No.1) 28-30   2009年4月
メニエール病診断基準
渡辺 行雄, 池園 哲郎, 伊藤 壽一, 柿木 章伸, 肥塚 泉, 鈴木 衞, 高橋 克昌, 工田 昌也, 武田 憲昭, 土井 勝美, 山下 裕司, 青木 光広, 宇佐美 真一, 高橋 正紘, 長沼 英明
Equilibrium Research   Vol.68(No.2) 103-106   2009年4月
【耳鼻咽喉科ウイルス感染症】 めまいとウイルス感染
武田 憲昭, 戸田 直紀
ENTON   Vol.99 17-23   2009年3月
【異物 初期対応から摘出まで】耳鼻咽喉科領域の異物 成人例の特徴
田村 公一, 武田 憲昭
ENTONI   Vol.96 30-35   2008年12月
中村 克彦, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.101(No.6) 413-421   2008年6月
Synkinesis is the most unpleasant sequelae of peripheral facial palsy. It is an abnormal involuntary associate facial movement such as eye closure during smiling and mouth movement during blinking. Synkinesis strongly reduces the quality of life; ...
【難聴の神経学】 Meniere病
佐藤 豪, 武田 憲昭
神経内科   Vol.68(No.5) 422-428   2008年5月
【高齢者のめまい診断におけるpitfall】 高齢者のメニエール病
武田 憲昭
ENTONI   Vol.87 63-66   2008年4月
鼻粘膜過敏性亢進における軸索反射を介した神経原性炎症の役割
北村 嘉章, 武田 憲昭
アレルギーと神経ペプチド   Vol.4 33-41   2008年2月
文献検索の方法-発表,論文への応用
関根 和教, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.80(No.1) 55-64   2008年1月
めまい 耳鼻科的立場から
武田 憲昭
メディカルノート症候がわかる   92-93   2007年12月
今井 貴夫, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.100(No.8) 599-613   2007年8月
We developed a new video-oculography (VOG) system that can facilitate analysis of the axis angle, rotation vector or quaternions of eye movements. The axis angle, rotation vector, and quaternions measure a single rotation from a chosen reference p...
宇高 二良, 田村 公一, 武田 憲昭
日本小児呼吸器疾患学会雑誌   Vol.18(No.1) 98-101   2007年6月
急性めまいと慢性めまい -診断・治療の差- めまいの薬物治療のEBM評価
武田 憲昭
ENTONI   Vol.75(No.0) 31-36   2007年5月
外耳道真菌症の治療
陣内 自治, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.79(No.4) 301-306   2007年4月
武田 憲昭
Equilibrium Research   Vol.63(No.1) 1-7   2004年2月
The neural mismatch hypothesis in the development of motion sickness is widely accepted. Essential to the neural mismatch hypothesis of motion sickness is the neural mismatch signal encoding spatial disorientation.<BR>We examined the neurochemical...
めまい・ふらつきの治療
武田 憲昭
JOHNS : Journal of Otolaryngology, Head & Neck Surgery   Vol.20 1512-1514   2004年
書字検査
関根 和教, 武田 憲昭
JOHNS : Journal of Otolaryngology, Head & Neck Surgery   Vol.20 351-354   2004年
耳鼻咽喉科領域におけるめまい
武田 憲昭
カレントテラピー   Vol.21 1023-1030   2003年
心因性のめまい
武田 憲昭
耳鼻咽喉科診療Q&A   Vol.37 416-417   2003年
頭部外傷後のめまい
武田 憲昭
耳鼻咽喉科診療Q&A   Vol.37 406-407   2003年
回転検査
武田 憲昭, 関根 和教
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.75 145-151   2003年
鼻過敏症動物モデルにおける鼻粘膜ヒスタミンH1受容体mRNA発現上昇とヒスタミンH1受容体拮抗薬による抑制
北村 嘉章, 三好 綾子, 村田 有希, 荻野 敏, 福井 裕行, 武田 憲昭
耳鼻咽喉科免疫アレルギー   Vol.21(No.2) 134-135   2003年
武田 憲昭
四国医学雑誌   Vol.58(No.6) 284-288   2002年12月
めまい手術のリスクマネージメント
武田 憲昭
頭頸部外科   Vol.12(No.2) 53-56   2002年10月
Changes in Fos expression in the rat brainstem after bilateral labyrinthectomy
Acta Otolavyngol   1221, 620-626    2002年
Magnetic cortical responses evoked by visual linear forward acceleration
Neuro Report   131, 1805-1808    2002年
めまい手術のリスクマネジメント
武田 憲昭
頭頸部外科   Vol.12 53-56   2002年
抗めまい薬の使い方と薬物治療のエビデンス
武田 憲昭
Medicina   Vol.39 1002-1003   2002年
めまいの薬物治療におけるEBMをこう考える
武田 憲昭
医薬ジャーナル   Vol.37(No.9) 134-137   2001年9月
Noriaki Takeda, Masahiro Morita, Arata Horii, Suetaka Nishiike, Tadashi Kitahara, Atsuhiko Uno
The Journal of Medical Investigation : JMI   Vol.48(No.1,2) 44-59   2001年2月
Three kinds of neurotransmitters: histamine, acetylcholine and noradrenaline, play important roles in the neural processes of motion sickness, because antihistamines, scopolamine and amphetamine are effective in preventing motion sickness. Histami...
ヒスタミン神経系と動揺病
武田 憲昭, 宇野 敦彦, 堀井 新
Clinical Neuroscience   Vol.94 1176-1178   2001年
前庭代償のメカニズム
武田 憲昭, 北原 糺
JOHNS : Journal of Otolaryngology, Head & Neck Surgery   Vol.17 831-834   2001年
見逃してはいけないめまい
武田 憲昭
治療   Vol.83 1941-1945   2001年
良性発作性頭位めまい症:臨床疫学と病態生理
武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.94 963-976   2001年
めまいがする:脳梗塞のめまいを見落とさないために
武田 憲昭
レジデントノート   Vol.3 68-72   2001年
外耳道に生じたリンパ腫様丘疹症例
武田 憲昭, 荻野 仁
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.73 819-821   2001年
めまいの病因・病態
武田 憲昭
脳   Vol.214 46-50   2001年
耳鼻咽喉科疾患における抗ウイルス剤とステロイド剤の使い方
武田 憲昭
ENTONI   Vol.3 9-12   2001年
武田 憲昭
Otology Japan   Vol.10(No.3) 147-149   2000年7月
For the treatment of patients with Meniere's disease in the acute period, randomized controlled trials showed that anti-vertigo drugs, such as diphenidol and betahistine, are significantly effective. In the chronic period, Meniere's disease is spe...
中枢前庭系における平衡代償の分子機構
武田 憲昭
四国医学雑誌   Vol.56 132-135   2000年
前庭代償の分子機構
武田 憲昭
Clinical Neuroscience   Vol.18 768-770   2000年
EBMに基づくめまい治療
武田 憲昭
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   Vol.72 873-878   2000年
制吐薬
武田 憲昭
JOHNS : Journal of Otolaryngology, Head & Neck Surgery   Vol.16 1311-1313   2000年
耳鼻咽喉科疾患による頭痛
武田 憲昭
総合臨床   Vol.49 1801-1804   2000年
武田 憲昭
Equilibrium Research   Vol.59 93-102   2000年
武田 憲昭
耳鼻咽喉科臨床   Vol.92 106-107   1999年1月
第8脳神経障害
武田 憲昭
医薬ジャーナル   Vol.35 109-111   1998年
前庭神経炎の診断と治療
武田 憲昭, 久保 武
日耳鼻専門医通信   Vol.56 6-7   1998年
耳鼻咽喉科疾患とヒスタミン
武田 憲昭
医学のあゆみ   Vol.184 980-980   1998年
直線加速度負荷における生体応答解析の展望
武田 憲昭, 宇野 敦彦
宇宙航空環境医学   Vol.34 27-30   1997年
めまいとヒスタミンH1 受容体
武田 憲昭, 松永 亨
代謝   Vol.29 23-30   1997年
武田憲昭
Equilibrium Research   55(4) 335-342   1996年
前庭代償
北原 糺, 武田 憲昭, 久保 武, 木山 博資
ブレインサイエンス   Vol.7 363-367   1996年
耳性めまいの治療
武田 憲昭
臨床と薬物治療   Vol.15 467-469   1996年
武田 憲昭
Equilibrium Research   Vol.55 335-342   1996年

書籍等出版物

 
神経耳科学
武田 憲昭
金芳堂   1998年   
耳鼻咽喉科・頭頚部外科クリニカルトレンド Part 2
武田 憲昭
株式会社 中山書店   1998年   
先天性耳瘻孔
千田 いづみ, 田村 公一, 武田 憲昭
金原出版 株式会社   2017年   
めまい,平衡障害
武田 憲昭
株式会社 医学書院   2017年   
前庭神経炎
武田 憲昭
日本医事新報社   2017年   
メカニズム:生理学的機序
北村 嘉章, 武田 憲昭
株式会社 最新医学社   2017年   
平衡機能検査
佐藤 豪, 武田 憲昭
金原出版 株式会社   2017年   
抗アレルギー天然物医薬,苦参の有効成分,(-)マーキアインの分子薬理機構
福井 裕行, 水口 博之, 柏田 良樹, 根本 尚夫, 北村 嘉章, 武田 憲昭
公益社団法人 日本薬理学会   2016年3月   
ヒスタミンH1受容体には,受容体刺激による遺伝子発現亢進を介する受容体アップレギュレーション機構が存在することを見いだし,タンパク質キナーゼC-δ(PKCδ)活性化を介することを明らかにした.臨床研究により,この機構が花粉症の鼻過敏症状悪化に関与し,ヒスタミンH1受容体遺伝子が疾患感受性遺伝子であることが示唆された.鼻過敏症モデルラットに対する抗ヒスタミン薬および抗アレルギー天然物医薬である苦参エキスの投与は,共に鼻過敏症状の改善とそれに相関した鼻粘膜ヒスタミンH1受容体mRNAレベル上昇...
Clinical significance of histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.
Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Yoshiaki Kitamura, Noriaki Takeda
Springer Science, NewYork   2016年   
Histamine H1 receptor gene expression and drug action of antihistamines.
Hiroyuki Fukui, Hiroyuki Mizuguchi, Hisao Nemoto, Yoshiaki Kitamura, Yoshiki Kashiwada, Noriaki Takeda
Springer Science, NewYork   2016年   
中耳炎
武田 憲昭
バリューメディカル   2015年8月   
良性発作性頭位めまい症
武田 憲昭
株式会社 医学書院   2013年   
外耳奇形
武田 憲昭
株式会社 中山書店   2011年5月   
めまい患者にメイロン注射が有効なわけは?
武田 憲昭
全日本病院出版会   2011年4月   
どのような訴えの時に外リンパ瘻を疑うか?
武田 憲昭
2011年4月   
Meniere病
武田 憲昭
株式会社 医学書院   2010年   
前庭系の代謝
武田 憲昭, 北原 糺, 宇野 敦彦
2009年5月   
めまい
武田 憲昭
株式会社 南山堂   2007年3月   
所見のないめまい患者への対応
武田 憲昭
The Society of Practical Otolaryngology   2005年7月   
めまい診療のコツと落とし穴
武田 憲昭
株式会社 中山書店   2005年5月   
薬物性めまい
武田 憲昭
2005年   
Virtual realityを用いた動揺病研究
西池 季隆, 秋月 裕則, 大山 晴三, 渡邉 洋, 松岡 克典, 武田 憲昭
2005年   
亜鉛欠乏の新しい機能評価法:アンギオテンシン変換酵素活性比と味覚障害患者への応用
高岡 司, 武田 憲昭
2005年   
低音障害型感音難聴とメニエール病
武田 憲昭
2005年   
めまい薬の上手な使い方
武田 憲昭
2005年   
内リンパ水腫と内リンパ嚢手術
武田 憲昭
2005年   
耳鼻咽喉科診療プラクティス 第13巻 耳鼻咽喉科・頭頚部外科領域の外傷と異物
武田 憲昭, 西池 季隆
文光堂   2004年10月   
耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンド Part4
武田 憲昭
株式会社 中山書店   2004年8月   
分子脳・神経機能解剖学
大野 浩司, 武田 憲昭
株式会社 金芳堂   2004年6月   
今日の治療指針
武田 憲昭
株式会社 医学書院   2004年   
ダイナミックメディシン 第1巻
武田 憲昭
西村書店   2003年6月   
耳鼻咽喉科診療プラクティス 第12巻 嗅覚・味覚障害の臨床最前線
武田 憲昭
文光堂   2003年5月   
耳鼻咽喉科薬物療法マニュアル
武田 憲昭
金原出版 株式会社   2003年5月   
今日の耳鼻咽喉科頭頸部外科治療指針 第2版
武田 憲昭
株式会社 医学書院   2003年5月   
Clinical Immunology and allergy in Medicine
S Ogino, Noriaki Takeda, T Harada
JGC Editions   2003年   
看護のための最新医学講座 第21巻 耳鼻咽喉科疾患
武田 憲昭
株式会社 中山書店   2002年2月   
耳鼻咽喉科診療プラクティス 第6巻 EBMに基づくめまいの診断と治療
武田 憲昭
文光堂   2001年11月   
CLIENT21 -21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床 5 内耳・内耳道
武田 憲昭
株式会社 中山書店   2001年5月   
別冊「医学のあゆみ」 ヒスタミン研究の最近の進歩
武田 憲昭
医歯薬出版 株式会社   2000年7月   
新図説臨床耳鼻咽喉科・頭頚部外科講座 第1巻 内耳
武田 憲昭
株式会社 メジカルビュー社   2000年4月   
CLIENT21 -21世紀耳鼻咽喉科領域の臨床 8 めまい・平衡障害
武田 憲昭
株式会社 中山書店   1999年12月   
内科学教科書
武田 憲昭
文光堂   1999年10月   
NEW 耳鼻咽喉科・頭頚部外科学
武田 憲昭
南江堂   1999年7月   
EBNに基づくめまいの診断と治療
文光堂   2001年   
Progress in Allergy and Clinical Immunology
Noriaki Takeda
Hogrefe & Huber Publishers   1997年7月   
Disorders of the Vestibular System
Noriaki Takeda, Toru Matsunaga
Oxford University Press   1996年1月   
分子神経科学の最先端 ー分子から病態ー
武田 憲昭
厚生社   1995年4月   
Histaminergic Neurons: Morphology and Function
Toru Matsunaga, Noriaki Takeda
CRC Press   1991年2月   
化学的神経機能解剖学
松永 亨, 武田 憲昭
厚生社   1987年6月   
Monoaminergic Neurons: Light Microscopy and Ultrastructure
Noriaki Takeda, Toru Matsunaga
John Wiley & Sons, Inc.   1987年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 近藤 英司
科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 佐藤 豪
科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 北村 嘉章
科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 福井 裕行
科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 福井 裕行
科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2009年3月    代表者: 山本 茂
科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 西池 季隆
科学研究費助成事業
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 阿部 晃治
科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2007年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月    代表者: 宮崎 かつし
科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 武田 憲昭
科学研究費助成事業
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 古山 忍
科学研究費助成事業
研究期間: 1990年4月 - 1992年3月    代表者: 武田 憲昭

特許

 
2016-13808 : グルタミン酸を有効成分とする担がん患者の味覚及び/又は食欲障害の改善剤
堤 理恵, 阪上 浩, 武田 憲昭
特許第PCT/JP2016/57701号 : 抗アレルギー剤およびインターロイキン4遺伝子発現抑制剤,ならびにそれらの製造方法および使用方法
内田 勝幸, 木村 勝紀, 溝口 智奈弥, 福井 裕行, 武田 憲昭, 柏田 良樹, 水口 博之
特許第2015-048286号 : 抗アレルギー剤およびインターロイキン4遺伝子発現抑制剤,ならびにそれらの製造方法および使用方法
内田 勝幸, 木村 勝紀, 溝口 智奈弥, 福井 裕行, 武田 憲昭, 柏田 良樹, 水口 博之
特許第2013-149012号 : 鼻炎の予防治療装置
武田 憲昭, 福井 裕行, 水口 博之, 久保 伸夫
特許第2012-040703号 : 鼻過敏症予防・治療剤
福井 裕行, 水口 博之, 武田 憲昭
特許第2011-011472号 : 抗アレルギー組成物,抗アレルギー物質セット,及び抗アレルギー物質セットの製造方法
福井 裕行, 水口 博之, 武田 憲昭
特許第2010-258476号 : 鼻粘膜検体内部標準遺伝子
福井 裕行, 水口 博之, 武田 憲昭
特許第4469987号 : 喉頭咽頭検査治療装置
武田 憲昭, 金 昌信
特許第2013-173722号 : 鼻過敏症予防・治療剤
福井 裕行, 武田 憲昭, 水口 博之