大和谷 厚

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
大和谷 厚
 
ヤマトダニ アツシ
所属
大阪大学
部署
大学院医学系研究科 保健学専攻 医療技術科学分野 医用物理工学講座
職名
教授,教授
学位
医学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1983年
 大阪大学助手
 
1983年
 - 
1994年
 大阪大学助教授
 
1994年
 - 
2003年
 大阪大学教授
 
2003年
   
 
- 大阪大学大学院教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
大阪大学 医学研究科 生理系
 
 
 - 
1974年
大阪大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1984年
   
 
日本薬理学会  評議員
 
 
   
 
日本生化学会  評議員
 
 
   
 
日本臨床化学会  評議員
 
 
   
 
日本神経精神薬理学会  評議員
 

書籍等出版物

 
A possible involvement of the chorda tympani in the enhancement of the hypothalamic histamine release by leptin.
Histamine Research in the New Millennium,Elsevier Science, Amsterda   2001年   
Structure-activity relationship of histamine H3-ligands:Organic synthesis of imidazole C-nucleoside derivatives.
Histamine Research in the New Millennium,Elsevier Science,Amsterdam   2001年   
Histamine and its related metabolites
Methods in Neurotreansmitter and Neuropeptide Research Elsevier, Amsterdam   1993年   
Comprehensive list of effects of centrally administered histamine and related compounds.
Histaminergic Neurons : Morphology and Functions CRC Press, Boca Raton, Florida   1991年   
Functions of histaminergic neurons, studies with α-fluoromethylhistidine as a probe
Histaminergic Neurons : Morphology and Functions CRC Press, Boca Raton, Florida   1991年   

Works

 
新規H3-受容体リガンドの創薬
2000年
脳内H3-受容体の機能
2000年
重粒子線照射による放射縮宿酔
2000年
モダフィニルの覚醒促進作用機構に関する研究
2001年
モダフィニルの覚醒促進作用機構に関する研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
脳内ヒスタミン神経系の構造と機能
研究期間: 1974年   
インビボ神経化学
研究期間: 1989年   
放射線薬理学
研究期間: 1995年   
ヒスタミン受容体リガンドの開発
研究期間: 1995年   
摂食行動の調節機構
研究期間: 1998年