石黒 浩

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/16 02:55
 
アバター
研究者氏名
石黒 浩
 
イシグロ ヒロシ
eメール
ishigurosys.es.osaka-u.ac.jp
URL
http://www.irl.sys.es.osaka-u.ac.jp/home
所属
大阪大学
部署
基礎工学研究科 システム創成専攻
職名
教授
その他の所属
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
科研費研究者番号
10232282

研究分野

 
 

経歴

 
2014年1月
 - 
現在
ATR 石黒浩特別研究所 客員所長
 
2013年7月
 - 
現在
大阪大学 特別教授
 
2010年4月
 - 
現在
ATR フェロー
 
2009年6月
 - 
現在
大阪大学 大学院基礎工学研究科システム創成専攻 教授
 
2008年
 - 
2014年
大阪大学 大学院・基礎工学研究科 教授
 
2011年4月
 - 
2013年12月
ATR 石黒浩特別研究室 客員室長
 
2002年10月
 - 
2011年3月
ATR 知能ロボティクス研究所・第二研究室 客員室長
 
2002年10月
 - 
2009年5月
大阪大学 大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻 教授
 
2001年4月
 - 
2002年9月
和歌山大学 システム工学部情報通信システム学科 教授
 
1999年10月
 - 
2002年9月
ATR 知能映像研究所 客員研究員
 
2000年4月
 - 
2001年3月
和歌山大学 システム工学部情報通信システム学科 助教授
 
1998年4月
 - 
2000年3月
京都大学 大学院情報学研究科社会情報学専攻 助教授
 
1998年3月
 - 
1999年3月
カリフォルニア大学 サンディエゴ校 客員研究員
 
1994年10月
 - 
1998年3月
京都大学 大学院工学研究科情報工学専攻 助教授
 
1992年4月
 - 
1994年9月
大阪大学 基礎工学部システム工学科 助手
 
1991年4月
 - 
1992年3月
山梨大学 工学部情報工学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1991年3月
大阪大学 大学院基礎工学研究科博士課程 物理系専攻
 
 
 - 
1988年3月
山梨大学 大学院工学研究科修士課程 計算機科学専攻
 
 
 - 
1986年3月
山梨大学 工学部 計算機科学科
 

受賞

 
2015年5月
The New York Festivals ブランデッドコンテンツ 銀賞
 
2015年4月
文部科学大臣表彰 科学技術賞
 
2015年4月
放送批評懇談会 4月月間ギャラクシー賞(NTV番組「マツコとマツコ」)
 
2015年3月
アジア広告協会連盟 アドフェスト メディア部門 銀賞
 
2014年3月
ナレッジキャピタル ナレッジイノベーションアワード 2013 特別賞
受賞者: 石黒浩(米朝アンドロイド・プロジェクト監修)
 
2013年5月
Springer London Springer CTS2013 Outstanding paper award
受賞者: Kazuaki Tanaka, Satoshi Onoue, Hideyuki Nakanishi and Hiroshi Ishiguro
 
2012年8月
大阪大学 大阪大学総長顕彰(研究部門)
 
2012年6月
情報通信月間推進協議会 志田林三郎賞
 
2012年3月
Int. Conf. on Pervasive and Embedded Computing and Communication Systems (PECCS 2012) Best Paper Award
受賞者: Tetsushi Ikeda, Takahiro Miyashita, Hiroshi Ishiguro, and Norihiro Hagita
 
2011年12月
大阪府、大阪市 大阪文化賞
 
2011年7月
第14回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2011)(情報処理学会CVIM 研究会主催) デモセッション賞
受賞者: 園田聡葵,長原一(九大),渡邉拓也(デンソー), Changyin Zhou (Columbia University),石黒浩(阪大), Shree K. Nayar (Columbia University)
 
2011年5月
Ars Electronica Prix Ars Electronica 2011 Honorary Mention Interactive Art for Android Theater
受賞者: 石黒浩、平田オリザ
 
2010年10月
2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2010) Finalist of Award for Entertainment Robots and Systems (NTF Award)
受賞者: Martin D. Cooney, Christian Becker-Asano, Takayuki Kanda, Aris Alissandrakis, Hiroshi Ishiguro
 
2010年9月
第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010) FIT2010論文賞
受賞者: 中川佳弥子,篠沢一彦,松村礼央,石黒浩,萩田紀博
 
2009年12月
第52回自動制御連合講演会 優秀発表賞
受賞者: 池本周平, ベンアモル・ヘニ, 石黒浩
 
2009年10月
2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2009) Finalist of Award for Entertainment Robots and Systems (NTF Award)
受賞者: Masahiro Shiomi, Takayuki Kanda, Dylan F. Glas, Satoru Satake, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita
 
2009年9月
ARS Electronia 2009 ARS Electronia Festival Featured Artist
受賞者: Hiroshi Ishiguro
 
2009年9月
18th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication (RO-MAN 2009) Best Paper Award
受賞者: Shuhei Ikemoto, Heni Ben Amor, Takashi Minato, Hiroshi Ishiguro, Bernhard Jung
 
2009年5月
情報処理学会 平成20年度論文賞
受賞者: 坂本大介, 神田崇行, 小野哲雄, 石黒浩, 萩田紀博
 
2009年3月
the 4th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interacton (HRI2009) Best Paper Award
受賞者: Bilge Mutlu,Toshiyuki Shiwa, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro, Norihitro Hagita
 
2009年2月
大阪大学 大阪大学教育・研究功労賞受賞
 
2009年2月
the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2008) Finalist of the Best Student Paper Award
受賞者: Kazumichi Shirai, Yoshio Matsumoto, Satoshi Koizumi, Hiroshi Ishiguro
 
2008年12月
第9回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,SI2008 優秀講演賞
受賞者: 石黒浩,萩田紀博
 
2008年10月
情報処理学会関西支部平成20年度支部大会 学生奨励賞
受賞者: 清水俊彦,池本周平,石黒浩
 
2008年8月
大阪市役所 ロボカップ世界大会5連覇市長表敬及び市長表彰
受賞者: Team Osaka(赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆,萩田紀博,竹田正俊)
 
2008年8月
ECSIS Symposium on Learning and Adaptive Behaviors in Robotic Systems(LAB-RS2008) Cognitive Developmental Robotics with a Biomimetic Child-robot",LABRS BEST Video Award and $1000 prize
受賞者: Tomoyuki Noda,Shuhei Ikemoto,Daniel Quevedo,Toshihiko Shimizu,Hidenobu Sumioka,Hisashi Ishihara, Yuki Sasamoto,Yuichiro Yoshikawa,Takashi Minato,Hiroshi Ishiguro, Minoru Asada
 
2008年7月
AAAI-08 AI Video Competition "CB2: Child Robot with Biomimetic Body",Video Award ファイナリスト(2名)にノミネート
受賞者: Shimizu,Hidenobu Sumioka,Hisashi Ishihara, Yuki Sasamoto,Yuichiro Yoshikawa,Takashi Minato,Hiroshi Ishiguro, Minoru Asada
 
2008年7月
RoboCup 2008 Best Humanoid
受賞者: Team Osaka(大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,松村礼央,井高秀樹, 横山智彰)
 
2008年6月
実装技術国際コンファレンス2007(ICEP2007) ベストペーパー賞(最優秀論文賞), 「A Super-flexible Sensor System for Humanoid Robots and Related Applications (TA2-2)」
受賞者: Masahiro INOUE, Yasushi KAWAHITO, Yasunori TADA, Takahiro HONDO, Toshimi KAWASAKI, Katsuaki SUGANUMA, Hiroshi ISHIGURO
 
2008年4月
ギネス ギネス世界記録2008(「ジェミノイド」と「リプリーQ2」がギネスに認定。認定内容「初の実物そっくりなアンドロイド」)
 
2008年
Best Humanoid賞
 
2007年10月
Toward Ubiquitos Intelligent Robotics (IROS 2003), International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2007) NTF Award Finalist for Entertainment Robots and Systems
受賞者: Kiyoshi Kogure, Norihiro Hagita, Tasuyuki Sumi, Noriaki Kuwahara and Hiroshi Ishiguro
 
2007年10月
Synectics 「世界の生きている天才」ランキング(英Synectics選出)で日本人最上位の26位に選出されている
受賞者: Hiroshi ISHIGURO
 
2007年8月
経済産業省 第2回ものづくり日本大賞優秀賞,製品・技術開発部門、「ロボカップ世界大会3連覇ロボット「VisiON」の開発と製品への実用化展開」
受賞者: Team Osaka(大和信夫、前田武志、石黒浩、赤澤洋平、高橋智隆、宮下敬宏、今川拓郎)
 
2007年8月
経済産業省 第2回ものづくり日本大賞優秀賞、製品・技術開発部門 「ロボカップ世界大会3連覇ロボット「VisiON」の開発と製品への実用化展開」
受賞者: Team Osaka(大和信夫,前田武志,石黒浩,赤澤洋平,高橋智隆,宮下敬宏,今川拓郎)
 
2007年7月
RoboCup 2007 Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,松村礼央)
 
2007年7月
第64回グループウェアとネットワークサービス研究会 優秀発表賞「ヒューマノイドロボットアバターシステムの提案」
受賞者: 野上大輔、中西英之、石黒浩,
 
2007年4月
International Conference on Adaptive and Natural Computing Algorithums (ICANNGA’07) Best Young Researcher Paper Award in the area of Robotics, “A Neural Framework for Robot Motor Learning Based on Memory Consolidation”
受賞者: Heni Ben Amor, Shuhei Ikemoto, Takashi Minato, Bernhard Jung and Hiroshi Ishiguro
 
2007年3月
the 2nd ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2007) Best poster award
受賞者: Emma Svienstins, Noriaki Mitsunaga, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita
 
2007年3月
the 2nd ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction (HRI 2007) Best paper award
受賞者: Kotaro Hayashi, Daisuke Sakamoto, Takayuki Kanda, Masahiro Shiomi, Hiroshi Ishiguro and Norihiro Hagita
 
2007年3月
インタラクション 2007 ベストペーパー賞
受賞者: 坂本大介, 神田崇行, 小野哲雄, 石黒浩, 萩田紀博
 
2007年1月
関西元気文化圏推進協議会 平成18年度関西元気文化圏賞・ニューパワー賞
受賞者: Team Osaka (大和信夫, 石黒浩, 赤澤洋平, 高橋智隆, 前田武志, 今川拓郎, 高山仁志)
 
2007年
Best Humanoid賞
 
2006年6月
RoboCup 2006 Bremen Germany Best Humanoid 賞(Kid size)
受賞者: Team Osaka (大和信夫, 石黒浩, 高橋智隆, 前田武志, 今川拓郎, 高山仁志, 松村礼央)
 
2006年2月
財団法人 中小企業異業種交流財団 平成17年度異業種交流成果表彰事業 優秀製品賞
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平, 大和信夫, 石黒浩, 高橋智隆, 前田武志, 宮下敬宏, 今川拓郎, 高山仁志)
 
2005年7月
RoboCup International Competition 2005 Osaka Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平, 大和信夫, 石黒浩, 高橋智隆, 前田武志, 宮下敬宏, 今川拓郎, 高山仁志)
 
2005年3月
国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)創立記念日表彰
 
2005年
Best Humanoid 賞
 
2004年12月
大阪商工会議所 大阪活力グランプリ
受賞者: Team Osaka(赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆)
 
2004年6月
RoboCup2004 Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,高山仁志)
 
2004年5月
RoboCup2004 Japan Open Best Humanoid
受賞者: Team Osaka (赤澤洋平,大和信夫,石黒浩,高橋智隆,前田武志,今川拓郎,高山仁志)
 
2004年
国際電気通信基礎技術研究所(ATRI)創立記念日表彰
 
2004年
国際電気通信基礎技術研究所(ATRI)創立記念日表彰
 
2004年
Best Humanoid賞
 
2004年
Best Humanoid賞
 
2002年3月
情報処理学会大64回全国大会 情報処理学会大会優秀賞
受賞者: 礒田佳徳,太田賢,杉村利明,石黒浩
 
2001年11月
日本ロボット学会 日本ロボット学会論文賞
 
2001年3月
国際電気通信基礎技術研究所 国際電気通信基礎技術研究所(ATRI)創立記念日表彰
 
1997年1月
日本ロボット学会 日本ロボット学会第11回研究奨励賞
 

論文

 
Yuya Okadome, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro
Autonomous Robots   41(4) 1013-1026   2017年4月   [査読有り]
わずかな感情変化を表現可能なアンドロイド動作の生成モデルの提案
境 くりま,港 隆史,石井 カルロス寿憲,石黒 浩
電子情報通信学会論文誌 D   J-100D(3) 310-320   2017年3月   [査読有り]
ロボットのNon-Duchenne Smileによる人との社会的結合の強化
松岡源大,酒井昌彦,仲田佳弘,新口昇,石黒浩,平田勝弘
35-44   2017年3月   [査読有り]
Body-swapping Experiment with an Android - Investigation of The Relationship Between Agency and a Sense of Ownership Toward a Different Body
Maša Jazbec, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro, Masataka Okubo, Christian Peñaloza
143-144   2017年3月   [査読有り]
Adjustable response of a robotic arm by switching paths of an actuator network system
Takuma HASHIZUME, Yoshihiro NAKATA, Yutaka NAKAMURA, and Hiroshi ISHIGURO
416-419   2017年1月   [査読有り]
アンドロイドメディアの可能性とマツコロイド
石黒 浩、 岸 英輔、 吉無田 剛
情報処理学会デジタルプラクティス   8(1) 5-10   2017年1月   [査読有り]
Kenji Urai, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
日本機械学会論文集   83(845)    2017年1月   [査読有り]
Switching locomotion of a four-legged robot by changing the connection patterns of an actuator network system
Huthaifa Ahmad, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
338-341   2017年1月   [査読有り]
Effect of the cervical structure on the operability of tele-operated humanoid head
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
424-427   2017年1月   [査読有り]
A design of robotic spine composed by parallelogram actuation modules
Shiqi Yu, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro
424-427   2017年1月   [査読有り]
対話意欲を喚起する要因の人-アンドロイド間比較
内田貴久,港隆史,石黒浩
1-5   2017年1月
Adjustable response of a robotic arm by switching paths of an actuator network system
Takuma HASHIZUME, Yoshihiro NAKATA, Yutaka NAKAMURA, and Hiroshi ISHIGURO
416-419   2017年1月   [査読有り]
Kenji Urai, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
日本機械学会論文集   83(845)    2017年1月   [査読有り]
Switching locomotion of a four-legged robot by changing the connection patterns of an actuator network system
Huthaifa Ahmad, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
338-341   2017年1月   [査読有り]
Effect of the cervical structure on the operability of tele-operated humanoid head
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
424-427   2017年1月   [査読有り]
A design of robotic spine composed by parallelogram actuation modules
Shiqi Yu, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro
424-427   2017年1月   [査読有り]
対話意欲を喚起する要因の人-アンドロイド間比較
内田貴久,港隆史,石黒浩
1-5   2017年1月
Adjustable response of a robotic arm by switching paths of an actuator network system
Takuma HASHIZUME, Yoshihiro NAKATA, Yutaka NAKAMURA, and Hiroshi ISHIGURO
416-419   2017年1月   [査読有り]
Kenji Urai, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
日本機械学会論文集   83(845)    2017年1月   [査読有り]
Switching locomotion of a four-legged robot by changing the connection patterns of an actuator network system
Huthaifa Ahmad, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
338-341   2017年1月   [査読有り]
Effect of the cervical structure on the operability of tele-operated humanoid head
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
424-427   2017年1月   [査読有り]
A design of robotic spine composed by parallelogram actuation modules
Shiqi Yu, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro
424-427   2017年1月   [査読有り]
対話意欲を喚起する要因の人-アンドロイド間比較
内田貴久,港隆史,石黒浩
1-5   2017年1月
Android Counselor -Does self-disclosure to android reduce anxiety feeling?-
Takahisa Uchida, Hideyuki Takahashi, Midori Ban, Jiro Shimaya, Yuichiro Yoshikawa, and Hiroshi Ishiguro
   2016年12月
遠隔操作アンドロイドヘッドの頸部関節機構とその操作性に関する検討
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
23   2016年12月
Android Counselor -Does self-disclosure to android reduce anxiety feeling?-
Takahisa Uchida, Hideyuki Takahashi, Midori Ban, Jiro Shimaya, Yuichiro Yoshikawa, and Hiroshi Ishiguro
   2016年12月
遠隔操作アンドロイドヘッドの頸部関節機構とその操作性に関する検討
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
23   2016年12月
遠隔操作アンドロイドヘッドの頸部関節機構とその操作性に関する検討
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura and Hiroshi Ishiguro
23   2016年12月
Kyohei Tatsukawa, Tamami Nakano, Hiroshi Ishiguro, and Yuichiro Yoshikawa
Scientific Reports   6(3971) 1-8   2016年12月   [査読有り]
The Impact of A Humanlike Communication Medium on The Development of Intimate Human Relationship
Jinnal, N., Sumioka, H., Minato, T., and Ishiguro, H.
   2016年12月   [査読有り]
Error Handling System for Humanoid Robots
Shogo Nishiguchi, Tora Koyama, and Hiroshi Ishiguro
   2016年12月   [査読有り]
Design Strategy for Robotic Spines of Androids with a Natural Postural Appearance
Andrei S. Ramalho, Yutaka Nakamura, Yoshihiro Nakata and Hiroshi Ishiguro
312-317   2016年11月
Robot gains Social Intelligence through Multimodal Deep Reinforcement Learning
Ahmed Hussain Qureshi, Yutaka Nakamura, Yuichiro Yoshikawa and Hiroshi Ishiguro
745-751   2016年11月   [査読有り]
Design Strategy for Robotic Spines of Androids with a Natural Postural Appearance
Andrei S. Ramalho, Yutaka Nakamura, Yoshihiro Nakata and Hiroshi Ishiguro
312-317   2016年11月
Robot gains Social Intelligence through Multimodal Deep Reinforcement Learning
Ahmed Hussain Qureshi, Yutaka Nakamura, Yuichiro Yoshikawa and Hiroshi Ishiguro
745-751   2016年11月   [査読有り]
螺旋型磁石を用いない磁気ねじアクチュエータの提案
松岡源大,酒井昌彦,仲田佳弘,新口昇,石黒浩,平田勝弘
   2016年11月
対話型ロボットの研究
石黒 浩
情報処理   57(10) 958-959   2016年10月
Pre-scheduled Turn-Taking between Robots to Make Conversation Coherent
Takamasa Iio, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro
19-25   2016年10月   [査読有り]
Can children anthropomorphize human-shaped communication media?: a pilot study on co-sleesleeping with a huggable communication medium
Junya Nakanishi, Hidenobu Sumioka, Hiroshi Ishiguro
   2016年10月   [査読有り]
Does a Conversational Robot Need to Have its own Values? A Study of Dialogue Strategy to Enhance People’s Motivation to Use Autonomous Conversational Robots
Takahisa Uchida, Takashi Minato, and Hiroshi Ishiguro
   2016年10月   [査読有り]
対話焦点の不連続性を隠蔽する複数ロボット間連携の生成
有本庸浩, 吉川雄一郎, 杉山弘晃、目黒豊美、大和淳司、石黒浩
51-52   2016年10月
対話型ロボットの研究
石黒 浩
情報処理   57(10) 958-959   2016年10月
Pre-scheduled Turn-Taking between Robots to Make Conversation Coherent
Takamasa Iio, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro
19-25   2016年10月   [査読有り]
Can children anthropomorphize human-shaped communication media?: a pilot study on co-sleesleeping with a huggable communication medium
Junya Nakanishi, Hidenobu Sumioka, Hiroshi Ishiguro
   2016年10月   [査読有り]
Does a Conversational Robot Need to Have its own Values? A Study of Dialogue Strategy to Enhance People’s Motivation to Use Autonomous Conversational Robots
Takahisa Uchida, Takashi Minato, and Hiroshi Ishiguro
   2016年10月   [査読有り]
対話焦点の不連続性を隠蔽する複数ロボット間連携の生成
有本庸浩, 吉川雄一郎, 杉山弘晃、目黒豊美、大和淳司、石黒浩
51-52   2016年10月
Motion generation in android robots during laughing speech
Carlos Toshinori Ishi, Tomo Funayama, Takashi Minato, and Hiroshi Ishiguro
3327-3332   2016年10月   [査読有り]
ロボットによる指差しの理解が子どもたちの質問を促す効果の検証
小松原剛志(阪大/ATR),塩見昌裕(ATR),神田崇行(ATR) ,石黒浩(阪大/ATR)
RSJ2016AC3G1-01   2016年9月
人道知能と自律型アンドロイド
石黒 浩
人工知能   31(5) 612-613   2016年9月
多人数対話における人間の動作ルールの抽出手法および言語モデルに基づく定量的評価手法の提案
酒井和紀,Fabio Dalla Libera,吉川 雄一郎,石黒 浩
3W2-05   2016年9月
複数台ロボットの連携による自然なタイミングでの対話開始
渡邉悠史,吉川雄一郎,飯尾尊優,石黒浩
1-4   2016年9月
Developmental Robot with Ostensive Cue Sensitive Learning for Real-world Interaction based on Local Contingency Evaluation
Hamed Mahzoon, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro
   2016年9月   [査読有り]
感情でつながる、感情でつなげるロボット対話システム
小川 浩平、住岡 英信、石黒 浩
人工知能   31(5) 650-655   2016年9月
The interactive effects of robot anthropomorphism and robot ability on perceived threat and support for robotics research
Yogeeswaran, K., Zlotowski, J., Livingstone, M., Bartneck, C., Sumioka, H., and Ishiguro, H.
15(2, 2016) 29-47   2016年9月   [査読有り]
Removal of proprioception by BCI raises a stronger body ownership illusion in control of a humanlike robot
Maryam Alimardani, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro
6(33514)    2016年9月   [査読有り]
The Importance of Visual Feedback Design in BCIs; from Embodiment to Motor Imagery Learning
Maryam Alimardani, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro
   2016年9月   [査読有り]
Developmental Robot with Ostensive Cue Sensitive Learning for Real-world Interaction based on Local Contingency Evaluation
Hamed Mahzoon, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro
2016 The Sixth Joint IEEE International Conference on Developmental Learning and Epigenetic Robotics (ICDL2016)      2016年9月   [査読有り]
人道知能と自律型アンドロイド
石黒 浩
人工知能   31(5) 612-613   2016年9月
多人数対話における人間の動作ルールの抽出手法および言語モデルに基づく定量的評価手法の提案
酒井和紀,Fabio Dalla Libera,吉川 雄一郎,石黒 浩
3W2-05   2016年9月
複数台ロボットの連携による自然なタイミングでの対話開始
渡邉悠史,吉川雄一郎,飯尾尊優,石黒浩
1-4   2016年9月
Developmental Robot with Ostensive Cue Sensitive Learning for Real-world Interaction based on Local Contingency Evaluation
Hamed Mahzoon, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro
   2016年9月   [査読有り]
感情でつながる、感情でつなげるロボット対話システム
小川 浩平、住岡 英信、石黒 浩
人工知能   31(5) 650-655   2016年9月
ロボットによる指差しの理解が子どもたちの質問を促す効果の検証
小松原剛志(阪大/ATR),塩見昌裕(ATR),神田崇行(ATR) ,石黒浩(阪大/ATR)
RSJ2016AC3G1-01   2016年9月
The interactive effects of robot anthropomorphism and robot ability on perceived threat and support for robotics research
Yogeeswaran, K., Zlotowski, J., Livingstone, M., Bartneck, C., Sumioka, H., and Ishiguro, H.
15(2, 2016) 29-47   2016年9月   [査読有り]
Removal of proprioception by BCI raises a stronger body ownership illusion in control of a humanlike robot
Maryam Alimardani, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro
6(33514)    2016年9月   [査読有り]
The Importance of Visual Feedback Design in BCIs; from Embodiment to Motor Imagery Learning
Maryam Alimardani, Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro
   2016年9月   [査読有り]
Developmental Robot with Ostensive Cue Sensitive Learning for Real-world Interaction based on Local Contingency Evaluation
Hamed Mahzoon, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro
2016 The Sixth Joint IEEE International Conference on Developmental Learning and Epigenetic Robotics (ICDL2016)      2016年9月   [査読有り]
Speech Driven Trunk Motion Generating System based on Physical Constraint
Kurima Sakai, Takashi Minato, Carlos Toshinori Ishi, and Hiroshi Ishiguro
232-239   2016年8月   [査読有り]
Advantages of Indirect Conversation via a Desktop Humanoid Robot: Case Study on Daily Life Guidance for Adolescents with Autism Spectrum Disorders
Jiro Shimaya, Yuichiro Yoshikawa, Yoshio Matsumoto, Hirokazu Kumazaki, Hiroshi Ishiguro, Masaru Mimura, and Masutomo Miyao
831-836   2016年8月   [査読有り]
Tomoyuki Yamamoto and Hiroshi Ishiguro
Journal of Intelligent Transportation Systems Research      2016年8月
Fransiska Basoeki and Fabio DallaLibera and Hiroshi Ishiguro
Advanced Robotics   30(21) 1395-1405   2016年8月   [査読有り]
Hideyuki ryu, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, and Hiroshi Ishiguro
Robotics & Automation Magazine   23(3) 85-92   2016年8月   [査読有り]
Data-driven HRI: Learning social behaviors by example from human-human interaction
Phoebe Liu, Dylan F. Glas, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita
IEEE Transactions on Robotics   32(4) 988-1008   2016年8月   [査読有り]
A Values-based Dialogue Strategy to Build Motivation for Conversation with Autonomous Conversational Robots
Takahisa Uchida, Takashi Minato, and Hiroshi Ishiguro
206-211   2016年8月   [査読有り]
The ERATO Intelligent Conversational Android
Dylan F. Glas, Takashi Minato, Carlos Toshinori, Ishi, Tatsuya Kawahara, and Hiroshi Ishiguro
22-29   2016年8月   [査読有り]
Advantages of Indirect Conversation via a Desktop Humanoid Robot: Case Study on Daily Life Guidance for Adolescents with Autism Spectrum Disorders
Jiro Shimaya, Yuichiro Yoshikawa, Yoshio Matsumoto, Hirokazu Kumazaki, Hiroshi Ishiguro, Masaru Mimura, and Masutomo Miyao
831-836   2016年8月   [査読有り]
Learning Interactive Behavior for Service Robots - The Challenge of Mixed-Initiative Interaction
Phoebe Liu, Dylan F. Glas, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro
   2016年8月   [査読有り]
Advantages of Indirect Conversation via a Desktop Humanoid Robot: Case Study on Daily Life Guidance for Adolescents with Autism Spectrum Disorders
Jiro Shimaya, Yuichiro Yoshikawa, Yoshio Matsumoto, Hirokazu Kumazaki, Hiroshi Ishiguro, Masaru Mimura, and Masutomo Miyao
831-836   2016年8月   [査読有り]
Tomoyuki Yamamoto and Hiroshi Ishiguro
Journal of Intelligent Transportation Systems Research      2016年8月
Speech Driven Trunk Motion Generating System based on Physical Constraint
Kurima Sakai, Takashi Minato, Carlos Toshinori Ishi, and Hiroshi Ishiguro
232-239   2016年8月   [査読有り]
Fransiska Basoeki and Fabio DallaLibera and Hiroshi Ishiguro
Advanced Robotics   30(21) 1395-1405   2016年8月   [査読有り]
Hideyuki ryu, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, and Hiroshi Ishiguro
Robotics & Automation Magazine   23(3) 85-92   2016年8月   [査読有り]
Data-driven HRI: Learning social behaviors by example from human-human interaction
Phoebe Liu, Dylan F. Glas, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro, Norihiro Hagita
IEEE Transactions on Robotics   32(4) 988-1008   2016年8月   [査読有り]
A Values-based Dialogue Strategy to Build Motivation for Conversation with Autonomous Conversational Robots
Takahisa Uchida, Takashi Minato, and Hiroshi Ishiguro
206-211   2016年8月   [査読有り]
The ERATO Intelligent Conversational Android
Dylan F. Glas, Takashi Minato, Carlos Toshinori, Ishi, Tatsuya Kawahara, and Hiroshi Ishiguro
22-29   2016年8月   [査読有り]
Advantages of Indirect Conversation via a Desktop Humanoid Robot: Case Study on Daily Life Guidance for Adolescents with Autism Spectrum Disorders
Jiro Shimaya, Yuichiro Yoshikawa, Yoshio Matsumoto, Hirokazu Kumazaki, Hiroshi Ishiguro, Masaru Mimura, and Masutomo Miyao
831-836   2016年8月   [査読有り]
Learning Interactive Behavior for Service Robots - The Challenge of Mixed-Initiative Interaction
Phoebe Liu, Dylan F. Glas, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro
   2016年8月   [査読有り]
Evaluation of Tele-operability of an Android Head Supported by a Multistage Plate Type Cervical Mechanism
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro
   2016年6月
人型上肢筋骨格ロボット HUMA を用いた外力に対する応答性調整の検討 ―アクチュエータネットワークの経路切替えによるエンドエフェクタの外力に対する応答性調整
Takuma HASHIZUME, Kenji URAI, Yoshihiro NAKATA, Yutaka NAKAMURA, Hiroshi ISHIGURO
   2016年6月   [査読有り]
Audiovisual analysis of relations between laughter types and laughter motions
Carlos T. Ishi, Hiroaki Hatano, Hiroshi Ishiguro
806-810   2016年6月   [査読有り]
腹部運動で操作可能な仮想肢への身体感覚の拡張
大久保正隆, 西尾修一, 石黒浩
1G3-1   2016年6月
対話意欲を喚起する価値観肯定・否定割合に基づく自律対話ロボットの対話戦略
内田貴久, 港隆史, 石黒浩
115-1   2016年6月
ロボットの複数体化が対話感に及ぼす影響: 展示会におけるボタン入力対話体験の評価
飯尾尊優,吉川雄一郎,石黒浩
2O3-3   2016年6月
Evaluation of Tele-operability of an Android Head Supported by a Multistage Plate Type Cervical Mechanism
Kenta Maeda, Yoshihiro Nakata, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro
   2016年6月
人型上肢筋骨格ロボット HUMA を用いた外力に対する応答性調整の検討 ―アクチュエータネットワークの経路切替えによるエンドエフェクタの外力に対する応答性調整
Takuma HASHIZUME, Kenji URAI, Yoshihiro NAKATA, Yutaka NAKAMURA, Hiroshi ISHIGURO
   2016年6月   [査読有り]
Audiovisual analysis of relations between laughter types and laughter motions
Carlos T. Ishi, Hiroaki Hatano, Hiroshi Ishiguro
806-810   2016年6月   [査読有り]
腹部運動で操作可能な仮想肢への身体感覚の拡張
大久保正隆, 西尾修一, 石黒浩
1G3-1   2016年6月
対話意欲を喚起する価値観肯定・否定割合に基づく自律対話ロボットの対話戦略
内田貴久, 港隆史, 石黒浩
115-1   2016年6月
ロボットの複数体化が対話感に及ぼす影響: 展示会におけるボタン入力対話体験の評価
飯尾尊優,吉川雄一郎,石黒浩
2O3-3   2016年6月
Advantages of Robot-Assisted Counseling: Can Caregivers Better Address the Concerns of Children with Autistic Spectrum Disorders Via a Small Humanoid Robot?
J. Shimaya, Y. Yoshikawa, M. Miyao, Y. Matsumoto, H. Kumazaki, M. Nakano and H. Ishiguro
271-272   2016年5月   [査読有り]

Misc

 
Can young children learn words from a robot?
Interaction Studies   Vol.12, No.1, pp.107-119    2011年
From Levy to Brownian: A Computational Model Based on Biological Fluctuation
Vol.6, No.2, e16168. doi:10.13    2011年
“Yuragi” Based Adaptive Mobile Robot Search With and Without Gradient Sensing: from Bacterial Chemotaxis to Levy Walk
Advanced Robotics   Vol.25?    2011年
遠隔操作によるアンドロイドへの身体感覚の転移
電子情報通信学会論文誌   Vol.J94-D, No.1, pp.86-93    2011年
全身にやわらかい触覚を備えたロボットの開発
機能材料      2011年
ロボット演劇
日本ロボット学会誌   Vol.29,No.1, pp35-38    2011年
アンドロイドによるトータルチューリングテストの可能性
人工知能学会誌   Vol.26,No.1, pp50-54    2011年
Do elderly people prefer a conversational humanoid as a shopping assistant partner in supermarkets?
Proceedings of the 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   pp.449-456    2011年
How many social robots can one operator control?
Proceedings of the 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   pp.379-386    2011年
An android in the field
Proceedings of the 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   pp.283-284    2011年
The New Ontological Category Hypothesis in Human-Robot Interaction
Proceedings of the 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   pp.159-160    2011年
高齢者の買物支援を行うロボットにおける雑談と外観の効果
インタラクション2011論文集   pp.147-154    2011年
人物の接近の強調が社会的テレプレゼンスに及ぼす影
インタラクション2011論文集   pp.9-16    2011年
Effect of robot's active touch on people's motivation
Proceedings of the 6th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   pp.465-472    2011年
Effects of Observing Eye Contact between a Robot and Another Person
International Journal of Social Robotics   Vol.3, No.2, pp.143-154    2011年
The thing that should not be: Predictive coding and the uncanny valley in perceiving human and humanoid robot actions
Social Cognitive Affective Neuroscience      2011年
Children perseverate to a human's actions but not a robot actions
Vol.13, No.1, pp.62-68    2010年
Children perseverate to a human's actions, but not a robot's actions
Developmental Science   Vol. 13, issue. 1, pp.62-68    2010年
Incorporated Identity in Interaction with a Teleoperated Android Robot: A Case Study
Proceedings of the International Workshop on Agents in Cultural Context   pp.63-75    2010年
環境情報を理解してサービス提供を行うロボットの実現
情報処理学会論文誌,特集論文 インタラクションの基盤技術、デザインおよび応用   Vol.51, No.2, pp.290-300    2010年
"Development of an Android system Integrated with Sensor Networks" in Robotics 2010 Current and Future Challenges
INTECH   pp.455-474    2010年
人々の興味を引きつける案内ロボット - 後ろ向きに移動する案内の効果 -
情報処理学会論文誌,特集論文 インタラクションの基盤技術、デザインおよび応用   vol.51, No.2, pp.301-313    2010年
Human Tracking with Variable Prediction Steps based on Kullback-Leibler Divergence
pp.111-116    2010年
A Model of Proximity Control for Information-presenting Robots
IEEE Transactions on Robotics   Vol.26, No.1, pp.187-195    2010年
Genarating Circular Motion of a Human-Like Robotic Arm Using Attractor Selection Model
Vol.22, No.3, pp.315-32    2010年
アトラクタ選択モデルに基づくロボット制御
ロボティクスシンポジア   pp.232-237    2010年
Heather Gary, Solace Shen, Psychological Intimacy with Robots? Using interaction patterns to uncover depth of relation
5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010)   pp.31-38    2010年
Validating characterizations of sociality in HRI.
5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010)   pp.50-57    2010年
A Larger Audience, Please! - Encouraging people to listen to a guide robot -
5th ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction(HRI2010)   pp.31-38    2010年
ロボット搭載カメラの移動がテレプレゼンスに与える影響
情報処理学会論文誌   Vol. 51, No. 1, pp.54-62    2010年
"Multi-Camera Vision for Surveillance" in Handbook of Ambient Intelligence and Smart Environments
Springer   Chapter 24, pp.149-169    2010年
生体ゆらぎを模倣したロボット制御
日本ロボット学会誌   Vol.28, No.4, pp.102-110    2010年
Biologically Inspired Mobile Robot Control Robust to Hardware Failures and Sensor Noise
Robot Soccer World Cup XIV Proceedings   pp. 218-229    2010年
Physical interaction learning: Behavior adaptation in cooperative human-robot tasks involving physical contact
IEEE Robotics & Automation Magazine(Special Issue on Robot Learning in Practice)      2010年
アトラクタ選択モデルを用いた人間上肢型ロボットの動作生成
   2010年
陪席者として人間-人間コミュニケーションへ参加するアンドロイドの動作生成
   2010年
欲求段階をもちいたアンドロイドの動作生成
   2010年
人工筋肉用リニア電磁アクチュエータで駆動する生体模倣型上肢ロボットの開発
   2010年
遠隔話者の接近を強調する視覚効果によるテレプレゼンスの強化
   2010年
視覚的な身体接触がテレプレゼンスに及ぼす効果
   2010年
EXPLORING THE UNCANNY VALLEY WITH GEMINOI D HI-1 IN A REAL-WORLD APPLICATION
Proc. of IADIS International Conference Interfaces and Human Computer Interaction 2010   pp.121-128    2010年
The perception of Humans and Robots: Uncanny Hills in Parietal Cortex
Proceedings of the 32nd Annual Meeting of the Cognitive Science Society   pp.2716-2720    2010年
Face Tracking and Recognition Considering the Camera’s Field of View
pp.52-63    2010年
高出力で柔軟なリニアアクチュエータ
会報「まぐね」(日本磁気学会)   Vol.5,No.8, pp371-378    2010年
ヒューマノイドロボットのSubtle Expressions による感情モーション修飾手法
ヒューマンインターフェース学会論文誌   Vol.12, No.3, pp.41-50    2010年
医療・福祉現場でのコミュニケーション支援のためのアンドロイドプラットフォーム
   2010年
Analysis of tactile instructions used in the interaction with a Humanoid robot
   2010年
Learning Robot Joint Impedence, focusing on Physical Human Robot Interaction
   2010年
視線制御によるアンドロイドの陪席者としての評価
   2010年
ヘルスケアロボットへのパーソナリティ付与による説得効果
   2010年
ロボット聴覚に関するピッチ抽出法と雑音環境における評価
   2010年
認知脳理解に基づく未来工学創成
   2010年
社会的共創知能
   2010年
Incorporated Identity in Interaction with a Teleoperated Android Robot: A Case Study
pp.139-144    2010年
A Path Planning Method for Human Tracking Agents Using Variable-Term Prediction
Proceedings of The 20th International Conference on Artificial Neural Networks   pp.407-410    2010年
Programmable Aperture Camera Using LCoS
Proceedings of the 11th European Conference on Computer Vision (ECCV 2010)      2010年
予測性を評価した選好性に基づく模倣発達メカニズムの提案
日本ロボット学会誌   Vol.28, No.8, pp.133-143    2010年
物理的な人間---ロボット間インタラクションを利用した柔軟関節ヒューマノイドロボットの運動学習
日本ロボット学会誌   Vol.28, No.8, pp.111-121    2010年
協調的移動に基づく対話ロボットによる注意共有の実現
日本ロボット学会誌   Vol.28, No.3, pp.98-108    2010年
An Adaptive Switching Behavior between Levy and Brownian Random Search in a Mobile Robot Based on Biological Fluctuation
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.1927-1934    2010年
Posotion Prediction in Crossing Behaviors
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.5430-5437    2010年
Easy Development of Communicative Behaviors in Social Robots
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.5302-5309    2010年
Relative Posture Estimation Using High Frequency Markers
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.5214-5219    2010年
“Could I Have a Word?”:Effects of Robot’s Whisper
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.3899-3904    2010年
Automatic Calibration and Sensor Displacement Detection for Networks of Laser Range Finders
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.2938-2945    2010年
Full-Body Gesture Recognition Using Inertial Sensors for Playful Interaction with Small Humanoid Robot
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.2276-2282    2010年
Cues that trigger social transmission of disinhibition in young children
Journal of Experimental child Psychology 107   Vol.107, issue.2, pp.181-187    2010年
Sound interval Detection of Maltiple Sources Based on Sound directivity
Proceedings of International Conference on RObots and Systems (IROS2010)   pp.1982-1987    2010年
倒立振子移動機構を持つ人型ロボットの反応動作の違いが人に与える印象の変化
日本ロボット学会誌   Vol.28, No.9, pp.1110-1119    2010年
能動絞りカメラ
   2010年
A parameterless biologically inspired control algorithm robust to nonlinearities, dead-times and low-pass filtering effects
pp.362-373    2010年
A communication robot in a shopping mall
The IEEE Transactions on Robotics   Vol.26, Issue:5, pp.897-913    2010年
遠隔操作型アンドロイドによる存在感の伝達に必須な要素の検証
pp.13-20    2010年
Studying laughter in combination with two humanoid robots
AI & SOCIETY   published online    2010年
全天球画像と複合センシングによる自己位置識別
第170回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会予稿集(オンライン出版)   pp. 1-8    2010年
環境設置型センサとウェアラブルセンサの統合に基づく個人同定
第170回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会予稿集(オンライン出版)      2010年
ハッシュ関数を用いた行動認識
第170回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会予稿集(オンライン出版)   pp. 1-8    2010年
二次元フーリエ変換を利用した物体の姿勢推定
第170回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会予稿集(オンライン出版)   pp. 1-8    2010年
事例データに基づく人物領域の抽出
第170回コンピュータビジョンとイメージメディア研究発表会予稿集(オンライン出版)   pp.1-8    2010年
認知能理解に基づく未来工学創成
生産と技術   Vol.62, No.1, pp.106-108    2010年
人間型ロボットの研究, 特集 精密工学が描く夢-精密工学会100周年に向けて-
精密工学会誌   Vol.76, No.1, pp.20-23    2010年
Yuragi-based adaptive searching behavior in mobile robot: from bacterial chemotaxis to levy walk
Proceednings of the IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics 2008 (ROBIO 2008)   pp.806-811    2009年
Interactive humanoid robots and androids in children’s lives
Children, Youth, and Environments   Vol. 19, issue. 1, pp.12-33    2009年
Laser-based tracking of human position and orientation using parametric shape modeling
Advanced Robotics   Vol.23, No.4, pp.405-428    2009年
Stretchable human Interface using conductive silicone elastomer containing silver fillers
   2009年
遠隔操作ロボットの移動による社会的テレプレゼンスの強化
pp. 705-710    2009年
Variations in polymeric structures of ferroelectric poly(vinylidene fluoride) films during annealing at various temperatures
J. Appl. Polymer Sci.   111 2837-2847    2009年
全方位視覚センサネットワークを用いた顔の追跡と認識
   2009年
Laughter in Social Robotics-no laughing matter
Intl. Workshop on Social Intelligence Design (SID2009)   pp.287-300    2009年
PID制御下における人工筋肉リニア電磁アクチュエータの動作特性
電気学会・リニアドライブ研究会予稿集   pp.13-18    2009年
運動指令値に注目した運動のコツ探索手法の提案
第14回ロボティクスシンポジア予稿集      2009年
情報提示ロボットのための立ち位置モデル
日本ロボット学会誌   Vol.27, No.3, pp.108-116    2009年
How quickly should a communication robot respond?
International Journal of Social Robotics   Vol.1, No.2, pp.141-155    2009年
ロボットの身体的拘束に注目した状況変化に敏感な動作の評価指標の提案
日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集   2A1-E22    2009年
運動指令に注目した動的な運動における特徴の解析
日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集      2009年
PID制御下における人工筋肉リニア電磁アクチュエータの動作特性
第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム予稿集   pp.111-116    2009年
Stretchable human interface using conductive silicone elastomer containing silver fillers
Proceedings of the 13th IEEE International Symposium on Consumer Electronics   pp.714-717    2009年
接触教示に基づくCPGのパラメータ調整によるヒューマノイドロボットの運動生成
日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集   2A1-E20    2009年
生体ゆらぎに基づくアトラクタ選択モデルを用いた複数ロボット協調制御手法の提案
日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集   1A1-A19    2009年
人間上肢型ロボティックアームによるアトラクタ選択モデルを用いた円運動の生成
日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009講演論文集   2A2-E09    2009年

書籍等出版物

 
Mayumi Bono,Perla Maiolino,Augustin Lefebvre,Fuivio Mastrogiovanni,Hiroshi Ishiguro (担当:共著)
Springer   2016年8月   ISBN:978-9814560498
Mayumi Bono,Perla Maiolino,Augustin Lefebvre,Fuivio Mastrogiovanni,Hiroshi Ishiguro (担当:共著)
Springer   2016年8月   ISBN:978-9814560498
Human-Harmonized Information Technology, Volume 1
Toyoaki Nishida, Hiroshi Ishiguro, 他 (担当:共著)
Springer Japan   2016年4月   ISBN:978-4-431-55867-5
Human-Harmonized Information Technology, Volume 1
Toyoaki Nishida, Hiroshi Ishiguro, 他 (担当:共著)
Springer Japan   2016年4月   ISBN:978-4-431-55867-5
Cognitive Neuroscience Robotics A: Synthetic Approaches to Human Understanding
Ishiguro, H., Osaka, M., Fujikado, T., Asada, M. (担当:共著)
Springer   2016年3月   ISBN:978-4-431-54594-1
Cognitive Neuroscience Robotics A: Synthetic Approaches to Human Understanding
Ishiguro, H., Osaka, M., Fujikado, T., Asada, M. (担当:共著)
Springer   2016年3月   ISBN:978-4-431-54594-1
ロボットと共生する社会脳
苧阪直行、坊農真弓、石黒浩、吉川雄一郎、他 (担当:共著)
新曜社   2015年12月   ISBN:978-4-7885-1456-0
ロボットと共生する社会脳
苧阪直行、坊農真弓、石黒浩、吉川雄一郎、他 (担当:共著)
新曜社   2015年12月   ISBN:978-4-7885-1456-0
糞袋の内と外
石黒 浩
朝日新聞出版   2013年4月   ISBN:4023311804
アンドロイドは人間になれるか
石黒 浩
文春新書   2012年12月   ISBN:978-4-16-661057-0
アンドロイドは人間になれるか
石黒 浩
文春新書   2012年12月   ISBN:978-4-16-661057-0
人と芸術とアンドロイド― 私はなぜロボットを作るのか
石黒浩
日本評論社   2012年9月   ISBN:4535586241
アンドロイドを造る
石黒 浩, ココロ (担当:共著)
オーム社   2011年8月   ISBN:4274210685
生きるってなんやろか?
石黒 浩, 鷲田 清一 (担当:共著)
毎日新聞社   2011年3月   ISBN:4620320196
どうすれば「人」を創れるか―アンドロイドになった私
石黒 浩
新潮社   2011年4月   ISBN:4103294213
どうすれば「人」を創れるか? アンドロイドになった私
石黒浩
新潮社   2011年4月   ISBN:978-4103294214
どうすれば「人」を創れるか? アンドロイドになった私
石黒浩
新潮社   2011年4月   ISBN:978-4103294214
生きるってなんやろか?
石黒浩, 鷲田清一
毎日新聞社   2011年3月   ISBN:978-4-620-32019-9
ロボット演劇
大阪大学コミュニケーションデザイン・センター, 平田 オリザ, 石黒 浩, 黒木 一成, 金水 敏 (担当:共著)
大阪大学出版会   2010年2月   ISBN:4872593596
"Development of an Android system Integrated with Sensor Networks" in Robotics 2010 Current and Future Challenges
Takenobu Chikaraishi, Takashi Minato, Hiroshi Ishiguro (担当:共著)
INTECH   2010年2月   
ロボットは涙を流すか (PHPサイエンス・ワールド新書)
石黒 浩, 池谷 瑠絵 (担当:共著)
PHP研究所   2010年1月   ISBN:4569775632
アンドロイドサイエンス 人間を知るためのロボット研究
石黒浩
毎日コミュニケーションズ   2007年9月   ISBN:4839923841
ロボットとは何か――人の心を映す鏡 (講談社現代新書)
石黒 浩
講談社   2009年11月   ISBN:4062880237
ロボットとは何か-人の心を映す鏡-
石黒浩
講談社現代新書   2009年11月   
"Multi-Camera Vision for Surveillance" in Handbook of Ambient Intelligence and Smart Environments
Noriko Takemura, Hiroshi Ishiguro (担当:共著)
Springer   2009年10月   ISBN:978-0387938073
ロボットとは何か-人の心を映す鏡-
講談社現代新書   2009年   
Sensors, Focus on Tactile, Force and Stress Sensors, Chapter 19, pp.341-352, 「A principle and characteristics of a flexible and stretchable tactile sensor based on static electricity」
Yasunori Tada, Masahiro Inoue, Toshimi Kawasaki, Yasushi Kawahito, Hiroshi Ishiguro, Katsuaki Suganuma (担当:共著)
I-Tech Education and Publishing   2008年12月   ISBN:978-953-7619-31-2
Studies on Humanlike Robots-Humanoid, Android and Geminoid Simulation, Modeling, and Programming for Autonomous Robots
Hiroshi Ishiguro
Springer Berlin/Heidelberg   2008年11月   
環境一体型ロボットシステムにおける知的情報処理の研究
石黒 浩
[石黒 浩]   2008年   
環境知能のすすめ : 情報化社会の新しいパラダイム
NTTコミュニケーション科学基礎研究所, 外村 佳伸, 前田 英作, 竹内 郁雄, 東 浩紀, 石黒 浩, 下条 信輔, 堂坂 浩二, 南 泰浩, 中島 秀之, 輿水 大和
リミックスポイント, 丸善株式会社出版事業部 (発売)   2008年   ISBN:9.7849E+12
はじめてのロボット工学-製作を通じて学ぶ基礎と応用-
石黒浩, 浅田稔, 大和信夫 (担当:共著)
オーム社   2007年1月   ISBN:427420359X
爆笑問題のニッポンの教養 ロボットに人間を感じるとき…… 知能ロボット学 (爆笑問題のニッポンの教養 9)
太田 光, 田中 裕二, 石黒 浩 (担当:共著)
講談社   2007年12月   ISBN:4062826046
爆笑問題のニッポンの教養 ロボットに人間を感じるとき・・・・・・ 知能ロボット学
爆笑問題(太田光・田中裕二), 石黒浩 (担当:共著)
講談社   2007年12月   
Communication robots in real environments
Masahiro Shiomi, Takayuki Kanda, Hiroshi Ishiguro and Norihiro Hagita (担当:共著)
Advanced Robotic Systems International and I-Tech Education and Publishing   2007年4月   
Converstation System of an Everyday Robot Robovie-Ⅳ
Noriaki Mitsunaga, Zenta Miyashita, Takahiro Miyashita, Hiroshi Ishiguro and Norihiro Hagita (担当:共著)
I-Tech Education and Publishing   2007年4月   
Methods for Environment Recognition based on Active Behaviour Selection and Simple Sensor History Humanoid Robots
Takahiro Miyashita, Reo Matsumura, Kazuhiko Shinozawa, Hiroshi Ishiguro and Norihiro Hagita (担当:共著)
Advanced Robotic Systems International and I-Tech Education and Publishing   2007年4月   
Geminoid: Teleoperated Android of an Existing Person, in Humanoid Robots: New Developments
Shuichi Nishio, Hiroshi Ishiguro and Norihiro Hagita (担当:共著)
I-Tech Education and Publishing   2007年4月   
Haptic communication between humans and robots in Robotics Research
Takahiro Miyashita, Taichi Tajika, Hiroshi Ishiguro, Kiyoshi Kogure, Norihiro Hagita (担当:共著)
Springer   2007年3月   ISBN:10:3540481109
Android Science – Toward a New Cross-Interdiciplinary Framwork, Robotics Research: Results of the 12th International Symposium ISRR (Springer Tracts in Advanced Robotics)
Hiroshi Ishiguro, etc (担当:共著)
Springer   2007年2月   
Android Science – Toward a New Cross-Interdiciplinary Framwork, Robotics Research: Results of the 12th International Symposium ISRR (Springer Tracts in Advanced Robotics)
Hiroshi Ishiguro, etc (担当:共著)
Springer   2007年2月   
爆笑問題のニッポンの教養 ロボットに人間を感じるとき・・・・・・ 知能ロボット学
講談社   2007年   
柔らかい皮膚の開発,”パートナーロボット資料集成”
井上雅博,菅沼克昭,宮下敬宏,石黒浩 (担当:共著)
エヌティーエス   2005年12月   
ロボットの認知「人工知能学辞典」
浅田稔, 石黒浩, 國吉康夫 (担当:共著)
共立出版   2005年12月   
超五感センサの開発最前線
筆者全63名 (担当:共著)
エヌ・ティー・エス   2005年11月   
Town Digitizing: Omnidirectional Image-Based Virtual Space
Satoshi Koizumi and Hiroshi Ishiguro (担当:共著)
Lecture Notes in Computer Science   2005年9月   
ヒューマン・インフォマティクス
2. 金出武雄, 西田佳史, ニック・キャンベル, 渡辺富夫, 館暲, 木戸出正継, 石田亨, 石黒浩, 池内克史, 三宅なほみ, 橋田浩一, 池原悟, 辻井潤一, 黒橋禎夫, 高野明彦, 所眞理雄 (担当:共著)
工作社   2005年6月   
コミュニケーションロボット―人と関わるロボットを開発するための技術 (知の科学)
石黒 浩, 神田 崇行, 宮下 敬宏 (担当:共著)
オーム社   2005年4月   ISBN:4274200655
知の科学 コミュニケーションロボット
石黒浩, 宮下敬宏, 神田崇行 (担当:共著)
オーム社   2005年4月   
Hand book of Pattern Recognition and Computer Vision
CH Chen, PSP Wang(Eds.) and H. Ishiguro (担当:共著)
World Science   2005年1月   
Hand book of Pattern Recognition and Computer Vision
World Science   2005年   
Hand book of Pattern Recognition and Computer Vision
World Science   2005年   
知能の謎 認知発達ロボティクスの挑戦 (ブルーバックス)
けいはんな社会的知能発生学研究会, 瀬名 秀明, 浅田 稔, 銅谷 賢治, 谷 淳, 茂木 健一郎, 開 一夫, 中島 秀之, 石黒 浩, 國吉 康夫, 柴田 智広 (担当:共著)
講談社   2004年12月   ISBN:4062574616
Development of an Android Robot for Studying Human-Robot Interaction, Innovations in Applied Artificial Intelligence, Proc. of the Seventeenth, International Conference on Industrial and Engineering Applications of Artificial Intelligence and Expert Syste
T. Minato, M. Shimada, H. Ishiguro, S. Itakura (担当:共著)
Springer   2004年12月   
知能の謎
瀬名秀明, 浅田稔, 銅谷賢治, 谷淳, 茂木健一郎, 開一夫, 中島秀幸, 石黒浩, 國吉康夫, 柴田智広 (担当:共著)
講談社   2004年12月   
"Reading Human Relationships from Their Interaction with an Interactive Humanoid Robot"in Innovations in Applied Artificial Intelligence
T. Kanda, H. Ishiguro (担当:共著)
Springer   2004年12月   
Development of an interactive humanoid robot "Robovie" -An interdisciplinary approach in Robotics Research: The Tenth International Symposium (Springer Tracts in Advanced Robotics, V. 6)
H. Ishiguro, T. Ono, M. Imai, T. Kanda (担当:共著)
Springer   2003年6月   
"Town digitizing for building and image-based cyber space"in Digital Cities II Computational and sociological Approaches
S. Koizumi, G. Dai, H. Ishiguro (担当:共著)
Springer   2002年5月   ISBN:978-3-540-43963-9
"Connecting digital and physical cities" in Digital Cities II Computational and Sociological Approaches
T. Ishida, H. Ishiguro, H. Nakanishi (担当:共著)
Springer   2002年5月   ISBN:978-3-540-43963-9
Digital Cities II Computational and Sociological Approaches,Connecting digital and physical cities
Springer   2002年   
Digital Cities II Computational and Sociological Approaches,Connecting digital and physical cities
Springer   2002年   
"Development low-cost and compact omnidirectional vision sensors", In Ryad Benosman and Sing Bing Kang Eds., Panoramic Vision: Sensors, Theory and Applications
H. Ishiguro (担当:共著)
Springer-Verlag   2001年4月   
"Identification and localization of multiple omnidrectional vision sensors", In Ryad Benosman and Sing Bing Kang Eds., Panoramic Vision: Sensors, Theory and Applications
H. Ishiguro, K. Kato, M. Barth (担当:共著)
Springer-Verlag   2001年4月   
"N-ocular stereo for real-time human tracking", In Ryad Benosman and Sing Bing Kang Eds., Panoramic Vision: Sensors, Theory and Applications
T. Sogo, H. Ishiguro, M. Trivedi (担当:共著)
Springer-Verlag   2001年4月   
"Mobile robot navigation by distributed vision agents", In Nakashima, H. and Zhang, C. Eds., Approaches to Intelligent Agents, Lecture Notes in Artificial Intelligence
T. Sogo, H. Ishiguro, T. Ishida (担当:共著)
Springer-Verlag   1999年4月   
「能動視覚とその応用」, コンピュータビジョン:技術評論と将来展望
石黒浩 (担当:共著)
新技術コミュニケーションズ   1998年6月   
Agent networks for connecting people together - Agent Technology for Communityware -, Communityware: Concept and Practice
K. Kuwabara, H. Yamaki, H. Ishiguro, T. Ishida, T. Ishida (担当:共著)
John Wiley and Sons   1998年4月   
"Robots integrated with environments – A perceptual information infrastructure for robot navigation -", Y. Shirai and S. Hirose (eds) Robotics Research
H. Ishiguro (担当:共著)
Springer   1998年4月   
「能動的視覚」, 北野宏明編著 グランドチャレンジ - 人工知能の大いなる挑戦 -
石黒浩 (担当:共著)
共立出版   1993年8月   
"Local processing as a cue for decreasing 3-D structure computation", in I. Masaki (ed.) Vision-Based Vehicle Guidance
P. Stelmaszyk, H. Ishiguro, S. Tsuji (担当:共著)
Springer-Verlag   1991年4月   
"Omni-directional stereo for making global map", in R. Kasturi and R. C. Jain (eds.) Computer Vision: Advances and Applications
H. Ishiguro, M. Yamamoto, S. Tsuji (担当:共著)
IEEE Computer Press   1991年4月   

講演・口頭発表等

 
人間型ロボットと未来社会
電気設備学会関西支部 2014年度(第25回)支部総会   2014年5月   一般財団法人 電気設備学会 関西支部
The Future Life Supported by Robotic Avatars
GMIC北京2014   2014年5月   GWC (Great Wall Club)
Studies on Androids
Film Premiere of "the Machine"   2014年3月   Film Premiere of "the Machine"
The Future Life Supported by Robotic Avatars
The 17th SANKEN International Symposium   2014年1月   The Institute of Scientific Industrial Research (ISIR), Osaka University
遠隔操作型ロボットと未来社会
JUAS FUTURE ASPECT 2014   2014年1月   一般社団法人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)
アンドロイドと未来生活
第24回日本頭頸部外科学会   2014年1月   日本頭頸部外科学会
感情の表現 -ロボットによる感情の表現と想起-
第3回日本情動学会大会   2013年12月   京都大学こころの未来研究センター
Capture Future Demands, Create Smart Technology for Better Life
2013 IDEAS Taiwan Forum   2013年12月   Institute for Information Industry
Who am I?
Seeds Conference 2013   2013年11月   Seeds Conference実行委員会
遠隔操作型ロボットとロボット社会
組み込みシステムシンポジウム2013   2013年10月   情報処理学会 組み込みシステム研究会
Developmental Cybernetics:ヒトらしさ、ロボットらしさ
日本心理学会 第77回大会   2013年9月   公益社団法人 日本心理学会
アンドロイド開発を通じた人間理解
日本医学物理学会 第106回学術大会   2013年9月   一般社団法人日本医学物理学会
Who am I?
Ars Electronica 2013   2013年9月   Ars Electonica Center
アンドロイド・ロボット開発を通した存在感の研究
コンピューターエンターテインメントデヴェロッパーズカンファレンス2013(CEDEC2013)   2013年8月   一般社団法人コンピューターエンターテインメント協会(CESA)
The future life supported by robotic avatars
GF2045 Congress   2013年6月   Dmitry Itskov's 2045 Initiatives
人と関わるロボットの研究開発とジェミノイド
平成25年電気学会全国大会特別講演   2013年3月   電気学会事業サービス課 全国大会事務局
Studies on Humanoids and Androids
Japan Society: How to create your own robots   2013年2月   Japan Society
Super Lecture ‐時代と常識を変えるイノベータ―たちが、「今いちばん伝えたいこと」
B + eAT KANAZAWA'13   2013年1月   イート金沢実行委員会事務局 共催:金沢市
人を理解するためのアンドロイド研究
読売テクノ・フォーラム    2012年12月   読売テクノ・フォーラム 
アンドロイドと未来生活
開館10周年記念/第8回KEN−VI文化セミナー   2012年12月   兵庫県立美術館・日本科学未来館・アートフュージョン実行委員会
未来医療におけるアンドロイドの可能性
第16回日本統合医療学会   2012年12月   大阪大学大学院医学系研究科生体機能補完医学講座
Andoroid Science
高等研カンファレンス2012   2012年12月   財団法人国際高等研究所
第4セッション 「翔〜かける」
TEDxSeeds 会議2012   2012年11月   MEGASEEDS
Biological fluctuation "Yuragi" as the principle of bio-inspired robots
BICA2012   2012年11月   BICA Society
アンドロイドにおける人間らしさの探求
第 30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会   2012年11月   大阪大学医学部形成外科
人とアンドロイドの境界
TEDxOsakaU2012   2012年10月   TEDxOsakaU
Future Life with Humanlike Avatars
Experimenta Speak to Me Exhibition   2012年9月   Experimenta
Humand, Androids, and Media
Interact2012   2012年9月   InTech
The future life with androids avatars
アルスエレクトロニカ2012   2012年8月   アルスエレクトロニカ
Teleoperated Android as a Tool for Cognitive Studies, Communication and Art
COGSCI 2012   2012年8月   National Science Foundation, The Robert J. Glushko and Pamela Samuelson Foundation, Wiley-Blackwell, Institute of Educational Sciences
Studies on Androids
Global Conference on Educational Robotics   2012年7月   KISS Institute for Practical Robotics, Botball Educational Robotics Program
Human Body as an ideal medium
2012 FIRA RoboWorld Cup   2012年7月   Ministry of Education, Taiwan
Humanlike Robot Bodies
Science+Fiction Dialogue/ Congress 2012   2012年5月   Universitat Basel, Swiss
The future life supported by robotic avatars
CASA2012   2012年5月   Institute for Media Innovation, Nanyang Technological Univ, Singapore
Learning for Human-like Robots
LCCC Symposium on Robotic Skill Learning and Cognition   2012年4月   Lund University
Humans, Androids, and Media
TEDxMoscow   2012年4月   Leo Burnett Group Russia
人を知るためのロボット研究
CNS Symposium 2012   2012年3月   うつ医療推進研究会
Robot Society with Teleoperated Robots and Androids
2012ISSCC   2012年2月   IEEE
人を理解するためのロボット研究
大阪大学80周年記念国際シンポジウム   2012年2月   大阪大学企画ワーキング
人間とロボットとメディア
ICAT2011(The 21st International Conference on Artificial Reality and Telexistence)   2011年11月   日本バーチャルリアリティ学会
Humans, Androids, and Media(ICCV)
ICCV2011   2011年11月   ICCV2011
現実社会とネット社会を結びつけるインターフェース -人の適応能力にゆだねた直感によるモデル化-
JAWS 2011   2011年10月   マルチエージェントと協調計算研究会 (日本ソフトウェア科学会)、他
『第4セッション「創の座」』
TEDxSeeds 会議2011   2011年10月   MEGASEEDS
Humans, Androids, and Media
SITGES International Fantastic Film Festival   2011年10月   SITGES International Fantastic Film Festival
From teleoperated androids to cellphones as surrogates
Interspeech 2011   2011年8月   International Speech Communication Association(ISCA)
Emotional Interaction with Android
ISRE (International Society for Research on Emotion)   2011年7月   ISRE (International Society for Research on Emotion)
Consciousness appears on robots and androids
第15回国際意識科学会 / 15th Association for the Scientific Study of Consciousness (ASSC 15)   2011年6月   京都大学
アンドロイドと哲学
日本科学哲学会 第43回(2010年)大会   2010年11月   日本科学哲学会
人間とアンドロイドとメディア
TEDxSeeds 会議2010   2010年11月   MEGASEEDS
ジェミノイド:ネットワークアンドロイド
第一回 ユビキタスネットワークロボット国際シンポジウム   2010年11月   (株)国際電気通信基礎技術研究所
Interactive Robots
コロンビア大学国際先端建設技術会議   2010年11月   コロンビア大学建築都市計画歴史保存学部(GSAPP)
ロボット技術による新しい情報通信メディアの実現
けいはんな情報通信研究フェア2010   2010年10月   けいはんな情報通信研究フェア2010実行委員会
人とアンドロイドが共存する未来−社会で活躍するアンドロイド達
Meister FESTA2010   2010年10月   (株)文化放送キャリアパートナーズ
Embodiment
Ars Electronica Festival 2010   2010年9月   Ars Electronica Linz GmbH
Connecting humans with robot technology - New information media for our future life
International Conference on Playware & Robotics   2010年9月   DTU(Denmark Technical Univ.)
Understanding Humans by Building Androids
SIGDIAL2010   2010年9月   SIGdial
GEMINOID: THE TELEOPERATED ANDROID
International Conference on Biomedical Robotics and Biomechatronics(BioRob 2010)   2010年9月   IEEE
Where Are We In The Next Wave Of Artificial Intelligence (AI)?
TradeTech Japan 2010   2010年6月   Worldwide Business Research
Understanding Humans by Building Humanoids and Androids
BioVison Alexandria 2010   2010年4月   BioVison Alexandria 2010
親しみのデザイン
ユビキタスコンテンツシンポジウム2010   2010年2月   ユビキタスコンテンツ・プロジェクト
人間理解のためのアンドロイド研究
TED×SEEDS2009   2009年12月   MEGASEEDS‐FOR TED×SEED会議実行本部
Developing androids and understanding humans
The Fifth Asia-Pacific Computing and Philosophy 2009   2009年10月   The International Association for Computing and Philosophy, University of Tokyo
Android Robotics
2nd International Conference on Human-Robot Personal Relationships   2009年6月   Tilburg centre of Creative Computing(TiCC)
Future Robotics and the Key Components
IEEE Symposium on Low-Power and High-Speed Chips(COOL Chips XIII)   2009年4月   The COOL Chips Organizing Committee
Biorobotics on the move
The World Life Science Forum-Biovision 2009   2009年3月   The World Life Science Forum
Android Science - From human likeness to human presence -
2008 CACS International Automatic Control Conference   2008年11月   National Cheng Kung University
Android Science - From human likeness to human presence -
First France-Japan Research Workshop on Human-Robot Interaction   2008年10月   フランス大使館科学技術部, 東北大学
Studies on Interactive Androids
8th International Conference on Intelligent Virtual Agents   2008年9月   国立情報額研究所
Studies on Humanoids and Androids
IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts (ARSO’07)   2007年12月   IEEE Robotics and Automation Society
アンドロイドサイエンス
サイエンスアゴラ シンポジウム ロボットの人類学   2007年11月   日本学術会議自然人類学分科会
Humanoid Robotics: Is it human or is it a robot?
4th International Conference on Innovations in Information Technology (Innovations’07)   2007年11月   UAE
情報ロボット化社会に向けて
組込み総合技術展 Enbedded Technology 2007 基調講演   2007年11月   社団法人組込みシステム技術協会(JASA)主催
Studies on Humanoids and Androids
Keynotes speaker, 2007 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2007)   2007年9月   AIM 2007
Life Sciences and the Law- Hit Fast Forward: Think you won’t have a humanoid robot as a law partner
Invited talk, the Section of Science & Technology Law of the 2007 ABA Annual Meeting   2007年8月   American Bar Association(米国弁護士協会)
情報ロボット化社会に向けて
組込み総合技術展関西 Enbedded Technology West 2007 基調講演   2007年6月   社団法人組込みシステム技術協会(JASA)
Interactive humanoids and androids
2nd ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction   2007年3月   2nd ACM/IEEE International Conference on Human-Robot Interaction
Development of High Performance Humanoid Robots
Workshop on Humanoid Soccer Robots in conjunction with the 2006 IEEE International Conference on Hum   2006年12月   2006 IEEE International Conference on Humanoid Robots
Android Science -New framework for interactive robots-
2006 Robotics: Science and Systems Conference (RSS2006)   2006年8月   Science and Systems Conference (RSS2006)
Interactive Humanoids and Androids
2006 Symposium on VLSI TECHNOLOGY   2006年6月   2006 Symposium on VLSI TECHNOLOGY
Interactive Humanoids and Androids as Ideal Interfaces for Humans
International Conference on Intelligent User Interfaces 2006 (IUI2006)   2006年1月   
ロボット研究開発の流れと今後の課題
KECセミナー基調講演   2005年11月   関西電子工業振興センター
Interactive humanoids and androids as ideal interfaces for humans
International Conference on Multimodal Interfaces (ICMI2005)   2005年10月   
アンドロイドサイエンス
第10回日本顔学会大会   2005年9月   日本顔学会
Research issues for personal and social robots
RoboCup2005 Symposium   2005年7月   RoboCup2005 Committee
From inter-personal to social relationships with robots-Studies onInteractive Humanoids and Androids
Convention of the Social Intelligence and Interaction in Animal, Robots and Agents   2005年4月   University of Hertfordshire
ロボット研究開発の流れ
第2回クリエイション・コア東大阪「ものづくり革新塾」   2004年10月   財団法人大阪産業振興機構,クリエーーションコア東大阪,東大阪市.
情報通信技術の現状と課題について(ロボット分野)
第3回情報通信技術勉強会   2004年5月   内閣府総合科学技術会議事務局主催
アンドロイドを用いた知能の構成論的理解
シンポジウム:構成的手法による赤ちゃん学の提案,第4回日本赤ちゃん学会   2004年4月   日本赤ちゃん学会
Communication Robots
DIMI Workshop on Perceptive Social Agents and Robots   2003年1月   
Toward Interactive Humanoid Robots- A constructive approach to developing intelligent robots ?
THE FIRST INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON AUTONOMOUS AGENTS & MULTI-AGENT SYSTEMS   2002年7月   
ロボビーと遊ぼう
ROBODEX2002   2002年3月   ROBODEX実行委員会
Development of an interactive humanoid robot “Robovie”
Symposium Robotics Research, 2001   2001年11月   
Studies on distributed omnidirectional vision
Advanced Science Institute 2001 “New Frontiers of Intelligent Robotics”   2001年8月   Japan Society for the Promotion of Science and Association of International Education
知覚情報基盤による情報発信
メディアフォーラム京都2000   2000年5月   京都市、京都高度情報化推進委員会、NHK京都放送局、京都新聞社
Robots integrated with environments - A perceptual information infrastructure for robot navigation -
8th Int. Symposium Robotics Research   1997年10月   
ロボットビジョン
日本機械学会講演会キーノートスピーチ   1995年6月   日本機械学会
アンドロイドと日本語教育
第5回「日本語教育とコンピュータ」国際会議(Castel/J)   Castel/J実行委員会・プロジェクト会議

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 石黒 浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 石黒 浩
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2008年 - 2012年    代表者: 石黒 浩
23年度では,22年度に引き続き,遠隔操作システムおよびインターフェースの研究,ジェミノイドを用いた認知科学・脳科学研究に取り組むとともに,強い引き込み感をもたらす,ジェミノイドのミニマルデザインであるテレノイドの対人および社会関係における実験に取り組んできた.遠隔操作システムおよびインターフェースの研究においては,音声から唇動作を生成する機能に,さらなる改良を加えるとともに,ボイスチェンジャ等を導入し,より円滑な遠隔操作を実現してきた.また,一方で,キネクトを用いたジェスチャ認識システム...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 石黒 浩
22年度では,三者間の非言語コミュニケーションを用いた親和的な情報メディアの創出を目的として,病院の診察場面に陪席するアンドロイドを用いた実証実験に取組むと共に,ヒューマノイドロボットを用いたロボット演劇に取組み,アンケートを実施することで演出家による演技指導の中に含まれるロボットの自然な振る舞いについてのルールの抽出に取組んだ.さらに,小型で単純な構造を持つロボットを利用することで,人間がもつ対話に対する印象に与える影響を調査することで三者間でのコミュニケーションの仕組みの理解に取組んだ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2008年    代表者: 石黒 浩
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 石黒 浩
本年度は体全体を表現メディアとした人間に親和的なアンドロイドシステムの開発を目指して, 親和的動作の生成メカニズムの実装と効果の検証, さらに状況の応じたアンドロイドの振る舞い変化による人間との親和的な関係構築について検証した. 動作の生成メカニズムとして, アンドロイドの動作の印象に大きな影響を与える体全体の振動を軽減する枠組みを提案した. 神経減衰振動子と呼ばれるパターン生成器を用いた制御法とその学習アルゴリズムからなる枠組みで, この手法により振動現象を軽減することができた. この手...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 石黒 浩
知的な情報システムを実現する方法には2つあり,人間のように,比較的数の少ないセンサと;脳が行うような高度な情報処理機能を組み合わせる方法と,ロボットだけでなく環境もセンサでくまなく覆い,目的達成のために必要な情報をより直接的に得る方法である.本研究では後者のアプローチにおいて,知的な情報処理システムを実現する研究に取り組んだ.具体的には,本研究とは独立に開発してきた知覚情報基盤プロトタイプ(多数のセンサからなる次世代のコンピュータネットワーク)を発展させ,これまでに開発してきた人間との対話...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 石黒 浩
見かけがヒトと酷似したロボットであるアンドロイドは,その見かけからヒトと同様の存在感を持つ情報メディアとして利用できる可能性を持ち,また,統制可能な人間としてヒューマンインターフェース研究に対する貢献も期待される.すなわち,アンドロイドは情報爆発時代の新たなメディアとなる一方で,爆発する情報量とヒトを結びつける基礎研究を開拓する可能性を持つ.そこで,本研究では,ヒトの持つ存在感を調べることによりヒトと関わる機械における基礎知識を数多く抽出し,ヒューマンインターフェースとしてのロボットのデザ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2001年 - 2004年    代表者: 石黒 浩
知能ロボットの知能のメカニズムに迫る工学的アプローチの展開を目標に,本研究を展開してきた.研究のポイントは主に,次の通りである.(a)工学的アプローチによる知能ロボットの実現と,脳科学的・認知科学的理解の融合.(b)触覚・視覚・聴覚と多くのアクチュエータを持つ自由度の高い人間型ロボットの基本メカニズムの実現.(c)相関構造に基づく,感覚とアクチュエータのマッピングである.これらの目標に対して,研究成果は次の7つの項目分類することができる(それぞれ,報告書の各章に対応).[1]知能を持つ多自...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2002年 - 2002年    代表者: 石黒 浩
本年度では、(1)アンドロイドロボットの試作,(2)ロボットとの相互作用時における脳反応計測,(3)ロボットとの相互作用における幼児の反応の3つについて研究を行った.本研究の目的は,人間型のロボットと関わる人間がロボットをどのように認識するかについて,客観的評価を得るために,光トポグラフィによって直接脳の反応を計測するというものである.この研究においては,ロボットの動作と見かけ(どれほど人間に似ているか)の双方からの影響を考慮しなければならない.この動作と見かけの問題を検証するために,人間...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(C))
研究期間: 2001年 - 2001年    代表者: 石黒 浩
本年度では、研究計画に従い、特に、脳活動計測装置を用いて、人間とロボットの相互作用計測し、人間とロボットの相互作用の脳科学的説明を試みると同時に、ロボットの完成度を示すランドマークを人間の能活動に求めるための基礎研究を行った。研究費の多くは脳活動計測装置に用いる光ファイバープローブの購入に充てている。当研究グループ(研究代表者と研究協力者)の所属機関に既存の脳活動計測装置光トポグラフィは、光ファイバープローブの数が8点と少なかったために、十分な脳活動計測が行えなかった。これらをさらに8台追...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 石黒 浩
前年度の重点領域研究では,実環境に配置された視覚を持つ多数のエージェントにより,移動ロボットや人間の行動を支援する分散視覚のコンセプトを提案した.また,屋外環境の精密な模型を用いて実際に分散視覚システムを構築し,移動ロボットの誘導実験を行った.この分散視覚は主に次の3つの特徴をもつ.1.環境に配置された多数の視覚エージェントにより,自律ロボットでは解決が困難である注意制御の問題を,視覚エージェントの選択という方法で解く.2.環境内で起こる事象のモデルを複数の視覚エージェントにより分散して獲...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 石黒 浩
本研究で開発したシステムを分散視覚システムと呼ぶ.この研究の要点は以下の2つである.・ロボットの注意行動を実現する個々の視覚エージェントの設計・タスクに応じた視覚エージェントの組織化.すなわち,注意制御方法(環境タスクモデル)の獲得本研究では,この分散視覚システムを設計制作し,屋内の屋外環境モデル(模型の街)上で実験を行った.詳細は以下の4項目に分類される.1.分散視覚システムの設計制作:分散視覚システムを構成する個々の視覚エージェントを試作した.既存のカメラ回転台を含め16台の視覚エージ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 石黒 浩
以下の4つの項目に関して研究を行った.1.フーリエ変換による全方位画像情報の記憶:記憶に基づく手法の概念に従いつつもパラメータ化するためには,基の画像情報をできるだけ保存した手法を用いなければならない.それには,画像圧縮の手法としても用いられるフーリエ変換が適当である.ここでは,フーリエ変換によって効率的に画像を記憶する方法を提案した.フーリエ変換は,全方位画像を撮影時のロボットの方位とは独立な成分と,方位に依存する成分に分離できる.すなわち,画像間の類似度は,ロボットの方位とは独立な強度...
文部科学省: 科学研究費補助金(国際学術研究)
研究期間: 1995年 - 1996年    代表者: 石黒 浩
複数のロボットが協調しタスクを遂行する複数ロボットシステムの研究において,ロボットの視覚の視野は広い方が有利であると予想される.本研究では,そのような視覚として360度の視野をもつ全方位視覚を考え,それを用いた複数ロボットシステムについて研究した.研究の結果,全方位視覚により,複数ロボット間で互いの位置関係を瞬時に把握できる頑強な複数ロボットシステムの開発可能となった(パノラマ視覚はロボットの回転運動によって得られる360度の視覚情報とロボットの並進運動により得られる画像情報の総称).研究...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 石黒 浩
実環境,特に環境変化が頻繁な屋外環境において行動する自律移動ロボットを実現することは容易ではない.その主な理由は,様々な事象に対して適切に注意を切り替え情報を収集する注意制御に関する解決策を持たないことである.この問題に対する,我々のアイデアは,環境側にも情報処理機能をもたせようといすものである.すなわち,環境側にも情報処理能力を持つエージェントを多数配置し,様々な問題解決に適した視点からの情報を獲得させるのである.環境側のエージェントは,1つの体を持つ自律知能ロボットのように構造的制約は...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1994年 - 1994年    代表者: 石黒 浩
研究成果は、(1)ロボットの視覚機能の実現、(2)コミュニケーションのためのロボットのbehavior(ふるまい)の実現、(3)behavior列を学習するメカニズム、の3つの部分的な課題からなる.(1)ロボットの視覚機能の実現本研究で想定する実世界は、コンピュータシミュレーションで実現できるほど単純ではなく、実際にロボットを作成する必要がある.研究の第一段階として、視覚を持ち、人間の行為を理解できるロボットを作成した.また,ロボットが視覚センサ等を通して人間の行為を理解する機能を実現した...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 石黒 浩
本研究では、タスク明確な存在を前提として環境表現の獲得方法、利用方法について考察することを目的としてきた。具体的には、どのようにしてタスクに応じた環境表現を作成するか、タスクが変わったとき環境の表現方法も変更すべきであるが、そのメカニズムをどのように実現するか、さらにそれら環境表現の(grain scale)をどのように決定するかといった問題に対し、何らかの解答を与えることが目的であった。まず、ロボットの具体的のタスクとして、ロボットは、環境を観測し、環境内から特徴的な物体を選出する。選出...
アンドロイド
日常活動型ロボット
分散視覚認知に関する研究
能動的視覚に関する研究
パノラマ表現に関する研究