土居 伸二

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/27 15:39
 
アバター
研究者氏名
土居 伸二
 
ドイ シンジ
所属
京都大学
学位
工学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
大阪大学 大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 助教授
 
2003年
   
 
- 長崎総合科学大学工学部電気電子情報工学科 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1989年
大阪大学 基礎工学研究科 物理系専攻生物工学分野
 
 
 - 
1984年
京都大学 理学部 数学及び生物学
 

受賞

 
1999年
日経サイエンス 第5回コンピュータービジュアリゼーションコンテスト AVS大賞(共同受賞)
 
2004年
ギガビットネットワーク・シンポジウム2004 先端・基盤技術賞
 
2007年
利用促進賞(地域貢献優秀賞)
 
2008年
JGN2アワード(地域貢献・人材育成賞)
 
2006年
大阪大学 100 Selected Papers (2005-2006)
 

論文

 
Existence regions of longitudinal and transverse intrinsic localized modes in Fermi-Pasta-Ulam chain in two-dimensional plane
Masayuki Kimura; Atsuki Mitani; Shinji Doi
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE   8(2) 153-161   2017年4月   [査読有り]
Bifurcation analysis of a human ventricular myocyte model for biological pacemaker engineering
OGAWA Yoshiki; DOI Shinji
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE   7(2) 176-189   2016年4月   [査読有り]
Importance of sufficient precision in stable dynamics for the numerical computation of canards in singularly perturbed systems,
DOI Shinji; Kodama Takahiro
Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE   6(4) 454-465   2015年10月   [査読有り]
心室筋細胞モデルにおいてイオン電流の変化によって発生するペースメーカ活動の定量的評価
小川 芳樹; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告   NLP2015 37-42   2015年6月
細胞の異種性を考慮した心臓ペースメーカ細胞結合系モデルの解析
永井 拓未,土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告   NLP2015 31-36   2015年6月
過分極活性化電流を導入した心室筋細胞モデルの分岐解析による生物学的ペースメーカ作成法の検討
小川 芳樹; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告   NLP2014 71-76   2015年1月
An approach to the biological pacemaker engineering based on the bifurcation analysis of a human ventricular cell model
OGAWA Yoshiki; DOI Shinji
Proc. of NOLTA2014 (2014 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications)   427-430   2014年9月   [査読有り]
ヒト心室筋細胞モデルの分岐解析によるペースメーカ活動の発現法に関する研究
小川 芳樹; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告   MBE2014 51-55   2014年6月
Influence of a secondarily slow time scale on canards and Hopf bifurcations in a singularly perturbed system
土居 伸二
Proc. of NCSP'14 (2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing)   197-200   2014年3月   [査読有り]
特異摂動系におけるアヒル解の収束・発散ダイナミクスと数値計算精度の関係
児玉 貴大; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告   NLP2013 53-58   2013年7月
特異摂動系におけるアヒル解の数値計算について
児玉貴大;土居伸二
電子情報通信学会技術研究報告   112(363(NLP2012 88-103)) 45-50   2012年12月
神経振動子の大域結合系におけるリズム調節に関する一考察
恒木 亮太郎; 土居 伸二
第55回 自動制御連合講演会論文集,, pp. 1198-1203      2012年11月
遅延フィードバック制御法のPade近似に関する考察
青野周平;土居伸二
電子情報通信学会技術研究報告   112(117(NLP2012 38-55)) 1-5   2012年6月
特異摂動系におけるアヒル解の数値的考察
児玉貴大;土居伸二
電子情報通信学会技術研究報告   112(117(NLP2012 38-55)) 41-46   2012年6月
神経振動子の大域結合系における遅い同期振動について(II)
恒木亮太郎;土居伸二
電子情報通信学会技術研究報告   112(117(NLP2012 38-55)) 35-39   2012年6月
神経振動子の大域結合系における遅い同期振動について
恒木亮太郎;土居伸二
電子情報通信学会技術研究報告   111(276(NLP2011 91-116)) 135-140   2011年11月
インスリン濃度に対する糖放出の遅れと門脈における動態を考慮した血糖値調節機構モデル
津田康志, Claudia Cecilia Yamamoto Noguchi, 古谷栄光,角昭一郎, 土居伸二
工学研究科電気工学専攻,再生医科学研究所      [査読有り]
潘 振興; 土居 伸二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and System Society   131(3) 514-520   2011年3月   [査読有り]
潘 振興; 土居 伸二
電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   131(12) 2138-2147   2011年12月   [査読有り]
特異摂動系におけるアヒル解の数値的考察 (非線形問題)
児玉 貴大; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(117) 41-46   2012年7月
遅延フィードバック制御法のPade近似に関する考察 (非線形問題)
青野 周平; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報   112(117) 1-5   2012年7月

Misc

 
準1次元FPU-β格子におけるILMの存在と安定性に関する検討
三谷 敦己,木村 真之,土居伸二
電子情報通信学会総合大会 基礎・ 境界講演論文集   58-58   2015年3月
Bifurcation analysis of a human ventricular cell model for biological pacemaker engineering
土居 伸二
The Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology      2014年7月
Canards, torus bifurcations and slow spiking near a Hopf bifurcation in singularly perturbed systems
土居 伸二
Proc. The 3rd International Symposium on Innovative Mathematical Modeling (ISIMM2013)   95-95   2013年11月
大域結合した神経振動子集団におけるスパイク間隔の変動
恒木亮太郎;土居伸二
電子情報通信学会大会講演論文集   2011 63   2011年8月
<高校生のページ>生物と電気と数学と : 数式やコンピュータを使って生命を理解し,新しい医療をめざす
土居 伸二
Cue : 京都大学電気関係教室技術情報誌   25 52-57   2011年3月
心臓ペースメーカ部位における周辺・中心細胞の周期変動性の違いについて
潘 振興; 土居 伸二
第20回日本数理生物学会年会要旨集,, pp. 70-70      2010年8月
生命現象の数理モデル:物理・化学かシステム・情報か?
土居伸二
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   54th SHOTAIKOEN,DOI   2010年5月
マルチ時間スケール系のダイナミクス:分岐・カオス・特異摂動
土居 伸二
第23回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集,, pp. 35-40      2010年4月   [査読有り]
0240 心臓ペースメーカ細胞モデルの大域的分岐構造と振動周期の変動性(OS14:細胞の応答現象に対する機械・電気的モデル化とシミュレーション)
潘 振興;土居 伸二
バイオエンジニアリング講演会講演論文集   2009(22)    2010年1月
心臓洞房結節細胞のペースメーカー活動について
PAN Zhenxing;土居伸二
電子情報通信学会技術研究報告   109(354(NLP2009 126-139)) 71-76   2009年12月
洞房結節細胞におけるペースメーカー活動および振動周期の変動性について
PAN Zhenxing;土居伸二
電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM)   2009 ROMBUNNO.TC4-2   2009年9月
心臓ペースメーカー細胞における振動周期の変動性について(生命現象,一般)
潘 振興; 山口 麗; 妹尾 真人; 土居 伸二
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題   108(477) 53-58   2009年3月
<高校生のページ>生物と電気と数学と : 数式やコンピュータを使って生命を理解し,新しい医療をめざす
土居 伸二
Cue : 京都大学電気関係教室技術情報誌,25, pp. 52-57   

Works

 
自律分散ストレージシステムに関する共同研究
2001年
秘匿性・信頼性を保証した広帯域自律分散型ストレージシステム
2004年
ガウス型目的関数を用いた大域的最適化によるデータマイニング手法に関する研究
2005年
環境負荷を考慮した協調的市場メカニズムにもとづく熱電エネルギーシステムの最適運用
2005年
高度情報転送における符号化・情報共有技術
2005年

競争的資金等の研究課題

 
神経系の情報符号化・情報変換特性
ランダム雑音の付加された力学系における分岐現象
生物系における非線形現象