桃木 至朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 05:16
 
アバター
研究者氏名
桃木 至朗
 
モモキ シロウ
所属
大阪大学
部署
文学研究科 文化形態論専攻
職名
教授
学位
文学修士(京都大学), 博士(文学)(広島大学)
その他の所属
大阪大学大阪大学大阪大学

研究分野

 
 

委員歴

 
1981年
 - 
1983年
東洋史研究会  編集委員,評議員
 
1984年
 - 
1985年
史学研究会  編集委員、評議員
 
1982年
 - 
1985年
東南アジア史学会  関西例会委員,庶務委員,編集委員,大会委員
 
1981年
 - 
1983年
: 東洋史研究会 編集委員,評議員
 
1984年
 - 
1985年
: 史学研究会 編集委員、評議員
 

論文

 
陳朝期ヴェトナムの政治体制に関する基礎的研究
桃木至朗
41/1      1982年
【国立情報学研究所情報から移行】
陳朝期ヴェトナムの路制に関する基礎的研究
桃木至朗
66/5      1983年
【国立情報学研究所情報から移行】
日本におけるヴェトナム前近代史研究の成果と課題
桃木至朗
175      1984年
【国立情報学研究所情報から移行】
ヴェトナム李朝の軍事行動と地方支配
桃木至朗
24/4   24(4) 403-417   1987年
【国立情報学研究所情報から移行】
ヴェトナム李朝の地方行政単位と地方統治者
桃木至朗
26/3   26(3) 241-265   1988年
【国立情報学研究所情報から移行】

Misc

 
10〜15世紀の南海交易とベトナム-中越関係への一視角
『シリーズ世界史への問い3 移動と交流』岩波書店      1990年
ヴェトナム李朝の軍事行動と地方支配
東南アジア研究   24(4)    1987年
ヴェトナム李朝の地方行政単位と地方統治者
東南アジア研究   26(3)    1988年
陳朝期ヴェトナムの政治体制に関する基礎的研究
東洋史研究   41(1)    1982年
陳朝期ヴェトナムの路制に関する基礎的研究
史林   66(5)    1983年

書籍等出版物

 
「東南アジア」から「ベトナム」へ-前近代のあゆみ-
桃木至朗
もっと知りたいベトナム(弘文堂刊)   1989年   
庶民生活と社会主義
桃木至朗
もっと知りたいベトナム(弘文堂刊)   1989年   
「中国化」と「脱中国化」-地域世界の中のベトナム民族形成史-
桃木至朗
大峯・原田・中岡編『地域のロゴス』(世界思想社刊)   1993年   
ベトナムの「中国化」
桃木至朗
『変わる東南アジア史像』(山川出版社)   1994年   
あたらしいチャンパ史
桃木至朗
チャンパ王国の遺跡と文化(トヨタ財団刊)   1994年   

Works

 
資料集『大清実録中東南亜関係記事・乾隆』主編(全5冊。東南アジア史学会関西例会発行)
1984年 - 1985年
「南シナ海交易圏におけるホイアン(ベトナム)の歴史生態的位置」の現地調査
1990年
北部ベトナムの陶磁器調査
1991年
ベトナム中部の中国・日本・ベトナム・チャム陶磁器の調査
1993年
ベトナム紅河デルタ・メコンデルタの農業と土地所有に関する文書・フィールド調査
1993年

競争的資金等の研究課題

 
中世ベトナムの国家と社会
東・東南アジア海域史
研究期間: 2004年 - 2006年
18世紀東南アジア史に関する史料研究
研究期間: 2004年 - 2006年
ベトナム紅河デルタ農村の超村落的活動に関する歴史調査
研究期間: 2002年 - 2004年