基本情報

所属
茨城大学 理工学研究科(理学野) 教授
(兼任) フロンティア応用原子科学研究センター
学位
学術博士(金沢大学)
薬学修士(金沢大学)

研究者番号
50215183
J-GLOBAL ID
200901085817230303

外部リンク

(教員からのメッセージ)
タンパク質は、生物における構造形成、代謝、シグナル伝達などの重要な生命現象に関与している。多くのタンパク質は金属イオンを結合して、構造を保ち機能を発揮している。また、タンパク質の多くは非共有結合性の相互作用の集積が機能発現のための重要な因子となっている。本研究室では、金属イオンを結合している金属タンパク質を中心に、非共有結合性相互作用を含むタンパク質構造と機能について調べるための実験手法の分子科学的背景を学びながら、タンパク質の分子機能を理解するために必要となる複合的、相補的各種研究技術についてまなぶ。天然の生物試料、あるいは、遺伝子工学的に作成した試料から高純度にタンパク質を抽出精製し、得られたタンパク質を用いて、結晶構造解析、NMR、中性子散乱によって分子構造解析を行なう。また、ラマン分光、電子吸収、EPR、X線吸収スペクトル、質量スペクトル等の分光学的手法と計算機化学的手法を組み合わせることによって、構造と機能に関する精密な知見を得る。そして、タンパク質の反応をパルスラジオリシス、ストップトフロー法によって解析し、精密構造、電子状態との相関を検討する。また、詳細な分子レベルの知見を得る上で、必須となる分子生物学的方法の基本技術を修得することになる。本講座においては、医薬品開発、化粧品開発・環境保護等に重要な生体分子科学の研究手法と研究結果解析について概観することとなる。
(研究経歴)
1989年4月 大阪大学助手(教養部)
1994年4月 茨城大学助教授(理学部)
1994年7月ー9月 英国ニューカッスルアポンタイン大学博士研究員
2004年4月 茨城大学助教授(大学院理工学研究科)
2004年10月 茨城大学教授(大学院理工学研究科)

委員歴

  1

論文

  105

MISC

  9

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  27

産業財産権

  1