横川 美和

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/14 17:21
 
アバター
研究者氏名
横川 美和
 
ヨコカワ ミワ
所属
大阪工業大学
部署
情報科学部 情報ネットワーク学科
職名
教授
学位
理学修士(筑波大学), 博士(理学)(九州大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
2001年
 大阪大学 助手
 
1997年
   
 
    国際深海掘削計画第172次航海乗船研究者
 
1999年
 - 
2000年
 文部省在外研究員(米国マサチューセッツ工科大学)
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本堆積学会  行事委員
 

受賞

 
2003年
日本地質学会優秀講演賞
 

Misc

 
砂質前浜堆積物の堆積構造(共著)
波浪堆積構造、増田富雄(編)、堆積構造入門シリーズ(1)、堆積学研究会(京都)   1, 163-176    2001年
Angles of a slope of dry glass spheres : A piling box experiment[共著]
Transactions, Japanese Geomorphological Union   22(2) 203-215   2001年
Sedimentary structures of contourites and turbidites observed by X-radiographic prints : samples from Blake-Bahama Outer Ridge and Sohm Abyssal Plain
(Proceedings of the Ocean Drilling Program, Scientific Results 172[online] : Keigwin, L.D., et al., eds.)Available from WWW : http://www-odp.tamu.edu/publications/172-SR/chap-07/chap-07.htm      2001年

書籍等出版物

 
Theoretical study on breaking of waves on antidunes(共著)
(Particulate Gravity currents : McCaffrey, W.D. et al., eds.)Special Publication International Association of Sedimentologists   2001年   
Climbing ripples recording the change of tidal current condition in the middle Pleistocene Shimosa Group, Japan(共著)
(Tidal Signature in Modern and Ancient Sediments : Flemming, F and Bartholoma, A., eds.)Special. Publication International Association of Sedimentologists   1995年   
Tidal influence on foreshore deposits, Pacific coast of Japan(共著)
(Clastic tidal sedimentology : Smith, D. G. et al. eds. )Canadian Society of Petroleum Geologists   1991年   
粒子配列(共著)
(地球環境の復元:大原隆(他)編)朝倉書店   1992年   

競争的資金等の研究課題

 
ベッドフォーム形成時の砂粒子の挙動と粒子配列に関する実験的研究
カレントリップル-デューンの境界領域におけるベッドフォームのサイズ分布に関する実験的研究
深層水循環に伴う細粒物質の堆積過程の解明
科学研究費補助金
研究期間: 2001年   
DEM(数値標高モデル)による湖底地形解析
研究期間: 2002年