佐村 明知

J-GLOBALへ         更新日: 05/12/08 00:00
 
アバター
研究者氏名
佐村 明知
 
サムラ テルトシ
所属
大阪大学
部署
大学院経済学研究科 経済学専攻 歴史分析講座
職名
教授
学位
博士(経済)(大阪大学), 経済学修士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1981年
大阪大学 助手
 
1981年
 - 
1987年
大阪大学 講師
 
1987年
 - 
1994年
大阪大学 助教授
 
1994年
 - 
1998年
大阪大学 教授
 
1998年
   
 
- 大阪大学大学院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
大阪大学 経済学研究科 経済学
 
 
 - 
1973年
大阪大学 経済学部 経済
 

委員歴

 
1997年
   
 
社会経済史学会  理事
 

Misc

 
ジョン・ロー・システムの展開と諸相-システム展開過程の虚構と現実-
大阪大学経済学   35(1) 229-263   1985年
J.R.マレーの財政予算案について-1710年フランスの財政収支と政府金融-
大阪大学経済学   40(1-2) 449-478   1990年
リヨン金融慌(1709年)前夜におけるフランスの財政と金融の分析
社会経済史学   44(6) 24-45   1979年
北フランス・リールの工業化初期局面における金融-18世紀末〜19世紀前葉-
大阪大学経済学   38(1-2) 107-124   1988年
プロト工業化モデルの再検討-前工業化期フランドルの生活水準と人口動態-
大阪大学経済学   35(4) 217-236   1986年

書籍等出版物

 
プロト工業化モデルとフランス北部の工業化局面-ピカルディ地方とノール県東南部
日本経済新聞社『プロト工業化期の経済と社会』第3   1983年   
翻訳書:『産業革命のなかの綿工業』(単訳)
晃洋書房   1990年   
翻訳書:『西欧近代と農村工業』(共訳)
北海道大学図書出版会   1991年   
近世フランス財政・金融史研究-絶対王政期の財政・金融と「ジョン・ロー・システム」
有斐閣   1995年   
フランス・ノール地方における農村工業と工業化
北海道大学経済学・経営学研究叢書2『地域・農村工業・工業化』   1996年   

所属学協会

 
 

Works

 
地域工業化の展開と人的資源・経済組織の相互関連に関する比較史的研究
1998年 - 2001年
近世・近代ヨーロッパにおける流通ネットワーク
2000年

競争的資金等の研究課題

 
絶対王政期フランスの財政・金融史研究
研究期間: 2000年 - 2008年
プロト工業化論と地域工業化に関する研究
研究期間: 2000年 - 2009年