松尾 知之

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/21 02:41
 
アバター
研究者氏名
松尾 知之
 
マツオ トモユキ
所属
大阪大学
部署
医学系研究科 医学専攻
職名
准教授
学位
博士(医学)(大阪大学)
科研費研究者番号
00209503

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1997年
大阪大学 助手
 
1994年7月
 - 
1995年4月
 American Sports Medicine Institute在外研究員
 
1997年
   
 
- 大阪大学 講師
 

学歴

 
 
 - 
1988年
筑波大学 体育研究科 コーチ学
 
 
 - 
1986年
筑波大学 体育専門学群 体力学
 

委員歴

 
2008年
   
 
日本体育学会  編集委員
 

受賞

 
2009年
日本体育学会第60回大会体育方法専門分科会・優秀賞
 

Misc

 
Practice changes the usage of movement components in executing a multijoint task
Research Quarterly for Exercise and Sport   75-2, 138-147/,    2004年
Optimal shoulder abduction angles during baseball pitching from maximal wrist velocity and minimal kinetics viewpoints
Journal of Applied Biomechanics   18, 306-320/,    2002年
Comparison of kinematic and temporal parameters between different pitching performance group
Journal of Applied Biomechanics   17-1, 1-13/,    2001年
筋力トレーニングの基礎理論
関節外科   20-10    2001年
Biomechanical characteristics of sidehand and underhand baseball pitcher : comparison with overhand and three-quarter-hand pitcher
Japanese Journal of Biomechanics in Sports & Exercise   4, 243-252/,    2000年

書籍等出版物

 
Influence of lateral trunk tilt on throwing arm kinetics during baseball pitching
International research in sports biomechanics   2002年   

Works

 
バットの慣性特性がスイング速度に与える影響
1998年
打球の飛距離に関する研究
1993年
ボールへ為された仕事に対する身体部分の貢献度を算出するための方法
2004年
動作ダイナミクスにおけるコーチング・ノードの探索と指導者の類型化
2009年
スポーツ指導者の経験知および比喩的表現の物理量への変換と情報化
2008年

競争的資金等の研究課題

 
タイミング制御
投球のバイオメカニクス
発展型セルフモデリング法の開発
運動スキルの獲得過程
研究期間: 2002年   
運動スキルの獲得