尾﨑 雅則

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/14 02:40
 
アバター
研究者氏名
尾﨑 雅則
 
オザキ マサノリ
所属
大阪大学
部署
工学研究科 電気電子情報工学専攻
職名
教授
学位
工学博士

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1994年
大阪大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1988年
大阪大学 工学研究科 電気工学
 
 
 - 
1983年
大阪大学 工学部 電気工学
 

委員歴

 
2002年
 - 
2003年
日本液晶学会  理事
 

受賞

 
2002年
日本液晶学会 論文賞
 
2006年
ICNME 2006 AWARD
 

論文

 
Dispersion of Resonant Raman Scattering in π-Conjugated Polymers: Role of the Even Parity Excitons
M.Ozaki, E. Ehrenfreund, R.E.Benner, T.J.Barton, K.Yoshino and Z.V.Vardeny
Phys.Rev.Lett., Vol.79, pp.1762-1765      1997年9月   [査読有り]
Electrical Transport and Breakdown of Poly-p-phenylenesulfide
K.Yoshino, M.S.Yun, M.Ozaki, S.H.Kim, Y.Inuishi, J.Kyokane
Jpn.J.Appl.Phys., Vol.22, pp.1510-1514      1983年2月   [査読有り]
Electrical Conductivity and Photoconductivity in Polymethylpentene
M.S.Yun, M.Ozaki, K.Yoshino and Y.Inuishi
Jpn.J.Appl.Phys., Vol.22, pp.1810-1814   22(12) 1810-1814   1983年2月   [査読有り]
Carrier Mobility in Poly-p-Phenylenesulfide
K.Yoshino, M.S.Yun, M.Ozaki and Y.Inuishi
Jpn.J.Appl.Phys., Vol.23, pp.L55-      1984年1月   [査読有り]
強誘電性液晶を用いたTSM 型高速光スイッチ
吉野勝美、尾崎雅則
レーザー研究, Vol.12, pp.141-145      1984年3月   [査読有り]

Misc

 
電気学会論文誌A   116(6) 503-509   1996年
電気学会論文誌A   116-A(12) 1138-1145   1996年
強誘電性液晶自己保持膜を用いた電界計測
電気学会論文誌A   118(9) 1059-1060   1998年
Soft Mode Contribution around SmA-SmC* Phase Transition Temperature under DC Bias Field in Ferroelectric Liquid Crystal
Japanese Journal of Applied Physics   27(11)    1988年
OZAKI M, HATAI T, NAKAO K, YOSHINO K
Journal of Applied Physics   65(9) 3602-3605   1989年

書籍等出版物

 
高速液晶技術(共著)
シーエムシー   1986年   
液晶とディスプレイ応用の基礎(共著)
コロナ社   1994年   
液晶便覧(共著)
丸善   2000年   
High Speed Liquid Crystalline Technology
C-M-C   1986年   
Principal of Liquid Crystalline and Display Application
KORONA   1994年   

Works

 
導電性高分子−フラーレン−ナノチューブ複合体の電子・光機能性と光電デバイス応用
2004年
螺旋ナノ周期構造を有する高分子カイラル液晶のフレキシブルフィルムレーザー応用
2004年

競争的資金等の研究課題

 
強誘電性液晶・反強誘電性液晶に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1983年   
有機非線形光学効果に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1986年   
共役系高分子の電子・光物性に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1984年   
フォトニック結晶に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 1995年