大中 幸三郎

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
大中 幸三郎
 
オオナカ コウザブロウ
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 精密科学・応用物理学専攻
職名
助教授
学位
工学博士(大阪大学), 工学修士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
 - 
1984年
大阪大学大型計算機センター 助手
 
1984年
 - 
1988年
大阪大学大型計算機センター 講師
 
1988年
 - 
1990年
 大阪大学工学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1976年
大阪大学 工学研究科 応用物理学
 
 
 - 
1971年
大阪大学 工学部 応用物理学
 

委員歴

 
1978年
 - 
1980年
情報処理学会  関西支部幹事
 

Misc

 
多項式の零点の決定論的評価
情報処理   19(1) 26-31   1978年
誤差評価の可能な多重精度演算(共著)
情報処理   15(2) 110-117   1974年
久保 司郎, 大中 幸三郎, 大路 清嗣
日本機械学会論文集,A編   54(503) 1329-1334   1988年
久保 司郎, 大中 幸三郎, 大路 清嗣
日本機械学会論文集、A編   60(575) 1638-1643   1994年
調和関数を利用したポアソン方程式における点ソースの位置同定(共著)
日本応用数理学会論文誌   5(1) 87-99   1995年

書籍等出版物

 
Identification of the External Force of Wave Equations from Noisy Observations
Inverse Problems in Engineering Sciences, Springer-Verlag   1991年   
Integral Equation Approach for Identification of External Force of Distributed Parameter Sysyems (jointly worked)
Distributed Parameter Systems, North-Holland   1989年   
Boundary Element Approach for Identification of Distributed Parameter Systems of Diffusion Type (jointly worked)
Control of Distributed Parameter Systems 1986, Pergamon Press   1987年   
External Input Identification in Distributed Parameter Systems Using the Boundary Element Method (jointly worked)
Stochastic Large-Scale Engineering Systems, Marcel Dekker   1992年   
Percolation Treatment of Frustrated Ising lattices (jointly worked)
Cooperative Dynamics in Complex Pysical Systems, Springer-Verlag   1989年   

Works

 
生体におけるソース逆問題に対する推定法の構築と高度化に関する研究
2005年
現実の計測状況を考慮した生体内の双極子の推定に関する研究
2004年
現実の計測状況を考慮した生体内の双極子の推定に関する研究
2003年
非線形拡散方程式系のアトラクターに対する数値解析
2003年
現実の計測状況を考慮した生体内の双極子の推定に関する研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
偏微分方程式に対するソース逆問題の数値解法

特許

 
生体活動解析装置
特開2003-61924