二井 將光

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
二井 將光
 
フタイ マサミツ
所属
岩手医科大学
部署
薬学部
職名
教授,教授
学位
薬学博士, 薬学修士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1969年
東京大学 薬学系研究科 製薬化学
 
 
 - 
1964年
東京大学 薬学部 製薬化学科
 

委員歴

 
1993年
 - 
1994年
日本生化学会  理事
 
1992年
   
 
日本薬学会  編集委員
 
1979年
 - 
1985年
米国細菌学会(American Society for Microbiology)  論文審査委員
 

受賞

 
1977年
Eleanor Roosevelt Fellowship Award (American Cancer Society)
 
1994年
持田記念学術賞
 
1995年
日本生化学会JB論文賞
 
1995,1998
2009年
第50回藤原賞
 

Misc

 
キナクリンマスタードと脂溶性カチオンは、液胞型H+-ATPaseとF0F1-ATPaseの活性を阻害する。
359 69-72   1995年
Na,K-ATPase,βサブユニットの細胞外ドメイン中CYS150E領域への変異導入
117 591-596   1995年
ラット内因子遺伝子:5'上流域と主細胞特異的転写
117 1305-1311   1995年
ATP合成酵素γサブユニット:3つのαヘリックス領域がエネルギー共役に関わっている。
270(2314042-14046)    1995年
ヒトヒスタミンH2-レセプター遺伝子のプロモーター領域の固定
210(2) 616-623   1995年

書籍等出版物

 
F型ATPaseの回転触媒機構
2000年   

競争的資金等の研究課題

 
生体エネルギー転換機構
イオン輸送ATPasesの構造と反応機構
胃壁細胞の遺伝子転写機構