中道 正之

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
中道 正之
 
ナカミチ マサユキ
所属
大阪大学
部署
大学院人間科学研究科 人間科学専攻
学位
学術博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2007年
   
 
- 大阪大学大学院人間科学研究科教授
 

委員歴

 
2001年
 - 
2005年
日本霊長類学会  理事、機関誌の編集長
 

受賞

 
1996年
日本霊長類学会 学術奨励賞
 

Misc

 
霊長類における母子関係の研究の流れ
心理学評論   36(1) 151-170   1993年
動物心理学研究   45(2) 67-75   1995年
ゴリラの行動発達
心理学評論   (45) 334-348   2002年
Sex differences in social development during the first four years in a free-ranging group of Japanese monkeys (┣DBMacaca(/)-┫DB ┣DBFuscata(/)-┫DB)
Animal Behaviour   38    1989年
Behavioral development of a malformed infant in a free-ranging group of Japanese monkeys
Primates   24(1)    1983年

書籍等出版物

 
ニホンザルの母と子
福村出版   1999年   
Behavior of old females : Comparisons of Japanese monkeys in the Arashyama East and West
The Monkeys of Arashiyama   1991年   
Mother-offspring relationships in macaques
Primate Origins of Human Cognition and Behavior   2001年   

Works

 
マダガスカルに生息するワオキツネザルの比較行動学的研究
1994年
University of California, San Diegoの研究員として大型類人猿の認知行動研究に従事する。
1997年 - 1998年
ニホンザルの社会行動パターンと子育てスタイルに関する縦断的研究
2006年
ニホンザルの社会行動パターンと子育てスタイルに関する縦断的研究
2005年
ニホンザルの社会行動パターンと子育てスタイルに関する縦断的研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
ニホンザルの行動
研究期間: 1978年   
ゴリラの行動
研究期間: 1996年   
ワオキツネザルの社会行動
研究期間: 1994年   
動物園の人と動物の行動
研究期間: 2002年