荒木 弘之

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/07 14:10
 
アバター
研究者氏名
荒木 弘之
 
アラキ ヒロユキ
URL
http://www.nig.ac.jp/labs/MicGen/home-j.html
所属
国立遺伝学研究所
部署
遺伝メカニズム研究系
職名
教授
学位
理学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1992年
大阪大学 助手
 
1992年
 - 
1997年
大阪大学 助教授
 
1998年
   
 
- 国立遺伝学研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
大阪大学 理学研究科 生理学
 
 
 - 
1977年
大阪大学 理学部 生物
 

委員歴

 
2015年1月
 - 
2016年12月
日本分子生物学会  理事長
 
2015年1月
 - 
2016年12月
日本遺伝学会  評議員
 

論文

 
CDK phosphorylation regulates Mcm3 degradation in budding yeast.
Yamamoto, K., Makino, N., Nagai, M., Araki, H. and Ushimaru, T.
Biochem. Biophys. Res. Comm.   506 680-684   2018年12月   [査読有り]
TORC1 signaling regulates DNA replication via DNA replication protein levels.
Yamamoto, K., Makino, N., Nagai, M., Honma, Y., Araki, H. and Ushimaru, T.
Biochem. Biophys. Res. Comm.   505 1128-1133   2018年11月   [査読有り]
DNA polymerase -dependent modulation of the pausing property of CMG helicase at the barrier.
Hizume, K., Endo, S., Muramatsu, S., Kobayashi, T. and Araki, H.
Genes & Dev.   32 1315-1320   2018年10月   [査読有り]
Miyazawa-Onami, M., Araki, H. and Tanaka, S.
EMBO Rep.   18 1752-1761   2017年   [査読有り]
Flexible DNA path in the MCM double hexamer loaded on DNA
Hizume, K., Kominami, H., Kobayashi, K., Yamada, H. and Araki, H.
Biochemistry   56(19) 2435-2445   2017年   [査読有り]
Carroni, M., March, M. D., Medagli, B., Krastanova, I., Taylor I. A., Amenitsch, H., Araki, H., Pisani, F. M., Patwardhan, A. and Onesti, S.
Sci. Rep.   7 40118   2017年   [査読有り]
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
Okimoto, H., Tanaka, S., Araki, H., Ohashi, E. and Tsurimoto, T.
Genes to Cells   21(5) 482-491   2016年5月   [査読有り]
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
Garbacz, M., Araki, H., Flis, K., Bebenek, A., Zawada, A., Jonczyk, P., Makiela-Dzbenska, K. and Fijiakowska, I. J.
DNA Repair   29 23-35   2015年   [査読有り]
国立遺伝学研究所以外の共著者あり
Tanaka, S., Miyazawa-Onami, M., Iida, T. and Araki, H.
Yeast   32 567-581   2015年   [査読有り]
Itou, H., Shirakihara, Y. and Araki, H.
Acta Cryst.   D71 1649-1656   2015年   [査読有り]

Misc

 
Hiroyuki Araki [HTML] from embopress.org Full View Elucidating the DDK‐dependent step in replication initiation
荒木 弘之
The EMBO journal   e201694227   2016年3月
真核細胞の細胞周期制御機構と染色体DAN複製
田中誠司、荒木弘之
遺伝   63 51-58   2009年
真核生物染色体DNAの複製開始を担う複製蛋白質複合体の形成
荒木弘之
蛋白質核酸酵素   54 350-355   2009年
真核細胞染色体DNA複製開始反応とCDKによる制御
田中誠司,荒木弘之
細胞工学   27 985-991   2008年
S期サイクリン依存性キナーゼによる染色体複製制御
実験医学   21, 593-597    2003年

書籍等出版物

 
Role of CDK in replication initiation. In “The initiation of DNA replication in eukaryotes (ed. D. Kaplan)”
Tanaka, S., and Araki, H
Springer International Publishing   2016年2月   
Molecular mechanism of DNA replication in "DNA replication, recombination, and repair (eds. F. Hanaoka and K. Sugasawa)"
荒木 弘之
Springer Japan, Tokyo   2016年2月   
DNA replication / edited by Stephen D. Bell, Marcel Me ́chali, and Melvin L. DePamphilis. Helicase Activation and Establishment of Replication Forks at Chromosomal Origins of Replication
Tanaka, S and Araki, H.
COLD SPRING HARBOR LABORATORY PRESS ・USA   2013年   ISBN:978-1-936113-48-4
実験医学27 遺伝学的手法を用いた酵母複製因子の探索—オリジナリティーとプライオリティーの大切さー
荒木弘之
羊土社   2009年   
実験医学 CDKによる染色体DNAの複製開始制御機構
田中誠司,荒木弘之
2007年   
Cold Spring Harbor Laboratory Press Activation of pre-replication complexes. In DNA Replication and Human Disease
Walter, J. C., and Araki, H
NY   2006年   
国立遺伝学研究所以外の共著者あり、編者名:DePamphilis, M. L.
実験医学, 23・9 真核生物染色体DNAの複製開始領域への複製タンパク質の集合機構
荒木弘之
羊土社   2005年   
DNAの複製,バイオテクノロジーのための基礎分子生物学
荒木弘之
化学同人   2004年   
編者名:大嶋泰治・北本勝ひこ・原島俊・宮川都吉
真核生物の複製開始反応,DNA複製・修復がわかる
荒木弘之
羊土社   2004年   
編者名:花岡文雄
複製とクロマチン構造
「クロマチンと遺伝子機能制御」(堀越正美 編)、シュプリンガー・フェアラーク東京   2003年   

講演・口頭発表等

 
A novel role of DNA polymerase epsilon at replication forks; its involvement in replication fork pausing at the barriers [招待有り]
Kohji Hizume, Shizuko Endo, Sachiko Muramatsu, Takehiko Kobayashi and Hiroyuki Araki
岡崎フラグメントー不連続DNA複製モデル50周年記念国際シンポジウム   2018年12月18日   
出芽酵母の染色体DNA複製機構 [招待有り]
日詰光治、遠藤静子、村松佐知子、荒木弘之
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月29日   
DNA複製バリアにおける複製ファークの停止機構 [招待有り]
日詰光治、遠藤静子、村松佐知子、小林武彦、荒木弘之
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
高い放射線耐性を持つクマムシに固有なDNA防護タンパク質DsupのDNA保護メカニズムの解析
柴原礼良、日詰光治、橋本拓磨、荒木弘之、國枝武和
第41回日本分子生物学会年会   2018年11月28日   
DNA polymerase epsilon-dependent modulation of the pausing property of the CMG helices at the barrier [招待有り]
Kohji Hizume, Shizuko Endo, Sachiko Muramatsu, Takehiko Kobayashi, Hiroyuki Araki
The 11th 3R & 3C Symposium   2018年11月13日   
試験管内再構成系を用いた出芽酵母の染色体DNA複製機構の解析 [招待有り]
荒木弘之、遠藤静子、村松佐知子、日詰光治
第91回日本生化学会大会   2018年9月25日   
染色体DNA上の障害によるDNA複製フォークの停止機構
日詰光治、遠藤静子、村松佐知子、小林武彦、荒木弘之
第51回酵母遺伝学フォーラム年会   2018年9月11日   
Formation, progression and stalling of bidirectional replication forks in budding yeast [招待有り]
荒木 弘之
EMBO/EMBL Symposium: DNA replication: From basic biology to disease   2018年5月9日   EMBO/EMBL
高い放射線耐性を持つクマムシに固有なDNA防護タンパク質DsupのDNA結合様式の解析
柴原礼良、日詰光治、橋本拓磨、荒木弘之、久保康雄、國枝武和
第40回日本分子生物学会年会   2017年12月7日   
真核生物ヘリカーゼCMG複合体の、クロマチンあるいは複製バリア(Replication Fork Barrier)に対する活性の生化学的解析
日詰光治、遠藤静子、村松郁子、小林武彦、荒木弘之
第40回日本分子生物学会年会   2017年12月6日   

競争的資金等の研究課題

 
細胞周期によるDNA複製の制御

社会貢献活動

 
会議等主催
【その他】  荒木弘之  酵母遺伝学フォーラム  (三島)  2006年7月15日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり、総合研究大学院大学の学生発表あり
会議等主催
【その他】  Araki, H.  3R Symposium 2008  (静岡県掛川市)  2008年10月27日
国立遺伝学研究所以外との共同開催あり、総合研究大学院大学の学生発表あり