後藤 敏文

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/08 18:46
 
アバター
研究者氏名
後藤 敏文
 
ゴトウ トシフミ
URL
http://gototoshifumi.jimdo.com
所属
国際仏教学大学院大学
部署
仏教学研究科
職名
教授
学位
ドクター デア フィロゾフィー(エルランゲン大学), 文学修士(京都大学)
その他の所属
東北大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
 - 
現在
国際仏教学大学院大学 仏教学研究科 教授
 
2012年
   
 
東北大学 大学院・文学研究科 名誉教授
 
 
   
 
東北大学 大学院文学研究科 文化科学専攻 インド文化学講座 インド学仏教史分野 教授
 
1999年
   
 
- 東北大学 大学院文学研究科 教授
 
1996年
 - 
1999年
東北大学 文学部 教授
 

学歴

 
1977年10月
 - 
1982年12月
エルランゲン大学 哲学部II インドヨーロッパ語比較言語学、インドイラン学、日本学
 
 
 - 
1981年
京都大学 人文科学研究科 梵語学梵文学
 
 
 - 
1975年
京都大学 人文科学研究科 インド哲学史
 
 
 - 
1972年
早稲田大学 第一文学部 東洋哲学
 

委員歴

 
2008年11月
 - 
現在
Historical Linguistics  編集顧問
 
2012年
 - 
2014年
日本歴史言語学会  会長
 
2002年
 - 
2012年
日本印度學佛教學曾  理事
 
2004年
 - 
現在
Indogermanische Gesellschaft  顧問
 
2004年
 - 
2006年
印度学宗教学会  会長
 
2000年
   
 
ミュンヒェン言語研究会会員  限定会員
 
1997年
   
 
印度学宗教学会  常務理事
 
1994年
 - 
現在
インド思想史学会  理事
 
2002年
 - 
2004年
日本佛教學曾  理事
 
2008年
 - 
2010年
印度学宗教学会  会長
 

論文

 
Svetāśvatara-Upaniṣadの言語について
後藤 敏文
国際仏教学大学院大学研究紀要   21 45-90   2017年3月
RV X 135: The Boy and the Chariot
Toshifumi Gotō
Miscellanea Indogermanica. Festschrift für José Luis García Ramón zum 65. Geburtstag   237-244   2017年   [招待有り]
A survey of new evidence as to the formation of the Yajurveda and Brāhmaṇa texts. –With special referencee to recent Vedic studies in Japan–
Toshifumi Gotō
543-558   2016年   [招待有り]
vi-leś/liś, vi-riṣ und die Verstauchung des Opfers
Toshifumi Gotō
Tavet Tat Satyam. Studies in Honor of Jared S. Klein on the Occasion of His Seventieth Birthday   76-85   2016年
prathamám「たった今」
後藤 敏文
奥田聖應先生頌寿記念インド学仏教学論集   149-159   2014年3月   [招待有り]

Misc

 
第4章 インド・イランの宗教
後藤 敏文
宗教の誕生 宗教の起源・古代の宗教』宗教の歴史1,月本昭男編   210-249   2017年8月   [依頼有り]
アーリヤ諸部族の侵入と南アジア基層世界
後藤 敏文
『インダス 南アジア基層世界を探る』長田俊樹編      2013年10月   [依頼有り]
「業と輪廻」を遡る -ヴェーダから仏教へ-
後藤 敏文
叡山學院研究紀要   34 43-62   2012年3月   [依頼有り]
ぶじ往還の記
後藤 敏文
インダス・プロジェクト ニュースレター   (7) 2-8   2010年8月   [依頼有り]
ヴェーダとインド・ヨーロッパ語族の文化
後藤 敏文
『新アジア仏教史』1 「インドI 仏教出現の背景」,奈良康明・下田正弘編,佼成出版社 pp.174-177 佼成出版社   174-177   2010年
インド学へのいざない (6) 入門インド学
後藤 敏文
言語 大修館書店   38(9) 80-85   2009年
インド学へのいざない (5) パーニニのサンスクリット文典と古典期の諸文献
後藤 敏文
言語 大修館書店   38(8) 82-87   2009年
インド学へのいざない (4) 仏教の成立
後藤 敏文
言語 大修館書店   38(7) 80-85   2009年
インド学へのいざない (3) ブラーフマナからウパニシャッドへ
後藤 敏文
言語 大修館書店   38(6) 80-85   2009年
インド学へのいざない (2) リグヴェーダ
後藤 敏文
言語 大修館書店   38(5) 80-85   2009年

書籍等出版物

 
Rig-Veda. Das heilige Wissen. Dritter bis Fuenfter Liederkreis
後藤 敏文 (担当:共訳, 範囲:111-211, 465-530, 635-680)
2013年12月   
Old Indo-Aryan morphology and its Indo-Iranian background
後藤 敏文
Oersterreichische Akademie der Wissenschaften   2013年12月   
GAV –古インド・アーリヤ語文献における牛–
大島智靖,西村直子,後藤敏文 (担当:共著)
総合地球環境学研究所インダスプロジェクト,中洋・考古・民俗叢書 3   2012年3月   
Rig-Veda. Das heilige Wissen. Erster und zweiter Liederkreis.
Verlag der Weltreligionen   2007年   
Die "I. Präsensklasse" im Vedischen. Untersuchung der vollstufigen thematischen Wurzelpräsentia.
Österreichische Akademie der Wissenschaften   1987年   
Die "I. Präsensklasse" im Vedischen. Untersuchung der vollstufigen thematischen Wurzelpräsentia. 2. überarbeitete und ergänzte Auflage.
Österreichische Akademie der Wissenschaften   1996年   
インドの愛・インドの夢 -サンスリット・アンソロジー
上村勝彦ほか (担当:共訳, 範囲:ヴェーダ, アヴェスタ (pp. 4-86))
春秋社   1994年   

講演・口頭発表等

 
「業と輪廻」理論の背景 ––ヴェーダから仏教へ–– [招待有り]
後藤 敏文
静岡市真勝寺しんらん教室   2017年12月17日   
Überlegungen über die Schöpfungshymne RV X 72 und Mārtāṇḍa [招待有り]
Toshifumi Gotō
Karl Hoffmann-Friedrich Rückert-Gedenkkolloquium   2016年11月24日   
Bergung des gesunkenen Sonnenlichts im Rigveda und Avesta [招待有り]
Toshifumi Gotō
Langues et religions du monde indo-iranien ancien   2016年6月10日   
Die Weiterentwicklungen von uridg. *h1er, h2er, h3er im Indoiranischen ‒‒ einst und heute [招待有り]
Toshifumi Gotō
Sanskrit und die SprachRevolution 200 Jahre Indogermanistik   2016年5月19日   
Überlegungen über den Hintergrund der indoarischen Einwanderung in Indien [招待有り]
Toshifumi Gotō
“Hrozný and Hittite: The First Hundred Years”   2015年11月13日   
夜の太陽と死者の世界―インド最古の讃歌集『リグヴェーダ』より― [招待有り]
後藤 敏文
国際仏教学大学院大学公開講座   2015年5月9日   
沈む太陽と死者の世界 -インド最古の讃歌集『リグヴェーダ』より- [招待有り]
後藤 敏文
宮城学院女子大学附属キリスト教文化研究所公開講演会   2015年5月9日   
インド古典文学・仏典に見るサラソウジュ [招待有り]
後藤 敏文
民族自然誌研究会第78回例会「サラソウジュ林文化の諸相」   2015年4月25日   
Zu den Verbalformen in aira- im Rigveda [招待有り]
Toshifumi Gotō
Symposium on Iranian and Indo-European Onomastics and Linguistics in the memory of Manfred Mayrhofer   2012年12月12日   
アパーム・ナパート「水たちの孫」再考
後藤 敏文
日本印度学仏教学会第61回学術大会   2010年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
古インド・アーリヤ語歴史文法動詞篇
学術振興会: 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 後藤 敏文
「古インド・アーリヤ語歴史文法形態論」の作成
学術振興会: 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 後藤 敏文
ヴェーダ,アヴェスタの文献学的研究
研究期間: 1972年   
古インドアーリヤ語動詞文法研究
研究期間: 1974年   
「輪廻と業」理論の成立史研究
研究期間: 1988年   
インドヨーロッパ語比較言語学
研究期間: 1977年