楠本 正一

J-GLOBALへ         更新日: 09/01/29 00:00
 
アバター
研究者氏名
楠本 正一
 
クスモト ショウイチ
URL
http://www.sunbor.or.jp
所属
財団法人サントリー生物有機科学研究所
職名
研究所長,所長
学位
理学博士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1964年
 - 
1972年
大阪市立大学 助手
 
1972年
 - 
1976年
大阪大学 助手
 
1976年
 - 
1978年
大阪大学 講師
 
1978年
 - 
1988年
大阪大学 助教授
 
1988年
 - 
2004年
大阪大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1963年
大阪大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2006年
 - 
2007年
日本化学会  副会長
 
1999年
 - 
2000年
日本糖質学会  会長,理事,監事
 
1997年
 - 
1998年
有機合成化学協会  理事,関西支部長
 
2002年
 - 
2006年
国際炭水化物研究機構(International Corbohydrate Organization)  日本代表
 
2003年
 - 
2005年
日本エンドトキシン学会  会長
 

受賞

 
1983年
国際免疫薬理学会賞(International Society of Immunopharmacology Award)
 
1999年
日本化学会賞
 
2004年
国際エンドトキシン学会Bang賞(International Endotoxin Society, Bang Award)
 

Misc

 
Bulletin of the Chemical Society of Japan   60(6) 2197-2204   1987年
ZAEHRINGER U, LINDNER B, SEYDEL U, RIETSCHEL E TH, NAOKI H, UNGER F M, IMOTO M, KUSUMOTO S, SHIBA T
Tetrahedron Letters   26(51) 6321-6324   1985年
Structure-activity Relationship of Lipid A : Comparison of Biological Activities of Natural and Synthetic Lipid A's with Different Fatty Acid Compositions.
The Journal of Biochemistry   99(4)    1986年
Inhibition of Endotoxin-Induced Interleukin-6 Production by Synthetic Lipid A Partial Structures in Human Peripheral Blood Mononuclear Cells.
Infection and Immunity   59(12)    1991年

書籍等出版物

 
Synthesis of Lipopolysaccharide, Peptidoglycan, and Lipoteichoic Acid Fragments. in Comprehensive Glycosicience”, Vol. 1
Elsevier, Amsterdam   2007年   ISBN:970-0-4445-2746-2

Works

 
糖鎖の構造生物学と機能
1997年 - 2001年
リポ多糖の化学と機能
1983年

競争的資金等の研究課題

 
生物活性天然複合糖質の単離と構造研究
生物活性複合糖質の合成研究
自然免疫の化学的基盤
研究期間: 1973年   

特許

 
アルキニルメチルオキシカルボニル基で保護したアミノ基および水酸基の脱保護方法
3054704
アルキニルメチル基で保護したカルボキシルキ基および水酸基の脱保護方法
3069692
2-アミノピリジン誘導体、その製造方法及び蛍光標識剤
3122520